人気ブログランキング |

<   2014年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

御嶽山爆発で生還者が手記、そして今日からF1日本GP

朝のニュースでは御嶽山は雨模様のため、遭難者の救助活動は中止と決まったそうだ。火山灰が数十センチ積もっている中、土石流などが発生することが懸念されるとのこと、いたしかたないと思う。
さて、火山噴火予知は困難という定説があるが、Yahoo!知恵袋にこんな投稿があったそうだ。「岐阜県御岳山の登山道で今回の噴火で影響がある道は有りますか?」この投稿、9月20日にあったそうだ。
噴火の1週間前に投稿したとは、預言者のような人である。また、噴火から九死に一生を得た人が体験記をFacebookに書いたそうである。体験記だけあって読むと迫力がある。

そして鈴鹿サーキットでは今日からF1日本GPが開幕する。ケータハムの小林可夢偉も参戦が決まって都内で会見を開いたそうで、買収問題に左右されながら2年ぶりの鈴鹿参戦、いきのいい走りとはいかないまでも元気な姿を見せて欲しい。
週末は見たいスポーツが目白押しである。F1日本GP、競馬では凱旋門賞、そしてプロ野球は稲葉選手の引退試合、今から日曜日が楽しみである。

by motokunnk | 2014-10-03 08:53 | 日記 | Trackback(28) | Comments(0)

広く世界に目を向けると

昨日10月1日は東京都民の日であった。都内の小中学校は休みだったので、都心などは子どもたちがたくさんでていたようだ。そして世界に目を向けると、お隣の中国は国慶節、日本でいう建国記念日であり、連休がスタートした。
ただし、中国政府はそれどころではないようだ。火種は香港にある。香港が英国から変換されたとき、英国との間には「一国二制度」の原則を認めるという契約が存在した。
一国二制度とは中国に存在するもので、本土領域から分離した領域を設置し、主権国家の枠組みの中において一定の自治や国際参加を可能とする構想だそうだ。香港やマカオの場合では、全国人民代表大会が「特別行政区基本法」を制定し、この2つの特別行政区を設置し、その制度を定めたようだ。
このことが今回のデモ行動の発端となっているという。今回、行政長官の選挙があり、全国人民代表大会がリベラルな候補を認めない決定をしたことが原因のようだ。中国にしてみれば香港は外貨獲得や経済収入の源泉であり、できる限り自治権は抑えて中国政府の支配下におさめようという思惑があると思う。
d0183174_15030032.jpg

一方の学生たちは自治権を獲得して自分たちの目指す香港を確立したいという思惑がある。バックには巨大な資本家がついているという噂もあるが、天安門事件の再来にならなければいいと思うのだが。
そして米国からはちょっとショッキングなニュースが流れてきた。国内でエボラ感染者がでたということである。感染者は西アフリカから帰国したときはエボラ感染熱を発症していなかったという。たぶん感染していたが発症はしていなかったのであろう。
発症前に数人とは接触していると思われるので、そこから感染が拡大するかもしれない。日本でも同じことが起こる可能性はあり、心配ではある。
プロ野球では例年であれば消化試合の季節だが、今年は熱い戦いが続いている。今日はパリーグの覇者決定戦、オリックス対ソフトバンク戦がある。そして昨日は北海道日本ハム対東北楽天戦が開催されて。この試合は金子誠の引退試合も兼ねていたそうで、金子は9番遊撃で先発して最後の試合1安打2得点の活躍だった。

そして最後は引退の挨拶で「金子誠の野球人生はファイターズという1本の川の流れに乗り、21年の時を経て大海原へ、たどりつきました」と語ったそうである。引退お疲れ様でした。
仁川のアジア大会サッカー女子決勝、なでしこジャパンは北朝鮮相手に1-3で敗れてしまった。2点を先制される苦しい展開でミスも多く課題満載の結果であった。欧州組が不参加の大会ではあったが、W杯優勝時からメンバーの底上げはほとんどできていない。

そのことが今回のアジア大会の目標であったが、その目標はクリアできなかったようだ。本番まで1年をきり、どう底上げをしていくかが問われることとなった。
参考URL → 国慶節の連休に入った民主派デモ
参考URL → 米国初のエボラ感染者
参考URL → 引退メモリアルグッズ
参考URL → なでしこ負けた

by motokunnk | 2014-10-02 08:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

漫画のような出来事とワイルドカードプレイオフ

昨晩の北海道日本ハム対埼玉西武の試合は、稲葉選手の引退メモリアル試合(5日も引退セレモニーが行われるが)として試合前からヤクルト、日本ハムの歴代監督のビデオメッセージが流されて梨田元監督から花束を受けていたそうだ。
そして入場者には稲葉選手がフィーチャーされたタオルが無料で配られたようである。赤を基調にデザインされたもので、ファンはそれを手に応援していたようだ(ネットでその様子が確認できた)。試合はすでにCS進出を決めた日本ハムが新人を先発起用するなど、来シーズンを見据えた選手起用をしていた。
そして試合は2-3で1点西武がリードした7回裏に稲葉選手が登場した。札幌ドーム恒例となった稲葉ジャンプ初球前からはじまり、一段落した2球目を打つと打球はライドポールへ一直線、逆転の2ランホームランとなった。ヤンキースのジーターも本拠地最終戦でサヨナラヒットを打ったが、こちらも引退記念メモリアル試合で逆転のホームランを打つとはスポーツ漫画のような展開であった。
そして9回には新人の白村が登板して2三振を奪って初セーブを記録し、来シーズンへ期待を持たせる内容であった。

当然ヒーローインタビューは稲葉選手であり、インタビューワーからファンに向けてのメッセージを求められ
「何か引退スピーチみたいになってますけど(笑)まだシーズンは3試合残ってます。若い選手も今出はじめまして、こうやって皆さんの声援が若い選手の活力になると思いますし、残り札幌ドームでは2試合になりますけど、また足を運んでいただいて、若い選手の応援、そして僕も金子も最後まで頑張りますので、どうかご声援お願いします。ありがとうございました。」
と答えていた。5日の試合が稲葉選手引退試合となるそうで、その試合後には引退セレモニーがあるという。TV放送はないようだが、ネットで見れることを期待しよう。
そしてこちらも劇的な試合であったワイルドカードプレイオフのロイヤルズ対アスレチックスの1戦。8回表まで3-7で敗戦濃厚だったロイヤルズが8回に3点、9回には青木の犠牲フライで同点に追いつき、12回表に勝ちこされたがその裏に逆転してワイルドカードプレイオフを勝ち抜いた。
これで3日からはじまるディビジョンシリーズでエンゼルスと戦うことになった。日本人メジャーリーガーは青木がただ一人今年のポストシーズンに出場しているのでできればワールドシリーズまで勝ち抜いてほしい。
さて、御嶽山の救援活動は再開された。しかし再開されて事実がわかるにつれ、火山の爆発による死亡者数が45名となり、雲仙普賢岳の火砕流での死亡者数を上回って史上最悪の火山爆発事故となってしまった。

ニュースによれば数メートルの噴石が頂上近くにあり、その噴石の下に人がいる可能性があるらしい。犠牲者が増えてしまう可能性があるのは何ともやりきれない気持ちである。犠牲となった方の冥福を祈るのみである。

by motokunnk | 2014-10-01 19:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)