人気ブログランキング |

タグ:イルミネーション ( 21 ) タグの人気記事

新入団発表、応援大使、青の洞窟

プロ野球各チームで新入団選手の発表、お披露目が行われた。日本ハムも新入団選手8名が国の重要文化財に指定されている「札幌市豊平館」でお披露目された。
d0183174_09094845.jpg
サイドスローからの最速150キロの直球とスライダーが持ち味の堀は「1年目からローテーションに入って2桁勝利。同い年の中では一番で白星を挙げたい」と決意を口にしたそうだ。23日はファン感謝ディである。ファンには今日お知らせがあるそうだ。
また日本ハムは地域密着をテーマに道内179市町村に応援大使を選任して、各市町村のイベントなどに駆けつけている。シーズンオフの昨日は13選手が今金町、積丹町、三笠市、美瑛町、苫小牧市、清水町、新ひだか町の2市5町を訪れた。
そんな中、斎藤佑樹、有原航平が応援大使を務める美瑛町、「青い池」が人気観光スポットでそこにむかっているときに、前方でスリップした車を発見、運転していた男性を救助したそうである。今年は勝星があげられなかった斎藤佑樹だけに来シーズンは最後のチャンス、初年度の6勝以上の勝利を目指してほしい。
青つながりではないが、昨日から渋谷公園通りから園内のケヤキ並木まで約750メートルに「青の洞窟」をイメージし55万球の青色LEDが輝く「青の洞窟SHIBUYA」がはじまった。数年前に目黒川で開催されたイベントが場所をかえて復活したようだ。
d0183174_09091061.jpg
d0183174_09091945.jpg
たまたま夕方渋谷に出かける用事があったので観てきたが、なかなか壮観な景色であった。1月9日まで夕方5時から11時までライトアップされているという。クリスマスにむけてカップルや家族連れにはもってこいのお散歩コースではないだろうか。

by motokunnk | 2016-11-23 09:12 | 日記 | Trackback(28) | Comments(0)

今日はクリスマスイブ

今日はクリスマスイブであるが、我家ではパーティをしたり、ケーキを食したりと何も特別なことはしない日がここ何年も続いている。
そして今日、私は年内最後の出勤であった。私のバイトしている財団は今日が年内最後の営業日ということもあり、昼食は全員(といっても6人)で近所のレストランで昼食会であった。ランチセットは雛鳥であった。それが唯一のクリスマス気分を味わった出来事かもしれない。
d0183174_18522531.jpg
帰宅時に青山学院のキャンパスのクリスマスツリーを見て帰ることにした。地上10m近くある樅の木に電球がつけられてとても綺麗であった。手ブレしてしまい、なかなか綺麗な写真は撮れなかったのが残念であった。


by motokunnk | 2014-12-24 18:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)

会社の忘年会にお呼ばれされ、銀座まで

11月末で定年退職した会社の所属部署で忘年会をするというお招きがあった。忘年会ということだが、私の退職祝いや部署で結婚した人のお祝いも兼ねているということなので出席することにした。
場所は本社から歩いて数分のところだそうで、メールによれば、「わかりずらいずらい場所にあります」と書かれている。開始時間に合わせて行くと迷う可能性もあったのでちょっと早めに開催場所にいけるように自宅をでた。
退職後、電車に乗るのは考えてみれば初めてだったが、ちょうど退社時間のわりに電車は始発ということもありそれほど混んでいなかった(座って銀座駅まで行くことができた)。
銀座駅につき、銀座通りにでると、通りのビル側面は思考をこらしたクリスマスイルミネーションで華やかであった。
d0183174_1461724.jpg
d0183174_1464526.jpgd0183174_147950.jpg目を歩道に移すと足元も綺麗なイルミネーションで飾られていた。幟をみると「ヒカリミチ」とあるので、この歩道に設置されたイルミネーションは「ヒカリミチ」と題されているのだろう。帰宅しネットで調べると「ヒカリミチ」というページが開設され、銀座通りだけでなく、晴海通りにもイルミネーションが設置されているようだ。
また、年末といえば社会鍋に代表される歳末助け合い運動が有名だが、募金箱も設置されているそうだ。募金箱は見かけなかったがまた来ることがあれば募金しようかと思う。
忘年会場は銀座1丁目交差点からすぐの場所ではあったが、脇道の路地に立地しており、ふつうに歩いているとまず見つけることはできない。事前に外観をチェックしておいたのとなるべく左右を見ながら歩いていたので、迷うことなく行き着くことができた。一乗寺という名からすると和食屋かと思うが、イタリアンレストランだそうだ。
d0183174_1473496.jpg
建屋は日本家屋、お店のマークは現代風、どうみても年代もの、そして料理はイタリアンというミスマッチがいいのかもしれない。
銀座にこのような店があることを初めて知った。料理はそこそこであったが、カロリーの高そうなものばかりであった。
参考URL → ヒカリミチ
参考URL → 一乗寺
by motokunnk | 2013-12-17 14:09 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

