人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて

先日のこと、昼時に浜松町駅近くまで用事ができたので、用事を済ませた後旧芝離宮恩賜庭園に足を運んだ。通勤路からは反対となるの駅から1分とかからないのであるが、足を運んだことはなかった。
旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて_d0183174_8435318.jpg

通勤している場所のすぐ近くに有名な庭園があることは果たして恵まれているのかどうか、庭園愛好家にとっては恵まれた環境にあると思っているのであろう。
さて庭園では、ちょうどサツキ花盆栽展が開催されていた(6月5日まで)。サツキ花盆栽展といっても規模は展覧会というよりは、盆栽教室の成果発表会ととらえた方が正しいといえる。盆栽教室の生徒さんの作品も展示されていた。
旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて_d0183174_8441172.jpg

さて初めて入園した恩賜庭園であるが、その歴史を紐解くと紹介パンフには次のように書かれている。
「小石川後楽園と共に、今東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわした庭園で、池を中心とした庭園の区画や石の配置は、非常に優れています。明暦(1655~1658年)の頃に海面を埋め立てた土地を、延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領しました。忠朝は屋敷を建てるにあたり、藩地の小田原から庭師を呼び庭園を造ったと言われています。庭園は「楽壽園」と呼ばれていました。
庭園は、幾人かの所有者を経たのち、幕末頃は紀州徳川家の芝御屋敷となりました。明治4年には有栖川宮家の所有となり、同8年に宮内省が買上げ、翌9年に芝離宮となりました。離宮は、大正12年の関東大震災の際に建物や樹木に大変な被害を受けました。翌年の大正13年1月には、皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京市に下賜され、園地の復旧と整備を施し、同年4月に一般公開しました。また、昭和54年6月には、文化財保護法による国の「名勝」に指定されました。」
(庭園紹介のホームページから引用)
展覧会は管理事務所の前でこじんまりと開催されていたが、それを横目で見ながら園内散策をすることにした。回遊式泉水庭園ということもあり池を中心に緑が配置されたりっぱな庭園である。
旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて_d0183174_8444347.jpg
江戸時代の大名はこのような庭園をしごく簡単に整備してしまうとはと感心してしまった。中島、大島、西湖の堤、石柱、枯滝石組などみるべきところには立て札が設置され、場所によっては解説まで書かれている。
旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて_d0183174_8451251.jpg
旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて_d0183174_8452525.jpg
旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて_d0183174_8453989.jpg
予備知識なしに来る来園者にとっては助かる立て札である。
そういえば、庭園に入る取り付け道に、庭園の施設・見所紹介の説明が書かれているプレートがあったのも観光施設という位置づけを考えるとしごく当然のことかもしれない。
旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて_d0183174_846205.jpg
旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて_d0183174_8464095.jpg
昼時ということもあり、テイクアウト弁当を持参して昼食をとっている付近に勤める会社員、OLさんたちの姿も見受けられた。作られたとはいえ自然(緑)の中での食事はいいものなのかもしれない。庭園内には木々にこれはなんの木などの紹介がなされており、桜の木が結構目立っていた。既に新緑となってしまっているが、桜のシーズンにはさぞ綺麗であろうと思う。来年の桜のシーズンには是非この桜を見物しようと思う。

庭園の概要はこちら → http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index029.html

今日は6月4日、虫歯予防ディである。しっかり歯磨きして虫歯予防をしよう!
by motokunnk | 2011-06-04 08:47 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

