人気ブログランキング |

<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ダルビッシュ、3戦目で本領発揮?

ダルビッシュがMLB3回目の先発登板を中4日でこなした。本来であれば明日が先発の予定だったそうだが、MLBの中4日登板に慣れさせる意味もあり、今朝の登板となったようである。
投球内容などはネット情報からの推察であるが、過去2度の登板より、明らかに進歩している。まずは被安打が2本と少ないことである。これはいい傾向である。安打を打たれないことが失点を少なくすることにつながるので3試合目にしてボールやなどのMLBの野球になじんできたのかもしれない。
一方で四球が5個とほぼイニング1個というのには改善が必要である。コントロールのよいダルビッシュであるから、MLBのストライクゾーンをマスターすれば自ずと四球の個数は減少していくとは思うがちょっと気がかりな点である。
これで2勝目をあげたわけであるから後はいい内容の投球を心がけていけば強力打線が売り物のレンジャーズであるので勝星はついてくるような気がする。本人も過去2試合の登板後のインタビューと違い、冗舌だったようでダルビッシュ個人としても今日は納得がいく投球ができたのだと思う。この調子で頑張って欲しい。

日刊スポーツ → ダル、7回途中1失点で2勝目/投球詳細
日刊スポーツ → ダルが米猛虎打線圧倒し納得の2勝目
日刊スポーツ → ダル「今からでももう1試合投げますよ」
by motokunnk | 2012-04-20 19:31 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

Hikarieいよいよ来週オープン

東急東横線渋谷駅の広告がHikarieに変わっている。いよいよ4月26日オープンであるが、J-CASTの記事には既にオフィス部分にテナントが入居しているようである。そのテナントがDeNA本社、新宿から移転してきたようである。
また渋谷駅からの連絡橋も既にオープンしているようで、毎朝人の波を見て通勤している。そして今日、退社時に渋谷駅の改札から連絡橋を通って帰宅することにした。
連絡橋であるが、渋谷駅方面からは素人がみても仮設とわかるような造りの部分とりっぱに仕上げられたHikarieに接続する部分の2つから成り立っている。やはり、東横線渋谷駅が副都心線渋谷駅に移る段階でこの連絡橋も本当の姿に変身するための工事が行われるのであろう。
そして、埼京線・渋谷駅が現在の東横線の場所にくるのが7年後、銀座線の渋谷駅が宮益坂方面に動いて完成するのが10年後だそうだ。Hikarieができてもまだまだ渋谷駅西口の開発は続いていくようである。

J-CAST → DeNA本社、新名所「渋谷ヒカリエ」に移転
東京メトロ → これからに向けた取り組み
Hikarie → トップページ
by motokunnk | 2012-04-19 19:12 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/目黒川船入場とフリーマーケット

先日の日曜日、カミさんに頼まれてちょっと離れたペット用品専門店へあるものを買いにいってきた。目的地はペット専門店の「コジマ」目黒店である。
我家からは代官山をぬけて槍が崎から駒沢通りをくだり、山手通りを左折していくことになる。ちょうどいい散歩なのでテクテクと散りかけた桜を見ながら歩を進めて目黒川をわたり山手通りにでた。
以前は車で買物に行っていたのであるが、今は車の運転はやめて移動はもっぱら徒歩か公共交通である。車ででかけていたときは山手通りにでてすぐに「コジマ」だったような気がしていたが、歩いてみると結構な距離であり、車の便利さを痛感した。ただ、車の維持費の高さもまた半端ではないので、今考えると車を所有すていたことが果たしてメリットがあったのかは定かではないが。
散歩を楽しく/目黒川船入場とフリーマーケット_d0183174_1926950.jpg
話が毎度おなじみの横道にそれてしまったが、山手通り沿いにフリーマーケットを開催している広場があった。区の公園のようで「目黒川船入場」と表示されていた。公園としてはそれほどの広さはないが、ちょうど真ん中で仕切られており、左右がバラバラに利用できるようである。先日も片側ではフリーマーケットが開催されていたが、残りのエリアはご近所と思われる人たちがノンビリと休憩している姿を見かけた。
散歩を楽しく/目黒川船入場とフリーマーケット_d0183174_19263251.jpg

その先には「川の資料館」なる施設が建っていたので見学できるのかと入口を探すと、この3月31日で閉館されたとのこと、もう少し早くこの資料館の存在を知っていれば見学できたと残念に思ってしまった。一応、目黒区のホームページにはそのことがでているが、展示内容などについてはふれられていなかった。
そうこうするうちに「コジマ」に到着、目当ての品物を購入し、帰路についた。購入したものはネコのベット3個である。タオルでできていて猫が昼寝などをするときにその中に入り込んで寝るのが楽しいらしい。今あるものがヨレヨレとなってしまったのでそのかわりに新品購入とのことだそうだ。我家のネコは恵まれている!

