人気ブログランキング |

2019年 07月 19日 ( 1 )

エンゼルス連勝ストップ、桃田も2回戦敗退、藤井七段勝利

エンゼルス連勝が5でストップした。アストロズ戦にいきなり初回に3失点は痛かった。なおかつアストロズの先発がコールであったこともよくなかった。
9勝しているアストロズのエースに対してエンゼルス打線は安打は打つことはできたが得点を奪うことができずに連勝も5でストップしてしまった。
大谷翔平は四球、中飛のあとの3打席目でシフトの逆をつく左前ヒット、投手がかわった第4打席も中前ヒットで2試合連続、今季21度目のマルチ安打をマーク、打率も3割に復帰した。
d0183174_09123943.jpg
今日はベンチスタートとなった大谷翔平、代打での出場はありそうだ。
バドミントンのインドネシアオープン2回戦、男子シングルスの桃田賢斗が破れる波乱があった。中国の若手で世界ランク29位の黄宇翔との試合、桃田は第1ゲームを16-21で失ってしまった。
第2ゲームは21-11と奪い返して臨んだ第3ゲーム、18-15とリードし準々決勝進出まであと3ポイントに迫ったところから6連続ポイントを奪われてしまい、2回戦敗退となってしまった。
d0183174_09124700.jpg
女子シングルスの奥原希望、山口茜はベスト8進出を決めたが高橋沙也加は敗れてしまった。男子ダブルスは遠藤大由/渡辺勇大ペアがファイナルゲームまでもつれた試合を制してベスト8に進出、日本人ペア同士の対戦を制した保木卓朗/小林優吾ペアもベスト8進出である。女子ダブルスは出場している4ペア揃ってベスト8進出を決めた。オリンピックに出場できるのは各種目2組まで、女子ダブルスの熾烈な代表争いから目が離せない。
将棋の第69期大阪王将杯王将戦二次予選1回戦が行われた。藤井聡太七段の対局相手は佐藤康光九段であった。振り駒の結果、先手番となった藤井七段、得意の角換わりを選択したが後手の佐藤九段がこれを拒否し力戦形の戦いとなった。
d0183174_09125685.jpg
藤井七段は有利に進めていったが、佐藤九段も粘りを魅せ、局面は互角のまま終盤戦に突入した。佐藤九段の攻めを見切った藤井七段が141手で佐藤九段に勝利し2回戦に進むこととなった。2回戦は中村太地七段との対局となるが元王座の実力者だけに熱戦となりそうだ。

by motokunnk | 2019-07-19 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)