人気ブログランキング |

2019年 02月 11日 ( 1 )

王柏融、初打席で快音、渡辺棋王連勝、高梨今季初優勝

日本ハムのアリゾナキャンプで初の紅白戦が行われた。紅組3番レフトで先発した王柏融は初回二死無走者で打席にたった。先発西村に2ストライクと追い込まれてしまったが、その後は粘って甘く入ってきた5球目をうまくミートしてレフトに運ぶクリーンヒットを放った。
d0183174_09002809.jpg
いきなりの安打に栗山監督も「内容が良かった。4割を打つ打者の形なんだな、と思った」とコメント、2打席目も四球を選んで出塁、唯一の守備機会もなんなくフライを捕球して上々のデビューであった。
将棋の第44期棋王戦五番勝負第2局が行われた。渡辺明棋王、広瀬章人竜王の対戦は午前中から駒がぶつかる大熱戦となった。
d0183174_09001825.jpg
若干有利と観られた広瀬竜王であったが、渡辺棋王の的確な受けの前に徐々に形勢は互角となり、終盤は逆に渡辺棋王が優勢となって119手で渡辺棋王が勝ち2連勝をかざった。後1勝でタイトル防衛、王将戦も後1勝でタイトル奪取、二冠獲得が視野に入ってきた渡辺棋王である。
スキーの女子ジャンプW杯の15戦目がスロベニア・リュブノで開催された。高梨沙羅は今シーズン、ここまで未勝利であったが同じ台で行われた14戦は優勝したルンビにわずか5ポイント差の2位入賞、そして団体戦ではルンビを2本とも上回るジャンプを魅せており初優勝の期待は高かった。
d0183174_09003679.jpg
悪天候の中で行われた第15戦は1回目に89.5mを飛んだ高梨がトップにたち、2回目は82.5mにまとめて今季うれしい初優勝を飾った。
このところ悩んでいた助走姿勢がまとまりつつあり20日から開催される世界選手権に向けて調子があがってきたようだ。

by motokunnk | 2019-02-11 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)