人気ブログランキング |

カテゴリ:最新技術( 132 )

FeliCaは万能のカードではなかった?

最近、仕事で非接触カードを利用したシステムの検討をしている。俗にいうFeliCaを利用したシステムである。
ご存知の方も多いと思うが、FeliCaはいろいろなところで利用されている。JRのSuicaがその代表例であり、その他にも各種のカードで利用されている。また、複合用途でも利用され、SuicaとANAカードなど、その利用範囲は拡大の一途である。
しかし、誰も彼もがこぞってFelicaを採用し、好き勝手にデータを登録していくと、管理が大変となり、混乱が生じることもまた事実である。Suicaで料金をチャージするが、そのチャージした場所を別の機能が書き換えてしまったら大変である。
そこでFelicaの共通フォーマット推進フォーラムなるものが現れた。日本ではその他にSSFC(Shared Security Formats Cooperation)という団体もある。どちらもFeliCaをより便利に利用しようとする企業が集まっている団体である。今日はSSFCのショールームに行ってきた。
d0183174_18383873.jpg

SSFCのホームページではこのように説明されているので、詳しくはホームページを参照して欲しい。
http://www.ssfc.jp/index2.html
では、1枚で複数のシステムの制御ができることはわかったが、本当にそうなのと疑問を感じてしまった。
マルチテナントビルを考え、そのテナント入居者の社員証がFeliCaだとしよう。当然ビルの入館もそのFeliCaで行いたいと思うはずである。その答えは「○」でなく「?」である。「?」というよりは限りなく「×」に近い。すなわち、1枚のカードで複数のシステムを管理することはできるが、複数種類のFeliCaで1種類のシステムを管理することはできないのである。
すなわち、1:nの管理に強さを発揮することができてもn:1の管理には脆弱であるのがFeliCaといえる。今日SSFCのシステムを見学してきたがそのことを認識したのが大きかった。
といって、ある企業が1社もしくはそのグループでFeliCaを採用することにはメリットがあることも同時に認識したしだいである。
自分でも考えがまとまらず、読んでいて何を言っているのかわからないと思う。わかりやすく修正しようと思うがこれが今感じたことである。
ちなみにFCFのホームページはこちらである。
http://www.fcf.jp/felica/whatsfelica.html
どちらのホームページにもいいことが書いてあるなあ! ただ、これに騙されてはいけない!
by motokunnk | 2010-08-19 18:39 | 最新技術 | Trackback(1) | Comments(0)

猛暑対策の一環としてのミスト散布

昨日は二十四節気の1つである大暑、というわけではないが、東京の最高気温は35度を超える猛暑日、これで3日連続である。今日も猛暑日だと10数年振りの暑さだと今朝のTVニュースで報道されていた。
猛暑対策として「ミスト散布」が各所で行われている。新聞でも取り上げられているのでご存知ではないか。これは、水を人工的に霧(ミスト)として散布し、その気化熱の吸収を利用した冷却を目的とするためのものであり、日本古来の「打ち水」とよく似ている。
d0183174_742394.jpg

東京でも繁華街を中心にビルの公開空地などでその設備が設置され、行きかう人に涼を与えている光景を目にする。これが田町駅近くのビルエントランス付近に設置されていた。
昨年はなかったもので、多分今年から設置されたものではないか。このビル会社では「ミスト散布」がそれほど一般的ではないと判断したのか、あるいは会社の広報活動の一環(多分、こちらが正解であろう)か、このような説明板が置かれている。
d0183174_7421714.jpg

道行くサラリーマンも一時の「涼」を求めて立ち止まっているようである。果たして、これで地球温暖化対策をいえるのかどうかは?ではあるが。
by motokunnk | 2010-07-24 07:43 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)