人気ブログランキング |

2019年 06月 19日 ( 1 )

大谷マルチヒット、藤井七段白星、日本ハム3連敗

エンゼルスの大谷翔平の勢いが止まらないようだ。アプトンが復帰したブルージェイズ戦、そのアプトンの一発で同点に追いついたエンゼルスが続くカルフーンの一発であっさりと逆転し、二死から四球を絡めた攻撃で4-1とリード、二死2、3塁で大谷のレフトへの9号3ランで7-1として大量リードを確立した。
d0183174_09371618.jpg
その後、着実に加点をしていったエンゼルスが終盤に追い上げられはしたものの10-5で勝利し借金返済まであと1勝とした。今日の試合での5割復帰を期待したいがどうであろう。
d0183174_09372854.jpg
将棋の第78期名人戦・C級1組順位戦第1局が行われた。C級1組は一斉対局なので、関東、関西将棋会館はC級1組の棋士があふれていたのではないだろうか。藤井聡太七段は村田顕弘六段との対局であった。
相掛りの熱戦となり、夕食休憩後になっても優劣がつかない展開であったが徐々に藤井七段が指しやすい局面をつくりだし118手で勝利した。
d0183174_09374682.jpg
9勝1敗ながら昇級を逃してしまった藤井七段であるが今期は順位も一桁なので昇級にむけては障害は少ないといえる。ただ勝利することが絶対条件であることは間違いない。第2局は7月2日、堀口一史座七段との対局である。
交流戦も残り2カード、巨人に負越してしまった日本ハムとしては横浜DeNAには勝ち越しを狙いたい。先発は好調の上沢直之であった。序盤から快調なピッチングを魅せてくれたが4回にソトのホームランで失点してしまった。ただその後は失投もなくDeNA打線を抑えていたが6回二死からソトの打球が上沢の左膝を直撃、打球は捕手の清水が処理したが、上沢はマウンドにうずくまってしまった。
d0183174_09375828.jpg
今季、有原航平、上沢直之の2枚看板でペナントレースを戦うシナリオを描いていただけに上沢が長期離脱となってしまうと日本ハムにとっては大きな打撃となってしまう。19日の検査結果が気にかかる。

by motokunnk | 2019-06-19 09:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)