人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

スポーツ観戦に終始した日曜日

昨日は雨が終日降り続いていたので、ブログでも書いたようにTVでスポーツ観戦をして楽しんだ。まずはMLBアリーグのリーグ優勝決定戦。息詰まるような投手戦で試合は進み、5回裏にレッドソックスが先取点をあげる。
そこから試合が動きだし、後がないタイガーズも6回表に満塁のチャンスをつくり、マルチネスが逆転のタイムリーヒットをうち試合を逆転した。ただ解説者も言っていたが、次打者を併殺に打ち取ったことがおおきかったようだ。逆転されてしまったという考え方よりも3点とられなかったというポジティブな考え方である。
7回の攻防も見応えがあった。タイガーズの1,2塁でカブレラをショートゴロ(ドリューの攻守が光った!)に抑えた田沢のピッチング、そして裏、満塁からのビクトリノのホームラン、これで試合は決まったといっていい値千金の一打であった。
1チームがポストシーズンで2本の満塁本塁打を記録するのは初めてのようだ。そして9回にはレッドソックスの守護神となった上原がヒットは打たれたが無失点でおさえてワールドシリーズ進出を決めた。
上原の成績は1勝3S、4勝すべてに絡んだ活躍を魅せ、MVPを獲得した。リリーフ投手のMVP獲得は88年D・エカーズリー(アスレチックス)、90年R・ディブル&R・マイヤーズ=同時受賞=(レッズ)、03年M・リベラ(ヤンキース)に次いで4度目5人目(WSでの救援MVPは4人)。また、38歳の受賞は同シリーズ、ア・リーグ最年長(ナ・リーグは79年W・スタージェルの39歳)記録だそうだ。
インタビューで息子さんも質問されていたが見事な受け答えをしていたのが印象に残った。23日からはじまるワールドシリーズでの活躍を期待しよう。
午後は3時からフジTVでの競馬中継、菊花賞で期待しているエピファネイアがどのようなレースをするのか注目していた。単勝1倍台という圧倒的な支持を受けてはいたが、3000mという長丁場であり、この馬の場合、折り合いに不安があるのでレースがスタートするまでは心配していた。スポーツ観戦に終始した日曜日_d0183174_18443073.jpg
返し馬や本場場入場など、騎手の福永祐一が配慮していたこともありダービーの時と比べると非常に落ち着いて見えた。これなら大丈夫と思いスタートを見守る。スタートは早く(この馬の場合、出遅れることは皆無である)、3番手で走り出す。向こう正面から1周目の4コーナーまでは折り合いがつかずに騎手が苦労する場面が見られたが、正面スタンドを通過するときには人馬一体となっていたように思えた。
これで勝利を確信し、あとはのんびりとレースを眺めていた。終わってみれば5馬身差の圧勝でさつき賞、ダービー2着馬の菊花賞制覇はビワハヤヒデ以来20年ぶりだそうだ。
20年前は武豊のナリタタイシンが皐月賞、柴田政人のウイニングチケットがダービー、そして岡部幸雄が乗ったビワが菊花賞と、「三強」が綺麗に三冠を勝ち分けた。デムーロ兄弟が乗ったロゴタイプ、武のキズナ、そして福永のエピファネイアと、人馬ともに「三強」の役者が揃った今年のクラシックのムードは、確かに20年前に似ているかもしれない。ビワハヤヒデのように古馬となって活躍してもらいたい馬である。
福永祐一にとってもこれが牡馬クラシック初制覇であり、牡馬び中距離以上のG1を含めても初めての勝利である。インタビューでも話していたが、今後はこの馬を含めてもっとG1を獲得していってほしい。
最後に富士スピードウェイで開催された富士6時間レースは雨でたびたび中断されてしまい、結局トヨタが今シーズン初優勝を飾った。ネットニュースも読む限りではレーシングスピードでは1周も走らなかったようでセーフティカー先導でレースが開始されそのまま赤旗中断、再開後も一度もスタートはなされなかったようだ。
そんな中で予選3位のトヨタが優勝したのは、予選1位のアウディに些細なトラブルが発生したことと、2番手のトヨタが スタート前の給油した際にピット出口の封鎖に間に合わずにピットスタートとなってしまった結果の勝利でもあった。
ただしこれも勝利といえば勝利である、予選で3番手に食い込まなければ得られなかったもの優勝にケチがつくものではない。中島一貴は2年連続しての優勝であるが、コメントからは勝利の喜びより観衆への配慮がうかがえた。
夜の番組で元魁皇夫人の充子さんを久しぶりに拝見した。昔と同じ雰囲気で相変わらずの強気な発言、姉さん女房なのでこのくらいが丁度よいのだろう。みるところ夫婦円満そうで安心した。
参考URL → 上原、MVP!全4勝に貢献1勝3S
参考URL → エピファネイア圧勝で最後の1冠を奪取(写真転載サイト)
参考URL → WEC富士は赤旗のまま16周で終了。トヨタが優勝
by motokunnk | 2013-10-21 18:46 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

