人気ブログランキング |

2019年 04月 14日 ( 1 )

日本ハム今季初の連勝、4種目で決勝進出

日本ハムの吉田輝星がイースタンリーグのロッテ戦に先発した。4回目の登板となる今回、ロッテの藤原恭大も出場するとあって、鎌ヶ谷野球場は2軍戦とは思えぬ3千人以上の観衆が集まった。
d0183174_09415014.jpg
注目の対決は初回はすべてストレートで勝負して3球三振、二打席目も変化球を交えて3球三振と甲子園での対決のリベンジを果たした。
ただその他の打者に対してはストレートが甘くなり、3回2安打4四球2失点であった。次回登板までの課題ができたが着実に進歩を遂げているようにも思えた。
1軍の試合もロッテ戦であった。先発は新外国人投手のバーベイト、一方のロッテはボルシンガーであった。
3回裏、今季初の先発となった杉谷がヒットで出塁すると、中島卓が三遊間を破って一死1、3塁のチャンスをつくった。
西川は凡退してしまったが、このところ当たりがでてきた大田泰示が中前にタイムリーを放って2-0と先制した。先発のバーベイトは緩急を織り交ぜた投球でロッテ打線に的を絞らせずに3塁を踏ませない投球で5回を2安打1四球無失点の好投でマウンドをおりた。
6回は金子弌大が登板し、いきなりヒットを打たれたものの後続はしっかり押さえた。追加点はその裏、二死からが内野安打で出塁、大田泰示がセンターオーバーの2塁打をはなった。返球がそれる間に西川がホームインして3点目がはいった。
d0183174_09420230.jpeg
7回は宮西がわずか11球でロッテの中軸をおさえ300ホールドを達成した。8回は浦野、そして9回は連投となった秋吉がしめ、3-0でロッテに快勝した。
これで今季初の連勝となり、開幕カード以来となるカード勝越しを決めた。カード3連勝を目指して今日は有原航平が先発予定である。ここ2試合、ほぼ完ぺきな投球を魅せているだけに期待がもてそうだ。
バドミントンのシンガポールオープン準決勝が行われた。4種目に出場した日本勢が大活躍し、4種目で決勝進出を果たした。女子シングルスでは山口茜が台湾の戴資穎と対戦しマッチポイントを握ったもののゲームカウント1-2で逆転負けしてしまった。
一方の奥原希望はインドのプサルラ・V.シンドゥと対戦した。両者の試合は熱戦となる場合が多かったがこの試合は奥原のワンサイドゲームとなり21-7、21-11で快勝した。
d0183174_09421154.jpg
決勝は世界ランク1位の戴資穎、この日の奥原を観る限り戴資穎とも互角以上に戦ってくれそうな感じがする。
男子シングルスでは桃田賢斗がデンマークのアクセルソンと対戦した。第1ゲームは21-15で先取した桃田であったが第2ゲームにはいりとアクセルソンが連続ポイントを奪ってゲームを支配した。
6-16と10ポイント差となってしまった桃田であったがここから驚異の追い上げを魅せた。5ポイント連取して11-16、1ポイント奪われたがここから連続9ポイントを奪ってゲームを逆転するとともに20-17とマッチポイントを握った。最後は21-18でこのゲームを制した桃田が決勝に進出し、4年ぶり2回目の優勝をかけて、インドネシアの難敵・アンソニー・S・ギンティンと対戦することとなった。
d0183174_09421884.jpg
日本人ペア同士の試合となった女子ダブルスは松本麻佑/永原和可那ペアがストレートで福島由紀/廣田彩花ペアを破り、男子ダブルスも園田啓悟/嘉村健士ペアが世界ランク1位のギデオン/スカムルヨペアを2-1で破って決勝進出を決めた。
マレーシアオープンでは中国勢が4種目を制したが、このシンガポールオープンでは逆に中国勢は決勝に残ることはできなかった。日本勢に4種目制覇の期待がかかるが果たして何種目で優勝することができるだろうか。
サッカーJ1リーグの第7節が行われ名古屋グランパスは横浜Fマリノスと対戦した。試合は8分にPKで先制したものの20分には同点とされてしまった名古屋グランパス、その後は両チームとも決定機はつくるものの詰があまくゴールすることはできずに1-1の引き分けに終わってしまった。
d0183174_09422630.jpg
やはり強豪チームには楽に勝てるほどチーム力はアップしていないようであるが負けなかったことが収穫であったかもしれない。

by motokunnk | 2019-04-14 09:45 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)