人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

バドミントン、ソフトボール、そして日本ハム

バドミントン世界選手権決勝が行われた。すでに41年ぶりとなる優勝が決まっている女子ダブルス決勝は初出場の松本麻佑/永原和可那ペアと昨年2位の福島由紀/廣田彩花ペアの試合となった。d0183174_10101872.jpg
両ペアとも二本代表の練習で何度も顔をあわせており、手の内は知り尽くした間柄であった。試合は拮抗した展開となり、第1ゲームは21-19で福島由紀/廣田彩花ペアがとったが、第2ゲームは松本麻佑/永原和可那ペアが21-19でとりかえし、優勝の行方はファイナルゲームへと持ち越された。
そのファイナルゲーム、先にマッチポイントを握ったのは福島由紀/廣田彩花ペアであった。しかし松本麻佑/永原和可那ペア、18-20から連続ポイントを奪ってデュースに持ち込むと21-20とリード、福島のスマッシュがサイドラインをわり松本麻佑/永原和可那ペアが1時間半以上に及ぶ熱戦を制してなんと初出場で初優勝を飾ってしまった。
そして男子シングルスの決勝は桃田賢斗の一人舞台と言ってもいい試合であった。決勝が行われる前、「ディフェンスしまくって勝利する」と語っていたそうだが、中国の若手・石宇奇のスマッシュをことごとくレシーブしまくり、石宇奇の精神的なダメージを増大させた。
攻めるだけ攻めさせてポイントはとるというある意味で絶対に負けない戦術を桃田賢斗は実際に行ったといえる。
d0183174_10102892.jpg
技のレベルは世界一といわれているだけに防御技術と精神力も兼ね備えた現在、世界で一番強いのではないだろうか。昨日の決勝を観てそう思ってしまった。
ソフトボールの世界選手権第4日目、日本代表は英国との試合であった。ソフトボール界の二刀流、藤田倭が本領を発揮した。打ってはホームラン、投げては6回までパーフェクトピッチング、7回に四球などで無死満塁のピンチを招いてしまったが後続をおさえての完封勝利をあげ、日本代表4連勝である。
d0183174_10103750.jpg
それも4試合連続しての完封勝ち、このまま予選リーグは無失点で終わりそうな勢いすら感じる強さである。今日はベネズエラ、どんな試合をしてくれるか楽しみである。
日本ハムは高梨裕稔が先発したものの、自チームが得点後に失点を許してしまうパターンとなってしまった。
d0183174_10104417.jpeg
しかも今回は3ラン2発であった。連打で失点するならまだベンチとしても手が打てるがランナーをおいての一発だっただけに猛省が必要だと思う。ゲーム差も3.5と開いてしまったがまだまだ追いつける範囲である。今後の試合に注目していきたい。

by motokunnk | 2018-08-06 10:12 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大谷爆発、桃田決勝進出、ソフトは3連勝

