人気ブログランキング |

2019年 03月 19日 ( 1 )

日本ハム、惜しくも引き分け

アスレチックスとのプレシーズンマッチ、8回終了時点で6-2と4点リードしておりマウンドには守護神候補の石川直也があがった。
制球面で心配がある石川であるがまさか4点を失点してしまうとは思わなかった。6-3と1失点したものの二死をとり、むかえたデービス、その初球が間違っていたようだ。
甘くはいった変化球をレフトスタンドに運ばれてしまった。さすがに昨年のMLBアリーグのホームラン王だけのことはあり、過去の打席とはちがった一振りであった。バッテリーとしては変化球でタイミングを外そうとしたのであろうが、それならボールゾーンに投げるべきであったと思う。ミスも大きな財産と考え、石川直也には頑張って抑えとして一本立ちしてほしい。
試合は斎藤佑樹が先発し、2回を1失点でおさえた。1失点も失投だったのでそれほど問題とはならない投球で、MLB相手に好投したといえる。短いイニングであれば無失点におさえることはできそうな感じであった。
d0183174_09032669.jpg
打線は好調をキープしているようだ。同点の5回には一死3塁から中島卓のスクイズで勝越し点を奪うと、6回には王柏融のタイムリー2塁打で加点した。このところ内角攻めで苦しんでいた王柏融、内角球をつまりながらライト線に運んだだけに単なるヒット1本以上の価値があったようだ。
d0183174_09033679.jpg
そして今日はファームの試合で吉田輝星が登板する予定だ。ヤクルト戦、先発ではないが2回を投げる予定だそうで、鎌ヶ谷球場では入場者が2000人を超えた場合は外野芝生席開放を検討しているという。東武鎌ケ谷駅と球場を結ぶシャトルバスは、通常の3便から4便に増便されるらしく吉田輝星の人気の高さがうかがえる。どんなピッチングをするか注目だ。

by motokunnk | 2019-03-19 09:05 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)