人気ブログランキング |

2019年 07月 05日 ( 1 )

エンゼルス貯金1、豊島王位先勝、錦織3回戦進出

エンゼルスがレンジャーズに快勝し貯金を1とした。この試合も胸に45のワッペンをつけたエンゼルスナイン、この日は3回に先制した。
3塁でメジャーデビューを果たしたタイスが初打席で2塁打を放って出塁すると、一死1、3塁とチャンスを拡大しトップにはいったカルフーンのライト前ヒットで先制、続くトラウトの3ランで早くも4-0とリードした。
エンゼルス先発のバリアは直後に失点してしまったが、一応5回を2失点でおさえた。すると打線は6回に再びトラウトの一発が出て5-2とすると大谷が2塁打で続き、アプトンのレフト前安打で6点目をあげた。
d0183174_10091912.jpg
d0183174_10093268.jpg
大谷は第4打席も2塁打を放って18度目のマルチ安打を記録した。打率も3割をキープし、絶好調といえるようだ。
豊島将之王位に木村一基九段が挑戦する第60期王位戦七番勝負の第1局が行われた。初日から有利にすすめた豊島王位が2日目に入ってもリードを拡げ、午後3時過ぎに99手で木村九段を破り幸先のよい勝利をあげた。
d0183174_10094304.jpg
出身地の愛知県での第1局、立会人も杉本昌隆八段が務めるなど愛知色満載のなか、豊島王位会心の一局であったといえそうだ。第2局は今月30、31日に行われる。
そして第32期竜王戦決勝トーナメント3回戦が行われる。藤井聡太七段と久保利明九段の対局、どちらが勝利するのであろう、注目の一局である。
テニスのウィンブルドン選手権2回戦、錦織圭の相手は地元のノリーであった。第1セット第6ゲームをブレイクされてしまった錦織であったが直後の第7ゲームをブレイクバックすると第9ゲームも連続ブレイクに成功し、このセットを6-4で先取した。
d0183174_10095521.jpg
続く第2セット、いきなり錦織がブレイクするもののすぐにブレイクバックされ波乱の展開となった。第3ゲームもブレイクしてリードした錦織、第4ゲームはキープして3-1とリードするとその後はお互いにサービスゲームをキープしあい、このセットも6-4で錦織が奪った。
第3セットは錦織圭の集中力が素晴らしく、なんと6ゲーム連取して6-0でこのセットも奪い、3-0で3回戦に進出した。試合時間も1時間48分と2時間をきる省エネ試合となり錦織にとっては最高に素晴らしい出だしとなった。

by motokunnk | 2019-07-05 10:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)