人気ブログランキング |

<   2010年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

やっと見つけた十四烈士の碑・代々木公園散策その4

探しあてれば何のことはなかった。代々木公園内の周回道路にご覧のような道標がありその先に大東塾十四烈士の記念碑が建てられていた。記念碑建立までの由来を記述した碑などあり、大きさではないが何故か威圧感を感じる記念碑であった。さて、時は昭和20年8月、何故このような集団自決が起こってしまったのであろうか、その背景についてしらべてみることにした。
d0183174_17313567.jpg

十四烈士が所属している大東塾(だいとうじゅく)とは、1939年(昭和14年)4月3日に影山正治が中心となって結成された右翼団体である。集団自決の中には正治の父、庄平もいた。
ウィキペディアによれば、「大東塾が動くときは昭和維新への決起の時」と言われたほどであり、右翼界・政界への影響力は極めて強かった。現在も活発な活動を行って居り、祭典や集会、講演会などを主催して居る。公安警察・公安調査庁の調査対象であるといわれる。
正治も集団自決には参加していなかったがその後の活動を活発に行い、月刊『不二』を発行。1947年(昭和22年)より毎年宮中勤労奉仕、勅題詠進、新穀献上を行う。伊勢神宮御造営奉賛活動、紀元節復活運動、「自衛隊内神社問題活動」、二重橋事件問責活動、明治維新百年祭運動、明治神宮復興奉賛活動、皇居防衛部隊設置要請活動、8月15日慰霊行事運動、勤皇村建設運動、靖国神社国家護持運動、元号法制化実現活動などを展開した。また前代表・鈴木正男が昭和天皇御製集「昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯」を刊行している。
その後、1979年(昭和54年)に青梅の大東塾農場内で自決、塾長を継いだ長谷川は病没、2003年(平成115年)には、塾長格の鈴木が同じ農場内で自決している。死というものを神格化している団体なのかもしれない。
大東会館が青山通りから1本入ったところにあるそうである。立派なホームページも用意されており、筋金入りの右翼団体(といっていいかどうか、法人格を取得している団体であるので)といえるかもしれない。
参考としたURI → http://manriki.sanpal.co.jp/shibuya/daitou.html
→ http://yukoku.xii.jp/yukoku/y04/03/index.html 特にこちらのホームページはいろいろ考えさせられることが記述されているのでぜひ見て欲しい。
d0183174_17329100.jpg
代々木公園を散策し、考えさせられる記念碑を見つけてしまった。何故この記念碑が「みどころ」や「園内マップ」に標記されていないのかわかるような気がしたのがこのブログを書くために調査した結論かもしれない。
by motokunnk | 2010-12-25 17:37 | 記念碑 | Trackback(44) | Comments(0)

今年最後のG1有馬記念はJCの雪辱の舞台

グレード制が施行されG1で1着馬が降格となったのはメジロマックィーンとカワカミプリンセスの2頭であるが、その2頭とも次のG1では勝利することができなかった。
こういう事例があるが、今年のブエナビスタにはあてはまるであろうか。秋のG1・3連戦で全てで結果をだしたのはシンボリクりスエスだけであり、女傑といわれたエアグルーブも有馬記念では実績をあげていない。
これら過去の事例を見ると、ブエナビスタ絶対とはいえないが、それは秋の天皇賞勝利とJCで降着したとはいえ、追い出されてからの足を見たものにとっては規格外の強さのみがイメージとして残る。ここはブエナビスタを本命として間違いないと思う。
さて対抗であるが、ローズキングダムが出走を取り消したので、強い3歳世代からダノンシャンティを推薦したい。NHKマイルカップを日本レコードで制した実力は折り紙つき、故障さえなければダービーを制していたかもしれない逸材である。唯一の心配点は故障明けという点であるが、松国のことしっかり仕上げてきていると思う。
3番手はフォゲッタブルとしたい。そろそろ母にG1をプレゼントしてもいいのではないか、また弟との競演であり、兄としての威厳を示す意味でも3番手とした。面白いところでは相手なりにそこそこ走るジャミール、強い3歳世代からペルーサ、ヴィクトワールピサ、ルーラーシップを抑えておきたい。

