人気ブログランキング |

2019年 04月 22日 ( 1 )

有原3勝目、輝星無四球、エンゼルス連敗ストップ

日曜日のロッテ戦、日本ハムの先発は有原航平、ロッテの先発は石川歩と4月14日の再戦となった。このときは先に有原が失点してしまったが逆転勝ちをしている。この試合、先手を奪ったのは日本ハムであった。3回、中島卓のヒットから一死2塁のチャンスをつくり西川のタイムリーで先制した。そして追加点は4回、王柏融のヒットが出たものの二死となり横尾がヒットでつないで二死1、3塁とし渡邉諒がセンターオーバーのタイムリー2塁打をはなった。
この打球、ワンバウンドしてフェンスを超えてしまったのが日本ハムとしては惜しかった。フェンス超えしていなければ横尾もホームインできていた。ただこの日の有原を観ていると2点も十分なアドバンテージと思えた。
d0183174_09502989.jpeg
有原が乱れたのは5回、一死からセーフティバンドで出塁を許すと二死2塁からタイムリーを打たれてしまった。しかし失点したものの続く6回は三者凡退に打ち取り安定していた。その有原に異変、7回のマウンドにあがったものの緊急降板してしまった。何が起きてしまったのかと思ったがどうやら足がつってしまったとのこと、大事には至らないようである。
これで緊急登板した宮西であったが7回を無失点におさえ、8回は浦野そして9回は秋吉がマウンドにあがった。この日の秋吉、調子がイマイチだったようで先頭打者にヒットを打たれ、一死1、2塁と一打同点のピンチをつくってしまった。その後は2者連続して内野フライに打ち取って2-1で勝利したがいつもの安定感はなかった。
これで勝率を5割にもどした日本ハム、火曜日からは首位にたつ楽天との3連戦である。前回3連敗してしまっているだけに札幌でリベンジしてほしいものだ。
一方ファームでは吉田輝星がヤクルト戦に先発した。この日も3回を予定しておりテーマは〈1〉直球で押すこと、〈2〉四球を出さないことの2つで、変化球は要所だけであった。
d0183174_09503899.jpg
このテーマを実践した吉田輝星、3回を5安打無四球1失点、39球で3回を投げ終えた。無四球は過去5回の登板ではなかったこと、登板ごとに制球力がついているようだ。次回登板は29日のDeNA戦を予定しているとのこと、中7日で迎える平成最後のマウンドで、さらなる成長を示すことができるだろうか。
マリナーズの菊池雄星にMLB初勝利をプレゼントしてしまったエンゼルスであったが未明に行われたマリナーズ戦は8-6で勝利し、連敗を6でストップした。この試合は4連戦ではじめて先制したエンゼルス、その後も効率的に追加点を奪って8回までに8得点を奪い8-1で9回をむかえた。ただこれですんなり終われないのがエンゼルス。最終回に3発被弾してしまい5点を奪われてしまった。
d0183174_09504721.jpg
二死をとりながら四球をだしてしまい一発打たれれば逆転のピンチであったがかろうじて打者を打ち取り冷汗ものの連敗脱出劇であった。明日からはヤンキース4連戦、最低でも2勝、できれば3勝1敗で乗り切ってほしい。

by motokunnk | 2019-04-22 09:54 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)