人気ブログランキング |

2019年 06月 01日 ( 1 )

エンゼルス菊池攻略、日本ハム5連勝、錦織辛勝

花巻東OB対決は実現しなかったが、エンゼルスがマリナーズ先発の菊池を攻略し4回途中で6得点をあげて9-3で快勝した。
d0183174_10074156.jpg
大谷翔平はベンチスタート、接戦となれば代打での登場もあったと思われた大量リードの試合であったのでお休みとなった。
ところで全米では地元局「FOXスポーツウエスト」が球場内の売店で販売されている食べ物の動画を公開している。トラウト、カルフーン、大谷の3選手が登場しその掛け合いが話題となっているそうだ。
交流戦にむけ、最後のカードとなったオリックス戦、日本ハムの先発は加藤貴之であった。球場との相性のよさもあってか3回をパーフェクトに抑える上々のピッチングであった。
オリックスの先発は山岡、こちらもランナーが出すが要所を締め、投手戦で試合はすすんでいった。
試合が動いたのは5回、平沼がヒット、清水バント、中島卓の内野安打で一死1、3塁のチャンスをつくった日本ハム、ここで山岡の牽制球を一塁手がわずかに後逸すると3塁ランナーがすかさずホームへ突入し日本ハムが先制点をあげた。
d0183174_10074927.jpg
わずかなミスをつき得点をあげるいかにも日本ハムらしい先制点であった。加藤貴之の好投は続いたが、5回は四球で初出塁を許し、6回は四球、自らのエラーで一死1、2塁とピンチを招いたがいずれも無失点で切り抜け、7回までノーヒットの投球であった。
d0183174_10080199.jpeg
8回に連打、申告敬遠で一死満塁のチャンスをつくった日本ハム、ここでまたオリックスにミスが出てしまった。清宮幸太郎の一ゴロをファンブルしてしまい2点目が日本ハムにはいった。その後押出し、犠飛で追加点をあげた日本ハムが4-0でオリックスに勝利し5連勝を飾った。
今日の先発予定はドラフト3位右腕・生田目翼である。1月下旬に右肘の張りを訴えて実戦復帰は4月中旬と出遅れたが、直近の2回の登板では9回1失点と好投しており、1軍のマウンドでどんなピッチングをしてくれるのか楽しみである。
将棋の第32期竜王戦4組ランキング戦の決勝戦は大熱戦であった。藤井聡太七段と菅井竜也七段の対局は先手番となった藤井七段が若干有利に対局をすすめたものの夕食休憩前に指した5五桂が好手となり菅井七段がとなった。しかし藤井七段も2八飛と飛車を守りにきかせる好手をはなち、なんと1局目は91手で千日手が成立して指し直しとなってしまった。
d0183174_10080907.jpg
指し直しとなった一局は午後8時36分にはじまり、後手番となった藤井七段ではあったが序盤からうまい指しまわしをみせて菅井七段を圧倒して94手で勝利し、竜王戦4組優勝を決め、あわせて本戦トーナメントの出場も決めた。
プロデビューから3期連続で竜王戦のランキング戦で優勝したのは藤井七段が初めてだそうだ。藤井七段の次の対局は6月3日、第67期王座戦の挑戦者決定トーナメントの初戦で佐々木大地五段と対戦する。この勝者は羽生善治九段と対戦する。
テニスの全仏オープン3回戦、錦織圭はジェレとの試合となった。試合巧者のジェレとフルセットまでもつれ込む熱戦となり、最後セットは8-6で錦織が奪ってベスト16に進出である。
d0183174_10081875.jpg
4時間を超える大熱戦であった。4回戦はフランスのベールとの対戦である。ここも勝利してベスト8入りを目指してほしい。
WRC第7戦ラリー・ポルトガルデイ1が行われた。SS1でトップにたったのはヒュンダイのソルドであった。2位に4秒以上の差をつけてのトップであった。2位はタナックがつけ、4位にラトラバ、6位にミークとトヨタチームもまずまずのスタートであった。
SS2でトップタイムをマークしたタナックは首位との差を0.5秒に縮めるとSS3もトップタイムをマークして首位にたった。
SS3ではヒュンダイ勢にトラブルが続出した。トップのソルドがマシントラブルで大きく遅れてしまい、またローブにも燃料系統にトラブルが発生してしまい、2台揃って優勝争いから脱落してしまった。
ライバルチームのトラブルに助けられることなくトヨタチームの3台は快調な走りを魅せ、午後のSSこそトップタイムはマークできなかったもののデイ1を終えなんと1~3位までを独占している。4位のヌービルを3位ミークの差はわずか2秒弱ではあるがトヨタチームとしてはラリー復帰後初の出来事である。
d0183174_10082686.jpg
d0183174_10083342.jpg
デイ2以降も慎重かつ大胆に攻め続けてほしいものだ。WRC2に参戦している勝田貴元は一時2番手につける好走を見せていたが、SS6でパンクに見舞われ順位を落としてしまい、5番手でこの日を終えた。
ただ速さは魅せているので上位進出の可能性は大いにありそうだ。デイ2以降にも期待したい。

by motokunnk | 2019-06-01 10:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)