エンゼルスの大谷翔平が敵地で記録達成である。日本時間4日のインディアンズ戦に3番DHで先発出場した大谷翔平、第1打席でレフトスタンドに10号を打ち込むと、第2打席は右中間スタンドに打って瞬間それとわかる11号、そして8回は苦手左腕からレフト前に安打を放つとすかさず盗塁、これが決勝点を生み出し、7-3でエンゼルスが勝利した。
d0183174_10310184.jpg
この日の大谷は4安打&2発&1盗塁と自ら初となる記録ずくめでMLBでもDH史上5人目の記録だそうだ。
また4勝以上、10ホームラン以上の記録はベーブルース以来のことだそうで、投手としてはリハビリ中ながら打者としては絶好調に近づきつつあるように思えた。
バドミントンの世界選手権、日本人選手が大活躍である。特に男子はシングルス、ダブルス共に決勝進出である。桃田賢斗はマレーシアのダレン・リュウと対戦、第1ゲームこそ競り合いとなりながらも21-16で制すると、第2ゲームは序盤から連続ポイントで大きくリードし21-5で圧勝、世界選手権で男子選手として初めて決勝に進出することとなった。
d0183174_10313368.jpg
決勝では中国の石宇奇と対戦する。地元選手だけに応援がすごいと思うがそれに負けずに頑張ってほしい。
女子ダブルスでは日本人ペア同士の戦いとなった。女子ダブルスでは3組のペアが金、銀、銅メダルを獲得することが決定、果たして松本麻佑/永原和可那ペアの勢いが勝るのか、実績豊富な福島由紀/廣田彩花ペアの経験が勝るのかいずれにしても楽しみな戦いである。
d0183174_10310988.jpg
ソフトボールの世界選手権3日目、日本はアジアのライバルである中国と対戦した。エース上野がいきなり先頭打者にヒットを打たれてしまったが、後続はおさえて無失点におさえると、その裏早くも先制点をあげ、試合を有利に進めることができた。
d0183174_10311782.jpg
そして開幕戦でホームランを打った山田がこの試合も2ランを放って試合を有利にすすめ、最終的には5-0で日本が中国に快勝した。
プロ野球、パリーグの首位攻防戦である日本ハム対西武は前の試合、守備陣のミスで惜しい試合を落としてしまった日本ハムが快勝した。
試合は日本ハム先発マルティネス、西武先発ウルフの投げ合いでスタートしたが3回二死から四球で出塁した西川がすかさず二盗、松本がこのチャンスにタイムリーを放って先制すると、近藤も続き中田が二死1、2塁からタイムリーで2-0とリードした。その中田、5回には2ランを放って4-0とリードを拡大した。
マルティネスは5回にマウンドでつまずいて足を痛めてしまい、大事を取って6回からは加藤貴之がマウンドにあがり2回を無失点におさえた。そして8回にはアルシアにダメ押しの2ランがでて楽勝と思われた試合であったがさすがに西武であった。8回裏に玉井から中村が3ランを打って3-6とすると二死1、2塁とチャンスをつくった。4月の悪夢がよみがえってしまったがここは左腕の公文がなんとかおさえて9回は浦野が登板して無失点におさえ、西武に勝利、ゲーム差を2.5とした。
d0183174_10312673.jpeg
そして今日は最近勝利に見放されている高梨裕稔が先発予定である。マルティネスも久々の勝利投手となっただけに2匹目のどじょうとなるだろうか、楽しみな試合となりそうだ。

by motokunnk | 2018-08-05 10:33 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本メダル6個確定、ソフトは大勝

バドミントンの世界選手権準々決勝が行われ、各種目のベスト4が決まった。今大会は3位決定戦がないので同時にメダル獲得者も決定した。
d0183174_10474445.jpg
連覇を狙った女子シングルスの奥原希望はプサルラ・V.シンドゥに0-2で敗れてしまい連覇はならず、ベスト8で敗退となった。山口茜は昨年まけている陳雨菲と対戦し21-13、17-21、21-16とファイナルゲームまでもつれ込んだ接戦を制してベスト4に進出した。準決勝はプサルラ・V.シンドゥ、奥原望みのリベンジなるか注目である。
d0183174_10475210.jpg
その他では女子ダブルスはタカマツペア以外の3ペアがベスト4に進出した。世界ランク10位以内に4ペアがいることが証明されたような強さである女子ダブルス、これで2020年東京オリンピックには各種目2名までしか出場できないので日本代表となるのが熾烈な女子ダブルスである。
その他では、男子シングルスは桃田賢斗が問題なくベスト4に進出、また男子ダブルスも園田啓悟/嘉村健士ペアが世界ランク1位のギデオン/スカムルヨペアを21-19、21-18のストレートで破ってベスト4に進出した。
ソフトボールの世界選手権大会第2日、日本代表の相手はボツワナである。アフリカ代表であるがデータは何もないようでどんな試合をするかわからない相手だという。そんな相手に日本は先制した。開幕戦とオーダーを入れ替えた日本代表、二死1、2塁のチャンスをつかむと長崎がセンターオーバーの3ランを放っていきなり3-0とリードした。
d0183174_10473401.jpg
日本代表の先発はポスト上野の呼び声が高い勝股であった。いきなり先頭打者にヒットを打たれ、2番打者にも守備のまずさから出塁を許し無死1、2塁と反撃のピンチをつくってしまったが、後続を2三振にきってとり無失点できりぬけると、2回も打線が爆発して4点を奪って7-0とした。
圧巻の攻撃は3回であった。押出しやホームランなどで大量13点をあげた。長崎もまたも3ランを放って6打点の大活躍、3回20-0で2試合連続してのコールド勝ちとなった。

by motokunnk | 2018-08-04 10:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

