人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今年もNFLシーズンが開幕

昨日のグリーンベイ・パッカーズvsニューオーリンズ・セインツ戦から長いNFL2011-12シーズンが開幕した。これから来年2月のスーパーボール目指しての長い道のりである。
昨年はグリーンベイがピッツバーグを退けて見事にスーパーボールチャンピオンとなったが果たして今年はどのチームが栄冠をつかむのであろうか。開幕戦は面白いことに昨年と一昨年のスーパーボールチャンピオンの対決となった。
両チームともQBからのパスを主体とした攻撃型のチームであり、点の取り合いが見ものと思っていたが、その通りの展開となった。
英雄であったファーブの跡をついだグリーンベイのQBロジャースは昨年スーパーボールMVPの貫禄からか、第1QからTDパス連発の活躍を見せ、第1Q終了時点で21-7とニューオーリンズをリード。一方の一昨年のスーパーボールMVPのQBブリーズはイマイチの調子か前半終了時点では1TDパスであった。
第2Qで光ったのはニューオーリンズの新加入のスプロールズ、パントリターンでTDを奪うなど随所に光るランをみせた。昨年までサンディエゴにいた選手であるが、トレード初戦からの大活躍といっていいようだ。
後半に入ると徐々にブリーズのパスが成功するようになり、ニューオーリンズが点差を挽回し、第4Qに突入する。そしてラスト2分となり、攻撃権はグリーンベイであったが、ダウンを更新できずにニューオーリンズへ。残り1分からの攻撃がすごいの一言。8点差、タイムアウトの残り取得回数ゼロから立て続けにパスを成功させ、相手陣ゴール9ヤードまで一気に攻め上がり残り数秒。ここで最後のTDパスを投げるが、不成功となってエンドと思った瞬間にグリーンベイにエンドゾーンでのパスインターフェアの反則。ゴールラインから1ヤードのところでの最後の攻撃を得ることになる。
そして最後の攻撃ではランを選択したが、グリーンベイのディフェンスに阻まれて、結果は42-34でグリーンベイの勝利となた。ただ、一度もリードすることはできなかったが、ニューオーリンズの頑張りは賞賛もの、一昨年シーズンは大洪水からの復活が印象的であったが、着実に地力をつけているチームに今年もプレィオフ進出の予感を感じた。一方のグリーンベイであるが、こちらも危なげない戦い方で開幕週の勝利! 2年連続でのチャンピオン獲得に幸先のよい勝利だったように思う。
ここ2年はスーパーボールはNFCのチームが勝利しているが、AFCにも強豪はおり、今年こそと思っているところは多いと思う。そんな中、インディアナポリスのQBマニングの開幕から2~3ヶ月の離脱が発表された。シーズンオフに受けた首の手術の回復具合が思わしくないそうで再手術を受けるとのことである。マニングといえば不世出のQBとして数々の記録を残しているだけ(そしてまだまだ若い!)に早い復帰が望まれる。
来年2月にはどのチームがスーパーボールの晴れ舞台に上がっているか、今から楽しみである。
さて、今日から地元の氷川神社では秋の祭礼スタートである。お参りにいってこようかと思う!

試合結果 → セインツVSパッカーズ
by motokunnk | 2011-09-10 08:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/恵比寿駅長のアイディア?

夏の節電対策の一環として会社では毎週金曜日を年休取得推進日として本社屋の空調など休日モードで運転していることはこのブログで紹介済みであるがそれも今日まで、来週からは通常の週5日制に戻ることとなる。
今日9月9日は重陽の節句として知られている(古い人なら知っている?)。詳細は下記を見ていただければわかるが、これも中国を起源としているようである。
さていつも通勤は出社はバス、帰社はJR線というのが通常パターンとして自分では決めている(どうでもいいことだが)。渋谷駅で下車して帰路につくわけだが、人混みを避けるため、新南口を利用して帰路についている。
ご存知かもしれないが、新南口まではちょっと長めの連絡通路を歩いていく必要がある(歩く歩道が設置されているが、健康のため私は極力歩く歩道は利用しないことにしている)。さて連絡通路の左右にはJRを筆頭に各種のポスターが貼られている。びゅープラザ系のポスターが多いが、なかにかわったポスターが貼られていたので紹介する。d0183174_1120956.jpg
写真のポスターがそれである。恵比寿駅長おすすめウォーキングとして恵比寿駅からの美術館・公園めぐりを紹介している。ウォーキングといって毎日何時に集合してなどという決まりはないようで参加は自由、駅でマップをもらってスタートするようである。構内のお店にそのマップを見せると割引販売の特典が受けられるそうである。またコースで紹介している美術館でも割引が受けられるということである。
そしてコース記載の3ヶ所の有料施設のうち1ヶ所の入場券(半券)をゴール地点の恵比寿駅東口改札でみせるとちょっとしたプレゼントがもらえるそうである。
プレゼントほしさに美術館めぐりもなんだが、健康のためにウォーキングをする上ではいいかもしれない。ウォーキング雑誌が氾濫しているが、こんな企画もあることが世の中、歩くことが注目されているのだなあと感じてしまった。
さて、今日は午後からクライアントの施設に出向いて打ち合わせである。そろそろ出かけなくては!

