人気ブログランキング |

<   2012年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

五輪マラソン代表が決定、ボートは代表再戦が決定

昨日の女子の名古屋のマラソンが終了し、選考レースが全て終わった男女のマラソン。12日に代表6人が日本陸連から発表された。
スポーツ新聞などで予想されていた顔ぶれが全て選ばれたのでサプライズはなかったが、男子では一般に名前が通っている選手は中本健太郎程度で、後の二人はマラソン通なら知っているが、一般の人は知らないと思われる藤原新、山本亮の二人となった。
そして補欠が堀端宏行となり、公務員ランナーの川内優輝は落選した。記録からみれば妥当な選出と思うが、河野匡・日本陸連強化副委員長の話では
「男女とも今、世界で戦えるメンバーを選んだ。女子は成長できる余力を残した中で、願わくばメダルを狙いたい。男子は現実的には入賞を目指しながら、少しでも順位を上げる準備をしたい」
とあり、これなら代表選びにもっと冒険があってもいいのではないかとも感じた。
一方で、女子の代表は木崎良子、重友梨佐、尾崎好美と国内選考レースの最上位の選手が選ばれ、世界選手権の赤羽有紀子は補欠となった。女子はあわよくばメダルを狙うといっているのでぜひ頑張って欲しい。
六選手ともオリンピックは初めてとのこと、フレッシュさを売りに、世界の強豪と互角以上の戦いを期待したい。
一方で、日本ではマイナーなスポーツだがボートの五輪代表が再戦が4月6日に行われることが決定したとニュースで報じられていた。落選した選手からの異議申し立てが認められてのことらしい。
いろいろごたごたがあったようだが、一発勝負ですんなりと代表の座を勝ち取ってほしいものである。オリンピック代表の座を勝ち取ることはどんなスポーツでもたいへんなことらしい。

ボートの代表選考 → 2ペアが4月6日再戦
マラソンの代表選考 → 中本、尾崎が五輪へ/マラソン
by motokunnk | 2012-03-12 19:08 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

東日本大震災からちょうど1年

昨年の今日、未曾有の大震災が東北地方に壊滅的な被害を与えた。あの日からちょうど1年が経過した。私のみの周りでは、震災の傷跡を感じる光景は皆無となったが、東北エリアではいまだ復興の目処すらたっていないエリアが多数存在していると聞く。福島の原発もそのひとつと思うし、南三陸の漁業復興もたいへんだと思う。
そして今日はTVも全てのチャンネルで特番を組んで東日本大震災1周年の放送が流される予定である。昨年の今日、私は外出先から戻って自席で仕事をしていたとき、経験のない揺れを感じて、訓練ではしたことがあるが地震発生したときにはしたことがなかった机の下に隠れたことを覚えている。
また窓の外では遠くで黒煙があがっている光景を目撃したし、友人のワンセグでは津波の映像が流されているのを垣間見た記憶もある。そして帰宅時には普段はそれほど人とすれ違うことのない歩道をあふれんばかりの人で埋め尽くされている光景を目撃した。
あれから1年が経過したのである。ある意味、普段通りの日常生活を営むことはいいことかもしれないが、大震災の記憶を風化させることなく記憶の片隅にしまったおくことも重要かと思う。いまだ3千人以上の方が行方不明となっていると今朝のニュースで放送されていたが、その家族の想いを考えると朝からブログを書いている私自身これでいいのかと思ってしまう。
午後2時46分には黙祷をささげることを忘れず、今日1日をすごしていくこととしよう。
by motokunnk | 2012-03-11 08:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

