人気ブログランキング |

2019年 03月 27日 ( 1 )

二冠対決は渡辺二冠、吉田輝星まずまず

将棋の第32期竜王戦1組ランキング戦が行われた。注目の渡辺二冠と豊島二冠の対局である。渡辺二冠は先ごろ王将位を奪い、棋王も7連覇と好調を維持している。一方の豊島二冠も棋聖位を奪取してタイトルホルダーの仲間入りをすると、王位も奪っての二冠、先ごろA級順位戦でトップとなり佐藤名人への挑戦権を得ている。今季ブレイクした棋士ともいえる。
d0183174_08591255.jpg
その人気棋士同士の対局であったが渡辺二冠が109手で勝利して準決勝に進出した。豊島二冠は出場者決定戦にまわり、4位での本戦出場を目指すことになった。
そして今日は第32期竜王戦4組ランキング戦中田宏樹八段と藤井聡太七段の対局が行われる。年間最高勝率は惜しくも逃してしまった藤井七段であるが、今季の最終局となる本局ではどんな将棋を魅せてくれるのか楽しみである。対局はネット中継されるので楽しみである。
日本ハムのドラフト1位ルーキーの吉田輝星がイースタンリーグのロッテ戦に登板した。中継ぎ2イニングの予定は前回登板と同様であった。
6回からマウンドにあがった吉田輝星、立ち上がりこそいきなり安打を打たれたが後続を連続三振に打ち取り無失点で切り抜けた。
d0183174_08592503.jpg
続く7回、先頭打者に死球(変化球がすっぽ抜けて頭部にいってしまった!)を与え、無死1、2塁のピンチを招いてしまった。
安田にタイムリーを打たれたものの、走塁ミスに助けられ、二死をとると最後は香月を空振りの三振にきってとった。2回3安打3三振1失点の内容であったが、直球で勝負と登板前に本人が言っていたように33球中29球が直球であった。最速も148kmを記録し荒木二軍監督も「今までで一番良かった。力まずに投げる形に入れていた」と評価した。
次回の登板は4月3日の巨人戦、先発もありえるとのことだけに注目したい。

by motokunnk | 2019-03-27 09:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)