2018年 07月 10日 ( 1 )

大谷代打で一発、有原復活?、そして琢磨

エンゼルスの大谷翔平はドジャーズ戦3戦目はベンチからのスタートであった。前日の最終打席、自打球を右膝に当ててしまい痛みがでていることによるものだそうだ。先発が左腕ということもあり、大事をとってのことかもしれない。試合は3-3がと同点で終盤を迎えた。そして7回、大谷翔平の出番がまわってきた。ドジャーズのマウンドには2番手の変則右腕のジャグワ、その2-2からの6球目、内角の難しいストレートであったが、はじき返した打球は一直線にセンターオーバーして7号ホームランとなった。
d0183174_09504102.jpg
代打での一発はメジャー初のことである。この一発で4-3とリードしたエンゼルスはこの1点を守り切り、ドジャーズ3連戦を2勝1敗と勝ち越した。その2勝であるが、初戦は敗色濃厚の9回二死から大谷の四球からの逆転、そしてこの日は大谷の一発と勝利には大谷の名前が必ず登場する大活躍であった。
この試合は全国ネットで生中継されたそうで、解説のA.ロッドは大谷のホームランの際、東京まで飛んでいったと興奮気味に叫んでいたという。
打者として復帰した大谷、今度は投手としての復帰を期待したいが焦ることなくじっくりと調整して万全の状態でマウンドにあがってほしい。
インディカーシリーズも第11戦、アイオワ・コーン300で佐藤琢磨が今季初の表彰台にあがった。レースは荒れ模様ですすみ、予選10番手からスタートした佐藤琢磨はポジションのアップダウンを繰り返しながら残り10周で3番手、2番手を射程圏内にとらえていた。そして残り6周、琢磨の目の前を走っていた周回遅れのマシンがハーフスピンし、琢磨と軽く接触。相手側のマシンの破片が飛び散ったことでフルコースコーションが出た。
d0183174_11051042.jpg
琢磨のマシンの軽微で、そのままゴールにむかい、イエローフラッグの中での3位獲得であった。今季初の表彰台である。シリーズも折り返しを過ぎてしまったがここから連続表彰台をゲットしてポイントアップ、シリーズ順位のアップを目指してほしい。
オールスター前の日本ハムはソフトバンク2連戦、「鷹の祭典」というソフトバンク毎年恒例のイベント幕開けの初戦であった。先発は有原航平、クローザーを経験してからの先発復帰、どんな投球をしてくれるか楽しみであった。
大田泰示が前日の試合、死球で左手第5中手骨骨折、3~4週間のリハビリとなってしまった。そして新打線を組まざるを得なくなり、一番岡、二番西川でソフトバンク戦に挑んだ。その新打線が初回機能し岡死球、西川先制2ランでいきなり2点を先制した。
2点先制してもらった有原は初回から全力投球でソフトバンクを抑え、3回までを松田の2塁打1本におさえる好投であった。打線もソフトバンク先発の石川からチャンスはつかむものの後1本がでない展開であった。そしてここらで追加点(3回に中田の犠飛はでていたが)が欲しいところで「東京ドーム大好き」なレアードに2ランがでた。これで5-0となり試合はほぼ決定した。
d0183174_11053212.jpeg
d0183174_11052345.jpeg
有原は6回に内川に1発を打たれはしたが7回を1失点無四球でマウンドを降りた。試合は6-2で日本ハムが勝利し、有原は約2か月ぶりとなる5勝目をあげた。この日の投球が次回もできれば有原の復活となるのだがどうであろうか。
ウィンブルドン4回戦、自身初のベスト8入りを目指して錦織圭が登場した。相手はガルビス、故障でランク下位であるが、一時はランク10位の実力者でもある。
そのガルビス相手に第1セットを4-6と落としてしまった。第2セットはタイブレイクの末に錦織が奪ったが、第3セットもまたタイブレイクとなってしまった。
6-6から両者譲らずセットポイントのチャンスを繰り返しながら最終的には12-10でタイブレイクを制したことが大きかったようだ。
d0183174_11054232.jpg
これで2-1とリードした錦織は第4セットも6-1と奪って自身初となるベスト8進出である。試合途中でメディカルタイムアウトを要求した右肘、そのことについては「今日じっくり治療して、たぶん大丈夫だと思うので次また頑張りたいと思います」と話しており問題はないのかもしれない。
ベスト8の相手は苦手のジョコビッチである。芝コートでこの苦手を打破することができるだろうか、そういえば全米準優勝の際もジョコビッチを破っていた。その再来を期待したいしよう。

[PR]
by motokunnk | 2018-07-10 11:04 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)