人気ブログランキング |

2019年 06月 03日 ( 1 )

エンゼルス快勝、日本ハム連勝、タナック優勝も

同地区のマリナーズとの4連戦の3試合目、エンゼルスは序盤に得点をあげ3-0とリードした。先発したヒーニーが好投し勝ちゲームと思われたがエンカルナシオンに2本ホームランを浴びて同点とされてしまった。
それでもエンゼルスは当たりのでてきたカルフーンの2ランで勝ち越すとトラウトにもソロがでて6-3で快勝した。アリーグ西地区はアストロズを除くと混戦ムード、まずは5割復帰を目指してほしい。大谷はいいところなく無安打に終わってしまった。
d0183174_09282067.jpg
前日の試合は9回をむかえて5-8と敗戦ムードであったが、大田泰示の同点3ランで引き分けに持ち込んだ日本ハム、この試合も勝利して交流戦にいい流れで向かいたいところであった。
先発は上原健太、一方のオリックスはK-鈴木であった。その上原は初回につかまってしまった。先頭打者を三振に打ち取ったまではよかったものの連打で一死1、3塁とピンチを招いてしまった。二死をとったもののまたまた連打を浴びてしまい0-2とオリックスに先制されてしまった。
前回登板したオリックス戦の再現を観るような立ち上がりであった。その上原、2回は四球はだしたがなんとか無失点に切り抜けた。打線は2回に王柏融のヒットなどで一死満塁のチャンスをつくったがK-鈴木に後続を打ち取られてしまった。
そして3回、西川が粘って四球を選び出塁すると大田泰示がレフトスタンドに同点2ランを打って試合をふりだしにもどしてくれた。
同点に追いついてもらった上原はその裏オリックスの中軸を三者凡退に片付けると、流れは日本ハムに傾いた。
d0183174_09283733.jpg
4回簡単に二死となったが西川が四球を選び、初球に盗塁を決めて二死2塁と勝越しのチャンスをつくった。大田泰示の打球は三ゴロであったが悪送球で二死1、3塁とチャンスが拡がった。近藤健介が四球を選んで二死満塁、中田翔は追い込まれながらもレフトスタンドに勝越しの満塁弾を打ち込んだ。これで6-2となり、試合の流れは日本ハムのものとなった。上原は4、5、6回をヒット1本におさえるピッチングで降板した。ナイスピッチングであったといえる。
d0183174_09284632.jpeg
王柏融のヒットなどでチャンスをつくる日本ハムであったがなかなか追加点を奪うことができなかった。しかし8回、中田の三ゴロエラー(この試合2度目の悪送球)、王柏融の5打席連続ヒットとなる2塁打で無死2、3塁と絶好のチャンスをつくると犠飛、タイムリーで2点を追加した日本ハム、連続弾で追い上げられはしたものの9回は堀瑞輝が三者凡退におさえて8-5でオリックスに快勝し、引き分けを挟んで6連勝達成である。
d0183174_09285455.jpeg
打線も好調、投手陣もまずまずでいい流れで交流戦にはいることができそうだ。
WRC第7戦ラリー・ポルトガルデイ3、トヨタチームは1、2位をキープして今季初のワンツーフィニッシュを目指してデイ3をスタートした。デイ3は距離が短い5つのSS、3つのSSを消化して3位との差を8秒と拡げた2位のミークであったがここから信じられないことが起きてしまった。なんと次のSSでスピンしてしまい3位に後退すると最終のパワーステージでも出走直後に切り株にフロントをぶつけてまさかのリタイアとなってしまった。
最終パワーステージではラトラバも前走車のクラッシュでタイムをだすことができずトヨタチームにとっては散々なパワーステージとなってしまった。
それでもタナックは落ち着いてパワーステージ3位のタイムでフィニッシュし、ラリー・ポルトガルの優勝を飾った。ラリー・チリに続く連勝でドライバーズチャンピオンポイントも首位にたつオジェと2ポイント差とった。
d0183174_09290201.jpg
WRC次戦は、6月13日から16日にかけて開催される、第8戦ラリー・イタリア サルディニアである。トリッキーなコースでもありトヨタチームも前年は苦戦しただけに今年はどんなラリーをしてくれるのか楽しみである。

by motokunnk | 2019-06-03 09:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)