考えさせられる記事「故郷は地球」と「ノンマルトの使者」

今朝の首都圏は雨が雪に変わって、3月とは思えない冷え込みである。梅の開花が3週間前後遅れているがこの調子だと、桜の開花も2~3週間程度遅れてしまうのではないかと思う。
さて、今日は日経エンタテイメント最新号(2012年4月号)のある囲み記事の内容についてである。今月号の特集は「スーパーヒーロー列伝」、副題として「世代を超えて愛される」とある。内容は仮面ライダーやスーパー戦隊の歴代ヒーロー特集やウルトラマンシリーズのヒーローが登場している。
その中で気になる本当に小さな記事が目に入った。それは初代ウルトラマンとウルトラセブンのある放送番組について書かれたものであった。
まずウルトラマンでは「故郷は地球」が選ばれていた。この番組、多分放送されたときは私は中学生だったと思うが、今も記憶に残っている。
ある海外の宇宙飛行士が宇宙に飛び立って行方不明となり、遭難したとその国から発表された。そして実は遭難してしまったが、地力で宇宙船を改造して地球に帰還したが、宇宙での環境に合わせるため、自らの肉体が怪獣に変身してしまった。それをウルトラマンに倒されてしまった。
とあるすじはそのような内容だったと思う。これがなぜとりあげられているのかというと、ウルトラマンシリーズの中で人気No.1のものなのだそうだ。そしてエンタテイメントのコラムでは、現在にも通じているのではないかと書かれている。政府が宇宙飛行士は遭難して死亡したと報道したことが、先の東日本大震災発生直後の原発事故の正確な報道がなされなかったことに連想すると結び付けている。
確かに、昨晩から今朝にかけてのニュースでは、震災直後の官邸の記録が概要の形で公表され、震災直後からメルトダウンの危険がささやかれていたようである。もしその発表があれば、どうなったのか歴史は戻すことはできないが、これほどの原発被害になることを食い止めることは可能であったのではと思う。
さて話題を戻すが、NHK「BS熱中夜話」では、この「故郷は地球」が、ある学校の国語の授業の教材として使われていることが報じられていたそうだ。
その中で教師が次の質問を投げかけているという。
1 ジャミラはどのような思いで地球に戻ってきたと考えられますか。
2 この作品の中での犠牲者は誰ですか。
3 ウルトラマンができたこと、できなかったことはそれぞれ何ですか。
4 イデ隊員はなぜ戦うことをやめようとしたのですか。
5 ジャミラはなぜ最後まで、平和会議場を目指したのですか。
6 この作品の中で作者が訴えたかったことはどのようなことだと思いますか。
7 感想や、その他、気付いたことを書きましょう。
いまさらながら、ツタヤでビデオを借りて再度ウルトラマンを見てみようかと思ってしまう。
さて、ウルトラセブンではこれも有名となっている「ノンマルトの使者」が取り上げられている。こちらは色々な雑誌でもとりあげられている。脚本をかいたのが沖縄出身の金城哲夫であり、このこともこの作品を有名にした要因かもしれない。
こちらは海洋開発に取り組んで海底調査をする現場で不可解な爆発事故が繰り返しおき、少年が警備隊の前に現れ「ノンマルトの怒り」という言葉を発するのである。ウルトラセブンはその言葉に反応し。M78星雲では地球に住む民族のことをノンマルトといっていたことを記憶していた。
果たしてノンマルトはその通り地球人より前の地球の先住民族で地球人によって海底に追いやられて今、その海底も失ってしまう危機に直面しているという事実がわかってしまうのである(と少なくともダン隊員は感じていた)。
そして少年の正体は数年前にこの海で水難事故で死んでしまった海が大好きな子供であることがわかる
というこのようなシナリオだってように思う。
こちらは以前ツタヤでビデオを借りてみているので記憶がある程度は残っているので、ウルトラセブン役のダン隊員とアンヌ隊員が最後に少年の母親から海が大好きだった少年がノンマルトの代弁者だったことを聞くシーンが印象的であった。
どちらの作品も今の日本について問いかけられている問題のようである。
「故郷は地球」は東日本大震災の復興をどうするかであり、「ノンマルトの使者」は沖縄の基地問題として当てはめることができる。ノンマルト=沖縄民族と考えると、地球人は日本民族であり、その日本民族が沖縄というエリアをどうしたいのか、沖縄民族の意向をどう尊重しなければいけないのかを考える必要はあるのではと思う。
日経エンタテインメント → 2012年4月号
以下このブログを書くにあたって参考としたサイト、よく調べてあり主観で解説している。
逆襲のジャミラ → ウルトラマン『故郷は地球』は名作か?
逆襲のジャミラ  → ノンマルトの使者 ~金城哲夫 西へ!
新しい道徳の試み  → 題材 「故郷は地球」(棲星怪獣ジャミラ登場)
by motokunnk | 2012-03-10 08:40 | 日記 | Trackback(104) | Comments(0)

