人気ブログランキング |

2018年 12月 04日 ( 1 )

NFL第13週、流行語大賞、竜王戦

NFL第13週がMNFの1試合を除いて終了した。MNFはNFC東地区の首位攻防戦だけに注目であるが、SNFをはじめ熱戦が多かった第13週であった。
2連敗中のドルフィンズは地元で同地区のライバルビルズと対戦した。2連勝して調子のあがってきたビルズ相手にQBタネヒルが復帰したドルフィンズがどんな試合をするか注目であった。
第1Q、QBタネヒルのTDパスで7-0と先制したドルフィンズ、第2QにビルズにTDを奪われてしまったが、終了間際に再びタネヒルからのTDパスが決まって14-6で前半を終了した。
NFL第13週、流行語大賞、竜王戦_d0183174_09314260.jpg
後半にはいるとビルズの反撃がはじまり第3QにFG、そして第4QにTDを決められてしまった。14-17と逆転されてしまったドルフィンズであったがタネヒルが落ち着いてボールをビルズ陣へ運び、最後は17ヤードのTDパスが決まり21-17と再逆転に成功した。
NFL第13週、流行語大賞、竜王戦_d0183174_09315327.jpg
その後、最後のビルズの攻撃を凌ぎ切り勝利し成績を6勝6敗の五分とした。次節は地元で同地区首位のペイトリオッツ戦である。
今季、地元で5勝1敗のドルフィンズに対し、敵地では3勝3敗の五分のペイトリオッツ、地元で勝利しプレイオフに進んでほしいものだ。
そのペイトリオッツは地元でバイキングスと対戦した。第3Q終盤に10-10の同点に追いつかれてしまったペイトリオッツであったが終了間際にQBブレデイからのTDパスがきまって17-10と勝ち越すと第4QにもTDを奪って24-10で勝利し、9勝目をあげ地区首位を守り、AFCチャンピオンも狙えるポジションをキープした。
NFL第13週、流行語大賞、竜王戦_d0183174_09320303.jpg
そしてSNFも熱戦であった。LAにフランチャイズを移したチャージャーズがスティーラーズと対戦した。
試合は前半、後半で全く攻守が逆転してしまう展開であった。前半23-7と大きくリードしたスティーラーズ、地元で16点差をつけた試合はほぼ負けていないだけにスティーラーズ勝利と思えた。
しかしチャージャーズが後半今季の調子のよさをフルにだし、連続TDを奪い(しかも2ポイントコンバージョンを2度成功させた!)一気に23-23の同点に追いついた。
そしてお互い1TDを奪い合って第4Q残り2分、チャージャーズの攻撃がはじまり、残り2秒で39ヤードのFGチャンスが生まれた。キックは不成功であったがスティーラーズにオフサイドの反則があり、再度のチャンス、これまたスティーラーズのオフサイド。
NFL第13週、流行語大賞、竜王戦_d0183174_09321226.jpg
29ヤードのFGチャンスとなり、3度目もオフサイドの反則があったがチャージャーズのKバジリーが決め、33-30でチャージャーズが勝利した。NFCではラムズが勝ち、プレイオフ進出が決まった。
師走の風物詩となった感のある流行語大賞年間大賞が発表された。平昌五輪で有名となったカーリング女子の「そだねー」、日本初のメダル獲得だっただけに大賞も当然の結果と思えた。
NFL第13週、流行語大賞、竜王戦_d0183174_09322262.jpg
そして今日から第31期竜王戦七番勝負第5局がスタートする。2勝2敗の五分と仕切り直しとなった竜王戦、2連勝していた羽生竜王であったが、その後優勢となりながら連敗してしまっただけに第5局はどんな将棋となるか注目だ。
注目の初手は7六歩、矢倉模様の駒組がすすんでいる。

by motokunnk | 2018-12-04 09:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)