コジマ → 目黒店紹介
目黒区 → 目黒川船入場
by motokunnk | 2012-04-18 19:27 | 街の風景 | Trackback(29) | Comments(0)

散歩を楽しく/鎌倉道は八幡通りではなかった!

並木橋の交差点のところに「鎌倉道」という説明板があり、横の小路を称して「鎌倉道」というと説明されていることは知っていた。最近ふとしたことから、同じ説明板が渋谷のJRA馬券場のすぐそばにあることに気がついた。
散歩を楽しく/鎌倉道は八幡通りではなかった!_d0183174_19115433.jpg

その説明板にも同じ内容が書かれており、明治通りに続く細い路地が「鎌倉道」であると説明されている。今から数百年前のことであるから路の広さは関係ないとは思うが、今の感覚でいうとこんなに狭い路をよく攻めあがったのかと感心してしまう。
というのはその説明板に「1524年に、相模の北条軍がこの鎌倉街道を通って江戸に攻めのぼり、その時の戦火が渋谷地域にも及び、渋谷館(金王八幡宮・東福寺周辺)が焼失したそうです。」と書かれているからである。
いずれにせよ、「鎌倉道」は鎌倉に行くための道であり、このおかげで関東エリアは開発されたのであるから、貴重な路であったと思う。今の旧八幡通りは当時はどんな場所であったのか、古地図を探してみようかと思っている。
by motokunnk | 2012-04-17 19:12 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

中国GPとインディカーシリーズ第3戦とFニッポン

昨日に開催されたフォーミュラカーのレースである。日本のレースシーンでがはスーパーGTの方が人気が高いようだが、私のような世代はレースと言えば、フォーミュラカーレースが一番である。
さて昨日は、競馬中継の合間に鈴鹿で開催されていたFニッポンの開幕戦を見ていた。優勝したのは中島一貴で鈴鹿では初優勝だそうだ。放送では、佐藤琢磨のスポット参戦が報じられており、また解説も井出有治(スーパーアグリのチームメイト)だったので、佐藤琢磨のことを褒めていたような気がした。
そして中国GPである。予選で小林可夢偉が4番手のタイムをだし、決勝は2列目スタートということで、期待していたがその期待はスタートで夢となってしまった。スタートはよかったと思ったが、その後加速せずに、後続に抜かれてしまい、1周目で順位は8番手ぐらいまで落ちてしまった。こうなるといつものレースと同じでその位置からの追い上げを期待していたが、一向にペースはあがらず、終わってみれば10位完走、一応ペレスの前でフィニッシュしたことが評価される内容であった。
可夢偉のレース後の談話を見ると、悔しさ一杯のようであったが、気持ちを次のバーレーンに切り替えているようで、予選で速く走れることは中国で証明したので、今度は開幕戦のオーストラリアの決勝レースと中国の予選を組み合わせていい結果を出して欲しい。
話をレースに戻して、勝ったのはポールスタートのロズベルグ、親子でF1勝利である。お昼に見ていたFニッポンの勝者・中島一貴とは2008年のウィリアムズF1のチームメイトであってことを思い出した。F1参戦7年目での初優勝だそうだ。メルセデスもメーカーとして復帰してからはじめての勝利であり、今後のシルバーアローの活躍が期待できそうである。心配なのはレッドブルである。特にベッテルは前戦から歯車がかみ合っていないようで、彼本来の速さがでていないような気がする。シーズンはまだ始まったばかりである。これからの巻き返しに期待しよう。
そして最後はインディカーレースである。第3戦はストリートコースのロングビーチ、日本では明け方から生放送されていたようである。佐藤琢磨は予選6番手からチームの戦術もかみあい、トップを快走したシーンもあったようだ。最終ラップまで3位を快走し、日本人として2人目の表彰台かと思われたが、ライアン・ハンターレイに追突されてしまい、あえなくその場でストップ、目の前の表彰台は夢となってしまった(8位に入賞したが)。
レース後の談話にも悔しさがにじみ出ていた
「今シーズンは、まだチェッカードフラッグを見ることができていません。今日は本当にスタートからエキサイティングなレースになっていました。私はハードタイヤでスタートしましたが、ソフトタイヤ装着車に取り囲まれている状況で、明らかな不利にあったわけですが、何とかポジションキープを成し遂げ、リスタートでオーバーテイクを成功させてポジションをゲインできました。ピットインをしてソフトタイヤを装着してからは、思いきりプッシュして走りました。そして、ウィル・パワーたちをパスしてトップにも立つことができました。2回目のピットストップからゴールまでは、燃費との戦いとなりましたが、最終ラップでライアン・ハンターレイに接触されてしまいました。あのコーナーでのブレーキングで、彼は私のインサイドまで十分深く飛び込んで来ていませんでした。またコースの終盤にいくつかのコーナーで彼にはチャンスがあったはずなのに、こんな形でレースを終えることになって本当に残念です。今回も私たちのチームはいいパフォーマンスを見せました。次のブラジルラウンドへはいい勢いを持って臨めると感じています」
こちらは2週後のサンパウロの第4戦に期待しよう。