恵比寿神社はべったら市

今朝は首都圏に限らず、日本全国雨のようだ。町内では運動会が開催されるようだが、学校のグランドから体育館に変更されて実施されるそうだ。
さて世の中は恵比寿講である。ネットではえびす講は今日、10月20日とされているが、神社によっては19日から大祭をしているところもある。恵比寿駅近くにあるその名も恵比寿神社でも大祭は昨日から行われている。
そもそものえびす講とは「神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、戎、胡、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須)ないしかまど神を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、あるいは商売繁盛を祈願する。」ことであったそうだ。
恵比寿神社はべったら市_d0183174_9102852.jpg
恵比寿神社はべったら市_d0183174_9104596.jpg
恵比寿神社はべったら市_d0183174_911054.jpg

現代では「えびす講=べったら市」というほどえびす講が行われる神社ではべったらが売られているが、この風習は江戸時代中ごろからはじまったそうだ。なんでもある神社でお供え物としてべったらを売ったところその売れ行きがよかったから、毎年べったらを販売するようになり、それが今日まで続いているとか、何事も最初は単なるアイディアではじめられているようだ。
今日は雨なので散歩は中止だが、TVではMLBが放送される。上原、田沢が所属するレッドソックスがワールドシリーズに出場できるかどうかが決まる一戦である。そしてTV放送はないが、富士スピードウェイではWECの6時間耐久レースが行われる。昨年トヨタのハイブリッドカーがアウディを破って優勝したレースである。
予選ではアウディがポール、トヨタは2、3番手である。昨年の再現があるか注目したい。そして京都では牡馬クラシックの最後のレース・菊花賞が開催される。エピファネイアが断然の1番人気となっている。騎手の福永祐一にとっては優勝すれば初の牡馬クラシック制覇である。これも注目したい。というわけで今日はTV三昧になりそうである。
参考URL → 日本橋べったら市
by motokunnk | 2013-10-20 09:11 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

牡馬クラシック最後の一冠、菊花賞の予想

皐月賞、ダービーと惜敗続きだったエピファネイアが断然の1番人気である。前哨戦の神戸新聞杯も快勝して課題であった折り合いも問題なしとなれば当然のことであろう。
牡馬クラシック最後の一冠、菊花賞の予想_d0183174_17251187.jpg

ただ3番枠というのが若干引っかかるが、福永騎手が何とかしてくれることを期待して本命としたい。対抗は同じ厩舎のフルーキーとする。連勝中で馬に勢いを感じる。
3番手にはサトノノブレス、おさえにバンデ、ラストインパクト、マジェスティハーツを指名する。福永祐一の牡馬クラシック初制覇が見られそうな菊花賞である

菊花賞の予想
◎ エピファネイア
○ フルーキー
▲ サトノノブレス
△ バンデ、ラストインパクト、マジェスティハーツ
by motokunnk | 2013-10-19 17:26 | スポーツ全般 | Trackback(7) | Comments(0)

今年の交通総合文化展も動輪の広場で開催

今年も交通総合文化展が東京駅丸の内北口改札先の動輪の広場で今日から開催されているので、昼休みの見物してきた。京橋に本社があると昼の1時間でいろいろな場所に行くことができるのがメリットであるが、いろいろな場所へ行けることがデメリットになってしまうこともある(クライアントから急な呼び出しにすぐに対応しなくてはいけないなど)。
今年の交通総合文化展も動輪の広場で開催_d0183174_2101672.jpg
今年の交通総合文化展も動輪の広場で開催_d0183174_2103183.jpg

