カテゴリ:スポーツ全般( 1334 )

大谷3勝目ならず、日本ハム大逆転負け、錦織は完勝

エンゼルスの大谷翔平が3勝目をかけてレッドソックス戦に先発した。地元での開催とあって、エンゼルスタジアムは平日であったにもチケットは完売であった。
これも大谷人気の現れだと思う。ただ大谷翔平は試合前から気合いが空回りしているようであった。TV解説の小宮山さんがそのようなことを話していた。
d0183174_09062526.jpg
その予感は当たってしまい、先頭打者に被弾されると2回には制球を乱して3失点で降板した。試合後の会見で右手のマメが原因という話であった。日本ハム時代もマメに悩まされていただけにリカバリーには心配ないと思うがどの程度の影響があるのかは不明である。
これで大谷フィーバーがちょっと一段落して打者としては影響ないので明日からの試合に集中できればと思う。
日本ハムはまさかの大逆転で西武に敗れてしまった。先発の高梨裕稔が西武打線を抑えており、日本ハム打線も好調に得点を重ねて8回表を終え、8-0とリードして楽勝すると思われた。
d0183174_09064205.jpeg
ところがここから日本ハムリリーフ陣が大乱調でこの回に7点を奪われて最終回は新守護神の石川直也が火のついた西武打線を抑えられずに8-9の逆転を許してしまった。試合に負けてしまったことは残念だが、高梨が復調し、中田翔も2試合連発と明るい材料も観られた日本ハム、試合のことは忘れて金曜日のソフトバンク戦に備えてほしい。
ATP1000・モンテカルロマスターズの2回戦、錦織圭の対戦相手はロシアの新鋭メドベージェフであった。第1セット、錦織のサービスが安定せずサービスゲームはすべてデュースに持ち込まれ第2ゲームはキープしたものの第4ゲームはブレイクされてしまった。
ただショットは好調な錦織はすぐに第5ゲームをブレイクバックすると第11ゲームをブレイクし、リードすると第12ゲームをラブゲームでキープし、第1セットを先取した。
d0183174_09063475.jpg
第2セットにはいっても錦織の勢いは止まらず、第1ゲームをブレイクして試合の主導権を握ると第3、第5ゲームはブレイクできなかったが第7ゲームをブレイクして5-2とリードを拡げ、第8ゲーム、40-15から2ポイントをとられデュースに持ち込まれてしまったが最後は強烈なフォアを決めて6-2でこのセットを奪い、3回戦進出を決めた。
3回戦以降は連戦となるがそれについては「しっかりと作戦を練って、手首の治療もして、明日も頑張りたい」と意気込みを語る錦織であった。3回戦は今夜半、セッピと対戦する。ベスト8入り目指して頑張ってほしい。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-19 09:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム快勝、清宮初ヒット、なでしこジャパンも快勝

開幕戦で3連敗をきっしてしまった西武との変則2連戦に挑んだ日本ハムの先発は上沢であった。初回二死から2塁打、四球でピンチを招き、続く打者に安打を打たれてしまったが、ライトからの好返球で無失点に切り抜けたのが大きかった。
打線は3回、二死1、3塁から好調近藤がタイムリーを放って先制する。たちあがりこそ不安定だった上沢であったが2回は三者凡退で切り抜けて調子を取り戻したかに思えたが、3回裏にまさかの死球で一発退場となってしまった。
このピンチを玉井がきりぬけたのが第一の勝因であったと思う。その後は毎回得点でリードを拡げ、7-2で快勝した。特に正捕手を目指す清水の活躍が大きかったと思う。
d0183174_08592932.jpeg
3回の先制機ではしっかり犠牲バントを決め、6回の二死1塁では今季4本目となる一発をレフトスタンドにたたきこんだ。本職のリード面でも7人の投手もうまくリードしたようだ。際立っていたのはキャッチんグ、ワンバウンドの投球をしっかり身体で受け止め、後ろにそらさなかったのは良かったと思う。
大野が抜け、日本ハムの正捕手争いで一歩抜け出したようである。
そして清宮幸太郎に待望のプロ初ヒットがでた。仙台で行われたファームの楽天戦のことである。
d0183174_08593922.jpg
2打席凡退でむかえた7回、先頭打者として打席にたった清宮は2-2から安楽の146キロの外角直球を左中間にはじき返した。「一本、出てよかったです。打てないから、自分を責めたり、後ろ向きな考え方はなかった。それがよかったですね」とは試合後の清宮の感想である。
清宮はその後9回にもライトにヒット、この日は2安打と一軍への好アピールとなった試合のようだった。
ワールドカップへの出場権を手にしたなでしこジャパン、出場を決めたオーストラリア戦ではいろいろなことを言われたが、この日は選手がいきいきとグランドを駆け回っていたような気がする。
特にFW岩渕の動きがよかったと思う。2011年のワールドカップ優勝を経験したメンバーでもあり、彼女のドリブルは天下一品、この日もそのドリブルが冴えての先制ゴールであった。
d0183174_08594743.jpg
試合は3-1で完勝し、アジアカップ連覇にむけ、決勝ではオーストラリアと対戦する。予選では引分けだっただけに勝って優勝を勝ち取ってほしい。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-18 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織まず1勝、大谷は明日先発

