人気ブログランキング |

<   2017年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

日本ハム3連勝、WEC第2戦、そしてラグビー

日本ハムが今季初の3連勝をかけてロッテと対戦した。ロッテの先発は新人の佐々木、前回の対戦では黒星をつけられているだけにルーキー相手に連敗は避けたい。
日本ハムの先発は加藤である。2年目のジンクスなど関係ないようで、最近は先発すると必ず好投してくれる頼もしい存在となっている。
この試合、どちらが先制するか注目していた。まず先手をとったのは日本ハム、西川がヒットで出塁、二死3塁となって中田が打席に入った。しかし打撃はまだ不調のようで粘って四球で1、3塁と好機を拡げレアードが登場した。
2球目を強振すると打球はレフトポール際への大飛球、惜しくもファールとなってしまった。今シーズン、一度このようなシーンのあと、スタンドにホームランを打ち込んだことを思い出し、期待しているとまさにその通りのことが実現、3点を先制した。
加藤は1、2回を三者凡退に打ち取る好調な立ち上がりであったが、3回、2安打、1四球で二死満塁のピンチを背負ってしまった。このピンチ、次打者を打ち取り無失点で切り抜けると、4、5回は再び無失点とロッテにチャンスを与えない好投であった。
一方の佐々木も初回に3点は失ったが2回以降はランナーは出すが併殺などで切り抜け、投手戦の様相となり試合は後半に突入した。そして7回、加藤は一死から井口にあわやと思われるフェンス直撃の2塁打を打たれるが、続く井上を三振、代打福浦をファーストゴロに打ち取り7回無失点でマウンドをリリーフに託した。
その裏日本ハムは先頭の太田が四球、一死2塁から中島が前進守備のライト頭上を越すタイムリー2塁打をはなって佐々木から追加点となる4点目をゲットした。
浅間、そして近藤のタイムリーもでて6-0と試合を決定づけたに思えた。しかし8回、リリーフした鍵谷が安定していなかった。こちらも先頭打者に四球を与えると、エラー、ヒットで無死満塁とピンチを拡げ、ここでまさかの押出し四球、結局一死もとらずにマウンドを降りた。谷元がマウンドにあがったが、嫌な流れは止められず、エラーも絡んでこの回4点を取られてしまった。
9回は増井がロッテ打線を3人でおさえて試合は6-4で勝利したが、日本ハムとしては6-0で勝てる試合であっただけに8回の守備はいただけなかった。
d0183174_09181859.jpg
そして今日からは大坂に乗り込みオリックスとの3連戦である。5連敗とまだ勝ち星のないオリックスにたいして、先発予定は浦野である。昨シーズンは登板機会のなかった浦野であるが、今季は好調、ファームでの登板でも防御率は1点未満と絶好調であり、好投が期待できる。5月に入って3連勝、日本ハムの勢いがでてきたようだ。
WEC第2戦のスパ・フランコルシャン6時間レースがはじまった。トヨタ7号車をドライブ予定のマリア・ロペスは初戦でのクラッシュで負った怪我の回復に専念するため欠場が決まり、7号車は小林可夢偉、マイク・コンウェイの2人でドライブすることとなった。その小林が初日のフリー走行でトップタイムをマークした。
d0183174_09185009.jpg
d0183174_09184235.jpg
また3台目となるロー・ダウンフォース仕様の9号車もフリー走行を走り、全体で5番手タイムをマークした。担当した国本雄資、ドライブ後「スパにおいて、我々のTS050 HYBRIDの能力を最大限に発揮出来るよう、着実に学んで行くことに集中しています。経験豊富なステファンとニコラスに助言をもらいながら共にセットアップを進めて行くのは、とても貴重な経験です。」と語っていた。今日の予選、明日の決勝が楽しみとなってきた。
アジアラグビーチャンピオンシップ2017第3戦が土曜日に秩父宮競技場で開催されるがその登録メンバーが発表された。日本代表の顔ともいえる立川理道が12番、インサイドのCTBで先発、堀江翔太はバックアップメンバーとしてメンチメンバーに登録された。
d0183174_09185870.jpg
14番のWTBには山田章仁、2015年のW杯を沸かせてくれたメンバーが秩父宮で若い日本代表に実践を通じてのアドバイス、指導を行ってくれることに期待したい。

by motokunnk | 2017-05-05 09:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

