人気ブログランキング |

2019年 02月 27日 ( 1 )

日本ハム北海道へ、錦織初戦突破、ドイツオープン開幕

25日で沖縄キャンプを打ち上げた日本ハム、26日はヤクルトと6回限定の練習試合を行った。王柏融、清宮幸太郎などが欠場したが、レギュラー取りをアピールする選手たちが躍動した。
1番サードで先発した浅間がヤクルトの新戦力の寺原の初球をレフトスタンドに運ぶと、4番近藤もタイムリーを放ち2点を先制した。2回には谷内がレフトに一発を放って3点目をあげ試合を有利にすすめた。
d0183174_09142700.jpg
先発の上原は2回を無安打無失点の好投を魅せ先発ローテーション入りをアピール、また秋吉も3回二死満塁のピンチで登板し西浦を凡打に打ち取った。
d0183174_09141746.jpg
前回失点してしまった公文も4回を無失点、また鍵谷も5回を無失点と好調をアピール、試合は3-2で日本ハムが勝利した。
課題を抱えた選手がそれぞれ結果を出す日本ハムにとってはよい内容の試合であったと思う。チームは休養をはさんで週末のオープン戦で実践感覚をブラシアップしていく予定だそうだ。
ATP500・ドバイDuty Freeテニス選手権がはじまった。第1シードの錦織圭、初戦の相手は世界ランク65位のペールであった。
第1セット、第3ゲームをブレイクしてリードした錦織圭であったが次のサービスゲームをキープするのに苦労した。10分以上もかかるゲームとなり7度のブレイクポイントをしのいでキープしたことがこの試合の勝因であったと思う。
d0183174_09143745.jpg
第1セットを6-4で先取した錦織は、第2セットはペールの右膝に不調が訪れ、序盤にメディカルタイムアウト、第5ゲームをブレイクした錦織が第9ゲームもブレイクして6-3で勝利し2回戦に進出した。世界ランク77位のホルカシュとの試合となる。22歳の新鋭だけにどんな試合となるのか注目である。
バドミントンのドイツオープンがはじまった。全英選手権の前哨戦として位置づけられているこの大会、なんと日本人選手がすべての種目で第1シードとなっている。しかも男女ダブルスは第1、第2シードまで日本人ペア、何種目で優勝するのか期待がかかる。
初日は各種目の予選と混合ダブルスの1回戦が行われた。中国人ペアが欠場となり第1シードとなった渡辺勇大/東野有紗ペアはタイペアを圧倒、21-7、21-10のストレートで2回戦に進出した。昨年の今頃はまだノーシードで勝つことに全力をかけていたこのペア、やはり全英選手権優勝の自信が飛躍のおおきな4要因なのであろう。
27日からは各種目で1回戦がはじまり、男女シングルス、ダブルスがはじまる。個人的に期待している大堀彩はカナダのミシェル・リーとの試合である。格上の相手だが過去2勝しているので初戦突破をはたしてほしいものだ。

by motokunnk | 2019-02-27 09:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)