5月末の全仏オープンにむけてクレーコートでの大会に突入したATPテニス、錦織はATP1000・モンテカルロマスターズに出場した。
1回戦の相手は第12シードのベルディハであった。相性がいい相手ではあるが、休養中にランクは逆転しており油断は禁物の相手である。その相手に錦織はいきなりブレイクされてしまい、0-2と苦しい立ち上がりとなってしまった。
ブレイクバックしたのは第9ゲーム、これで4-5としたが第10ゲームをベルディハにふたたびブレイクされ、第1セットは4-6で落としてしまった。
d0183174_09121257.jpg
嫌なスタートとなった錦織、第2セットはお互いサービスキープをしてむかえた第5ゲーム、30-30からベルディハのダブルフォールトでブレイクチャンスをむかえた錦織がブレイクに成功し、3-2とリードした。ただ直後にメディカルタイムアウトを取るまでではなかったが、トレーナーを呼び、右手首付近をマッサージしてもらう姿がTVに映し出された。
ちょっと心配な錦織であったが、第6ゲームはわずか1分強のラブゲーム、あまり心配なさそうなのでほっと一息である。その後は錦織は相手サービスをブレイクして第2セットを6-2で奪い返すと、第3セットもその勢いは衰えず6-1でなんなく奪って2回戦に進出した。
2回戦の相手はロシアのメドベージェフである。手首の負傷がどの程度かが気にかかるが、頑張ってほしいものである。
杉田祐一の1回戦の相手はストルフ、試合は今日夜行われる。こちらも頑張って2回戦に進出してほしいと思う。
大谷翔平の次回登板は明日のレッドソックス戦に決まった。スライド登板でいくことがエンゼルスのソーシア監督から発表されたそうで、サイヤング賞左腕のプライスとの投げ合いとなりそうだ。
d0183174_09122299.jpg
そのプライス、前回登板ではヤンキースのマー君と投げ合っているので、2試合連続して日本人投手とのマッチアップとなりそうだ。
対戦相手のレッドソックスは開幕から9連勝を含む13勝2敗と絶好調でアリーグ東地区の首位である。打線も好調なだけに大谷翔平が強打のレッドソックス打線をどう抑えるかに注目であるとともに、こちらも好調なエンゼルス打線がどうプライスを攻略するかが見ものである。
トラウト、アプトン、プフォルスらの活躍に期待したい。明日11時7分開始の試合が待ち遠しい。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-17 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

3度目登板は極寒で中止

大谷翔平のメジャー3度目の登板はロイヤルズの本拠地が極寒のため、試合直前になって中止となってしまった。この試合は、全米に生中継される予定だったというので、ロイヤルズとしても是が非でも試合を行いたかったのではないだろうか。特にアリーグの試合はこの試合を含めて数試合が中止となっている。悪天候が影響しての中止が今季のMLBは多いようだ。
これで大谷翔平の3度目の登板がいつになるのか注目である。一般的に考えればスライド登板が妥当だと思うが、エンゼルスは移動日をはさむのでスライド登板の場合は明後日となってしまう。ソーシア監督がどう考えるのか、楽しみである。
d0183174_09104621.jpg
さてMLBも開幕して2週間が経過し、エンゼルスの勢いが止まらない。(現地時間)土曜日のロイヤルズ戦も好調な打線が火をふいた。3回にバルブエナの3号ソロで先制したエンゼルス、続く4回にはアップトンの4号ソロで追加点をあげ、先発のリチャーズを後押しした。
d0183174_09105446.jpg
そのリチャーズは4回までロイヤルズ打線をパーフェクトにおさえた。そして5回には二死からコザートが四球を選んで出塁すると、トラウトが豪快にレフトスタンドに2ランを放って4-0とリードを拡げた。
d0183174_09110206.jpg
5回、勝利投手の権利がかかったのか突然リチャードの投球が乱れ、ワイルドピッチで1点を失い、なお一死1、3塁のピンチを招いてしまった。ここでタイムリーを打たれたら交替だろうと思っていたら、このピンチは併殺に切り抜けた。しかし6回も制球が乱れて降板、リリーフ陣が後続をおさえて5-3でエンゼルスが快勝、7連勝をかざった。
開幕前には誰も予想しなかったエンゼルスの快進撃である。まるで漫画のようである。むかし「メジャー」という漫画があったが、主人公の茂野吾郎に大谷翔平がダブって見えてしまう。特に、本拠で開催されたアスレチックス戦、いきなり0-6とリードされてむかえた第1打席で約140mの一発を放ってムードを一気にエンゼルスのものとしたシーンは何故かメジャーを思い出してしまった。
スプリングキャンプで酷評されていた大谷翔平の大活躍で一躍注目を浴びているエンゼルス、その快進撃はいつまで続くのであろう。火曜日からはアリーグ東地区で同じく快進撃を続けるレッドソックスとの3連戦である。ここでも勝ち越すことができれば強さは本物かもしれない。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-16 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