奥原、桃田ベスト8、WBSCソフトはじまる

バドミントンの世界選手権は3回戦が行われ、各種目でベスト8が決まった。女子シングルスは奥原希望と山口茜が順当に勝ち進んだが、佐藤冴香は敗れてしまった。大堀彩に勝って勢いにのるゴー・ジンウェイと対戦した奥原の第1ゲーム、一進一退の接戦となり、20-20のデュースとなった。先に20-21とゲームポイントを握られた奥原であったが、ここから3連続ポイントを奪取してこのゲームを奪うと、第2ゲーム、一時リードされるものの21-13で奪い、2-0でベスト8に進出した。
d0183174_10321079.jpg
準々決勝の相手は昨年の決勝の再現、プサルラ・V.シンドゥ戦である。
桃田賢斗の3回戦はきびしい試合となった。デンマークの若手選手との試合はまず第1ゲームを奪われる苦しい戦いとなった。第2ゲームも18ー17とされてしまったがここから桃田が3連続ポイントで21-17でこのゲームを奪ってファイナルゲームに勝敗を持ち込むと、ファイナルゲームは桃田の一方的な試合となり21-8で奪ってベスト8進出を決めた。
d0183174_10321956.jpg
女子ダブルスではタカマツペアが松本麻佑/永原和可那ペアにストレートで敗れる波乱があり3回戦で姿を消した。
男子ダブルスでは園田啓悟/嘉村健士ペア、井上拓斗/金子祐樹ペアがインドネシアペアを撃破してベスト8にすすんだ。
園田啓悟/嘉村健士ペアの準々決勝の相手は世界ランク1位の王者であるギデオン/スカムルヨペア、どんな試合をしてくれるのか楽しみである。
ソフトボールの世界大会もはじまった。日本代表は上野を中心にしたまとまりのあるチームのようで、開幕戦はイタリア相手に9-0の6回コールド勝ちをおさめ、絶好のスタートをきった。
d0183174_10322664.jpg
上野は4回をパーフェクトにおさえ、2番手の藤田も2回をこれまたパーフェクトピッチング、6回を完全おさえる素晴らしい出来であった。打線も先頭打者HRとコールド勝ちを決める3ランなど好調のようである。
この調子で予選首位通過して宿敵アメリカとの一戦に備えてほしい。
そして将棋の王位戦第3局が行われた。菅井王位が挑戦者豊島棋聖を破って対戦成績を2勝1敗としリードすることとなったが、豊島棋聖も2日目は驚異的な粘りを魅せ、一時は形勢互角まで盛り返す頑張りであった。
d0183174_10323431.jpg
棋聖位を奪取して将棋に落ち着きがでてきたように思える豊島棋聖である。第4局が楽しみである。

by motokunnk | 2018-08-03 10:35 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム大逆転、大堀惜敗、奥原快勝