F1第3戦中国GP → 中国GP決勝 ロズベルグがF1初優勝を飾る!
インディカー第3戦 → 佐藤琢磨は3位走行中の最終ラップでアクシデントにあい8位
by motokunnk | 2012-04-16 19:30 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

散歩を楽しく/今シーズンは最後の花見

昨日の雨はあがり、今朝は快晴とはいかないまでも晴れて、暖かそうな陽射しがさしている。TVのニュースでも首都圏では今年最後のお花見日和と言っていた。
散歩を楽しく/今シーズンは最後の花見_d0183174_8171114.jpg

写真は先週に撮ったものであるが、この場所の桜がどうなっているか、1週間で様変わりしてしまうのが桜の花であるので、比較すると面白いかもしれないので、ブログを書き上げたら見に行こうかと思っている。
未明のTVではMLB・レンジャーズのダルビッシュが2度目の登板をして、今回も途中降板したようである。前回よりは内容的にはよかったようであるが、やはりイニングの途中で交替させられるのは先発投手としてはいい気持ちではないはず、3度目の登板では完投とまではいかないまでも終盤のイニングまで投げることがノルマと思う。
そして今日はF1の第3戦・中国GPが上海で開催される。昨日の予選では小林可夢偉が自己最高となる4番手のタイムをだし、2番手タイムをだしたハミルトンがギアボックス交換により5グリッド降格となるため、3番グリッドからのスタートとなる。フロントローにはメルセデス勢が2台と今年の混戦を象徴するようなグリッドとなっている。
今日の決勝が楽しみであるが、あまり期待をしても落胆も大きいのでそれほど期待せずに結果を楽しみにしたいと思う(ブログに書いてしまったからには、かなり期待しているのだが)。
そして競馬では皐月賞が行われる。雨はやんだが、馬場は今朝の段階では芝は重馬場と発表されている。これがどこまで回復するかによってレース展開がどう変わるかが微妙である。私の選んだ本命馬のワールドエースがどのような競馬をしてくれるか、こちらも注目である。
by motokunnk | 2012-04-15 08:17 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

3歳クラシック、牡馬の1冠目はどの馬が獲るのか?

先月から週末は雨という天気が関東地方では続いている。先週以外は全て雨だったような気がする。中山競馬場の芝は大荒れのような気配であるが、荒れた馬場の影響が皐月賞でどうでるかが予想の醍醐味かもしれない。
そんな中、現在の1番人気はグランデッツァ、差がなくワールドエースが続いている。ディープブリランテ、ゴールドシップを加えた4頭の中から晴れの皐月賞馬は生まれそうな気がする。どの馬も重馬場での勝利があるので、荒れた馬場は苦にしないようである。
また小回りコースの実績もあり、4頭甲乙つけだたいので後は個人の好みで選ぶしかない。ということにして私の本命はワールドエースにした。この馬、一番父親である、ディープインパクトに似ているし、体格もそっくりである。そして走りも追い込みとよく似ている。あとは実績だけであるのでここは実績でもまず1冠をとって欲しい。
ワールドエースが皐月賞を制すると、ディープインパクトと父子制覇となり、騎乗する福永祐一も親子制覇達成である。また福永祐一にとっては初めての牡馬クラシック制覇ともなる。夢の実現へつきすすんで欲しい。
そして対抗はゴールドシップとした。昨年のオルフェーブルと同じステイゴールドのこどもであるのとメジロマックイーンの孫というところも同じことがこの馬を選んだ理由である。
そして3番手にはディープブリランテ、おさえにグランデッツァ、コスモオオゾラ、アーデントとした。

皐月賞の予想
◎ ワールドエース
○ ゴールドシップ
▲ ディープブリランテ
△ グランデッツァ、コスモオオゾラ、アーデント
by motokunnk | 2012-04-14 18:45 | スポーツ全般 | Trackback(6) | Comments(0)

北朝鮮ロケット打ち上げは失敗したが、日本の対応は?