昨年と同じように動輪の広場では交通総合文化展が開催されており、俳句、写真部門双方で優秀な作品が展示されていた。写真部門ではリニアの写真などが展示されており、迫力あるアングルに魅力が感じられた。
今年だけのことかもしれないがパブリックアートの普及・振興事業が特別展示を行っていた。見慣れたパブリックアートが写真で紹介されており、何故か身近に感じてしまった。都心でもまだ見たことのないパブリックアートもあるので、機会を見つけて観に行くことにしようと思う。
今年の交通総合文化展も動輪の広場で開催_d0183174_2105145.jpg

明日は恵比寿講べったら市である。今年はどこの恵比寿講べったら市を見物しに行こうか。
参考URL → 日本交通文化協会
by motokunnk | 2013-10-18 21:01 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

今日は十三夜、栗名月というそうである

今日10月17日は十三夜である。我家では古風なのかは別にして十五夜と十三夜の両方ともお月見をしている。私が子どものころは、お団子や芋(十五夜のとき)、お花などを供えて家の者が集まり月見をしたものであった。
ただ、時代もかわりここ十数年はお団子のみで各自ばらばらにお月見をするのが通例となっている。
今日は十三夜、栗名月というそうである_d0183174_19274812.jpg

一般に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていた。これは十五夜だけでは、「片月見」といって嫌われていたからだそうで我家でもこの風習に従っていたが、歴史を紐解くと十五夜は中国から伝えられたもので十三夜は日本で考えだされたもののようだ。十五夜のときは旧暦の8月15日でこのころは台風シーズン、折角の満月も雨で見れない日が多かったので1ヶ月後にまた月見の機会を設けたのが本当の理由かもしれない。
十五夜のことを「芋名月」といい、十三夜のことは「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれているそうである。確かに子どもの頃は栗がお供えされていたような気がした。
まあ月見が2回できるので、子どものころは喜んでいたが、最近は特に感慨深いものではなくなってきてしまった。もっと歳をとれば月見をすることに喜びを見出すのかもしれない。
参考URL → お月見の豆知識
by motokunnk | 2013-10-17 19:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

やはりベンツの車が飾られた! ファッションウィーク2週目のヒカリエ

昨日から今朝にかけて関東地方を大型台風が直撃した。昨晩からニュースでは在来線の始発からの間引き運転のアナウンスがされており、今朝の混乱はそれほどではなかったように思う。私個人であるが、午前4時頃にトイレに起きた際、雨がけっこう強く降っていることが感じられた。
朝起きた際にも、けっこうな雨が降っていたが、通勤時にはそれほどの雨は降っておらず、駅まで徒歩で約10分であるが、濡れ鼠にはならなかった(風もそれほどの強さではなかった)。ただし駅を降りてから、本社まで傘をさすのを避けようと都営地下鉄に乗り換えたのが失敗であった。
乗り換えたのが浅草線(乗換駅が新橋駅)であったので、間引き運転をしている線であり、10分ほど駅で待たされてしまった。来た電車は満員ではなかったのが幸いであったが。宝町駅で下車して濡れずに本社までたどりついた。地上は雨はほとんど降っておらず、代りに強風が吹き荒れていた。
ネットニュースを観ていると、伊豆大島では土砂崩れがあり、多数の人が行方不明となっているようだ。大型台風来襲でも最近はその事前対策が行く届いており大惨事はそれほど起きていなかったが伊豆大島の災害は魔が差したのかもしれない。
またネットニュースでは「台風で遅刻したら「始末書」!会社が用意した仮眠室が酷過ぎると話題に」も流れていた。こちらは何で!という印象である。
さて話はかわり、3連休の最終日にカミさんに頼まれて録音ケーブルを買いに出かけた際、ヒカリエのエントランスにメンツが飾られていた。「メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京」のころはこのブログでもとりあげ、今回は3回目でベンツの車が展示されていないと書いてしまったが、2週間開催されるファッションウィークの後半にヒカリエがメイン会場となるショーが開催されるようだ。
やはりベンツの車が飾られた! ファッションウィーク2週目のヒカリエ_d0183174_19324849.jpg
やはりベンツの車が飾られた! ファッションウィーク2週目のヒカリエ_d0183174_1933224.jpg