道東遠征の日本ハム、第2戦は帯広でのロッテ戦であった。凱旋登板となった杉浦であったが、復帰第一戦とはストレートの精度が劣っているようで本来のストレートで押すピッチングができなかったようだ。3回途中、4失点での降板であった。復帰2戦目、好不調はあるので次の試合は頑張ってほしい。
杉浦の乱調で試合はロッテペースですすみ、8回表を終了して1-7と6点差がつく負け試合であった。しかし帯広での日本ハムは強さを発揮するようで、杉谷の代打HRで反撃の狼煙をあげると中田のこの試合2本目となるタイムリーで3-7とするとレアードが3ランで6-7とあっという間に1点差まで追い上げた。
9回、浦野が三者凡退にロッテ打線を打ち取ると、その裏一死から松本剛が13球粘って四球を選ぶと近藤が1塁線を抜く3塁打を放って7-7の同点に追いついてしまった。驚異的な粘りであった。
d0183174_09493508.jpeg
d0183174_09494785.jpeg
そして中田翔が2球目を三塁線をやぶるサヨナラタイムリー、なんと8-7で逆転サヨナラ勝ちをおさめた。
4月18日の西武戦、8-0から大逆転をきっしてしまったがこの試合の逆のパターンを帯広でおこなったことは今後のチームの勢いを加速しそうである。金曜日からの西武戦楽しみになってきた。
バドミントンの世界選手権、女子シングルス2回戦では日本人選手が登場したが明暗がわかれてしまった。最初に登場した大堀彩、マレーシアの一番手・ゴー・ジンウェイに18-21、20-22とまさかのストレート負けをきっしてしまった。
d0183174_09495419.jpg
「自分でもよくわからないまま試合が終わってしまった。失点後、自分の中でしっかり気持ちを整理できないまま次のラリーに入ってしまいました。」とコメントしているとおり、精神面強化が今後の課題のようである。奥原希望は初戦、前回の初戦と同じカナダ選手との対戦であった。
昨年はファイナルゲームにもつれこむ接戦を制しての勝利であったが、今年はストレートで快勝であった。やはりメンタル面が素晴らしいと感じる試合であった。
d0183174_09500157.jpg
その他の日本人選手は女子ダブルスではタカマツペアがファイナルまで持ち込まれた試合を制して3回戦に進むなど順当に勝ち上がった。
3回戦勝利してベスト8に進むのは誰であろうか、こちらも楽しみである。

by motokunnk | 2018-08-02 09:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム大勝、世界バドミントン、藤井七段100局目

日本ハムは毎年この時期、北海道東地区への遠征試合を行っている。今年も釧路、帯広での試合が予定されており、昨日は釧路でのロッテ戦が行われた。
先発は有原航平、昨年も釧路で先発していたが昨年は釧路で負けてしまっており、リベンジ登板でもあった。ロッテの先発は石川であったが出来は最悪であった。
1回に西川、松本剛が連打でチャンスをつかむと、一死1、2塁から中田翔のタイムリーで先制すると、一死満塁からアルシアが走者一掃のタイムリー2塁打で4-0とリードを拡げた。
結局初回だけで11安打10得点の猛攻で試合を決定づけてしまった。いきなり10点の援護点をもらった有原であったがピッチングは安定しており、ロッテ打線を8回まで無失点におさえて7勝目をあげた。
d0183174_11111367.jpeg
d0183174_11112093.jpeg
クローザーを経験してからの先発復帰はこれで3連勝負けなしである。いよいよ有原本領発揮と考えてもよさそうだ。中田翔も3安打5打点と大活躍、今日の帯広での試合、先発は前回移籍後初勝利をあげた杉浦稔大、文字通り地元での凱旋登板となるがどんなピッチングを魅せてくれるか期待がもてる。
中国でバドミントンの世界選手権がはじまった。優勝を期待できるメンバーが出場する日本代表、その中で男子渋谷グルスでは桃田賢斗が1回戦を何なく勝ち上がった。本人にしてみれば何年振りかの勝利であったが、全然そんなそぶりを見せない内容の試合であり、今後に期待がもてる内容であった。
d0183174_11112781.jpg
d0183174_11113427.jpg
その他では混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗ペアが1回戦を勝利し2回戦に進出した。昨年は初戦敗退しくやしい思いをした渡辺勇大/東野有紗ペアであったが全英選手権を制して以降は自信がついたようで試合運びも安定感がでてきたようだ。
今日は女子シングルスで山口茜、奥原希望、大堀彩の3選手が登場する。どんな試合で勝ち進んでいくか注目である。
そして将棋の順位戦C級1組の3回戦が行われ、藤井聡太七段は西尾明六段と対局した。両者ここまで2連勝と好調をキープしており藤井七段としては強敵との対局となった。
横歩取りの対局となった本局、序盤から両者長考が多く、難しい指し手が続く中で徐々に藤井七段が指しやすくなったようで75手で藤井七段の勝利となった。これで藤井七段3連勝である。そしてこの対局がデビュー100局目となり85勝15敗という史上1位タイの好成績を記録した。
d0183174_11114219.jpg
ベスト5もそうそうたる棋士が名を連ねており、藤井七段の今後が期待できる。

by motokunnk | 2018-08-01 11:15 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)