2018年 07月 05日 ( 1 )

王位戦2日目、インドネシアオープン、大谷復帰2戦目

第59期王位戦・第1局の2日目がはじまった。初日は午後大事な局面で豊島八段が2時間を超す長考で4二金とすると菅井王位も1時間半以上の長考で1日目が終了した。
d0183174_09423982.jpg
盤面は決戦直前、封じ手は4五歩、いよいよ決戦がはじまった。
インドネシアオープン2日目は残りの1回戦が行われた。女子シングルスは大堀彩が登場、アメリカのベイウェン・ツァンと対戦した。先のUSオープン準決勝の再戦、大堀にとっては惜敗のリベンジ戦であった。
第1ゲームはあっさり奪った大堀であったが第2ゲームは一進一退の攻防となりデュースの末に失ってしまった。大堀にとってはUSオープンの二の舞となりそうな展開であった。
d0183174_09424845.jpg
勝負の第3ゲーム、いきなり大堀は0-1から一気に8連続ポイントを奪って試合を決定づけた。そのまま大堀はリードを確保しながら試合をすすめ、21-11でゲームを勝利し2回戦にコマをすすめた。
2回戦の相手はこれも先日のマレーシアオープンで苦杯してしまった。インドのシンドゥである。第1ゲームはゲームポイントを奪う接戦だっただけに勝機はありそうだ。
佐藤冴香もスペインのマリーンを破って2回戦に進出したが、川上紗恵奈はタイ・ツーインにストレート負けしてしまった。
2回戦の注目カードは何といっても山口茜と奥原希望の対戦である。2回戦で日本の両エースが対決してしまうのは寂しいがどちらが勝って上位に進出していくのか楽しみでもある。
男子シングルスは桃田賢斗がインド選手と戦い、第1ゲームはとられたものの続く2ゲームを連取した2回線に進出した。
d0183174_09425714.jpg
今日は2回戦、日本人選手(ペア)の活躍が期待される。
エンゼルスの大谷翔平、肘の故障でDL入りしていたが、打者の復帰はOKサインがでた。そして昨日のマリナーズ戦からDHとして復帰した。さすがに復帰初戦は相手が左腕ということもあり、4タコ3三振に終わってしまったが、今日の第2戦は結果をだすところが並みの選手ではないようだ。
d0183174_09430447.jpg
第1打席は守備妨害で出塁すると先制のホームを踏み、第2打席はライト前ヒット(1か月ぶりの安打)で出塁、逆転のホームを踏んだ。
その後第4打席では1塁線を抜く2塁打と4打数2安打2得点の活躍で勝利に貢献した。打者としての復帰はなった。ありがとうございます。あとは投手としての復帰がいつごろとなるかである。二刀流として注目される大谷翔平、じっくり投球練習をつみながら復帰してほしい。

[PR]
by motokunnk | 2018-07-05 09:45 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)