ヒカリエではベンツの車の他にもいろいとな場所にポスターが貼られており、イベント開催を盛り上げている。ファッションウィークのメイン会場となる9階のヒカリエホールは、前から写真を撮るとかまぼこ駅舎がよく撮れるのでいつもこの場所から写真を撮っているポイントである。ヒカリエホールでもファッションウィーク向けの飾りつけの準備がなされていた。本番に向けて抜かりなしの準備がなされていた。
参考URL → 台風26号、伊豆大島で大惨事
参考URL → 台風で遅刻したら「始末書」!会社が用意した仮眠室が酷過ぎると話題に
参考URL → メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京
by motokunnk | 2013-10-16 19:34 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

セルリアンタワーにあるパブリックアート?

いつもの散歩で通りすぎてしまうコンビニの入口脇にパブリックアートといえるかどうかわからないが、斬新なデザインのイラストが飾られている。「KAORI MAKI」と書かれているのでネットで調べてみると「牧かほり」という人物が該当する。
セルリアンタワーにあるパブリックアート?_d0183174_22542890.jpg

「フリーランスのイラストレーターで、比類なき世界観を構築する圧倒的なセンスと技量が高く評価され、ハイファッションから空間演出にいたる様々な分野でコラボレーションが実現した」とある。日本にも優れた芸術家が育っているようだ。
外は、台風が近づいているせいか雨が降っている。強さをましたり弱めたりと雨音を聞いていると雨も気まぐれなのかと思ってしまう。
TVニュースでは明日朝に関東地方に最接近すると予報している。電車も始発から間引き運転という情報も流れている。できれば真夜中のうちに台風が通過して明日朝には晴れた空が眺めれたらと思うのは贅沢な願いかもしれない。
参考URL → 牧かほり
参考URL → 牧かほりその2
by motokunnk | 2013-10-15 22:55 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

ベッテル自身初の5連勝でチャンピオンに王手!

日本GPでベッテルは自身初となるF1での5連勝を達成したが、今回のGPは今までの4連勝とは異なり、苦労して勝ち取ったものとなった。
いつもはスタートからトップにたって後続を引き離すのがベッテル・レッドブルのパターンであったが、スタートをミスして3番手からの追い上げとなった。スタートポジションがイン側の2番手だったというのではないようだ。4番グリッドからスタートしたクロージャンがトップにたったことからもベッテルがスタートミスしたことは明らかである。
スタートはミスしたがその後のレース運びは完璧で、タイアをいたわりながら周回をかさねて最後のピットストップから怒涛の追い上げを魅せた。そしてトップを走るクロージャンをコース上で追い抜き(コースで追い抜いたのは久しぶりだと思うが)、トップにたち5連勝を達成した。ポールのウェーバーも2位に入りレッドブルが久々のワン・ツゥーフィニッシュとなった。
アロンソが4位となったので、ベッテルのチャンピオン決定は次戦以降になったが、アロンソが4位になったことでアロンソ自身の生涯獲得ポイントが歴代トップとなったそうだ。
「今日、F1史上最も多くのポイントを獲得したドライバーになることができて、とても誇りに思う。ポイントシステムの変更によって、ここ数年、より多くのポイントが与えられているのは事実だけどね」
こんなコメントをだしていた。
さて昨日、今日とお台場では「Motor Japan Festival」が開催されている。今年も各メーカーがレーシングマシンを展示していたが、ホンダのブースでは2015年F1復帰ということもあり、歴代F1マシーンを展示していた。
ベッテル自身初の5連勝でチャンピオンに王手!_d0183174_8425785.jpg
また2014年シーズン用のフォーミュラニッポン用の試作マシンの展示も行われモータースポーツのイベントとして定着してきたようである。
ベッテル自身初の5連勝でチャンピオンに王手!_d0183174_8431941.jpg

