人気ブログランキング |

2019年 01月 16日 ( 1 )

全豪、錦織、大坂初戦勝利、マレーシアマスターズはじまる

テニスの全豪オープン2日目、錦織圭、大坂なおみが登場した。まず錦織圭、ランク176位のマイクシャクと対戦した。予選からの勝ち上がりで錦織圭にとっては未知の相手であった。
錦織同様、バックハンドからの攻撃が武器のマイクシャクに対してなんと3-6、6-7と2セットを奪われてしまう大ピンチとなってしまった。
d0183174_09161199.jpg
第3セットでマイクシャクが全身に痙攣をおこしてしまいこのセットを6-0、続く第4セットも6-2でとり勝負の第5セット、3-0となったところでマイクシャクが棄権して錦織圭が2回戦に進出した。
相手選手が痙攣を起こさなければストレート負けをしていたかもしれないヒヤヒヤものの初戦勝利であった。2回戦はカルロビッチと対戦する。
一方の大坂なおみはランク80位のリネッテとの対戦であった。一発強打を持つ選手ではないので大坂にとってはやりやすいと思われた。第1セット、いきなり第3ゲームをブレイクしたがすぐにブレイクバックされる嫌な流れとなってしまった。
d0183174_09162965.jpg
ここで大坂、続く第5ゲームを再びブレイクするとあとは落ち着いてサービスゲームをキープし、6-4で第1セットを奪うと第2セットも2ゲームをブレイクし、6-2でストレートで勝利し2回戦にすすんだ。1時間も消費しない完勝といえるものであり、大坂本人もインタビューで「とてもハッピー。自分自身はとても良いプレーができました」と語っていた。
2回戦、大坂は78位のジダンセクと対戦する。
日本の男女のエースが対象的な形で1回戦を勝利した。2回戦ではどんなテニスを魅せてくれるのか楽しみである。
バドミントンの2019年シーズンがはじまった。初戦はスーパー500のマレーシアマスターズである。大会初日は各種目の予選と混合ダブルスの1回戦が行われた。世界ランク1、2位の中国ペアが欠場し、第1シードからの出場となった渡辺勇大/東野有紗ペアはアイルランドペアと対戦SHいた。第1ゲーム、終盤まで競り合うも21-15で奪いリードした。しかし第2ゲームは序盤からリードされてしまい、15-21で奪われ勝負はファイナルゲームにもつれこんだ。
渡辺/東野ペアが13-5と大きくリードしたものの相手ペアの猛追を受けて15-15となってしまった。ここで渡辺/東野ペアは落ち着いてポイントをかさね、21-17で勝利し2回戦に進出した。
d0183174_09161935.jpg
中国ペアが参戦していないだけにツアー3勝目をあげてほしいものだ。2日目は男女のシングルス、ダブルスで日本人選手が出場するが、早くも桃田賢斗対西本拳太、奥原希望対髙橋沙也加と日本人選手同士が戦う試合がある。ちょっと残念ですがはあるがこれも戦い、東京オリンピックへむけたポイント争いが始まる中で全力をかけて戦ってほしい。

by motokunnk | 2019-01-16 09:19 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)