有原復活か、大谷で6連勝、サンウルブズ7連敗

エンゼルスが絶好調のようだ。7日に負けてからの6連勝である。大谷翔平が出場した試合ではなんと開幕戦で負けたのを除くと9連勝である。
昨日の試合も初の7番DHで出場した大谷翔平は自身3度目となるマルチヒットを経験し、2安打1得点の活躍であった。7番にあがったことでチャンスも多くなり、第1打席を除いてすべてランナーがいる状況での打席であった。
特に3-4と1点負けている8回の打席では、低めのカーブをセンター前に打ち返して無死1,2塁とチャンスを拡大し、一死2、3塁から同点打を生み出し、その後1番キンズラーの犠飛で悠々とホームを駆け抜け決勝点をあげた。
d0183174_08553039.jpg
日本時間の明日未明に3度目の登板をむかえる大谷翔平、敵は気温のようだ。現地は4℃以下となるようで寒さ対策が必要となりそうだ。大谷の敵は自然現象だけなのかもしれない。
日本ハムの開幕投手候補であった有原航平、右肩の違和感からファームで調整をしていたが昨日のオリックス戦で今季初登板した。初回は三者凡退に打ち取る上々の立ち上がりであった。
先制したのは日本ハム、オリックスの先発西が制球を乱した4回、無死1、3塁からレアードの犠飛で1点をあげた。有原が乱れたのは5回であった。4回までパーフェクトにオリックス打線をおさえていたがこの回連打で無死1、3塁のピンチを招いてしまった。
d0183174_08553984.jpeg
しかしここからがニュー有原であった。オリックスの走塁にも助けられたが、内野ゴロで二死をとり、最後は三振で無失点に切り抜けた。
有原は8回を3安打1失点におさえて見事な勝利をあげたが、次の試合が重要である。2試合続けて好投することがエースの証明、次の先発試合に注目だ。
スーパーラグビーのサンウルブズが連敗街道まっしぐらである。昨日もブルズに前半こそ10-5とリードしておりかえしたものの後半は無得点、逆にブルズに3トライ(&2ゴール)を奪われて10-24の逆転負けである。
d0183174_08555245.jpg
この試合に限らず、今季のサンウルブズは凡ミス(ノックオンやパスミス)が多いように思える。その凡ミスも得点につながると思ったときに犯してしまうような感じである。規律を高めて初勝利目指して頑張ってほしい。ワールドカップまであと1年、時間は刻々と迫っている!

[PR]
by motokunnk | 2018-04-15 08:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

皐月賞の予想

ダノンプレミアムが勝つだろうとおもっていた皐月賞だったがまさかの回避で俄然本命となったワグネリアン、やはりこの馬が皐月賞を制するのであろう。
d0183174_17050814.jpg
1枠2番と内枠を引いてしまったことが懸念材料ではあるが、スタートも悪くない馬なので、スタートよく飛び出して好位につけばそのまま楽勝もあるのではないだろうか。
対抗はキタノコマンドール、すみれ賞の勝ち方がハンパではなかった。鞍上もM.デムーロになることも好条件であろう。3番手はステルヴィオ、そしておさえはタイムフライヤー、ジャンダルム、ジェネラーレウーノとした。
明日は大雨が予想されるが、不良馬場での皐月賞だけにはならないことを祈ろう。

予想
◎ ワグネリアン
〇 キタノコマンドール
▲ ステルヴィオ
△ タイムフライヤー、ジャンダルム、ジェネラーレウーノ

[PR]
by motokunnk | 2018-04-14 17:06 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