Let's try againとUSA for Africa

桑田佳祐が所属するアミューズのタレントに声をかけてチームアミューズを結成して、東日本大震災復興のための一助としてLet's try againの楽曲を作成するという話を聞いたとき、私は20数年前のことを思い出した。
それは、当時アフリカの飢餓救済のためのプロジェクト「バンド・エイド」が結成され、それに続きできたのがUSA for Africaである。後者の方が日本では有名であるが、実際は1984年のイギリスのロック界でバンドエイドが結成されたのが発端である。それに触発され、翌年にアメリカでハリー・ベラフォンテが提唱し、ライオネル・リッチー、マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダー、クインシー・ジョーンズと拡がりをまして総勢45人が集まり、楽曲「WE ARE THE WORLD」が作成された。
当時、多分真夜中の地上波TVで製作段階でのビデオが放送され、それを見た記憶が残っている。ダイアナロスがマイケルジャクソンとスティービーワンダーの間に入り手をつないで歌っている姿が今でも思い出される。
Let\'s try againとUSA for Africa_d0183174_20311992.jpg
そして今回の「Let's try again」である。内容は違うが、エンターテイナーとして何かしなければという思いは一緒、そこが事を起こす原点であると思う。何か行動しなければいけないと考えた桑田佳祐の心意気とそれに賛同した福山をはじめ多数のアミューズのメンバーたちに拍手! ということでCD+DVDを購入してしまった。
収益は東日本大震災の義援金となるそうであるから、購入することで震災復興の一助になることは間違いなさそうである。
雑談だが、アミューズに寺脇康文、三宅裕司、三浦春馬らが所属しているとは知らなかった。

チームアミューズ       → 公式ホームページ
USA For Africa → 公式ホームページ(英語)
バンド・エイド        → ウィキペディアのページ

写真は、それぞれのDVDからキャプチャしたものを採用した。
by motokunnk | 2011-06-03 20:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

とんだ結果となった内閣不信任案採決

今朝から大手新聞、TVはこの話題で持ちきりだったようである。大手新聞社である朝日新聞と読売新聞にも社説で不信任案提出が取り上げられているがその書き方は全く正反対である。
不信任案提出―無責任にもほどがある菅内閣不信任案 救国連立模索なら理解できるである。
タイトルから想像できるように前者が朝日新聞、後者が読売新聞である。そしてその結果は鳩山・菅会談が行われて、菅首相が午後1時からの民主党代議士会で辞任を表明して一件落着である。ただし、菅首相の口からは辞任の文字はなく、「民主党も世代交代していかねばならない。震災対策、原発対策に見通しを立てたうえで、若手に引き継ぐ」のようなことをいったまでであり、岡田幹事長が言うように辞任会見ではなく菅首相支持派の人間にとってみれば震災復興の目処はなかなかつかないと辞任を先延ばしにすることができる。
ただ、さすがに鳩山前総理、政界に影響力を誇示したいのか、夏までに辞任しなければ意味がないという主旨の発言をしているようである。いずれにしろ、不信任案が可決され衆議院解散という最悪の事態は回避されたのだかれ、内閣も失態はやめて本腰をいれて東日本大震災対策を盛り込んだ第二次補正予算提出に力を入れて欲しいものである。身の保身を図っていては次はないです、菅直人さん!
by motokunnk | 2011-06-02 19:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日の目を見なかったニッサンR383

先日のノスタルジックカーショーで見たかったマシンのひとつにニッサンR383がある。このマシンは1970年の日本GP及びCAN-AMシリーズ用に日産自動車が開発していたものである。
しかし、その前年に起こったオイルショックの余波で1970年の日本GPは中止、同時に開発されていたライバルトヨタのトヨタ7は看板ドライバーであった川合稔がテスト中の事故で死亡してしまったため、CAN-AMシリーズ参戦を中止し、マシンの開発もストップ、ワークスとしてのレース活動も休止となってしまった。
そんな中、R383も日の目を見ることなく、ひっそりを開発が終了してしまった。その存在は噂はされていたが、、、
そして日産からR383の存在が発表されたのは1976年、そして実際にサーキットを走ったのは2006年であった。このように数奇な運命をたどったR383であるが、実際に目の前で見ると結構見事なシルエットである。1970年のレーシングカーの時流に沿ってクサビ型のボディラインをとっており、今見ても美しい。
日の目を見なかったニッサンR383_d0183174_1952822.jpg

2006年当時のプレスリリースにR383の説明が詳しく紹介されている。そして先日のショーがyoutubeにアップされていたのには驚いた! プレスリリースには当日の写真もアップされているので、そちらも見て欲しい。私の写真より綺麗である。

プレスリリース → 「ニッサンR383」が36年の歳月を経て初走行
ノスタルジックカーショー → Tokyo Nostalgic Car Show 2011
by motokunnk | 2011-06-01 19:53 | Racing Car | Trackback | Comments(0)