六本木ヒルズで送別会

定年退職してから送別会というのもへんだが、現役のときは予定がとれずに退職後にしてもらった送別会が昨日あった。ごくうちわでの送別会であったし、私のことを考えてくれて(かどうかは不明だが)開催メールの場所を見ると六本木ヒルズであった。
ただ、意外と六本木は不便な場所である。私の住んでいる渋谷からは電車が走っていない、電車で行くには乗り換えが必要になってしまう。学生時代や社会人時代、六本木で飲んだら、歩いて帰っていたものである。さすがに昨日は歩いていくことは面倒だし、疲れるのでバスで行くことにした。
都営バスが運行しており、新橋駅行きのバスの他に六本木ヒルズ行き(それも直通運転もあるらしい!)のバスが新たに運行している。初めてバスで六本木ヒルズに向ったのだが、ヒルズのバス停は森タワーの地下であった。雨の日などは濡れずにオフィスにいけるので便利だろうなと思ったが、渋谷駅のバス停までは傘が必要なので片手落ちといえばそうかもしれない。
ちょっと宴の開始まで時間があったので、六本木ヒルズ内を散策する。けやき通りのクリスマスイルミネーションはTVなどで放送されており、有名なのでヒルズ内を歩くと森タワー前に大きなツリーを発見した。
d0183174_8552161.jpg

夕闇のなかに、綺麗なシルエットがLED(だと思うが)で飾り付けられ見事であった。周りで写真を撮っている人も数多く見られた。ヒルズ内もイルミネーションがいたるところに施されていたが、ヒルズから見た東京タワーも綺麗であった。やはり旧い人間は東京といえば東京タワーのようである。東京タワーをバックに写真を撮っているカップルの姿も見受けられた。
d0183174_8553675.jpg

宴が開催されたのは、回転寿司のお店であった。回転寿司のお店が六本木ヒルズにあるというのは驚きであり、また個室(半分個室となっており、レールごしに店が見渡せる)があるのにもビックリである。てっきりヒルズ内にあるものと思っていたら、メトロハット(地下鉄からの連絡用のタワー)にあった。ここにこんなお洒落な店があるということも知らなかった。企画した人間によれば外国人に寿司を紹介するときによく利用するそうだ。当日も外国人がけっこう店内にいたので納得である。
d0183174_8555520.jpg

六本木ヒルズの新たな一面を見つけた昨日の宴会であった。そういえば六本木ヒルズができて10年だそうで、10周年のアニバサリーフェアも同時に開催されていた。
参考URL → 六本木ヒルズイルミネーション
参考URL → ぴんとこな
by motokunnk | 2013-12-10 08:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「オアゾ」に「オズワルド」出現

昨日、ちょっとした買い物があり丸の内「オアゾ」に出かけた。連絡通路を利用して京橋から行ったのであるが、八重洲地下街ではクリスマスツリーが飾られて、年末の雰囲気を醸し出していた。これで福引会場がオープンすれば昨年と一緒だ。
d0183174_1923347.jpg

八重洲から地下連絡通路を利用して丸の内へと進む。珍しく動輪の広場でイベントが開催されておらず、動輪の前には何もないので動輪がフルに見ることができる、週末にイベントがあるようだ。
d0183174_19234251.jpg

オアゾの入り口にはクリスマスツリーが飾られ、クリスマスシーズンの到来を感じさせてくれる。
d0183174_1924758.jpg
さて1階にあがると、奥の広場には懐かしいキャラクタをデザインしたツリーが飾られていた。ミッキーマウスより前にみた「オズワルド」である。展示説明では都計廻りにツリーの周りを歩くとよいと書いてあったが、実際に歩いている人はいなかった。
d0183174_19242581.jpg

ただ、昼時だったので、写真を撮っている人は多数見受けられた。ツリーの脇にはTVモニターが設置されて、当時のアニメーションを流していた。たぶん、私はTVのディズニー番組で見た記憶はあるが、その後の世代は初めて見るキャラクタなのではないだろうか。
帰宅してホームページを確認すると、ディズニーイベントはオアゾだけでなく、ランドマークタワーなどでも開催されているようだ。ガイドマップを見ると、オアゾだけでなく丸ビルや新丸ビルなどのランドマークにもオリジナルのクリスマスツリーが飾られているようだ。
d0183174_19251043.jpg
東京駅丸の内のイルミネーションも今年も開催されているらしい。帰宅時にちょっと寄り道してみようかなあと感じてしまった。
参考URL → オアゾ
参考URL → ディズニークリスマス
by motokunnk | 2013-11-21 19:25 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

渋谷パルコのクリスマス、今年は光のボックス

昨日、冬の買い物で東急ハンズに出かけた帰り、渋谷パルコの前にできたクリスマスの展示を観てきた。どちらかというと買い物というのは付けたしでパルコのクリスマスの展示物をみるのが目的だったのかもしれない。
渋谷パルコのエントランス前は、何かのイベントがあると飾りつけられて公共スペースでありながらミニチュアのイベント開催スペースとして活用されており、行きかう通行人や買い物客の目を楽しませてくれる。昨年のクリスマスのときは上下するクリスマスツリーが出現したが、今年のクリスマスは大きな箱が出現している。
d0183174_18435384.jpg

