人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧

目黒のさんまではなく、今回はさくらです

最近の週末の過ごし方であるが、まずブログを書いてそれから近所の散歩、そして帰宅してTV観戦(主としてスポーツ番組など)という日課が定着している。
昨日もこれに従って朝ブログを書いて、近所の散歩に出かけた。出かけた先が目黒川である。目黒川の桜は綺麗という評判だったので、まだ満開ではないとは思ったがどの程度かと思って出かけたしだいである。
来てみてビックリ、結構な人が桜を見物しに来ているではないか。特に目黒川には橋がたくさん架かっておりその橋から川を見ながら桜見物をするのがいいと見え、橋の上が絶好のカメラポイントになっている。
d0183174_1961813.jpg

上の写真と下の写真である。桜の花は上の写真のポイントから撮った写真である。
d0183174_1963491.jpg

桜を見ながら歩いていくと、何やら屋台っぽいお店が対岸にでているではないか。そばまで行くと焼き鳥屋さんやたこ焼屋さんなどが準備をしているではないか。よく見ると、ここはドンキホーテの裏! 安売り王が裏では屋台サービスで一儲けを考えているのではと思うのは私だけであろうか。このエリアは中目黒であり、地元の商店街も負けずに屋台を出していた。
d0183174_1965956.jpg

目黒川には何故桜並木がそろっているのかといえば、菅刈公園そばの川沿いに記念碑が建てられている。
d0183174_1973190.jpg
その記念碑には
「昭和の初めに行われた目黒川の改修にあわせて地元の有志の方々により植樹されたものです」と書かれている。その後の護岸工事により今の場所に移されたとのこと、前の場所にも桜の木は植えられているので多分、地元の方々が桜の植樹をされてりっぱな桜となったのだと思ってしまった。折りしも東日本大震災の真っ只中であり、そのことについてのお見舞いや例年とは違う桜祭りの施行が書かれた貼紙が目についた。自粛しながら桜祭りをすることもいいのかもしれない。
by motokunnk | 2011-04-04 19:09 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

金王桜と未だに残る震災の爪痕、そして「てんでんこ」

昨日、ブログの記事を書き終えてから、東京都知事選挙の期日前投票に出かけることとした。その道筋に金王八幡宮の金王桜を見ていくことにした。金王八幡宮のホームページにはこの時期金王桜の本日の咲き具合がアップされており、それによると2~3部咲きのようであった。
d0183174_8364848.jpg

実際は写真のようにそれ以上の咲き具合であったと思えたがこればかりは感覚なので判断のしようもないかもしれない。さて拝殿横の階段を下りる際に気付いたのであるが、階段脇の石垣がご覧のように崩れていた。
d0183174_8371656.jpg
鳥居の一部にもヒビがはいってそれを補強しているところも見受けられ、ここにも東日本大震災(このように名称が統合されたようである)の爪痕がまだ残されていた。早く復旧して欲しいものである。
さて渋谷駅を抜けて区役所へ向かう道筋で普段と異なる光景を目にした。朝の9時だというのに多くのそれも若い女の子の集団が代々木方面へ向かっているではないか。そこではたと今朝の新聞記事を思い出した。昨日から代々木体育館でジャニーズ総出で東日本大震災義援金募集のチャリティをしたいるとか、それでこの人出であることを納得したしだいである。
d0183174_838611.jpg
この人たちをみて最近呼んだあるコラムを思い出した。それは日経ビジネスオンラインにでていた『「ひとつになろう」より「てんでんこ」がいい』の記事である。もともとは石原東京都知事候補(今は候補である)がマスコミに語った言葉(花見についての自粛お願い)についてであったが、日本人はひとつになって行動することをよしとする民族だといっている。確かに避難訓練などは集合して整列し行うものと決まっているが、三陸地方のある学校では「てんでんこ」という言葉が表すように津波がきたら、他人のことは気にせずに皆が高いところを目指して自分で判断して走るように訓練しているそうである。
そのおかげで今回の震災時も一人の犠牲者もださずに無事避難したと引用されていた。「ひとつになろう」が悪いとはいわないが、何か考えさせられる文章であった。ACのCMについても私見が記載されていた(かなりこちらは歪曲した見解だが)ので、こちらもなるほどと感じ入ってしまった。
さて今朝のスポーツ新聞では1日を上回る12万7000人が終結したそうである。皆さん朝早くからご苦労様でした。

渋谷区指定文化財のページ → 金王桜
日経ビジネスオンライン → 「ひとつになろう」より「てんでんこ」がいい
読売新聞 → 「てんでんこ」三陸の知恵、子供たちを救う
スポニチアネックス → SMAP 20年ぶり野外行事!募金に12万人来場
by motokunnk | 2011-04-03 08:39 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

神社と狛犬その14・青山熊野神社

先日、原宿団地の前を通ると既に仮囲いで覆われて再開発が開始されていた。時の流れは早いもので1年前は反対運動真っ盛りだったと記憶しているが、その反対運動ののぼりもほとんどが撤去されているようで何事もなかったように再開発が着々と進んでいるようである。
さてこのような書き出しとなってしまったが、過去にこのブログでとりあげた原宿団地そばにある神社の狛犬について書こうと思っているからである。さてその神社は熊野神社である。今回初めて気がついたのであるが、神社となりにはりっぱなビルが建っておりその名も「青山熊野神社ビル」とある。
d0183174_8245318.jpg

神社も多角化経営が求められているようで副業としてビル経営をしているのだなあと感じてしまった。儲かっているのかと心配にはなるが、、、
さて狛犬さんであるが頭に何やら角が生えているものあり、珠をのせているものありでたいへん珍しい。こんな狛犬はお目にかかったことはないと思う(私のつたない記憶ではあるが)。ぜひ青山にお出かけの際は熊野神社を訪ねてこの珍しい狛犬を見て欲しい。
d0183174_8251268.jpg
キラー通りからちょっと入った場所に北野神社はあるので、非常にわかりやすいと思う。地図に示した「HERE」という場所が北野神社である。
d0183174_8252857.jpg
さて今日はこれから木曜日に放送されたNHK「ブラタモリ」で特集された渋谷の街に散策に出かけようかと思っている。何度もこのブログで紹介した金王八幡宮や渋谷川のルーツ探しなど、またブログで紹介できたらと思う。
by motokunnk | 2011-04-02 08:26 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

神社と狛犬その13・秋葉神社

表参道の入口にある神社として当ブログで紹介したことのある秋葉神社。
d0183174_19282633.jpg
ご覧のように表から全て見渡すことができる境内に狛犬が3体奉献されている。
d0183174_19284915.jpg
まず目につく狛犬は本殿よこにある狛犬である。一番大きくて威厳のある顔をしている。
d0183174_19291356.jpg
この次に目にはいるのは大正14年と書かれている、ちょっといたずらっぽい顔をした狛犬である。とここまでは誰でも見つけることができるが、最後の狛犬は入口階段わきに鎮座している。
d0183174_19294119.jpg
この狛犬がなんとも独特の顔付きをしており一度見たら忘れることはできないようである。どれも個性的な狛犬に守られて秋葉神社は表参道の入口にあり、火防守護、家内安全他のご利益があるという。
by motokunnk | 2011-04-01 19:30 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)