重陽の節句 → 平安武久のページより
by motokunnk | 2011-09-09 11:20 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

五輪切符決定、北朝鮮戦には惜しくもドロー

生放送は見ていないが、後半ロスタイムに同点ゴールを決められて、1-1の引き分けとなりロンドン五輪の切符は御預けとなってしまった。
ただ、ネットニュースでの情報を見る限り、試合は前半開始直後はなでしこジャパンのペースだったが、その後は北朝鮮にペースを握られて防戦一方だったようである。
後半の先制点もFW永里のシュートがGKにセーブされたが、そのボールが北朝鮮DFにあたってのオウンゴールでラッキーなゴールと言えばゴールであった。これで試合に勝っていたら、オウンゴールしてしまった北朝鮮のDFは祖国に帰れなかったのではないかのではと思う。
まあ、結果はドローとなってしまったが、未だにグループ首位の座は守っているわけで、日本時間午後8時から行われる中国VSオーストラリア戦でオーストラリアが勝つか、引き分けると日本のオリンピック出場は決定するわけで、他力本願ではあるが今日決定の道も残されているわけである。
午後10時には結果がわかっているので、その頃のニュースを楽しみにすることにする。

新聞記事から → Google News記事一覧

私の関連するブログ → 今度は五輪最終予選、なでしこジャパン初戦は3-0
私の関連するブログ → なでしこジャパン、韓国戦は2-1、これで2連勝
私の関連するブログ → ロンドンへ1歩前進、なでしこジャパン、豪州に1-0

9日朝追記:
昨晩の8時から行われたオーストラリアvs中国戦はNHK-BSで予定を変更して放送されていた。その生放送を後半から見ていた。後半15分過ぎにオーストラリアが決勝点となるゴールを決めたとき、なでしこジャパンはどのような心境でこの試合を見ているのか考えてしまった。後で知った話であるが、佐々木監督はスタンドで観戦していたそうで、「正直出場権獲得できてホッとしている」よの談話があった。澤もホッとしているとの談話を発表しており、W杯優勝から続いた超過密スケジュールの影響がでてこの最終予選はベストどころでない最悪の体調で出場していたのではないかと想像できた。
とりあえず、ロンドン五輪出場おめでとう! 団体競技で参加決定第1号のオマケつき、あとは本番目指してベストな体調と一段高い戦術を磨き上げてロンドンの地でも光輝いて欲しい。
by motokunnk | 2011-09-08 19:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

W杯3次予選、岡崎のダイビングヘッドで男子は引き分け

今週は毎日サッカーの記事を書いているような気がする。そして今日は男子サッカーW杯3次予選の話題である。
試合は昨晩にアウェイでウズベキスタンと戦った。日本代表にとっては、前回のW杯最終予選でW杯行きを決めたある意味では縁起のよい競技場である。ただ、縁起のよさも前半早々に吹き飛んでしまった。
前半8分にジェパロフに先制ゴールを決められてしまった。守備的に行くと思った阿部の先発であったと思うが、その目論見が無残にも弾けとんでしまったわけである。トップ下の長谷部もそれほど機能したとはいえなかった前半であった。
後半に入り、清武をいれた段階で中盤も機能するようになり、岡崎のダイビングヘッドで同点に追いつくことができた。岡崎のダイビングヘッドといえば、前回の試合もダイビングヘッドで決勝点を決めており、この競技場と相性がよいのではと思ってしまった。
その後は押し気味に試合をコントロールするが勝ち越し点は奪えずに、ゲームは1-1のドロー、勝点1をゲットするにとどまった。ただアウェイということを考えると勝点1でもよしとしなければいけないのかもしれない。先は長い戦いであるので、勝点はどんどん積み上げていく必要がある。ホームで3点、アウェイでは1点、これがリーグ戦を戦う上での最低条件である。
次は10月11日にホームでのタジキスタン戦、実力がちょっと劣るチームだけに大量点での勝利を期待してしまうが果たしてどんな試合をしてくれるのであろうか。
さて明日はなでしこジャパンが北朝鮮と戦う。これに勝利すればロンドン五輪の切符が手に入るわけなのでしっかり戦い勝利して欲しい。また明日もブログはサッカー記事となりそうである。

