人気ブログランキング |

2019年 04月 03日 ( 1 )

マレーシアオープンはじまる、日本ハムショートスターター、藤井七段の銀河戦

日本ハムが面白い投手リレーを行った。開幕2シリーズ目となる楽天戦、先発の加藤貴之が3回で降板し、バーベイトがマウンドにあがった。
怪我などではなく当初の予定通りのことだそうだ。加藤は3回を1安打1四球無失点をほぼ完ぺきな投球だっただけに降板は残念なことだがこれも栗山監督が考えるシーズンを戦う戦略のひとつなのかもしれない。
d0183174_09183832.jpeg
試合は打線が3安打と振るわずに1-3で負けてしまったが今季の日本ハムの試合からは目が離せないようだ。
すでに結果はわかっていたが、銀河戦の藤井聡太七段対近藤誠也六段(当時は五段)の対局が放送された。珍しく先手番となった(最近、振り駒による将棋はほとんどが後手番であった!)藤井七段、角換わりの将棋となり109手で近藤六段を破った。序盤は互角の将棋であったが、中盤以降は自陣に角を打って攻守ににらみを利かせるなどの好手を連発して優勢となり勝利した。藤井七段にとっては快勝といえる一局であったようだ。
バドミントンのマレーシアオープンがはじまった。各種目の1回戦が行われたが、混合ダブルスでは渡辺勇大/東野有紗ペアがまさかの初戦敗退であった。
地元の大声援を受けたペアにまさかのストレート負けであった。過去に1度対戦しておりそのときも負けてしまっている。これで2連敗、苦手意識が芽生えなければいいのだがちょっと心配ではある。
その他の日本選手は女子ダブルスで田中/米元ペアが第1ゲーム途中で棄権するハプニングがあり初戦敗退となってしまった。男女シングルスは順当に勝ち上がった。そしていよいよ大堀彩がシンドゥとの試合が行われる。午後8時(日本時間)開始予定だそうなのでネットで確認していくことにしよう。

by motokunnk | 2019-04-03 09:21 | スポーツ全般 | Trackback(28) | Comments(0)