有馬記念の予想
◎ ブエナビスタ
○ ダノンシャンティ
▲ フォゲッタブル
△ ジャミール、ペルーサ、ヴィクトワールピサ、ルーラーシップ
by motokunnk | 2010-12-25 16:38 | スポーツ全般 | Trackback(5) | Comments(0)

イノベーションワールドと名づけられた新しい施設

縁あって、品川に新しくオープンした、NECイノベーションワールドを見学してきた。24日、連休の谷間ということもあり、見学者は少なくゆっくりと見学することができた。一応は法人のみが見学対象となっているので、私の場合も担当の営業(正確には営業ではなくマーケティングのセクションである)からの誘いで見学したまでのことである。
ホームページも用意されているようで、ご丁寧に見学後はNECイノベーションワールドのセンター長から見学御礼のメールまでくるいたれつくせりのもてなしであった。当然今の時期であるので、卓上カレンダーのお土産もあった。
d0183174_21502994.jpg
イノベーションワールドという名前のとおり、上の絵のように全部で6つのテーマに関してのイノベーションが展示され、それぞれのブースには専門のコンパニオンが説明をしてくれるという内容であり、全てのブースで説明を聞くと1日かかってしまうのではと思えた。
私の場合は2時間もいなかったので、2つのブースで3つのプレゼンテーションを聞くのみであった。その他に展示はされていなかったが、オープンフローについて、NECの取り組みと製品についての説明(来年度の第1四半期に発売されるそうである)を受けた。オープンフローについては興味深い話であったので、ちょっと勉強して別の機会に紹介できればと考えている。
さすがNECという面もあるが、プレゼンテーションの内容はその道のプロに言わせると過去の導入事例の紹介であり、それほど目新しくないという酷評されかねない内容もあり、先端技術オンパレードというわけではないようである。ただ、その新技術を売っていくという姿勢は評価できると感じた一日であった。
ホームページは → NECイノベーションワールド
 パンフレットのダウンロードもできる(ブログの写真はパンフレットの1部を切り抜いたものである)
by motokunnk | 2010-12-24 21:54 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

セレンディピティーな出会い、発見

セレンディピティーとは求めずして思わぬ発見をする能力、思いがけないものの発見、運よく発見したものという意味で、イギリスの作家であるホレス・ウォルポールの造語だそうである。よく図書館や本屋で目当ての本以外に目がいってしまい衝動的に借りて(買って)しまうことがあるがそのような発見をセレンディピティーといってもよいと思う。セレンディピティーについてはこのぐらいにして、休日は朝一日何をしようかと考えることからはじまる。
今日は代々木公園に行き、以前から探そうと思っていた、「大東塾十四烈士」の碑を見つけ、帰りに区役所前から「ハチ公バス」に乗り、白根郷土資料館で降りて企画展「渋谷で飛行機が飛んだ」を見ることにしようとこのようなスケジュールを立てて我家から散歩に出かけた。
代々木公園について、A地区の西サイドにあるという「大東塾十四烈士」の碑を探したのだがいくら周辺を探しても見つけることはできなかった。いろんなホームページで代々木公園内にあるといわれているのに何故みつからないのか、落ち込んで状態でバスに乗った。するとバス路線の経路が変わっており(総合文化センター大和田が開館した関係からであろう)、いつもは宮下公園から渋谷駅をぬけ、渋警の前を左折するのが、ハチ公前を経由して「文化センター大和田」経由となっている。
しようがないので(若干の興味と)、「文化センター大和田」でおり、施設見学としゃれ込んだ。施設は図書館、子供ギャラリーなどがあることは知っていたが、なんとアンリファルマン模型があるではないか。今日の午後から組み立てられるという模型がバラバラ状態で子供科学センターにおいてあった。また1/2のエンジン(こちらも模型ではあるが)も見ることができた。まさしくセレンディピティーな出会いであった。
d0183174_1383963.jpg