渋谷区施設の命名権のゆくえは

渋谷区は施設の命名権を一般企業に貸与して収入を確保しているようであるが、その命名権が本当に効果をあげているのか疑問な点も多い。
代表的なれいとしては宮下公園がある。ナイキジャパンは宮下公園の命名権を取得し「宮下NIKEパーク」と改称する予定だったが、反対運動が相次いだことで命名権行使を撤回したのが記憶にある。
また、渋谷公会堂であるが、こちらはサントリーが命名権を取得してCCLemonホールと名づけられたが、更新することはなく現在は渋谷公会堂としてもとのネーミングに戻っている。
d0183174_19392480.jpgそして今日のブログで取り上げるネタはこの写真である。東急東横線渋谷駅近くにできた仮設のトイレである。仮設トイレと言うことはどこかのトイレが利用できなくなってこの場所に仮設トイレがつくられたのであるが、利用できなくなったトイレが渋谷区が命名権を売ったこのブログでも取り上げた「どかんさんとせいこちゃんの学べるトイレ」のひとつなのである。
「どかんさんとせいこちゃんの学べるトイレ」は管清工業株式会社が渋谷区のトイレの命名権を9箇所買取り命名したもので今年の3月31日までの期限で利用されているようである。従って、仮設トイレが利用されている間に命名権は継続されない限り消滅するので問題はないのかもしれないが、命名権を取得したときのリリースでは、半年毎に展示内容を更新していくという主旨が書かれている。
我家の近くにもこのトイレはあるので、いつ更新されるのか密かに期待していたのであるが、一度も更新されることはなかったようである。どうも命名権を売る側、利用する側でどうやれば効果が生まれるか事前の調査が足りずに単なる流行で命名権の売買を行ってしまったのではと思われる。何事も流行に飛びつくだけでは長続きしない、いい教訓かもしれない。

管清工業株式会社 → 「どかんさんとせいこちゃんの学べるトイレ」について
命名権 → いつものウィキペディア
by motokunnk | 2012-03-09 19:40 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

アルガルベカップ決勝は実りある敗戦

女子のサッカーは日程がタイトである。1日おきに試合が開催されている。昨日はドイツとのアルガルベカップ決勝が行われた。結果は周知のとおり、後半ロスタイムに決勝ゴールを決められて、惜しくもなでしこジャパンは準優勝に終わった。
ただ、主将の宮間は昨年の沢に引き続いて大会のMVPを獲得した。なでしこジャパンも脱澤穂希が加速していくかもしれない。そう思える試合内容であった(と偉そうなことをいう資格はないが)。
さてアルガルベカップというのは変則的なグループ分けをしており、これも開催するポルトガルに配慮したグループ分けと言われている。グループCにはポルトガルがいるので、必然的にグループAとBにランキング1桁の国がはいり、その結果A、Bそれぞれの1位チームが優勝を争い、2位チームが3位を争うのだそうだ。
これもポルトガルを強化しようとする思惑からでてきているようである。このあたりはウィキペディアにも詳しくでている。
ドイツには負けてしまったが、なでしこジャパンはレギュラーと控えの差が着実に埋まってきているようで、今回もレギュラー陣を温存した(いろんな選手を試したというのが正解であろう)状態でも見劣りすることはない試合内容であった。本番のロンドン五輪が楽しみになってきたと感じた大会だったといえる。

アルガルヴェ・カップ → いつものウィキペディア
日本サッカー協会 → アルガルベカップ特設ページ
by motokunnk | 2012-03-08 19:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

梅祭りが終わる頃に梅の花が開花!

今朝の朝日新聞1面に、湯島天神の梅の花が例年より3週間遅れて花を咲かせたという記事が掲載されていた。都内各所で梅祭りが開催されているようで、湯島天神でも梅祭りが開催されていると思い調べてみるとビックリの結果がでた。
公式ホームページに、梅祭りの案内がでており、開催期間は何と平成24年2月8日~3月8日! 明日までのようである。今年は例年になく冬が寒く、梅の開花が予想以上に遅れてしまったのであろうが、開催期間の延長を考えた方がよいのではないかと思うのはおせっかいかもしれない。
d0183174_1972414.jpg

そういえば、我家の庭の紅梅も今が見頃、綺麗な花をつけている。何でも紅梅と白梅は開花時期が異なるとカミさんが言っていたが、本当にそうなのであろうか?

