人気ブログランキング |

2019年 01月 31日 ( 1 )

藤井七段10連勝、今日はA級順位戦

将棋の第45期棋王戦予選2回戦が行われた。藤井聡太七段は中村亮介六段との対局であった。後手番となった(最近はほとんど後手番となっている!)藤井七段、中村六段の四間飛車に対して急戦、持久戦どちらも狙える戦術で指し進めていた。
昼食休憩後、藤井七段の36手目5五銀で戦闘が開始された。歩がぶつかり合う前に銀が衝突する戦いであった。中村六段は4五銀とかわした手がよくなかったようで、形勢は藤井七段に傾いた。ただ藤井七段も5五歩と緩手もあり、まだまだ戦局はわからないまでも若干藤井七段優勢で局面は推移した。
そして攻めを続けた藤井七段、78手目に7八角打ちとして勝負を決めにいった。この後は一直線に中村六段を攻め続けて82手で藤井七段が勝利した。
d0183174_09263825.jpg
この勝利で公式戦10連勝となり、棋王戦予選も3回戦進出が決まった。2月5日には連勝記録と連続昇級が迫った順位戦℃級1組で近藤誠也五段と対局する予定である。「順位戦は次の1局が重要な対局になりますけど、先後があらかじめ決まっているので、準備ももちろんなのですが、いつもと変わらず落ち着いた気持ちで臨めればいいなと思います」とコメントした藤井七段、同日に師匠の杉本昌隆七段も船江恒平六段と対局する予定であり、杉本七段、藤井七段がともに勝利すると師匠と弟子が揃ってB級2組に昇級することが決定する。将棋ファン注目の一日となりそうだ。
また今日は名人挑戦権をかけた大事な対局も行われる。第77期名人戦順位戦A級の第8局が行われる。A級では6勝1敗で羽生九段、広瀬竜王、豊島二冠がならんでおり、この3棋士が佐藤天彦名人への挑戦権をかけ争っているそして今日は羽生九段と豊島二冠の対局が行われる。
d0183174_09264706.jpg
羽生九段、最終対局は広瀬竜王だけに2連勝して佐藤名人への挑戦権を獲得して名人位奪取に挑んでほしいものだ。

by motokunnk | 2019-01-31 09:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)