人気ブログランキング |

2019年 04月 27日 ( 1 )

サンウルブズ完封負け、トヨタ好発進も、錦織4強

スーパーラグビー参戦4年目にして初となる完封負けを喫してしまったサンウルブズであった。ハイランダーズに対していいところなく完敗である。
立ち上がりから全力でぶつかってくるハイランダーズに対して若干受け身となってしまったサンウルブズは一旦ハイランダーズに傾いた流れを試合終了まで戻すことはできなかった。
サンウルブズ完封負け、トヨタ好発進も、錦織4強_d0183174_09012374.jpg
ここ一番での力の入れ方を学んだ試合だともいえる。ワールドカップまで残された時間は少ない、修正は迅速に行ってほしいものだがどうやってするのか注目だ。
WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナ デイ1の市街地SSで好発進したトヨタチーム、デイ2はその好調な流れを維持していたように思えた。SS7を終了した時点ではトップはタナック、2位のヌービルを10秒以上引き離していたがデイ2最終のSS8ではミスをおかしてしまいトップの座を譲ってしまった。
サンウルブズ完封負け、トヨタ好発進も、錦織4強_d0183174_09013541.jpg
それでもトップとは13秒差の3位につけており、十分に挽回可能と思われる。デイ3の走りに注目したい。
テニスのATP500・バルセロナオープン準々決勝、錦織圭の相手は地元のカルバレス バエナであった。第1セット、いきなりカルバレス バエナのサービスゲームをブレイクした錦織はそのままリードを守って6-4でこのセットを奪った。
第2セット、錦織は2度0-40のブレイクチャンスを奪ったもののカルバレス バエナの粘りにブレイクすることはできなかった。嫌な流れと思われたが第11ゲーム、30-30から錦織の揺さぶりにカルバレス バエナはついてゆくことができずに右太ももを痛めてしまった。
サンウルブズ完封負け、トヨタ好発進も、錦織4強_d0183174_09014606.jpg
このゲームをブレイクした錦織、7-5で第2セットも奪って3年ぶりベスト4進出である。準決勝の相手はメドベージェフ、1月のブリスベン国際決勝の再戦となる。そのときはフルセットで勝利しているのでその再現を期待したい。
バドミントンのアジア選手権準々決勝が行われた。女子シングルスの大堀彩は中国の陳雨菲と対戦したが残念ながらストレートで敗れてしまった。第2ゲームは5ポイント以上リードしていただけにちょっと残念な結果であった。また奥原希望も何冰嬌に0-2のストレート負け、準決勝には山口茜のみが進出した。
その他では男子シングルスは桃田賢斗、男子ダブルスは園田啓悟/嘉村健士ペア、遠藤大由/渡辺勇大ペアが準決勝に進出した。遠藤大由/渡辺勇大ペアは世界ランク2位の中国ペアを破ってのベスト4入りだけに期待したい。
女子ダブルスは福島由紀/廣田彩花ペア、松本麻佑/永原和可那ペアが順当にベスト4入りしたが、混合ダブルスでは渡辺勇大/東野有紗ペア、金子祐樹/松友美佐紀ペアが敗れてしまい、すべてのペアがベスト8止まりとなってしまった。
今日の準決勝、はたして何人(ペア)が決勝進出を果たせるのだろうか。

by motokunnk | 2019-04-27 09:04 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)