人気ブログランキング |

2019年 06月 13日 ( 1 )

大谷前田からも一発、輝星初勝利、ルマン予選1回目

エンゼルスとドジャーズの交流戦第2戦、前田健太と大谷翔平の日本人対決が実現した。約1年前の対戦では三振と凡打に抑えられてしまった大谷であったがこの日は違った。初回二死でぶつかった両者、フルカウントから甘くきたスライダーを打ち返し右中間スタンドに放り込んだ。菊池雄星に続いて前田健太からもホームランは素晴らしいことだと思うし、同一年で別の日本人投手からホームランを打った初の選手となったようだ。
d0183174_09365378.jpg
この大谷の一発で制球を乱した前田から一気に5点を奪ったエンゼルスが優位に試合をすすめ、最終回、一打逆転のピンチをむかえながらも5-3でドジャーズに連勝した。
d0183174_09364126.jpg
大谷は7回にもライト前ヒットで出塁すると今季初盗塁を決めた。徐々にタイミングはよくなっているとインタビューで答えていたが、2、3打席目の三振をみるとタイミングのズレは大きく、本調子となるにはまだ時間がかかりそうだ。
日本ハムのドラフト1位ルーキーの吉田輝星が地元の広島戦に初登板した。公言通り初球はストレートであったがおしくもボール判定であった。そして広島の先頭打者・長野にライト前ヒット(2塁手の緩慢な守備に助けられた)を打たれると菊池には四球をあたえてしまった。
そして一死から鈴木誠也にも四球でいきなり一死満塁のピンチを招いてしまった。ただここからの吉田輝星は素晴らしかった。西川を高めのストレートで3球三振に打ち取ると磯村を三ゴロに打ち取り無失点で切り抜けた。
打線は広島先発の大瀬良から大田泰示がレフトスタンドに先制のアーチをかけ、先制点をプレゼントしたが、2回に二死からの連打であっさりと同点に追いつかれてしまった。2回裏、制球がままならない大瀬良に一死満塁と攻め込み、内野安打で勝越し点を奪った日本ハム打線であったが満塁のチャンスで大田泰示は併殺にたおれてしまった。2-1とリードしてもらった吉田輝星、3回からは別人が投げているようなピッチングであった。広島の3、4、5番を三者凡退に打ち取ると4回こそ二死から2塁打を打たれるが後続をおさえ、勝利投手の権利がかかる5回のマウンドにあがった。
d0183174_09371188.jpeg
2安打されていた長野をレフトフライ、菊池を三振、バティスタをライトフライに打ち取り見事な締めくくりでマウンドをおりた。
6回から継投にはいった日本ハム、井口、ロドリゲス、そして公文が6、7、8回を三者凡退に抑える好投を魅せた。
打線は大瀬良に抑え込まれてしまったが8回二死から王柏融が2塁打でチャンスをつくった。中田翔が申告敬遠されると、代打田中賢介が指名された。しかし田中が倒れ無得点で最終回、石川直也がマウンドにあがった。
先頭打者にヒット、犠牲バントで一死2塁と一打同点のピンチを招いてしまった。磯村を三振に打ち取ったが小窪には四球を与えてしまう不安定なピッチングであった。しかし会澤をフルカウントから三ゴロに打ちとり、吉田輝星に初勝利をプレゼントした。
d0183174_09372366.jpeg
開幕直前にプロ野球解説者の谷繁さんが吉田輝星を元巨人の桑田さんのような投手になりそうだと語っていたが昨日のピッチングを観ているとその言葉がわかるような気がする。解説者の有藤さんも山口高志を思い出したとコメントしており、非凡な才能を持つことが証明された投球であったようだ。次の登板が待ち遠しいが、果たして次回はいつなのであろうか。
いよいよルマン24時間レースがはじまった。はじまったといってレースがスタートしたわけではなく、公開練習、そして公式予選1回目が行われたのである。
雨にたたられてしまった影響でトヨタチームはトップこそ7号車であったが、8号車は4番手タイムとなった。引き続き予選1回目が行われ、トヨタチームは7号車はトップ、8号車は3位とまずまずの結果であった。
d0183174_09375617.jpg
予選は後2回行われ、一番速いタイムが採用されるので、1回目のタイム自体はそれほど影響はないのだが、8号車が3番手というのはちょっと残念でもある。

by motokunnk | 2019-06-13 09:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)