それともうひとつのセレンディピティーな出会いがあった。それはプラネタリウムの投影機(東急文化会館で実際に利用されていたもののようである)が大和田図書館のある2階フロアに展示されていたことである。小学生の時代に父によく東急文化会館にあったプラネタリウムに連れていってもらった記憶が蘇ってきてしまった。今日は目的は達成することはできなかったがセレンディピティーな出会いを体験することができ、有意義な午前を過ごすことができたと自分で納得している。
「大東塾十四烈士」の碑探しは週末のお楽しみとしておくことにする。
by motokunnk | 2010-12-23 13:10 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

日本初のバードサンクチュアリ・代々木公園散策その3

代々木公園はA、Bと2つの地区に分けられて管理されているという。A地区が公園部分、そしてB地区が陸上競技場やサッカー・ホッケー場のあるエリアのようである。
さて、A地区の中ほどに古ぼけた木の説明板があるエリアを発見した。
d0183174_20291299.jpg
見たところ何かが書かれている説明板のようである。字がかすんでよく読めないところもあるが、日本で初めてのバードサンクチュアリであるから、大切にしてほしいというようなことが書かれている。確かに、後はごらんのように保護柵が張り巡らされて立ち入ることはできなくなっている。
バードサンクチュアリ、英語ではbird sanctuary、文字通り鳥の聖域という意味である。聖域という意味を拡大して保護区のことをサンクチュアリと表現しているところもあるようだ。さしづめ代々木公園のバードサンクチュアリもこの類であると思う。代々木公園紹介のホームページによれば
「バードサンクチュアリは、日本で最初につくりました。野鳥の好む実のなる木を植え、保護柵で囲ってあります。サンクチュアリ内に入ることはできませんが、園内でも充分に野鳥の観察が行なえます。当初は、野鳥保護のためA地区への犬の連込みをご遠慮いただいたこともあります。」
とあるが、ネットでバードサンクチュアリを調べると、
「日本のバードサンクチュアリのはじまりは、1981年に北海道ウトナイ湖(苫小牧市)に設置された「日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ」。このサンクチュアリをモデルにして、1982年には福島市が「福島市小鳥の森」を設置するなど、バードサンクチュアリ設置の取り組みは行政を含めて全国的に行われるようになった。」(EICネットより引用) → バードサンクチュアリ 
どちらが本当かはわからないが(説明板には昭和41年『多分?』)、いずれにしても自然の生態系が破壊されてしまった都会の中にこのような聖域が残されていることはうれしい限りである。私が子供の時代には、すずめが巣を作って飛び回っていたものである。ある時期からいなくなってしまったが、あのときのすずめは今どこにいってしまったのだろうか。
by motokunnk | 2010-12-22 20:31 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback(3) | Comments(0)

皆既月食は雲に覆われて

今日は3年ぶりの皆既月食が見られる日であったが、東京地方は午後からあいにくの空模様で残念ながら皆既月食は見られなかった。
ネットニュースでは北海道釧路市では赤く染まった月が見られたそうで、写真も掲載されている。
掲載サイト → 時事通信社
        → 毎日新聞
さて、月食の月は何故赤いのかをわかりやすく説明してくれているイラストがある。
d0183174_2034511.jpg
        
