人気ブログランキング |

2018年 11月 27日 ( 1 )

ドルフィンズ惜敗、ベストナイン発表

NFL第12週が開催された。ドルフィンズは敵地でコルツとの対戦であった。ドルフィンズにとって明るい話題はQBタネヒルが復帰したことであった。そのタネヒル第1Qから的確なパスを投げ分け、ファーストプレイで先制のTDを奪った。
d0183174_09210883.jpg
試合は第4Q残り0秒でコルツにサヨナラFGを決められて24-27で惜敗してしまったがインターセプトもなくサックも1回だけと安定したプレイを魅せてくれたタネヒル、第13節、地元でのビルズとの同地区対決での爆発を期待したい。
QBブレデイの負傷が気になるペイトリオッツであったが、ブレデイは先発し、ジェッツ相手に前半こそ10-10の同点であったが、第3Qにリードすると第4QにもTDを奪って27-13で勝利した。これで8勝目をあげ、AFC地区のシード順位を2位とした。
d0183174_09211896.jpg
NFCで注目しているシーホークス、敵地でパンサーズと対戦した。モバイルQB同士の対決であったこの試合はシーソーゲームとなり第4Qをむかえた。
パンサーズにニュートンからのTDパスが決まり20-27とリードされたものの残り4分をきってQBウィルソンからWRムーアへの同点となるTDが決まって27-27の同点に追いついた。最後はこの試合もサヨナラFGとなり30-27でシーホークスが勝利、ワイルドカード争いをするパンサーズを一歩リードした。
プレイオフに向け、AFCはチーフス、ペイトリオッツ、テキサンズそしてスティーラーズが地区首位を走り、チャージャーズ、レイブンズがワイルドカード、コルツ、タイタンズが追いかけている。ドルフィンズはシード順位9位であるが、6位のレイブンズとは1ゲーム差、まだまだワイルドカードでのプレイオフ進出の可能性は残っている。
一方のNFC、セインツ、ラムズ、ベアーズ、カウボーイズが地区首位、バイキングス、レッドスキンズがワイルドカード圏内となっている。それをシーホークス、パンサーズが追いかけており、こちさもワイルドカードのシード順位は目まぐるしく変動している。最終節まで激戦が続きそうな今季のNFLである。
今日、NPBアワードが行われるがそれを前に両リーグのベストナインが発表された。下馬評では西川遥輝が外野手部門で選出されるかもしれないと言われていたが、前半戦の不振が印象を落としたのか、大差がついて不選出となった。
d0183174_09212765.jpg
一方で、ダークホースだった近藤健介がDH部門でデスパイネを破っての初受賞であった。レアードが自由契約となったようで、日本ハムは3塁手不在状態、近藤も一時期3塁を無難にこなしていただけに来年は野手としてベストナイン獲得を目指してほしいものだ。
NPBアワードではMVPと新人王が発表されるが、今年のMVP、新人王は誰になるのだろうか、パリーグ新人王は楽天の田中和が受賞するのか注目だ。

by motokunnk | 2018-11-27 09:23 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)