人気ブログランキング |

2019年 03月 28日 ( 1 )

藤井七段大逆転勝利、大谷屋外打撃再開

将棋の第32期竜王戦4組ランキング戦が行われた。藤井聡太七段にとっては今季の最終対局である。相手は中田宏樹八段であった。
振駒の結果、後手番となった藤井七段、中田八段は矢倉戦に持ち込み力戦となった。序中盤は互角ですすんだが、夕食休憩前後から徐々に中田八段が優勢となり最終盤となった。ここで藤井七段の銀のただ捨ての妙手がでて形勢は一気に逆転し藤井七段が110手で中田八段を破った。これで今季の成績は45勝8敗(未放映のテレビ対局を含む)となった。
d0183174_09112005.jpg
年間最高勝率更新こそならなかったものの勝率部門の1位は確定となった。また勝数も45勝となり佐々木大地五段と並んでトップとなった。佐々木五段が年度内にテレビ棋戦の対局を残しており、この結果によって順位が確定する。
竜王戦は3期連続しての優勝も視界にはいってきた今回の勝利であり来季に結びつく大きな一勝であったようだ。
5月中の打者としての復帰を目指してリハビリ中のエンゼルスの大谷翔平、その大谷についてオースマス監督が「大谷は外での打撃練習をもうすぐ開始するだろう」と語った。
d0183174_09113046.jpg
いつからと日時は明らかにしなかったが屋外での打撃練習となると室内よりも自然と力が入ることが予想され、医療チームもよち慎重な判断が必要とされてきた。それが解禁されるということはリハビリが順調であることを示しているといえる。後1か月でグランドで躍動する大谷翔平を観ることができそうだ。

by motokunnk | 2019-03-28 09:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)