最下位脱出、今日からWEC第2戦

日本ハムが最下位脱出である。昨日のロッテ戦、先発の村田が好投した。初回のアウトはすべて三振といつもにない三振の山を築く投球であった。
しかし二死から出した四球から失点し先制点を奪われてしまった。日本ハムは直後にロッテ先発のスタンリッジと相性抜群の西川のタイムリーで1-1の同点に追いついた。
この後、村田、スタンリッジの投手戦(両チームの打線が低調だった)の様相となり試合は膠着した。そして試合は9回をむかえた。d0183174_09002276.jpg
このところ同点での出番が多い、増井が二死から2塁打を打たれたが、後続を抑えて無失点で切り抜けるとその裏、まず今まで無安打の中田がセンター右にヒット、16打席ぶりのヒットだそうだ。
そして続くレアードはサヨナラアーチと思った人も多かったと思えるフェンス直撃の2塁打で無死2、3塁と絶好のサヨナラ勝ちのチャンスをつくった。
田中賢介が敬遠され、無死満塁で太田が打席にたった。3打席ヒットなしであったが、2球目の外角球をバットにのせた打球は二遊間を抜けていき見事なサヨナラヒットとなった。キャリア初のサヨナラ打だそうで、初めてたったお立ち台で札幌のファンに挨拶する姿がほほえましかった。この勝利で定位置化していた最下位をゲーム差なしながら脱出した。
今日の第3戦、先発予定は加藤である。前回登板も好投していただけにロッテ打線をおさえて今シーズンの2勝目をあげてほしい。
さて今日からWEC第2戦スパ・フランコルシャン6時間レースがはじまる。ドイツ・ケルンに本拠をおくトヨタチームとしては地元(120kmほどしか離れていない)ともいえるサーキットでのレースである。
d0183174_09003183.jpg
そしてこのレース、トヨタとして初めて3台エントリーで戦うレースでもある。ハイ・ダウンフォースの7、8号車に加えてルマン24時間レースを意識しロー・ダウンフォースの9号車をエントリーしてきている。
ドライバーも小林可夢偉(7号車)、中嶋一貴(8号車)に加えて国本雄資がWECにデビューする。ロー・ダウンフォースのマシンはどんなパフォーマンスを示してくれるのか、国本雄資はどんな走りを魅せてくれるのか今日のフリー走行が楽しみである。
今朝のネットニュースを観ていると、MLBがポスティングシステムの見直し提案をNPBに求めてきたそうである。日米で結んでいるポスティングシステム、今年がその改定期だそうで、今シーズンオフにもポスティングシステムを利用してMLBへの挑戦を宣言しそうな大谷翔平獲得にむけてMLBが早くも動き出したといえる。ただ当の大谷翔平、肉離れで登録を抹消されており、復帰時期も未定だそうである。本人にしてみればどう思っているのだろうか。

