カテゴリ:日記( 907 )

開幕投手は上沢、大谷会見、カーリング日本選手権

日本ハムが2019年の開幕投手を発表した。昨年のチーム勝ち頭である上沢直之が指名され、同時に第2戦の先発投手も明らかにされこちらはオリックスから移籍した金子弌大が指名された。
d0183174_09240102.jpg
予想していた通りの開幕投手であり、上沢にとっては初めての経験となるだけに緊張するだろうが頑張って好投してほしい。日本ハムの公式インスタグラムでは開幕投手発表の動画も公開されており球団としても3年ぶりの優勝に向け、団結しているようだ。ただ心配なニュースもあり、中田翔が左内転筋肉離れと診断され、ゲーム復帰まで3週間を要する見通しだそうだ。こちらは開幕にむけてちょっと心配なニュースである。
エンゼルスの大谷翔平がキャンプインを前に記者会見を行った。オースマス新監督は先日の記者会見で「日にちというのは言えないが、5月頃を今は目標としているが、実際どういう分になるかはわからないし、我々にとっても新境地」と語った。
d0183174_09241834.jpg
これに対して大谷は「すでに素振りを開始しているし、リハビリもスケジュール通り順調にすすんでいる」と話し、「一個一個のメニューの消化がより早く復帰するための1つ」と焦らずに復帰を目指す考えを明かした。ファンとしては早い復帰を望んでいるがチームとしては2020年二刀流復活を目標としているので慎重な姿勢で取り組んでいくようだ。いずれにしても6月ごろには大谷の元気な姿が試合で観られそうだ。
第36回のカーリング日本選手権がはじまった。平昌五輪で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレがどんな試合をして勝ち上がるのか注目である。そのロコ・ソラーレであるが、初日の中部電力との試合は延長のすえに敗れてしまい、黒星スタートとなってしまった。そして昨日の富士急戦も終盤までどちらのチームにも勝機はあった。ロコ・ソラーレのスキップ藤沢の調子がイマイチのようで、ここで決めればというショットを数回ミスしてしまい最終エンドにようやく同点に追いついた。初戦の中部電力戦と同じであった。
延長最初のエンドは不利な先攻であったが、サードの吉田姉がナイスショットを魅せてストーンを中央に置き、5-4で逃げ切ることに成功した。
d0183174_09242750.jpg
女子は中部電力が4連勝、北海道銀行が3連勝、そして富士急、ロコ・ソラーレが1敗で追う展開となっている。この4チームが決勝トーナメントに進出するのは明らかであろうがどのチームが2位以内に入れるかで決勝トーナメントの戦いが大きくかわるのがカーリングである。
まずは2位以内にどのチームがはいるかに注目したい。
そして今日からWRC第2戦のラリー・スウェーデンがはじまる。準地元となるとトヨタ・チームの今季初優勝なるのだろうか、そして土曜日からはスーパーラグビーがはじまる。
サンウルブズは決勝トーナメント進出を目標にかかげてのシーズンイン、今季こそ目標達成してワールドカップにつなげてほしい。

by motokunnk | 2019-02-14 09:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今朝は大谷登場、そして棋王戦

日本ハムのアリゾナキャンプに大谷翔平が登場した。2017年まで在籍していただけにチームメイトも多く、栗山監督以下と親しげに談笑していた。
d0183174_08441209.jpg
30分ほどの滞在時間ではあったが日本ハムナインにとっては有意義な再開(と初顔合わせ)であったと思う。そして紅白戦がはじまった。
紅組3番には注目の王柏融がレフトで先発、第1打席には2ストライクと追い込まれながらレフトへ安打を放って非凡な才能の一端を魅せてくれた。
将棋の第44期棋王戦五番勝負第2局が行われる。渡辺明棋王が防衛するかどうかに注目が集まっているタイトル戦、挑戦者は広瀬章人竜王、竜王となって初めてのタイトル戦である。
第1局は先週行われ渡辺明棋王が先勝している。果たして第2局はどうなるのであろうか。渡辺棋王は現在王将戦も戦っており、3連勝して王将位に王手をかけている。タイトル戦で大忙しの渡辺棋王、日曜日の対局は珍しいと思うが多忙な渡辺棋王にあわせた日程なのであろうか。いずれにしろ注目な対局である。

by motokunnk | 2019-02-10 08:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ダルビッシュ来訪、来週はラリー・スウェーデン

