人気ブログランキング |

2019年 04月 19日 ( 1 )

日本ハム連敗ストップ、桃田賢斗五輪へ抱負

金子弌大が日本ハムの3連敗を阻止した。昨日行われたオリックスとの試合、この試合に負けると同一カード2度目の3連敗となってしまう日本ハムは金子弌大が先発した。一方のオリックスの先発は山本由伸、ここまで2試合に先発し失点1と絶好調の投手である。
この日の金子は球場がほっともっと神戸と金子がデビューした球場ということもありマウンドにも慣れていたのか制球もよかった。一方の山本もテンポよく日本ハム打線からアウトをとり、3回をパーフェクトにおさえる。投手戦と思われた試合、4回に動きがあった。
d0183174_09165007.jpg
一死から大田泰示が日本ハムの初安打をライト前に打つと、王柏融が左中間を破るタイムリー2塁打を放ってわずか2球で先制点をあげた。先制点をもらった金子は4回も無失点におさえ、勝利投手の権利がかかる5回は一死から後藤に初安打を打たれてしまった。ただ初球に盗塁を試みたがアウトになり結局この回も無失点におさえとりあえず勝利投手の権利は得た。
日本ハムの追加点は6回であった。この回も四球の大田泰示を1塁において王柏融が三遊間をやぶるヒットをはなってチャンスを拡げると、二死1、3塁から大不振の中田翔が泳ぎながらレフト線に落とすタイムリーをはなって追加点をあげると、横尾もセンターオーバーの2塁打を放ってリードを4点とした。
6回から日本ハムは継投策をとり、加藤貴之が6回は無失点におさえたが、7回に頓宮にプロ初ホームランをあびると、リリーフした浦野も杉本に一発を打たれ、あっという間に4-3となってしまった。
8回は先日300ホールドを達成した宮西がマウンドにあがり二死2塁と一打同点のピンチをつくってしまったがロメロを見逃しの三振にしとめて無失点で投げ終えた。すると9回、打線が奮起、横尾の2塁打をベースに一死3塁から中嶋卓也が高くバウンドする内野安打を放って貴重な5点目をあげた。
さらに二死2、3塁から大田泰示の遊撃ゴロを1塁のメネセスが捕球ミス(ミットの網の部分からボールが抜けてしまった!)、その間に決定的な2点がはいった。
d0183174_09170077.jpg
試合は7-3で日本ハムが勝ち、金子弌大は移籍後初勝利をあげた。この勝利はプロ12球団から勝利した18人目の投手というおまけつきの勝利でもあった。数少ないチャンスを得点につなげる日本ハムの得意とする野球ができた試合であった。
大田泰示に当たりがでて、王柏融も3割となり、後は近藤健介のシュアな打撃が復活すれば打撃陣は問題がなくなると思うが果たしてどうであろう。土曜日からのロッテ戦が楽しみである。
7月下旬に開催されるバドミントンのダイハツ・ヨネックスジャパンオープンの記者会見が行われ、日本代表から桃田賢斗、渡辺勇大、東野有紗の3選手が同席した。会見ではジャパンオープンに関する思い入れやいよいよ4月29日からはじまるオリンピックレースへの意気込みなどが語られた。
d0183174_09171044.jpg
東京オリンピックは1年後だが選手たちはもうオリンピック出場を目指したレースがはじまるのだ。

by motokunnk | 2019-04-19 09:19 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)