人気ブログランキング |

2019年 08月 03日 ( 1 )

豊島二冠竜王戦決勝進出、全種目でベスト4進出、ラトラバ久しぶりのトップ

将棋の第32期竜王戦決勝トーナメント、が行われた。豊島将之二冠と渡辺明三冠の現役最強棋士(現在の棋力は最高レベルと考えた)同士の対局であった。
先手番となった豊島二冠であったが、渡辺明三冠にうまく指されてしまったようで、昼食休憩前後までに時間をかなり消費してしまった。
しかし、一旦攻めに転じると薄い攻めながら切れることはなく渡辺三冠陣にくさびをさし、徐々に優勢を築き上げ93手で勝利した。
d0183174_09342915.jpg
この両棋士、今年も数回顔合わせしており、ほぼ五分の成績である。棋聖戦では敗れてしまった豊島二冠、竜王戦は永瀬拓矢叡王対木村一基九段戦の勝者と、挑戦者決定三番勝負で相見えることとなる。
バドミントンのタイオープン準々決勝が行われた。全種目で準々決勝に進出している日本勢ではあるが、対戦相手は強敵ばかりであった。男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大ペアはインドネシアオープン、ジャパンオープン連続優勝中の世界ランク1位のギデオン/スカムルヨペアとの試合であった。
第1ゲームは16-17とリードされながらここから5連続ポイントを奪って先制した。第2ゲームこそ19-21で奪われてしまったがファイナルゲームは13-13から連続ポイントを奪って18-13とするとそのままリードを保って21-14でギデオン/スカムルヨペアを撃破した。
d0183174_09350023.jpg
渡辺勇大は混合ダブルスでも東野有紗と組んで準々決勝を快勝しベスト4に進出している。
準決勝は男子は中国の李俊慧/劉雨辰ペア、混合は香港の鄧俊文/謝影雪ペアとの対戦、中国ペアにはジャパンオープンでのリベンジを果たしてほしい。香港ペアも強敵ではあるが過去3連勝しているだけに油断なく戦ってほしい。
WRC第9戦ラリー・フィンランドデイ2が行われた。SS2からトヨタチームは速さを魅せつけてくれた。午前中に行われた5つのSS全てでトヨタチームうタイムをマークし、総合でも1~3位を独占した。ただシトロエンのラッピも数秒圏内に迫っており午後のSS次第では順位変動もあるように思えた。
午後のSS、トヨタチームではラトラバが速さを魅せつけ、SS7、9、10と3SSでトップタイムをマークしデイ2を首位で終えた。僅差の2位にはミークが入り、タナックは4位であった。
d0183174_09350906.jpg
しかし1~4位まではわずか2.6秒差であり、また1秒以内に5位~7位までがひしめいておりデイ3の結果で上位陣に変動が起こることは間違いなさそうだ。デイ3の行方に注目である。
d0183174_09351910.jpg
WRC2クラスに参戦している勝田貴元デイ1のSS1を7番手でスタートしたものの、デイ2は安定して上位のタイムをマークし、クラス2位にわずか0.1秒差の3位につけている。こちらも上位入賞が期待できそうだ。

by motokunnk | 2019-08-03 09:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)