人気ブログランキング |

2019年 03月 15日 ( 1 )

WEC再開、マフィが新加入

WEC2018-19シーズンが再開された。7年ぶり開催のセブリングから残り3戦、トヨタチームの戦いがはじまる。
来シーズンの参加も発表したトヨタチームは2台のTS050ハイブリッドを持ち込み、フリープラクティスに臨んだ。1回目は8号車の中嶋一貴がコースレコードとなる1分41秒957をマークした。
d0183174_08573396.jpg
41秒台をだしたのは8号車のみであった。日没後に行われたフリープラクティス2では逆に7号車のロペスが1分41秒730という全体ベストをマークし、中嶋一貴のコースレコードを更新した。
d0183174_08574322.jpg
ただ事前に行われた非公式のテストでは1分41秒152が計測されているので、今日行われるフリープラクティス3、公式予選で再びコースレコードが更新されることは間違いないだろう。興味は7、8号車いずれがポールポジションを獲得するかである。
ニュージーランドでの2試合を1勝1敗の五分で終えたスーパーラグビーのサンウルブズに新メンバーが加わった。先に日本代表候補に選ばれたアマナキ・レレイ・マフィである。早速明日のレッズ戦にベンチメンバーとして登録されており、試合途中からの出場が期待できる。
d0183174_08575292.jpg
ゲームキャプテンのマイケル・リトルは、「マフィはスーパーラグビーの中でもトッププレーヤーの一人です(昨年、一昨年とオーストラリアのレベルズで活躍)。彼のような新しいタイプのエナジーをチームに迎え入れることは、非常に素晴らしいことだと思っています」と語り期待を寄せている。
明日の秩父宮競技場でのレッズ戦、どんな試合をしてくれるのか楽しみである。

by motokunnk | 2019-03-15 08:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)