今日は今年2回目の13日の金曜日であった。今年は7月にも13日の金曜日があり、13日の金曜日の当たり年といえそうである。
さて今朝7時半過ぎに北朝鮮の「実用衛星」と称するロケットの打ち上げは、あっけなく失敗に終わり、国営メディアも打ち上げ失敗を認めるという異例の事態になった。
そのときの日本政府の対応には笑いを超えて憤りを覚えてしまった。すでに8時前には韓国政府から北朝鮮のミサイルが発射され失敗したとの報道があったにもかかわらず、官邸対策室は同8時3分、「発射を確認していない」と緊急情報ネットワーク(エムネット)を通じて発表。市町村の防災無線に通知する全国瞬時警報システム(Jアラート)は使用しなかったそうだ。
日本政府として最初に発射を公式発表したのは午前8時23分の田中直紀防衛相の記者会見で、発射確認から約40分後のことである。それもわずか1分程度の短いもので、日本には影響がないというものであった。
あれほど、北朝鮮ミサイルに対してPAC3などの迎撃体制をひいていたののも関わらずにこの内容は何だったのであろう。万一日本に飛来していたらどうだったのであろうか、今回は発射後すぐに失敗してしまったが、間違った方向に飛びだしてしまい、日本国土に落下したとしてもおかしくない状況であったと考える。政府関係者はこの点を重要視して今回Jアラームを利用しなかった理由を国内に影響がなかったと判断したということであってもいいが、願わくはJアラームを利用して欲しかった。Jアラームを利用して連絡し、その後に危険の心配はないとの放送をすればよかったのであるから。
沖縄県地方に配備されたPAC3、地元の危機感は相当なものだったと思うが、少しは沖縄のことを慮る気持ちを持って欲しいものである。

毎日新聞から → 北朝鮮:ミサイル失敗 政府、確認手間取る Jアラート使用せず
by motokunnk | 2012-04-13 20:08 | 日記 | Trackback | Comments(0)

夢のメガネ開発中/Googleはすごい!

先日のニュースでGoogleが夢のメガネを開発しているといっていた。Googleの発表によれば
「メガネ型端末では メガネのような、右目の上の部分のみがレンズになった端末を装着してメールを送ったり、ナビを操作したり…と様々な機能を使うことができるもので 拡張現実メガネ(ARメガネ)とも呼ばれています。」
とのことで、まさに夢のメガネ出現である。You TubeにCMが流れているのでそれを見ると機能がよくわかる。iPadのように画面を見なくても地図を見ることができるし、なにより視線を動かさなくて事が足りてしまう。メガネといって思い出すのはドラゴンボールのスカウターである。こちらはサイヤ人が敵の戦闘能力を測ることが出来るシロモノであったが、これよりもProject Glassと呼ばれる夢のメガネプロジェクトは数段先をいっているようだ。
スカウターといえば以前、NECからテレスカウターの売り込みがあったが、実用化されらばこの製品より数段優れていそうな気がする。世の中急速にすすんでいるようだ。
You Tube → プロジェクト・グラス
朝日新聞 → ネットが見られる「夢のメガネ」 グーグル開発
NEC → Tele Scauter
by motokunnk | 2012-04-12 19:13 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/桜の花にも種類がある

桜の花を見ながら街を歩いていると、路地によっては桜の花の色が微妙に違っていたり、枝ぶりが異なっていたりしている。そのような桜を見ていくこともまた楽しいことである。
では、桜の種類はどれくらいあるのかとネットで調べてみると、桜の種類についてちゃんとしたページが公開されていた。
下記に代表的なページを紹介しておくが、四季の花図鑑には桜の語源から説明されている。いくつかの説があるとした中で
「古事記に登場する「木花開耶姫」(このはなさくやひめ)のさくやが転化したものだという説があります。」と解説している。
種類についても写真付きで説明されており、ソメイヨシノの欄には、その命名の由来が書かれていた。
「江戸時代末期に、江戸染井村(現在の東京都豊島区)から「吉野桜」として売り出されました。」なるほどそれでソメイヨシノという名前がついたのかと感心してしまった。
以下は近所に見つけたソメイヨシノ以外の桜である。
散歩を楽しく/桜の花にも種類がある_d0183174_19285954.jpg
散歩を楽しく/桜の花にも種類がある_d0183174_19291071.jpg

中津・桜ともみじの里づくりから → 桜の種類
四季の花図鑑から → 桜(さくら)について
by motokunnk | 2012-04-11 19:30 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)