上のイラストでわかるように、光の屈折率の違いにより青い光は発散してしまうが、赤い光が屈折率が小さいのでまわりこんで月を照らすのだそうである。
画像イラスト参照ページ → RBBTODAY
国立天文台のホームページでは「皆既月食を観察しよう」というホームページを立ち上げて、日食の生で見た人の声を集計している。
これを見ると、初めての人が結構多いことがわかり、やはり「はやぶさ」以降の天文ファンがいるということの裏づけとなる(若干、勝手な解釈だが)。
今回の月食は今春、ヨーロッパで起きた火山活動の影響で大気中に火山灰が大量に残り、光の屈折に影響を与えていると朝のニュースで言っていたので、できれば自らの目で確認したかった。TV映像を通じての確認しかできなかったことが唯一の心残りである。
次回はいつなのであろうか、日本では2014年10月8日のようである。あと4年待つことになるが、あっという間かもしれない。
by motokunnk | 2010-12-21 20:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

渋谷で飛行機が飛んだ・代々木公園散策その2

今からちょうど100年前に代々木の練兵場(今の代々木公園)で、日本で初めての飛行実験が成功した。その記念碑があることは以前このブログで紹介した。先日のTVニュースではどこかの自治体で当時の飛行機のレプリカが展示されていると放送されていた。そんなわけで昨日、散歩がてらに代々木公園にでかけ、記念碑でも見ようと思っていたが、いざ代々木公園まで行くと、他のものに目がいってしまった。
d0183174_19482569.jpg
それが、写真の松である。「竜爪槐」と説明板で紹介されている何の変哲もない松の木である。説明には
『昭和59年、東京都と北京市との友好都市5周年を記念して、北京市から寄贈された。「えんじゅ」は中国では、尊貴(そんき)の樹とされている。「りゅうのつめえんじゅ」は「えんじゅ」の変種の一つで、枝の形が「竜」の爪に似ているところから、この名がつけられたと言われている。
また、枝が湾曲に垂れ下がる様子から、日本では「しだれえんじゅ」とも呼ばれている。』
とある。近頃、尖閣諸島での中国漁船衝突問題から対中国関係がギクシャクしているが、日中国交正常化して、東京と北京が友好都市となり、その記念としてこの松が贈られ立派に成長しているのを見て、この頃の初心に戻って日中関係を考え直さなければいけないのではないかと感じた。中国政府にもそれ相応の責任を感じて行動してほしいのは勿論であるが。
話が初飛行からずれてしまったが、実は昨日、記念碑の前で式典が行われていたようである。今朝のネットニュースにはこのことが記載されていた。
新聞記事 → 国内初飛行100年、偉業しのぶ 東京で記念式典
そして、渋谷の郷土資料館では「企画展:渋谷で飛行機が飛んだ」が開催されているようだ。23日に行って見ようと思う。
by motokunnk | 2010-12-20 19:51 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

冬の散歩の必需品、使捨てカイロに変わる新製品(追記)

イーカイロなるものが販売されているそうだ。何でもUSB接続で充電して何回でも再利用できるとのことである。
購入するまで商品の正式名称も知らず、ただカミさんからUSBで充電できるカイロがあるから買ってみたらの一言で購入することにした(右の写真はホームページから)。
d0183174_12294425.jpg

渋谷の東急ハンズに行き、インフォメーションで売り場を聞いて、4階まで行き、無事に購入することができた。ちょっと奇異に感じたのは、照明などと同じ売り場の片隅で売られていたことである。健康商品と一緒だろうと思っていたのは間違いだったようである。どうも最近のハンズに限らず、商品のグルーピングはどのような尺度でやられているかわからない。
さて帰宅して、今充電しているわけであるが、専用のソックスケースも2つついており、いたれりつくせりである。また製造元はエレスというエステ系の製品を多数取り扱っている会社でその中のユニーク商品として紹介されている。
こちらがそのホームページである。ホームページを見ると、価格はちょっと高いが充電式のカイロも販売されているようである。
どんな心地がするのか、また報告することにする。
------------------------------------ここから追記--------------------------------
なかなか使い勝手は良好、結構暖かくて気持ちがよい。ただし3時間程度しかもたないようである。これは使用書によれば、使い方により時間は変化するとのこと、寒いところで利用すればもっと短い時間で冷たくなってしまうかもしれない。また変化があれば報告する。
-------------------------------------ここまで-------------------------------------
by motokunnk | 2010-12-19 18:53 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

