人気ブログランキング |

2019年 11月 04日 ( 1 )

東海大2度目のV、全勝優勝ならず

第51回全日本大学駅伝が行われた。5強(青山学院大学、東海大学、東洋大学、駒澤大学、國學院大學)といわれる今年の大学駅伝界、國學院大學に注目してTV観戦した。
1区で12位と出遅れてしまった國學院大學、2区でエースの浦野が8人抜きの好走を魅せてくれたもののさらに早く走った東京国際大学の伊藤達彦に抜かれてしまい、区間2位、総合4位で3区へタスキをつないだ。
d0183174_09202111.jpg
2区でトップにたつという当初のシナリオはくずれてしまい、5区で青木祐人が区間賞の好走を魅せてくれたものの優勝争いに絡むことはなく、7位でフィニッシュした。チームの最低限の目標であったシード権確保はできたが不完全燃焼に終わった全日本大学駅伝であった。
優勝争いは最終区まで青山学院大学、東海大学の間で繰り広げられ、東海大学が青山学院大学を振り切って16年ぶり2度目の優勝を飾った。
お正月の箱根駅伝を制して速さが得意の東海大学が強さを兼ね備え一段とパワーアップしたようである。
東京六大学野球で37回目の優勝を決めた慶應義塾大学が全勝優勝をかけて早稲田大学との2回戦に臨んだが前年ながら4-6で敗れてしまい、勝敗は今日行われる3回戦に持ち越しとなってしまった。
d0183174_09203009.jpg
TV中継はないようなので結果をネットでしらべることになるがぜひ勝点をあげて完全優勝を成し遂げてほしい。
ところで昨日夜のNHKサンデースポーツでは慶應義塾大学野球部のある取り組みが紹介されていた。長期療養を必要とする児童らをチームに受け入れるこのプロジェクトだそうで田村勇志君が紹介されていた。
d0183174_09203808.jpg
早慶戦の1回戦で始球式に車椅子で登場していた子どもである。番組では1年間正式部員となった田村君の練習風景などが放送されていた。この取り組みは2年目だそうで、田村君のためにも今日は勝って勝点5での完全優勝を成し遂げてほしい。

by motokunnk | 2019-11-04 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)