by motokunnk | 2017-05-04 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

青木がMLB700安打、日本ハム快勝

MLBアストロズの青木宣親がレンジャーズ戦に先発出場した。アリーグ西地区で優勝を争うライバルチームだけに地元での敗戦は避けたいところである。
その青木、まず守備で魅せてくれた。2回同点に追いつかれた直後、レフト前に転がされたヒットをホームに矢のような送球、2塁ランナーを刺し逆転を防いだ。
肩もそれほど強くない青木ではあるが、前進してゴロをキャッチしてからの送球までの時間がすばやかったし、送球の精度も高かったことがランナーを刺すことができた要因であったと思う。
守備で貢献したあとは打撃である。1-2とリードされた7回、無死1塁で打席に立った青木はフルカウントから三遊間へ流し打ち、ショートがジャンピングスローで2塁へ送球したボールが悪送球を導き、無死2、3塁のチャンスを演出した。
d0183174_09174278.jpg
タイミングはセーフであっただけに送球したことがまずかったといえるが、青木のゴロを打つ技術の高さ、試合を読む感性に感じ入ってしまった。このヒットで青木はMLB通算700安打を達成、日米通算でも2000本安打にあと16本にせまった。試合はこの回アストロズが大量5点をあげて6-2でレンジャーズに勝利し、首位をキープした。
そして日本ハムは今シーズン初めて投打がかみあった試合を魅せてくれた。まず先制は2回であった。一死1塁から太田が2塁打、一死2、3塁のチャンスをつくった。しかし大野が凡退、この試合まで打点ゼロの中島を打席にむかえた。
4月の中島であればあっけなく凡退したのであろうが、この打席は粘って中前にタイムリーをはなち先制点を奪取した。そして西川が歩いて二死満塁となり、この日から1軍復帰した浅間がこれまた追い込まれながらライト線にタイムリー2塁打をはなって追加点を奪取、試合を3-0とした。
先発の高梨、前回のソフトバンク戦のときは先制直後に失点していたが、この日は3回のロッテの攻撃を三者凡退でおさえた。するとその裏一死後レアードがレフトスタンドに6号ホームラン、すぐに中押しの追加点をとった。今までとは違う日本ハムを観ているような感覚であった。
その感覚は4回にも感じられた。一死から中島がヒットで出塁すると二死1、2塁とし打席には近藤、このところヒットがでていない近藤であったがこの打席はライト前にタイムリーをはなって5-0とリードを拡げた。
高梨は試合前半はボールが高めにいってしまったが試合中盤以降は制球も安定して7回以降はランナーを一人も許さず3安打6奪三振の完封であった。
d0183174_09174986.jpeg
タイムリーヒットが複数本でて失策もなく投手がしめる、昨年の日本ハムを思い出させてくれるような試合であったが、今日の試合が大事である。このいい流れを本物にするためには今日の勝利が必須となる。
いい試合を続けていくことが借金返済への近道となる。今日の先発予定は村田透、ソフトバンク戦では初回に乱れて4失点してしまったがそれ以降は無失点に抑えただけに期待が持てそうだ。また札幌ドームとの相性もよさそうなのはいい傾向、今日の午後2時が待ち遠しい。

by motokunnk | 2017-05-03 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

メーデーが2回、24時間の箱物レース

いつの時代からメーデーが2回開催されるようになったのであろう。メーデーというえば読んで字のごとく5月1日のことである。
私がサラリーマン時代、数回メーデーに参加(ほとんど強制に近かった!)したがそのときはすべて5月1日であった。ちょっと調べてみると当時は統一メーデーだったそうで総評、同盟が手を組んでメーデーを開催していたそうだ。
労働組合の再編などがあり、統一メーデーはできなくなったようで、4月下旬に連合が中央メーデーを開催し、相変わらず全労連系が5月1日にメーデーを開催している。
連合主催のメーデーにはお祭り的な要素もあるようで、政府閣僚も挨拶をしている。数年前には安倍首相も挨拶をしているのを聴いたことがある。今年は日本プロ野球選手会もブースをだしていた。
d0183174_08583402.jpg
d0183174_08584273.jpg
どちらかといえば、連合の中央メーデーのほうが活気があるように思えたが、実態はどうなのであろう。
d0183174_08584877.jpg
d0183174_08585789.jpg
さて5月のモータースポーツといえばインディ500マイルが有名であるが、最近はニュルブルクリンク24時間レースも注目されている。ツーリングカーレースの24時間といえばスパもあるが、日本メーカーが参戦することもあり、また世界的にも参加台数の多さから最近注目されているレースである。
このレースクラス分けも細分化されているが、なんとその同じクラスにトヨタとスバルがマシンをエントリーしている。いわば日本のメーカーがクラス優勝を争うわけである。
その前哨戦ともいえるレースが先日開催された。同一サーキットで行われる6時間レースであった。トヨタ、スバルもエントリーしてきており、24時間レースに向けたシミュレーション的な色合いの強いレースといえる。
d0183174_08582571.jpg
予選ではスバルがクラストップタイムをマーク、トヨタは2番手であった。スタートしてからもスバルがトップを快走したが、ピットストップのタイミングの違い(スバルの方が燃費が悪い?)により、2回目のピットストップ終了時にはトヨタがクラストップを走っていた。その後スバルにトラブルが発生してリタイアしたためトヨタはクラス優勝、本番に弾みがついた。
24時間レースは26日~27日にかけて実施される。その前に今週末にはWEC第2戦スパ6時間耐久レースも行われる。トヨタの連勝なるかこちらも注目だ。