日本ハムのアリゾナキャンプにカブスのダルビッシュがやってきた。先日の休日の際に中田以下がダルビッシュ邸を訪問したことは紹介したが、今度はダルビッシュ本人がキャンプ訪問である。
d0183174_09122059.jpg
栗山監督が監督となったときはダルビッシュはすでにMLBだったが、「色々な話ができた」と話し、「ちょっとしっかりと話したりするだけでも刺激になる選手たちはいっぱいいる」と現役MLB投手の訪問を歓迎していた。ダルビッシュは金子と変化球談義で盛り上がるなどしていた。
今日は2度目の休日となる日本ハム、翌10日は初の紅白戦、宮台VS清宮など同期対決が観られそうである。
来週後半からWRC第2戦ラリー・スウェーデンがはじまる。トヨタチームにとっては参戦初年度に勝利をおさめているラリーであり、昨年こそ豪雪の影響をまともに受けてしまい、結果は残せなかったが相性のよいラリーである。
d0183174_09122998.jpg
今年は出走順もライバルと比べて不利な状況ではないようなのでラリー・モンテカルロのデイ2以降のトヨタヤリスWRCの速さを考えれば十分に優勝することは期待できそうである。来週が待ち遠しい反面、昨年の二の舞となってしまうのではないかという不安もある。

by motokunnk | 2019-02-09 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

渡辺棋王3連勝、トップリーグカップ

将棋の第68期王将戦七番勝負第3局が行われた。ここまで2連勝している渡辺明棋王が久保利明王将を107手で破って3連勝し、王将位獲得まで後1勝にせまっている。
d0183174_09131481.jpg
このところの渡辺棋王の強さには目を見張るものがある。15連勝後に菅井七段に敗れてしまったがその後は棋王戦で広瀬竜王に快勝するなど昨年の不調がウソのようである。
第4局は24、25日に沖縄で行われるが、4連勝でタイトル獲得(通算3期目、5期ぶりだそうだ)なるか注目である。その前に棋王戦第2局が10日に行われる。こちらも勝利して朝日杯将棋オープン戦準決勝に臨んでほしい。
9月からラグビーW杯が行われるが、日本ラグビー協会は、トップリーグの16チームとトップチャレンジリーグの8チーム、計24チームが参加する「ジャパンラグビー トップリーグカップ2019(仮称)」を6月22日~8月10日の日程で開催すると発表した。
d0183174_09132231.jpg
従来9月から開催されていたトップリーグが今季はW杯終了後の来年1月開催となるため、今季限りの対策のようである。
24チームを4グループに分けて各グループで予選を行い、トップチームが決勝トーナメントに進出する。プールAにはサントリー、パナソニックという強豪チームがはいっており熱戦が期待できる。

by motokunnk | 2019-02-08 09:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

藤井七段新記録ならず、ドルフィンズの新HC

将棋の第77期C級1組順位戦第10回戦が行われた。師弟同時昇級かと騒がれた藤井聡太七段であったが、残念ながら近藤誠也五段に敗れてしまった。
d0183174_09171681.jpg
師匠の杉本昌隆七段も船江恒平六段に敗れてしまい、4棋士が8勝1敗となり、最終戦での昇級争いはこの4棋士と7勝2敗の高崎一生六段の5棋士で争うこととなった。ただ藤井七段は順位が他棋士に比べると下位(昇級初年度なので下位である)のため最終戦は勝利することが絶対条件で、なおかつ上位棋士2名の敗戦が昇級条件となる。かなり厳しい条件であり、2期連続昇級の可能性は遠のいてしまったようだ。
また1敗してしまったことで、年間最高勝率更新も残り対局を全勝するしかなくこちらもかなり厳しい状況である。とは言っても今までが異常に強かったことを思えば不利な条件を克服してくれるかもしれない。今後の対局に注目したい。
NFLもスーパーボウルが終わり、かねてから噂にあげっていたペイトリオッツの事実上の守備コーディネーターであるブライアン・フローレスがマイアミ・ドルフィンズの新HCに就任した。
d0183174_09172583.jpg
今年のスーパーボウルでのペイトリオッツの守備陣の活躍はチームとしての戦略が一番であったと評価されている。その戦略を組み立てたコーチがドルフィンズのHC就任となる。終盤に失速してしまったドルフィンズ、その再建にむけて始動しはじめた。
一方、NFLの年間MVPなど各賞も発表されている。注目のMVPにはチーフスのマホームズが選ばれた。
d0183174_09173439.jpg
ドルフィンズからはオールプロのセカンドチームディフェンスとしてハワードが選ばれたのみであった。チームとしては終盤のペイトリオッツ戦のラスト7秒からの攻撃がマイアミ・ミラクルとして年間最優秀プレイに選ばれた。来季は地区優勝して、多数の選手が個人賞をゲットできるよう頑張ってほしいものだ。

by motokunnk | 2019-02-06 09:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