こんなページを発見した → 梅の花 色と開花時期
湯島天神 → 梅の開花状況と梅祭り概要
by motokunnk | 2012-03-07 19:08 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパン、アルガルベカップでアメリカから90分で初勝利

なでしこジャパンがまたまた快挙というべき仕事をやってのけた。今まで90分の試合時間では1度も勝利したことがなかったアメリカに1-0で勝利したのである。
それも大黒柱の沢が試合直前の体調不良でベンチ入りもできない状況での勝利は非常に価値があるように思う。この大会から沢にかわり主将となった宮間の談話ではアメリカチームはドイツW杯のときとは雲泥の差があり、身体にキレがなかったという。
確かに試合前半しか見なかったが(睡魔にはかてずに寝てしまった)、その間W杯に比べて、なでしこジャパンはボールの獲得率は高かったように思うし、解説もそのような話をしていた。唯一のピンチはFKからヘッディングでゴールされたことぐらいであった。このゴールもオフサイドでノーゴールとなったが、ピンチといえるのはこの程度であった。
新聞によると後半はけっこう押されたようであるが、途中出場のMF高瀬のヘディングで先制点をあげ、その1点を守りきっての勝利、レギュラーとはいえない高瀬が決勝点をあげた点や、沢抜きでも戦えたことなど実り多いアメリカ戦であったといえる。
決勝はドイツと決まったそうであるから、W杯の再現をドイツ戦でも見せて優勝を勝ち取ってロンドン五輪へのはずみをつけてほしいものである。

スポーツ報知 → なでしこ、米国に初!90分勝ち!
by motokunnk | 2012-03-06 19:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

海陽学園を知ってますか?

数年前だと思うが、特区制度が認可されてトヨタ自動車が学校特区制度を利用して学校を設立したというニュースを見たことがある。それ以来、そのことはずっと忘れていたのだが、最近ひょんなことで海陽学園の名前を知ることとなった。
ひょんなこととは、学校のICT化を調べる必要があり、ネットで先端事例を探していると、マイクロソフトが数年前に実施した『NEXT プロジェクト』というものがあり、そのモデル校のひとつが海陽学園であった。海陽学園という名はそのとき初めて知り、この学校のホームページを見てトヨタが設立した学校であるということに結びついたわけである。
海陽学園は1学年100名の中高一貫校で全寮制となっているそうで、日本の今後のリーダーを育てることを目標にしているそうである。そんな海陽学園の第一期となる学生の卒業式が昨日行われたという記事をネットで見つけた。卒業生の進学先は今後ネットで報告していくとあり、既に早慶にのべ40数名が合格したことが発表されている。早慶にいったところで日本のリーダーになるとは限らないがその可能性があることは否定できない。
海陽学園がどうなるかはわからないが、一期生でどんな人材が育つかは注目していきたいし、マスコミも注目していると思う。閉塞した日本経済を救う若きリーダーの出現に期待したい。

海陽学園 → ホームページ
NEXT プロジェクト → 成果報告のページ
卒業の報道 → 東日新聞
by motokunnk | 2012-03-05 19:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