昨日の試合記事 → Google Newsの記事一覧

私の関連するブログ → 男子も続け、サッカーW杯予選ラウンド
by motokunnk | 2011-09-07 18:51 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/突然の雨!そして雨宿り

一昨日の日曜日、いつものように散歩にでかけた。家を出るとき空には太陽が照っており、雨の気配はほとんど感じられなかったので、折りたたみの傘も持たずに散歩に出かけてしまったのが敗因であった。
家をでてどこへ行こうかと考えて、氷川神社方面に行こうかと歩を進めていくと、にわかに空模様が怪しくなってきてしまった。氷川神社を国学院大学の間のバス通りを歩いていると雨が降り出してきた。最初はそれほどではなかったが、みるみる雨足は強くなる一方で、しかたがないので雨宿りをすることにした。雨宿りをするために軒を借りたのが温故学会会館である。あいにく日曜日は休館日であったのが幸いしたのか、入口でゆっくり雨宿りと洒落込んだ。
温故学会は知ってはいたが誰の書籍を公開しているのかは知らなかったので、雨宿りをしている間に入口脇にある「塙保己一(はなわほきいち)」についてをゆっくり読むことができた。
d0183174_1921923.jpg
それによると
「塙保己一は、延享三年(1746)五月五日、埼玉県本庄市児玉町に、父は荻野宇兵衛、母はきよの長男として生まれた。名は寅之助、7歳のときに肝の病により失明してしまう。」と書き出されており、鍼・灸などを学ぶが一向に上達せず、学問の道へと方向転換したそうである。その後の上達ぶりは著しかったようでそのあたりは塙保己一の生涯に詳しく書かれている。
d0183174_19212387.jpg

史料館も重要文化財となっているようで、プレートが貼られていた。
d0183174_19213566.jpg

なかなかの人物であったようである。そしてその塙保己一史料館がこの建物なのである。今度は晴れた日に入館料を払って塙保己一について勉強しようと思う。などと思っていると雨もやみ、空も明るくなってきた。
d0183174_19215713.jpg
氷川神社のお祭りは今週末、やっとちらしが貼り出されたようである。また提灯も通りにだされてお祭り気分を盛り上げているようであった。

塙保己一史料館 → 公式ホームページ
by motokunnk | 2011-09-06 19:22 | 街の風景 | Trackback(8) | Comments(0)

ロンドンへ1歩前進、なでしこジャパン、豪州に1-0

TVを見ていないので何とも言えないが、なでしこジャパンが難敵のオーストラリアを1-0で下して、ロンドン五輪代表権獲得に大きく前進した。
最後の数分間だけの観戦であったが、なでしこジャパンは落ち着いて対応しており、土曜日の韓国戦と比べると、チームとしてのまとまりは格段の進歩であったように思える。
このあたりは、試合後の佐々木監督のインタビューでも監督自身が言っていた。「初戦のタイ戦を休養したレギュラー陣にとっては韓国戦が初戦の緊張感があった。」こんな内容の話であったように思うし、澤のインタビューでも韓国戦は初戦だったので動きがぎこちなかったと言っていた。また、オーストラリアの選手も動きが悪かったとも言っていたので、中1日の試合では休まずに出場していた方が動きが落ちないで、なまじ休んでしまうと身体がだるくなってしまうかもしれない。
さて、この後は2日後の北朝鮮戦である。これに勝利すればロンドン五輪の切符は間違いなさそうになるので是非頑張って勝利して欲しい。これからはじまる中国vsタイの結果次第では、日本があと2戦、負けなければいいということになるかもしれない。まあ、今のなでしこジャパンにはそんな心配は無用かもしれないが。

オーストラリア戦の試合結果 → Google News検索結果のページ

私の関連するブログ → 今度は五輪最終予選、なでしこジャパン初戦は3-0
私の関連するブログ → なでしこジャパン、韓国戦は2-1、これで2連勝
by motokunnk | 2011-09-05 19:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパン、韓国戦は2-1、これで2連勝