いよいよスーパーボウルはじまる

あと20分で第53回スーパーボウルがはじまる。今年は17年ぶりとなるラムズとペイトリオッツの戦いである。
前回の対戦ではデビューイヤーとなったペイトリオッツのQBブレディが最後のドライブでパスを連続成功させてFG圏内にチームを推し進め、決勝FGでペイトリオッツが勝利した。
ここからペイトリオッツがスーパーボウルの常連となった歴史的な試合でもあった。果たして今年はラムズQBゴフが当時のブレディのような華々しい活躍をするのだろうか、楽しみである。
また新旧QB同士だけでなく、両チームのHCも年齢差が親子ほど離れておりこちらの対決も注目だ。ラムズのショーン・マクベイHCはまだ30代前半の若きHCで、スーパーボウル出場最年少のHCでもある。一方のペイトリオッツのビル・ベリチックHCは過去5回もスーパーボウルを制覇したHCで今回は最多の6度目の王座を目指している。
d0183174_08121123.jpg
下馬評では若干ペイトリオッツ有利と言われているが、数年前にマニング率いるブロンコスがウィルソン率いるシーホークスに完敗した例もあり、予断を許さない試合となりそうだ。両チームともに負傷欠場者なく試合ができることはうれしいことである。全力を出してチャンピオン目指してほしい。

by motokunnk | 2019-02-04 08:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本ハムキャンプイン、棋王戦第1局、ラグビー親善試合

日本ハムのアリゾナキャンプがはじまった。日本との時差が16時間ということで2日早朝からのキャンプインであった。
暖かい気候に恵まれ、初日からブルペンでは投手陣が投げ込みを行い、首脳陣に積極的にアピールしていた。野手では王柏融が日本ハムのユニフォームを着て初めてのフリー打撃を行った。
d0183174_09005866.jpg
半分程度の力ではあったがどのコースでもバットの芯でとらえる打撃技術の高さには驚いた。さすがに台湾球界で4割を打っただけのことはある実力者だ。
将棋の第44期棋王戦五番勝負の第1局が行われた。渡辺明棋王と広瀬章人竜王の対局、両棋士ともに好調なだけにどちらが勝利するか注目の対局であった。
双方、互角の指しまわしで中盤まですすんだが、若干有利だったのは渡辺棋王であった。そして45分長考して指した73手目の広瀬竜王の4四歩が緩手だったようでここから一気に攻め込んだ渡辺棋王が84手で広瀬竜王に快勝した。
d0183174_09011437.jpg
後手番での先勝だけにかなり防衛に有利となった。第2局は10日に行われるが、渡辺棋王は王将戦も2連勝しており、3月までにタイトル戦だけで最大12局を戦う過密スケジュールとなっている。今の調子であれば二冠獲得も十分可能かと思う見事な勝利であった。
ラグビートップリーグ選抜がフランスの強豪倶楽部のASMクレルモン・オーヴェルニュに挑んだ。試合はいきなり2トライ(&ゴール)を奪われる展開となってしまったが、ここから力強い突進を魅せたPRの木津悠輔の頑張りでトライを奪うと、自陣奥深くからパスをつないでのトライとあっという間に12-14と追いついたトップリーグ選抜であった。
d0183174_09012192.jpg
しかし、その後はハンドリングミスなどもあり3トライを追加されて12-31で前半を終えた。
単発的に光るプレイは魅せてくれたトップリーグ選抜であったが、点が線につながる攻撃とはならずに29-50で敗れてしまった。ただ木津悠輔など日本代表候補に選出されそうな選手の発掘もでき、あと数か月に迫ったW杯に向けての収穫はあったと思える試合ではあった。

by motokunnk | 2019-02-03 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

プロ野球キャンプはじまる、大谷近況

プロ野球のキャンプが一斉にはじまった。日本ハムは1軍がアリゾナ州でキャンプスタートのため、ファームのみ(沖縄国頭村)キャンプインであった。
d0183174_09041955.jpg
その中でも国頭村には多数の報道陣、ファンが集まったという。ドラフト1位吉田輝星目当てのファン、報道陣が多かったようだが、何であれマスコミが注目することはチームにとってはプラスとなる。
エンゼルスの大谷翔平のリハビリ状況が球団から発表された。エプラーGMが電話取材に回答したそうで、大谷の患部が順調に回復していることを報告。バッテリー組のスプリングトレーニングが始まる13日から米アリゾナ州テンピの球団施設でリハビリするが、「開幕までにはアクティブ(出場できる状態)にすることはできない」と明かした。
d0183174_09042913.jpg
「我々が気を配っていることの一つとしてあるのが、新しく2つの作業(投げることと打つこと)を同じ週に取り組ませることはさせないということ。例えば、この週は打者としてティー打撃に取り組むとなった場合、投球に関しての復帰への取り組みは違う週に行う。(投球と打撃という)2つの異なる取り組みが同時に行われることはない」。
ファンとしては開幕からの活躍を期待してしまうが、大谷本人の回復を第一に考えたリハビリといえるだけにここは完璧に治すことを第一にした球団の考え方に従ってリハビリに専念してほしい。
蛇足ながら、スポーツnaviでは「道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔」の連載が昨日からはじまっている。書籍でも販売されているので読まれた人も多いかもしれない。
そして今日は将棋界注目のタイトル戦がはじまる。棋王戦五番勝負の第1局である。渡辺明棋王と広瀬章人竜王が対局するタイトル戦、今季絶好調の両者の対局だけにどちらの棋士が勝つのか全く分からない。
どんな対局となるのか楽しみな対局はもうすぐスタートする。