by motokunnk | 2017-05-02 09:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ミスで自滅、ダルビッシュ3勝目、そしてWRC第5戦

ダルビッシュが地元で開催されたエンゼルス戦で快投を魅せてくれた。今シーズンのダルビッシュ、ここまで負け、勝ちと登板ごとに繰り返してきたがこの勝利でこのパターンも終わり、連勝街道をつきすすみそうだ。
昨日のダルビッシュは出来がよかった。初回から100%の力でピッチングをしていたようで3回、5回は下位打線ではあったが3者連続三振という圧巻のピッチングであった。d0183174_09134170.jpg
しかし、4回にトラウト、プホルスに得点を決められてしまい、0-2とリードされてしまった。しかし5回に味方打線が逆転すると、6回は3四球をだしながらも無失点におさえて降板した。6回125球3安打10奪三振の内容であった。
これで3勝目をあげたダルビッシュ、5月にはいり首位アストロズを追撃する体制を整えつつあるレンジャーズである。
日本ハムの調子があがらない。昨日の楽天戦、メンドーサが足に打球を受けながらも1失点の好投をみせ、打線も楽天・岸を打ちあぐねながらも7回に同点においついた。
d0183174_09135016.jpg
好調時の日本ハムであれば、こういう試合はまず勝利していたがなんと同点の9回にミスがでてしまい決勝点を与えてしまった。リーグワーストの失策数では最下位脱出も当分先のこととなりそうだ。まずは明日からのロッテ3連戦で勝ち越すことを目指してほしい。
WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナ最終日が行われた。デイ3まで首位をキープしていたエバンスであったが、最終日になり優勝を意識したのか走りに若干精彩をかいてしまったようだ。そして最終のパワーステージを前に首位をキープしていたがその差はわずか0.5秒であった。
d0183174_09141096.jpg
そして最終のパワーステージ、直前でラリーを終了したヌービルが13分0.1秒という最速タイムをマークした。一方のエバンスは途中にある橋の欄干に軽くヒットしてしまう小さなミスを犯してしまい、13分1.4秒でフィニッシュ、わずか0.7秒差で優勝を逃してしまった。
ヌービルは今シーズン2勝目、初戦、第2戦はトラブルで優勝を逃していただけにポイントランキングは3位ながら今シーズンのチャンピオン候補になったようである。
d0183174_09135602.jpg
トヨタのラトラバは5位、ハンニネンは7位とダブル入賞であった。ラトラバ「自分のキャリアにおいて、開幕から5戦が終了した時点で選手権リーダーにこれほど近い位置にいた記憶はありません。次のテスト、次のラリーが今からとても楽しみですし、クルマをさらに改善したいと思っています。」ハンニネン「全体的に今回のラリー・アルゼンティーナは荒れた道が多く、非常にタフで厳しいラリーでした。しかし、我々は完走という目標を達成し、数ポイントを獲得し、そして多くを学べたので、とても満足しています。」
d0183174_09140329.jpg
両ドライバーのラリー後のコメントも前向きである。第6戦はいよいよ3台体制での参戦となるのでラリー・ポルトガルは期待がもてそうである。

by motokunnk | 2017-05-01 09:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)