トヨタ2位、ホンダは4位、そして圧巻大谷翔平

WRC第4戦ラリー・フランスデイ3が行われ、トヨタのタナックが開幕戦以来の2位入賞を果たした。トヨタヤリスWRCはデイ2以降はその速さを魅せつけてほとんどのSSで上位タイムをマークした。
d0183174_09374335.jpg
d0183174_09375212.jpg
3日間12SSのうち半分の6SSでトップタイムをマークしたことはターマックでの速さをアピールしたと言える。ラッピもデイ3最初のSSでパンクさえしなければ3位は確実と思えただけに残念な6位入賞(パワーステージでは圧巻のトップタイムをマーク!)であった。
F1バーレーンGPが開催されトロロッソ・ホンダのガスリーが4位入賞を果たした。予選5位からのスタートで見事にそのポジションを守り、上位には離されながら4位入賞は見事であった。
d0183174_09380106.jpg
2014年にF1復帰して以来、ホンダにとっては最高位となった。トロロッソとジョイントしたことで肩の荷が下りたのか、ホンダのパフォーマンスがよくなってきているようだ。
そしてエンゼルスの大谷翔平が圧巻のピッチングを披露してくれた。打者としての本拠地デビューで大活躍の大谷翔平、投手としてはどうなのか若干に不安はあった。しかしそんな不安は吹き飛んでしまった。初回、なんと3者三振の素晴らしい投球であった。すると打線は二死1塁から連打で2点を先取。得点をとってくれた次の回に失点していただけに2回の投球は注目したが、三者凡退に打ち取った。
d0183174_09380947.jpg
d0183174_09381737.jpg
d0183174_09382669.jpg
3回にはトラウトにも一発がでて、3-0とリードを拡げると、大谷の奪三振ショーも本格的となり160kmのフォーシームで三振を取るなど、スプリット以外にも三振をとり、6回までは完全試合のペースであった。
7回一死から初ヒットを打たれてしまい、続く打者をストレートの四球で歩かしてしまったが、その後は投ゴロ、三振で打ち取り、この回でマウンドを後続に譲った。大谷翔平、7回1安打12奪三振(毎回のオマケつき)無失点の好投で2勝目をあげた。2回目の登板でこの快投、どこまで進化するのであろうか、3回目のマウンドが楽しみになってきた。
唯一の心配点はここまで西海岸での試合だけで移動もすくなかったことである。今後は中東部への移動もあり、時差も経験することになる。この点さえ克服できれば1年目で素晴らしい活躍をしてくれることだろう。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-09 09:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大谷3連発、日本ハムは5連勝、トヨタは2位に

言葉では言い表せない大谷翔平の素晴らしさである。昨日のアスレチックス戦に8番DHで出場した大谷翔平であった。
2回表にエンゼルス先発投手が乱れて大量6点を奪われてしまった。0-6となり、この試合は敗勢模様で大谷の初打席となった。しかしこの男に敗戦という言葉はなく、ちょっとでも味方を勢いづけようと打席に入ったという。
そして1-1から投じられたツーシームを完ぺきなスイングでとらえた打球は今までのホームランとは違って一直線に中堅スタンドにある岩山に着弾、推定139mの衝撃弾となった。
試合を中継した地元テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」で実況を務めるビクター・ロハス氏は「この打球はセンターへ! オオタニサンがまたやってのけた!」と絶叫。その直後、あまりの出来事に二の句が継げず。14秒の沈黙の後で解説を務めるメジャー通算132勝投手のマーク・グビザ氏は、ダイヤモンドを回った大谷がホームインする頃、ようやく「冗談でしょ? 現実離れしている。ショウヘイ・オオタニ!」と驚嘆の声を上げたそうだ。
d0183174_09281115.jpg
活躍するだろうことはある程度は予想していたが当初から活躍するとは思っていなかった。ただまだ本拠地と同地区での試合であり、移動距離も少ない状態である。今後は時差を伴う移動も頻繁にあるだろうから体調維持が重要であろう。それを克服したときに大谷翔平はまた一歩進化するのだろう。ますます期待してしまう。
移籍した大谷に負けじと日本ハムが勢いを取り戻している。3連敗の後5連勝である。東京ドームで行われたロッテとの2回戦、先発の斎藤佑樹は無安打ながら8四死球を与える大乱調で4回途中で降板した。6-1とリードしていただけに本人としても悔しい降板だったと思う。
試合は栗山監督の目指す「打ち勝つ野球」を実践するような戦い方で正捕手を目指す清水優心の2ホーマーを筆頭に6本の一発が飛び出しロッテに勝利した。
d0183174_09275098.jpeg
d0183174_09280289.jpeg
ただ一時は6-4と追撃されたこともあり、リリーフ陣の頑張りも勝利に貢献したといえる。乱戦の中でルーキーの西村天裕が初勝利えおあげた。ただ本人にしてみれば不本意な投球だっただけにうれしさも?という気分であったのではないか。
2カード連続の3連勝目指して今日は加藤が先発予定である。はたして6連勝なるのだろうか期待したい。
WRC第4戦ラリー・フランスデイ2、初日は出遅れ感のあったトヨタチームであったが、デイ2は4SS中の3SSでトップタイムをマークするなど絶好調であった。特にタナック、ラッピが好調であったが、ラトラバも最初のSSでは全体4位のタイムをマークしながら次のSSでクラッシュしてしまい残念ながらリタイアしてしまった。
d0183174_09282081.jpg
d0183174_09282769.jpg
タナック2位、ラッピ4位でデイ3にすすむトヨタチーム、残るSSは2本だけだが、最初のSSは50km以上もあるSSだけに何が起こるかわからない。トヨタチームの表彰台確保に期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-08 09:30 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

