人気ブログランキング |

2018年 08月 23日 ( 1 )

ラリー・ジャパン開催決定か、バドミントン女子優勝、清宮2戦連発

2019年にラリー・ジャパンが開催されるようである。昨日開催契約を締結したというニュースが流れたのが発端である。
ただこのニュースはフェイクだったようで、正式には内諾を得たようで、JAFからFIAに開催日程を登録申請したということらしい。
ただ、登録申請をしたということはラリー実現へむけての一歩であり、2019年開催の現実味が帯びてきた。開催は中部地方で11月か9月だそうだ。
トヨタチームも連勝しており、開催となれば追風となることは間違いなし、ぜひ開催にこぎつけてほしい。
d0183174_10202022.jpg
日本ラウンド招致準備委員会は応援団も結成しやる気一杯である。
アジア大会バドミントン女子団体決勝が行われた。日本チームは中国との対戦であった。第1試合シングルスは山口茜がとレート負けをきっしてしまったが、第2試合のダブルスでは福島/廣田ペアが中国ペアを圧倒して1-1のタイとすると、第3試合、シングルスは奥原希望が中国の何冰嬌と対戦した。
試合はファイナルゲームまでもつれる熱戦となったが奥原が勝って、日本が優勝に王手をかけた。
そしてダブルスはタカマツペアが中国の若手ペアを圧倒して勝利、48年ぶりの優勝をもぎ取った。今年はユーバー杯でも優勝しているがこのときに相手はタイであった。
d0183174_10203152.jpg
d0183174_10204129.jpg
やはり、日本チームの中には中国を倒して優勝しなければという思いが強かったようで、優勝が決まった瞬間はメンバー全員がコートで喜びを爆発させていた。
今日から個人戦、果たしていくつメダルを獲得してくれるだろうか、楽しみである。
日本ハムの清宮幸太郎が2試合連続の一発を放った。しかもこの日の一発は2-4と負けている場面での逆転3ランと価値の高い一発であった。d0183174_10205106.jpg
高卒新人の2連発は日本ハムでは張本勲氏以来の快挙だそうだ。試合は6-4とリードして終盤に突入したが、9回に再逆転されてしまい、6-9での敗戦となってしまった。
調子のいいときであればリリーフ陣がしっかりおさえて勝っていた試合だけに非常に残念な結果となってしまった。ソフトバンクとのゲーム差は0.5となり、もし今日負ければ3位転落となってしまう。その大事なマウンドにルーキーの宮台があがる。
果たしてどんなピッチングをしてくれるのか注目である。

by motokunnk | 2018-08-23 10:25 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)