人気ブログランキング |

2019年 06月 02日 ( 1 )

トラウタニ連続弾、王柏融も一発、タナックは首位死守

エンゼルスのトラウト、大谷翔平の連続ホームランがでたが試合は3-4で敗れてしまった。この試合、大谷は2打席凡退後の第3打席、トラウトの1発が出て反撃ムードが高まる中で打った打球は超低空でレフトに設置してあるエンゼルスのブルペンにはいった。10試合ぶりの一発であったが大谷本人によれば最近打球があがらずに打ったときも入るかどうかわからなかったという。
d0183174_09071747.jpg
ただ8回の第4打席もレフトにタイムリーを放っており、NPB時代もレフトに引っ張る打棒が好調のバロメーターだっただけにそろそろ復調の兆しが見えてきたようだ。今日のマリナーズ戦も3番・DHで先発出場している。
5連勝と好調な日本ハムであったが、先発のルーキー・生田目翼が2回4失点で降板してしまった。オリックスの先発は成瀬、ロッテ時代から決して相性がよかったとはいえないだけに苦しい展開となりそうな試合となった。
ただ1-5とリードされた5回、近藤健介のタイムリーで2点をかえした二死3塁、王柏融の1か月半ぶりの2号同点2ランがでた。第1号も京セラドームで打っており、相性がいい球場のようだ。
d0183174_09072658.jpg
同点に追いついたもののリリーフ陣が踏ん張れず、5-8と3点リードされ9回、マウンドにはオリックスの守護神となった増井があがっていた。今季は好不調の波がはげしく、いきなり代打平沼に2塁打、西川に四球を与えてしまった。
そして無死1、2塁から大田泰示が起死回生の同点3ラン、負け試合を一気に同点とする一発であった。
試合は延長戦となり、10、11回の2イニングをまかされた石川直也は吉田に四球をだしたものの5奪三振を奪う完璧なピッチングを魅せてくれた。
d0183174_09073402.jpeg
試合は結局8-8の引き分けに終わった。第3戦の先発予定は上原健太、先発では結果が残せていないだけにどんなピッチングをするか注目だ。
一方のオリックスはK-鈴木が先発予定である。日本ハム戦は初先発であるが好投している投手だけに侮れない相手である。交流戦前の試合、すっきり勝って交流戦に突入したいものだ。
WRC第7戦ラリー・ポルトガルデイ2が行われた。デイ1でトップ3を独占したトヨタチームのデイ2はトラブル続出であった。まずトップのタナックのブレーキシステムにトラブルがでてしまった。さいわい軽度なものであり、修復された。
d0183174_09095629.jpg
ラトラバのサスペンショントラブルは深刻であった。SS9、SS10とトップタイムをマークし首位に迫る勢いであったが、午後のSS11でトラブルが発生してしまいデイリタイアとなってしまった。
d0183174_09074381.jpg
3台中でノートラブルのミークはSS8でトップタイムをマークし、午後のSSすべてで2位と安定した走りで総合2位をキープした。
ただ3位にポジションアップしたヌービルとの差は約5秒、2位を死守できるかどうかデイ3の走りに注目である。

by motokunnk | 2019-06-02 09:12 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)