by motokunnk | 2019-02-02 09:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

豊島二冠一歩リード、いよいよキャンプ

第77期将棋名人戦・A級順位戦第8局が一斉に行われた。何といっても注目は羽生善治九段と豊島二冠の対局であった。両者6勝1敗で並んでおり、勝者が一歩名人挑戦に抜け出すからである。注目の対局は昼食休憩後からは徐々にではあるが豊島二冠がリードを拡げていき、88手で羽生九段が投了した。これで豊島二冠が1敗を堅持し、名人挑戦権獲得に一歩近づいた。
d0183174_08513946.jpg
1敗で並んでいた広瀬章人竜王は深浦康市九段と対局した。大熱戦となったが深浦九段が勝利して広瀬竜王は痛い2敗目を喫してしまった。
深浦九段は2勝目をあげ残留に首の皮一枚で残ったが、最終局まで連勝が求められており、厳しい状況は脱していない。豊島二冠は最終戦に勝利すれば佐藤天彦名人への挑戦権を得ることができるが、昨年の例(最終局で敗れてプレイオフとなってしまった)もあるので油断はできない。最終局は3月5日に行われる。
2月1日はプロ野球のキャンプ解禁日であり、12球団が一斉にキャンプをはじめる。d0183174_08514780.jpg日本ハムは4年連続しての米国キャンプとなるため日本時間では2月2日にスタートすることになる。
4年連続しての海外キャンプであるが、沖縄でキャンプをはっていた名護の公園が改修工事中であることも影響があるのかもしれない。実戦形式を多く取り入れた日本ハムのキャンプだけに雨に祟られることが少ないアリゾナ州でのキャンプはベストな選択かもしれない。10日間ちょっとのキャンプではあるがどんな成果があがるか楽しみではある。

by motokunnk | 2019-02-01 08:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)

藤井七段10連勝、今日はA級順位戦

将棋の第45期棋王戦予選2回戦が行われた。藤井聡太七段は中村亮介六段との対局であった。後手番となった(最近はほとんど後手番となっている!)藤井七段、中村六段の四間飛車に対して急戦、持久戦どちらも狙える戦術で指し進めていた。
昼食休憩後、藤井七段の36手目5五銀で戦闘が開始された。歩がぶつかり合う前に銀が衝突する戦いであった。中村六段は4五銀とかわした手がよくなかったようで、形勢は藤井七段に傾いた。ただ藤井七段も5五歩と緩手もあり、まだまだ戦局はわからないまでも若干藤井七段優勢で局面は推移した。
そして攻めを続けた藤井七段、78手目に7八角打ちとして勝負を決めにいった。この後は一直線に中村六段を攻め続けて82手で藤井七段が勝利した。
d0183174_09263825.jpg
この勝利で公式戦10連勝となり、棋王戦予選も3回戦進出が決まった。2月5日には連勝記録と連続昇級が迫った順位戦℃級1組で近藤誠也五段と対局する予定である。「順位戦は次の1局が重要な対局になりますけど、先後があらかじめ決まっているので、準備ももちろんなのですが、いつもと変わらず落ち着いた気持ちで臨めればいいなと思います」とコメントした藤井七段、同日に師匠の杉本昌隆七段も船江恒平六段と対局する予定であり、杉本七段、藤井七段がともに勝利すると師匠と弟子が揃ってB級2組に昇級することが決定する。将棋ファン注目の一日となりそうだ。
また今日は名人挑戦権をかけた大事な対局も行われる。第77期名人戦順位戦A級の第8局が行われる。A級では6勝1敗で羽生九段、広瀬竜王、豊島二冠がならんでおり、この3棋士が佐藤天彦名人への挑戦権をかけ争っているそして今日は羽生九段と豊島二冠の対局が行われる。
d0183174_09264706.jpg
羽生九段、最終対局は広瀬竜王だけに2連勝して佐藤名人への挑戦権を獲得して名人位奪取に挑んでほしいものだ。

by motokunnk | 2019-01-31 09:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)