人気ブログランキング |

2019年 03月 21日 ( 1 )

MLB開幕、トラウト契約延長、サンウルブズ消滅

MLBが開幕した。大谷翔平が所属するエンゼルスと同じアリーグ西地区に所属するアスレチックスとマリナーズの開幕2連戦である。
東京ドームでの試合とあって、ホームランが両軍合わせて5本と乱打戦となり、9-7でマリナーズが勝利した。投手陣は好不調の選手がはっきりしており、両軍にとってクローザーが三者凡退できっちりと仕事をしたことが収穫だったと思う。
今日は、マリナーズの先発は菊池雄星が予定されている。どんな投球を魅せてくれるか楽しみである。いずれは大谷翔平と対決することになるだろうと思うとわくわくしてくる。
d0183174_08564414.jpg
エンゼルスのトラウトが契約延長を発表した。なんと12年総額4億3000万ドルというMLB史上最高額での契約だそうだ。トラウトは2020年までエンゼルスと契約をしておりこの時期に契約延長する必要はないが、チームとしてはFA権を行使される前に契約延長を勝ち取りたかったのではと思われる。
契約延長の背景には大谷翔平の存在もあったのかもしれない。MLBナンバー1と評価されるトラウト、そしてそのトラウトが評価した大谷翔平、二人を中心としてエンゼルスが地区優勝、ワールドシリーズ制覇に向けて走り出した。
サンウルブズがなくなってしまいそうだ。スーパーラグビー主催団体が来年度から14チーム総当たりでのリーグ戦を行う計画を打ち出し、現状の15チームから1チームを除外することとなり、その1チームがサンウルブズとなったようだ。
日本代表の強化の一環としてスーパーラグビー参戦のためサンウルブズは結成されそれなりの成果は出してきたと思えるが、南アフリカチームから遠征費用が高額となるなどの不満の声もあがっていた。
10億円という参加費用もネックとなったようだ。サンウルブズはなくなってしまうが今後の日本代表強化手段はどうなるのだろうか、ラグビーファンとしてはそちらも心配である。

by motokunnk | 2019-03-21 08:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)