桜花賞の予想

競馬には八大競争といわれるものがある。その八大競争の予想をしていくことにしようと思う。
d0183174_21232261.jpg
まずは桜花賞、東京の桜はすでに散ってしまったが阪神は桜本番、ちまたではラッキーライラックが1番人気のようだ。
ただこのところ桜花賞の1番人気は勝てないといわれているので、私はリリーノーブルを本命とした。一部では勝負付けは終わっているといわれているが、私には秘策があるように思える。
対抗はラッキーライラック、3番手はフィニフティ、おさえにはトーセンブレス、アーモンドアイ、プリモシーンをあげておく。
明日はどの馬が先頭でゴールするのだろうか?
予想
◎ リリーノーブル
〇 ラッキーライラック
▲ フィニフティ
△ トーセンブレス、アーモンドアイ、プリモシーン

[PR]
by motokunnk | 2018-04-07 21:24 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

日本ハム4連勝、ラリー・フランス初日、そして羽生竜王後1勝

日本ハムが好調だ。本拠地で開幕3連敗をしたときはどうなることかと思ったが、仙台で3連勝し昨日も準本拠地の東京ドームで快勝である。
試合は好調ロッテとの対戦であったが、新外国人投手のマルティネスが制球よくロッテ打線に的を絞らせずに7回までわずか2安打無失点の好投であった。
d0183174_09182251.jpg
d0183174_09181414.jpg
打線も2回、ロッテ先発のボルシンガーからレアードが先制アーチを放つと、3回には近藤、中田の連続2塁打とアルシアの内野ゴロで2点を追加して序盤で3-0とリードしマルティネスを援護した。
8回に守備陣のミスで2点を奪われたが、9回もマルティネスがマウンドにあがり見事な完投勝利をあげた。鶴岡の好リードも光った試合だったと思う。
そして今日の日本ハムの先発は斎藤佑樹である。どんなピッチングを魅せてくれるのか注目である。
WRC第4戦ラリー・フランスがはじまった。デイ1が終了し、オジェが速さを見せつけて早くもトップにたち、2位に30秒以上の差をつけている。
トヨタ勢の最上位はタナックの4位だが、ラッピもデイ1のSS4では最速タイムをマークして5位につけており、デイ2からの巻き返しに期待が持てる。
d0183174_09180445.jpg
オジェに何かなければ優勝はかなり厳しいといえるが、第1戦以来の表彰台は狙える位置につけており表彰台目指して頑張ってほしい。
将棋の羽生善治竜王、4月11日からは名人戦に挑戦するなど話題が多いが、王位戦挑戦者決定リーグの3回戦に登場した。ここまで2連勝と紅組トップ、同じく2連勝の村山慈明七段との対局であった。
序中盤から互角の戦いとなり、終盤まで勝負の行方がわからない熱戦であったが134手で羽生竜王が勝利し、王位奪還にむけて一歩リードした。
この勝利で通算1399勝となり1400勝にあと1勝となった。国民栄誉賞を受賞した際の会見では「公式戦1400勝が次の目標」と語っていただけにその目標クリアーは近そうだ。
d0183174_09175503.jpg
そしてエンゼルスの大谷翔平は今日開催のアスレチックス戦に8番DHでの出場が発表された。3試合連続ホームランが期待されるが果たしてそこまでうまくいくのだろうか。アスレチックスの先発はゴセット、前回大谷が先発したときのピッチャーである。はたしてコゼットを打ち崩せるか、エンゼルス打線にも期待がかかる。

[PR]
by motokunnk | 2018-04-07 09:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)