昨日、女子サッカーロンドン五輪アジア最終予選の2試合目が中国で行われた。最終予選は同一日に開催されるようで、試合前には次の試合で対戦するオーストラリアがタイに5-1で圧勝しているとのニュースが流れていた。
さて、なでしこジャパンであるが第1戦とは先発メンバーががらりと変わり、W杯決勝時のメンバーがそろって先発し、ベストメンバーでの韓国戦となった。
開始直後からボール支配率で韓国を圧倒したなでしこジャパンは、前半10分過ぎに宮間のCKからMF・阪口がヘッドを決めて先制した。これは韓国戦は落ち着いてみていられるなあと感じた瞬間であった。その後、なでしこジャパンの動きは俊敏さがなくなり、逆に韓国チームがW杯でなでしこジャパンが魅せた俊敏なパスワークで日本ゴールへと迫りだした。
そして、前半30分過ぎにDF熊谷がハーフェーラインあたりで足を滑らせてしまったのをきっかけにゴールまで詰め寄られて日本で活躍するソヨンに同点ゴールを決められてしまった。
その後もなでしこジャパンはW杯で魅せたようなパスサッカーは顔を出さずに韓国に決定機を作られてしまうケースも多々あった。
そして前半のロスタイム、左サイドでのスローインから飛び出した澤に絶妙のパスがわたし、ペナルティエリア奥深くまでドリブルで進んだ澤からゴール前の川澄へ。そして川澄からノーマークの大野へパスされ、大野が落ち着いて韓国ゴールへ蹴りこみ前半を2-1で折り返すことに成功した。
後半は前半以上にボール支配率で韓国に負けてしまったようで、チャンスらしいチャンスは韓国に比べて少なく、イメージとしては攻め込まれて何とかしのいでいるという感じであった。その苦しい守りの時間を耐え抜いて終わってみれば2-1の辛勝で勝点3をゲットした。後で佐々木監督のインタビューが流れていたが、最終予選は勝点3を取ることが重要とのこと、確かに華麗はパスサッカーが魅力のなでしこジャパンであるが、負けてしまっては何も残れないのでこのような戦術もありかなと思ったしだいである。
次は難敵のオーストラリアである。どのような戦術でいどむか、楽しみである。
話はかわるが、夏競馬は今日が最終日、新潟・小倉では恒例の2歳重賞があり、そのレースに須貝協教師が有力馬を出走させる。この両レースに勝利すると、史上2回目だそうである。また須貝調教師にとっても初めての重賞勝利だそうであるから、3時半過ぎのレースが見逃せない。

韓国戦の試合結果 → Google News検索結果のページ

私の関連するブログ → 今度は五輪最終予選、なでしこジャパン初戦は3-0
by motokunnk | 2011-09-04 07:59 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

秋祭り開幕/隠田神社祭礼から

今日から我家の周りでは週末には秋の祭礼が各所で開かれていく。まず口切は原宿の隠田神社である。早速、ブログを仕上げてから出かけてみることにした。
d0183174_11224236.jpg
d0183174_1123240.jpg

キャットストリートを原宿方面から歩いていくと、まずはキャットストリートと表参道からの通りの場所(参道橋あたり)に九重商店会がだしている社務所が見つかる。社務所の横には御輿もあり、掲示板によると今日と明日に大人御輿、子供御輿が練り歩くようである。
掲示板といえば、ご覧のような掲示が社務所向かいの歩道上の案内版に貼られており、道行く人の目に留まっているようである。d0183174_11232626.jpg
キャットストリートを歩いて、隠田神社に向う隠田神社のすぐそばの掲示板にはさきほどとは違い、多分お手製と思われる祭りの案内が掲示されていた。多分去年のお祭りで撮影したものをベースにしたと思われるポスターである。PCで簡単にできる世の中となり、このようなポスターも難なくできてしまう時代! 時の進歩はすざましいものと感じてしまった。
さて神社であるが、朝とあって、屋台などは現在作成中のようであったが、決して広くない参道には屋台がぎっしり出来上がりそうである。
d0183174_11234578.jpg
d0183174_11235831.jpg
また演台も出来上がっており、お神楽などを催すことは可能、後は祭りが本格化する夕方を待つばかりといったようであった。
そういえば、途中ですれ違った親子連れも夕方、天気がよければお祭りに行こうと会話していた。台風が四国地方直撃となり、関東地方は晴天となっているが、強風である。歩いていて飛ばされそうな突風にあってしまうことしばしばであった。歳をとると、横風に注意する必要がありそうである。
by motokunnk | 2011-09-03 11:24 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