1回目とは異なり、各種のカスタムカーの出品はなくなってしまったがある意味ではモータースポーツに親しむイベントとしてはこれでいいのかもしれない。
スポーツの秋、各所でスポーツ真っ盛りである。出雲の国では恒例となった大学3大駅伝のひとつである出雲駅伝が開催される。昨年は青山学院が優勝したが今年はどの大学が優勝するのか楽しみである。NPBではセリーグは広島が連勝して巨人と対戦することになった。個人的には広島を応援しようと思うが、どうなることであろう。
参考URL → レッドブルがワンツーフィニッシュ!
参考URL → Motor Japan Festival
by motokunnk | 2013-10-14 08:44 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

ちいさい秋は見つからない?

昨日は、10月というのに首都圏は真夏日を記録した。観測史上初めての出来事のようである。普段の年であればそろそろ街の木々は紅葉しだすのであるが、まだ赤や黄色に色づいた葉を見ることはない。
唯一秋を感じさせるのは運動会であるが、これも熱中症対策とかで小中学校の運動会は6月にシフトしたようで、近所で開催されているものは保育園の運動会が主である。保育園であれば、事前の練習など熱さを意識しなくてもよさそうだ。
ちいさい秋は見つからない?_d0183174_8151675.jpg

さて秋を探しにというわけではないが、久しぶりに広尾まで散歩に出かけた。有栖川公園では歩こう会と思しきメンバーが集まっていたが、皆さん、熱そうな顔をしていたのが印象的であった。有栖川公園まできたので、都立図書館で開催されている企画展示を覗いてみることにした。
テーマは「東京都の軌跡-都制施行70周年」である。明治時代となって、廃藩置県となり江戸から東京に呼称が変更されてからの歴史が展示されていた。
ちいさい秋は見つからない?_d0183174_8153891.jpg
渋谷区は豊多摩郡であったことなどが古地図により紹介されている。また歴代の知事の写真が紹介されているコーナーもあった。私が物心ついたころは東龍太郎であったが彼から美濃部、鈴木、青島、石原そして猪瀬と知事も変わっていったものだと変なところで感心してしまった。
2020年には東京オリンピックが開催されるので、1964年のオリンピックネタもかなり展示されていた。都庁舎の変遷も当然展示されており、もらったポストイットのケースには初代の都庁舎が描かれていた。有楽町にあった2代目の都庁舎は知っているがこちらは知らなかった建物である。
ちいさい秋は見つからない?_d0183174_816114.jpg

さて、今日は鈴鹿サーキットでF1日本GPが開催される。昨日の予選ではレッドブルが速さをみせつけ今回はウェーバーがポールを獲得した。ベッテルが優勝し、アロンソが8位以下であればチャンピオン決定だそうだ。果たして鈴鹿で年間チャンピオンはきまるのであろうか。こちらも楽しみである。
参考URL → 東京都の軌跡-都制施行70周年
参考URL → 日本GP公式予選 ウェーバーがPP、レッドブルがフロントロー独占
by motokunnk | 2013-10-13 08:16 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

デニムアンドルビーが前走の強さを再現するか、秋華章の予想

ローズSでデニムアンドルビーが魅せた追い込みが再現されれば、秋華章はこの馬が勝つと思うが、舞台は京都の内回りコースであり、出遅れると挽回がきかないコースなので一抹の不安はある。
デニムアンドルビーが前走の強さを再現するか、秋華章の予想_d0183174_16132788.jpg

そこで私の本命は先行能力のあるスマートレイアーとした。前走のような走りができれば勝つことは十分可能と考える。対抗には、デニムアンドルビーとし、3番手にメイショウマンボと人気順ではないが上位人気の馬がきるのではと考えた。
おさえは穴人気の馬を選ぶこととし、コレクターアイテム、トーセンソレイユ、サクラプレジール、ローブティサージュとした。

秋華章の予想
◎ スマートレイアー
○ デニムアンドルビー
▲ メイショウマンボ
△ コレクターアイテム、トーセンソレイユ、サクラプレジール、ローブティサージュ
by motokunnk | 2013-10-12 16:13 | スポーツ全般 | Trackback(8) | Comments(0)