人気ブログランキング |

2019年 07月 08日 ( 1 )

日本ハム3連勝、藤井七段連勝、エンゼルスは借金

日本ハムが3連勝で2位に進出した。楽天との第3戦、日本ハムの先発は加藤貴之であった。中4日の先発だけにショートスターターの予感が感じられた。
打線は初回、楽天先発の菅原の立ち上がりを攻め、3連打で先制すると一死1、3塁から王柏融のレフト前にあがったフライをショート、レフト、センターがお見合いする形とあんり幸運な2点目がはいった。
いきなり2点を先制した日本ハムであったが、加藤が2回に1失点、3回から登板したロドリゲスが連打で一死1、3塁とされるとそこからタイムリーで2点を奪われ逆転されてしまった。点の取り合いが予想される展開であった。
d0183174_10124731.jpeg
4回に横尾のタイムリー2塁打で同点に追いついた日本ハムは5回、杉谷が死球で出塁すると盗塁成功、悪送球も重なり一死3塁と勝越しのチャンスとなった。ここで中田翔が犠飛、無安打で4点目をあげ勝越しに成功した。
そして6回、先頭打者の渡邊諒に一発がでて5-3とリードし、なお石井一成の2塁打(悪送球の間に3進)がでて一死3塁となり清水優心がスクイズ、しかし空振りで6点目はならなかった。
d0183174_10130439.jpeg
チャンスをつぶしてしまった日本ハムであったが、ロドリゲスから西村、公文、宮西とつなぎ、8回には前の打席でスクイズを失敗した清水優心がライトにタイムリーを放って6-3とリードを拡げ、石川直也、秋吉亮が最後をしめて楽天戦に3連勝である。これでオールスター前の9連戦、6試合が終わり5勝1敗と勝越しを決めた日本ハム、暫定2位に進出した。今日からはロッテ戦、ここも勝越しでソフトバンクを追いかけてほしい。
非公式戦ながら日本将棋連盟のホームページでもトピックスとして紹介されているアベマTVトーナメント1回戦に藤井聡太七段が登場した。昨年の第1回覇者ということで予選を免除されての出場である。
初戦の相手は増田康宏六段、若手の有望棋士だけ注目の対局であった。3番勝負で先に2勝した棋士が勝ちあがるトーナメント、まずは1局目は相がかりの将棋となりどちらが勝利してもおかしkない展開であったが118手で藤井七段が先勝した。第2局は先手番となった藤井七段が得意戦法の角換わりを選択、増田六段も「自信を持っている作戦がある」とある程度の自信をもって指しまわしたが藤井七段の対策が勝ったようで97手で連勝してストレート勝ちをおさめた。
d0183174_10131674.jpg
準決勝では、予選から6戦全勝で勝ち上がってきたベテラン木村一基九段と対局する。こちらも注目の一局となりそうだ。
アストロズとの3連戦に臨んだエンゼルスであったが、結果は1勝2敗の負越しとなってしまった。特に早朝に行われた第3戦は残念な結果となってしまった。
試合は2回に2ランで先制を許してしまったものの3回、3連打で同点として一死3塁で大谷翔平の打席となった。ここで初球をレフトスタンド看板直撃の14号ホームランでエンゼルスが4-2と逆転した。
d0183174_10133118.jpg
この後1点を追加したエンゼルス、5、6回にも1点をいれ7-2と大きくリードを拡げた。地元で負けられないアストロズは6回に2点をかえし4点差とすると7回にはグリエルの満塁弾で8-8の同点に追いついてしまった。
試合はその後10-10となり延長戦となったが10回に1点をいれたアストロズがサヨナラ勝ち、エンゼルスは借金1で前半戦を終了した。
5月に復帰した大谷翔平、14本のホームラン、打率3割は想定以上の成績だと思う。試合後体調不良のため、会見はなかったがオールスター休みの間に十分休養して再開後にはまた華麗な打撃を魅せてほしい。

by motokunnk | 2019-07-08 10:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)