500回目の平地G1、覇者はグランプリボス

京王杯の覇者が朝日杯を制してしまった。やはり阪神JFとは違い、スタミナよりもスピードの絶対値が高い馬が中山のマイルを制しやすいということであろう。
サダムパテックの出遅れでレースは混戦模様(中山は直線が短い!)となり、グランプリボスに騎乗したデムーロのうまさが際立ったレースであったと思う。
4コーナーでは私の対抗に推したアドマイヤサガスが不利を受けてしまったが、不利がなくても結果は掲示板であったと思う。ディープインパクト産駒が2、3着となり、来春のクラシックに期待を持たせてくれる走りを披露した。来週のラジオニッケイ杯ともども牡馬の勢力図も明らかにありつつある2歳戦であったと感じた。
グランプリボスを管理する矢作調教師にとっては初のG1制覇、グレード制がひかれて記念の500回目のG1もまたドラマがある一戦であった。結果を書いていて気付いたことは、福永祐一以外は外国人ジョッキーが上位を独占である。日本の騎手よ頑張れといいたいのは私だけではないと思うがどうであろうか。競馬は勝ってナンボの世界である、馬主としては技術の高い騎手を選んで騎乗依頼するのであろうが、、、
さて来週はいよいよ有馬記念である。ブエナビスタの雪辱なるか、はたまたローズキングダムが連勝するか、そのほかの馬が活躍するか、楽しみである。

朝日杯FSの結果
1 11 グランプリボス    牡2  M.デムーロ  1:33.9 
2△ 5 リアルインパクト 牡2 F.ベリー 3/4
3△ 2 リベルタス 牡2 福永祐一 アタマ
4◎10 サダムパテック 牡2 C.スミヨン クビ
5△ 8 リフトザウイングス 牡2 C.ルメール クビ

by motokunnk | 2010-12-19 16:35 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

今週は2歳牡馬のNo.1決定戦、朝日杯FSの予想

明日は中山で朝日杯FSが開催される。混戦模様と言われているが、前売りを見る限りではサダムパテックが単勝1倍台と1頭抜き出た人気となっている。先週のレーヴディソールと同様の人気の高さである。
前走の東京スポーツ杯2歳Sの圧倒的な勝利を思えば当然の結果といえる。私も本命はこの馬としたい。さて対抗はどの馬かというと、人気がでている馬にはどれも信頼が今一歩の馬が多いと言える。そこで対抗にはアドマイヤサガスを指名する。
この馬は、父がサダムパテックと同じフジキセキであり、驚くことに牝馬には勝ったことがないが(笑)、牡馬には全レースで先着している。またディリー杯の上がりタイムも2番手と別格の1頭を除けば最速の上がりで駆け抜けており、実力は折り紙つきといってよい。小牧が騎乗するのも昨年の覇者と同じであり、安心できる。
それに続く馬としてはマイネルラクリマが面白い存在といえる。決して1番人気となっていないが、全てのレースで掲示板圏内を確保しており、人気よりもいい着順を確保している。その他の馬としては、ハーツクライ、ディープインパクトの初年度産駒となるリフトザウイングス、リアルインパクト、リベルタス、そしてダート短距離を圧勝しているシゲルソウサイをあげることする。
リベルタスに騎乗する福永であるが、2002年にピースオブワールド、エイシンチャンプで2歳G1を連勝している。それ以来となる2歳G1ダブル制覇のチャンスである。注目してみることにする。


朝日杯FSの予想
◎ サダムパテック
○ アドマイヤサガス
▲ マイネルラクリマ
△ リフトザウイングス、リアルインパクト、リベルタス、シゲルソウサイ
by motokunnk | 2010-12-18 18:23 | スポーツ全般 | Trackback(6) | Comments(0)