人気ブログランキング |

2018年 11月 29日 ( 1 )

全日本総合選手権はじまる

バドミントンの全日本総合選手権がはじまった。今季の日本バドミントン界は大活躍の1年だったと思う。ワールドツアーでは毎大会いずれかの種目で日本人選手が優勝していたような気がする。大活躍した日本人選手、そしてその座を虎視眈々とねらう選手が集まり全日本総合選手権がはじまった。
1回戦、男子シングルスでは桃田賢斗が登場した。昨年のこの大会から復帰した桃田賢斗、昨年はベストなプレイはできずにベスト8敗退であった。
全日本総合選手権はじまる_d0183174_08591203.jpg
今年は優勝を目指すといっていたが、やはり1回戦は緊張のあまりミスも多く、相手選手に粘られてしまった。それでも最後は連続ポイントで突き放し21-18で奪うと第2ゲームは21-7で2ゲーム連取で2回戦に進出した。
女子ダブルスではタカマツペアが順当に1回戦を突破した。2回戦では今大会で引退する藤井/垣岩ペアとの対戦である。タカマツペアにとって若い時代に目標としていたペアだけに世界で通用するようになった実力を存分に発揮することが先輩ペアに対する恩返しとなると思う。
全日本総合選手権はじまる_d0183174_08590258.jpg
「明日は、そんな感謝の気持ちを持って、お互いが力を出してプレーできればと思います」とは髙橋礼華のコメントだが全力で勝ち切ってほしい。
女子シングルスでは注目している大堀彩が11月の世界ジュニア選手権代表の高橋美優と対戦した。今季はA代表となってツアーに参戦してきたが、ジャパンオープンベスト4を最後に最近は5戦連続して1回戦敗退と不調のどん底であった。
その大堀、同じ左利き相手に第1ゲームで10連続ポイントを奪って流れに乗ると第2ゲームもその流れを活かして21-5、21-9で圧勝し2回戦にすすんだ。
全日本総合選手権はじまる_d0183174_08592489.jpg
「ベスト4が(A代表維持の)最低ラインだと思っている。」と語る大堀、2回戦を勝つと準々決勝では同じ左利きの高橋沙也加との対戦が予想される。世界ランクで争うライバルだけに負けられない相手であるが、まずは今日の2回戦を勝つことが前提(また左利きの選手である!)、頑張ってほしい。

by motokunnk | 2018-11-29 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)