人気ブログランキング |

2018年 12月 11日 ( 1 )

激戦NFL第14週、金子入団会見

NFL第14週は各地区首位チームに受難の試合が多かった。AFC東地区はドルフィンズとペイトリオッツの対戦であった。ここまで6勝6敗のドルフィンズとしてはプレイオフ進出には負けられない試合であった。
地元でのペイトリオッツ戦は相性がよく、ひょっとすると勝てるのではと思っていた。試合はTDの奪い合いとなり、前半はドルフィンズが3TD、ペイトリオッツが4TDと1TD差でドルフィンズがリードされてしまった。
d0183174_09191209.jpg
第3QにQBタネヒルからのパスでTDを奪って28-27と逆転したドルフィンズであったが、第4Qに2つのFGを決められてしまい28-33と5点差をつけられて残り10秒となってしまった。
d0183174_09192550.jpg
残り7秒、自陣31ヤードからの攻撃はQBタネヒルからWRスティルスに14ヤードのパスを通した、スティルスはWRパーカーにパス、そしてパーカーがライン沿いを走るRBドレイクへボールを渡した。ドレイクは味方を探しながら好走し、ペイトリオッツディフェンスを避け、そのままエンドゾーンに到達して劇的な幕切れとなった。
ドルフィンズにとっては大きな1勝だと思う。ほぼ負けを覚悟した試合での大逆転、残り3試合、全勝すればプレイオフ進出の可能性がでてくる。そのためには来週のバイキング戦が重要だと思う。
その他の地区では北地区のスティラーズがレイダーズに21-24で破れ、また南地区のテキサンズもコルツに敗れてしまった。AFC地区で唯一の勝利はチーフス、レイブンズに27-24で勝利し11勝目をあげ、2位のチャージャーズも勝利したため地区優勝は決まらなかったが、プレイオフ進出を確定した。
d0183174_09193647.jpg
NFCではラムズが破れ2敗目、圧倒的な攻撃力を誇っていたラムズがベアーズディフェンスに2FGに抑え込まれてしまった。やはりディフェンスのようチームが競り合いでは強いようだ。
d0183174_09194590.jpg
またセインツが勝ち、2敗を守って地区優勝を決めた。AFC、NFC両地区の優勝争い、プレイオフ進出争いも佳境である。
日本ハムに入団が決まった、金子が入団会見を札幌市内のホテルで行った。「35歳のルーキーという気持ちを持って、北海道のために一生懸命頑張りたい。よろしくお願いします」と日本ハムファンに向かってのコメントを発した。
d0183174_09195585.jpg
そして「プロ14年間、オリックス・バファローズのみなさまには本当にお世話になりました。ここまで来られたのはオリックスのおかげ。感謝の気持ちを忘れず、野球人として一生懸命やっていきたい。これからも温かく見守ってください」とバファローズへの感謝の思いも話した。
また背番号はオリックス時代と同じ19番であるが、登録名を弌大に変更、一からの出発を意識した変更だ。

by motokunnk | 2018-12-11 09:29 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)