二週続けてスポーツTV観戦

先週の日曜日と同じく(時間帯は違っていたが)、マラソン、ラグビーそして競馬観戦の1日であった。まずは男子マラソン・ロンドン五輪代表の選考レースとなったびわこ毎日マラソンを見た。
レースは先週の東京マラソンとある意味同じような結末となってしまった。本命視されていた旭化成の堀端宏行は5kmの給水ポイントで専用のボトルを取ることができずに今考えれば若干の焦りがでたようであった。しかしそんなことは顔や行動には見せずに25kmでペースメーカーが離脱した後、急激なペースアップに日本人選手でついていったのは、この堀端宏行と何とマラソン初参加の青山学院大学3年生の出岐雄大の二人であった。
その後徐々に出岐が遅れだし、堀端もトップには着いてゆけなくなってしまった。30km付近ではこれで日本人トップは間違いないかと思われたが、そこからドラマが始まった。25km付近でトップ集団から離れた安川電機の中本健太郎が追い上げを開始し、残り5km地点で堀端に追いつき、あっと言う間に抜いていってしまった。タイム的には2時間8分台は十分に狙える状況であったので、これで中本の代表内定かと思われた。
しかし、ドラマはまだまだ続いていた。残り2km地点から佐川急便の山本亮の追い上げが目立ちはじめ、ついに競技場に入るときにその差はなくなり、トラック上で追いつき、追い越して日本人トップでゴールを駆け抜けてしまった。
東京マラソンもそうであったが、山本亮は一般参加の選手で自己ベストも12分台と目立った選手ではなかった。多分陸連の強化選手にも指定されていなかったと思う。そんな選手がオリンピック選考レースで日本人トップとなってしまう、このマラソンの不思議さを感じるとともに、世界レベルからはほど遠い力の差にもビックリした。
優勝したのも一般参加の愛知製鋼にいるケニアのサムエル・ドゥングであったのもまたまたビックリの原因である。ケニアやエチオピアに代表される陸上長距離の人材は豊富なのだなあとも思ってしまった。
そして驚いたのは青学出木の頑張りであった。マラソン初で練習も30kmまでだったそうだが、2時間10分ちょっとというタイムで見事に9位、最後に堀端を抜いてゴールした。陸連も可能性にかけるのであれば、出岐雄大をオリンピックの代表に選んでもいいのではないかと思うが。
そしてラグビー日本選手権、学生王者の帝京大学が東芝に挑んだ試合は前半は五分の試合であったが後半は地力の差がモロにでて終わってみれば、東芝の圧勝であった。
最後に競馬の弥生賞、皐月賞のトライアルレースである。昨日のチューリップ賞は伏兵のハナズゴールが勝って、ジョワドヴィーヴルは3着と敗れてしまった。3歳のこの時期で力の順位付けは難しいのをこの日の弥生賞でも実感した。勝ったのは9番人気のコスモオオゾラ、1番人気のアダムスピークは8着、2番人気のフェノーメノは6着と両馬とも掲示板を外してしまった。これで本番皐月賞はますます混戦必至の展開となりそうである。
by motokunnk | 2012-03-04 16:29 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ひな祭りとチューリップ賞の予想

3月3日はひな祭り、女の子のお祭りである。我家の子供は全て男であったのでひな祭りを盛大にお祝いしたことはなかったが、女の子のいる家庭ではお祝いしているのではと思ってしまう。
電車の中で流れている任天堂のCMでも、三人官女の眉毛はなぜないのかなどが質問形式でながれており、季節を感じてしまう(成人女性は平安時代は繭をそっていたからが由来のようである)。ひな祭りは女の子の節句であるが、競馬の世界では3歳クラシックの前哨戦がスタートする時期でもある。
そして今日は桜花賞のトライアルレースであるチューリップ賞が開催される。3月3日にチューリップ賞が開催されるのは2007年以来とのことで、この年はウオッカとダイワスカーレットという後々まで名牝と語り継がれるヒロインが熾烈を極めた熱戦を繰り広げた年でもある。
そして今年はウオッカ、ブエナビスタの跡を継ぐと言われるジョワドヴィーヴルがここから始動する。ジョワドヴィーヴルはわずか2戦のキャリアでG1を勝利した逸材であり、今後どこまで成長していくか期待されている馬でもある。そしてそのライバルと目されるのがジェンティルドンナである。この馬は先のシンザン記念で牡馬を一蹴して勝っているので実力は折り紙つき、この2頭を中心にレースは展開されると思う。
3番手は今の人気はエピセアロームだが、私はハナズゴールに期待している。前走の強い勝ち方が印象的であったからである。
従って予想は以下の通り、2強対決を期待したい!

チューリップ賞の予想
◎ ジョワドヴィーヴル
○ ジェンティルドンナ
▲ ハナズゴール
△ ショウナンマオ、エピセアローム

これは、Googleからの転載である↓
d0183174_824418.jpg

by motokunnk | 2012-03-03 08:03 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)