男子も続け、サッカーW杯予選ラウンド

昨日から、2014年ブラジルW杯アジア3次予選がスタートした。日本はC組に入り、北朝鮮、ウズベキスタン、タジキスタンとホーム&アウェイで戦い、上位2チームがアジア最終予選へ進出できる。
その大事な初戦は埼玉での北朝鮮戦であった。台風12号の直撃は避けられたが、強風と豪雨の中での試合となった。北朝鮮のFWはチョン・テセ、2010年までJリーグで活躍していた選手である。他にもベガルタ仙台の司令塔や数名がJで活躍しており、ザックジャパンにとってはやりにくい相手ではなかったかと思う。
特に何でもそうであるが、リーグ戦の初戦は何かと番狂わせも起こりえるので、地元開催といって気を引き締めて戦う必要があった。特に代表のリーダー格であった本田を直前の怪我で欠くアクシデントがあり、ザックジャパンにとってはある種の危機感があったと思う。
さて試合であるが、開始早々から日本がボール支配率で北朝鮮を圧倒した。しかしシュートまではいくが、なかなかネットをゆさぶるゴールは生まれなかった。
前半の中ごろには激しい雨(豪雨といってよいであろう、TVの画面からも雨の強さがわかるものであった)に襲われたが、ピッチ状態に変化はなく、影響はなかったようだ。
そして後半に入ると、シュートまではいくが、なかなかゴールは奪えないという状況は打破することはできなかった。クロスバーをたたくなど後一歩まではいくのだが、サッカーの試合にはボクシングのような判定はなく優勢であっても引き分けとなれば勝点は1となってしまう。
後半15分に清武がはいり、香川をトップ下中央に配置したことで攻撃にリズムがでてきて。25分に代表初出場となるハーフナーがでて、パワープレィ中心で1点を取りに行く姿勢が明確になった。
ハーフナーが入り、パク・クァンリョンが一発退場となってからは北朝鮮サイドでの攻撃時間が大半となり、あと一歩でゴールというシーンも多々生まれたが、時間はどんどん進んでスコアレスドローの予感がし始めた中、吉田麻也が決めてくれた!アジアカップの初戦も吉田のゴールで引き分けに持ち込んでおり、ザックジャパンにとっては2度目の起死回生のゴールであった。
ホームでの勝点3は初戦としては落とすことのできないノルマみたいなもので、ザックジャパンにとってみれば流れにのるため是非必要な勝点であったと思う。アジアカップ優勝、なでしこジャパンのW杯優勝とサッカー熱が盛り上がる中、その火を消したくなかったという吉田のインタビューも印象的であった。今日はなでしこジャパンの第2戦・韓国戦である。韓国には澤と同じチームで活躍するソヨンがおり、手の内はばれている。
なでしこジャパンもザックジャパンが勝ったいい流れを引き継いで韓国戦に勝利してもらいたい。
ハーフナーはティドハーフナーの息子とか、父上は名古屋のGKとしており、ピッチで見た記憶がある。その息子がはれて日本代表になったとは親子2代で日本代表に貢献してもらっているハーフナー親子にも感謝しなくてはいけないのかもしれない。

W杯予選記事一覧 → Google News 一覧
by motokunnk | 2011-09-03 08:12 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

世界初のチャンピオンズリーグオフィシャルストア開店

世界初のUEFAチャンピオンズリーグのオフィシャルストアが渋谷のサッカーショップ「KAMO」内にオープンした。渋谷駅にも派手に広告されているので見かけた人も多いと思う。
d0183174_14532756.jpg
d0183174_14534313.jpg
オープンしたのは先月末でオープニングセレモニーにはACミランのDFというよりもイタリア代表の不動のセンターバックと言われたフランコ・バレージなども駆けつけたそうである。
バレージといえば、20年近く前になるが、ACミランが親善試合で日本に来た際にその勇姿を見た記憶がある。マルディーニのほうが記憶に残っているが、2人してACミラン、そしてイタリア代表で鉄壁の守備陣を統率していた。さて「KAMO」であるが、以前は原宿駅前にあったと記憶している。差kk-少年であった息子と一緒によくスパイクな練習着などを見に行った(そして買うのであるが)記憶がある。我家にもスパイクいれが今も現役で働いているようだ。
息子は既に社会人であるが、ときおり週末にはサッカー愛好家の集まりに出かけて汗を流しているようである。よく、このスパイクケースを抱えて外出しているようである。
d0183174_14535735.jpg

サッカーといえば、9月上旬から中旬にかけては男女の代表の試合が目白押しである。今日は男子W杯の予選。北朝鮮戦である。なでしこジャパンに負けずにザックジャパンも勝利してW杯出場権獲得目指して頑張って欲しいものである。

オフィシャルストアオープンの記事 → CL公式ストアが渋谷にオープン
by motokunnk | 2011-09-02 14:55 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)