ネットで調べると、清川あさみというアートディレクタの作品だそうである。第一印象はカラフルな箱といったところである。清川さんがセレクトしたクリスマスソングを聴くことができるイヤホンジャックを用意。設置されたボタンを押すと、ライトが点灯したり音が鳴ったりする仕掛けも施したとのこと、カップルや子ども連れがボックスをバックに記念写真を撮っている姿が微笑ましかった。
今日夕方、用事があり渋谷に行った際には、イルミネーション全開で非常に綺麗な輝きを放っていた。
d0183174_18442034.jpg
夕方も写真を撮る外国人、通勤途上の人など多数いたことを報告しておく。渋谷もそろそろクリスマス一色になってきたようである。
d0183174_18444112.jpg

昨年紹介した北米航空宇宙防衛司令部のサンタプロジェクトは12月第1週から追跡を開始するようだ。ホームページにそのように書かれていたので12月になったら訪ねてみようと思う。また、先日紹介したヒカリエのクリスマスツリーについても紹介されていたのでリンクしておく。
参考URL → 渋谷パルコ前でクリスマスオブジェ点灯-清川あさみさんとコラボ
参考URL → 清川あさみ
参考URL → Welcome to NORAD
参考URL → 渋谷ヒカリエに「形の無い」Xマスツリー、ライゾマティクス監修
by motokunnk | 2013-11-18 18:45 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

ヒカリエのクリスマスイルミネーションとその他のイベント

ヒカリエのクリスマスイルミネーション「WONDER TREE」が昨日公開されたが、今週初めから造作がなされていたので、14日点灯といわれても親近感がわかなかった。
今朝の出勤時にも何らイルミネーションが点灯しているような雰囲気はなく、ちょっとガッカリしてしまったが、帰宅時に見ると様変わりしているではないか。地下3階から見ると、光のラインが走っており、それにデコレーションされた円形の飾りがキラキラ光りながら幻想的な風景を映し出している。
d0183174_18522833.jpg
d0183174_18524264.jpg

ライゾマティクスプロデュースということでその会社のホームページを見てみると、現在のデジタルサイネージもワークスのトップに掲載されていた。
その関連でヒカリエが発注したようであるが、昨年のクリスマスツリーとは違った美しさをかもし出している。ヒカリエのホームページを見ると、いろいろなお店でクリスマスのセールが開催されていることや、8階のイベントスペースでもクリスマスにちなんだ催しが開催されているようだ。
d0183174_18525997.jpg

渋谷駅周辺では、渋谷パルコにもクリスマスイルミネーションが完成しているようだ。こちらは「デコマックス」と名付けられた大きな箱!である。製作した清川あさみさんの解説によれば「クリスマスはカップルや恋人など、いろいろなラブがマックス盛り上がれば、と思った」とのこと。こちらのほうがシンプルだけにわかりやすい。明日でも見に行こうかと思っている。
この他にもこれから渋谷駅周辺には様々なクリスマスツリーやイルミネーションが登場してくるようである。いよいよクリスマスシーズンの到来のようだ。
参考URL → 光のトンネル「WONDER TREE」
参考URL → ライゾマティクス
参考URL → クリスマスオブジェ点灯-清川あさみさんとコラボ
by motokunnk | 2013-11-15 18:54 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

クリスマスには、何故ツリーを飾るのか

街はすっかりクリスマスである。ショップやアーケードなどにはクリスマスツリーやクリスマスリースが飾られ、商戦をもりあげている。夕方になると、それらはライトアップされ、クリスマスイルミネーションとして待ちゆく人たちの心を和ませてくれる。
d0183174_2143530.jpg
d0183174_214511.jpg

さて何の気なしにクリスマスにはクリスマスツリーを飾ってお祝いするものだと思っていたが、そもそも何故クリスマスにはクリスマスツリーを飾るのだろうか、そんなこと考えもしなかったが、ふとあるビルに飾られていたクリスマスツリーの説明文を見て、ちょっと調べてみようかという気になってしまった。
このことは過去にもいろいろな人が疑問に思ったようで、Yahoo知恵袋にも同様な質問が寄せられており、その中のベストアンサーが納得の答えを導きだしていたので紹介する。
「クリスマスツリーは確かにキリスト教本来のアイテムではなく、極めて異教的なものだと言われています。これは説明するとものすごく長くなるのではしょりますが、簡単に言えばクリスマス自体が異教の冬至祭をキリスト教化したものだからということになります。そもそもキリストの誕生日の記述は聖書にはありません。しかも最近の研究では9月より前だったとされています。なぜなら羊飼いが出てくるのですが、羊の放牧が12月の寒い時期にはされておらず、少なくとも9月くらいまでだっただろうと推測されるからです。キリスト教ではクリスマスツリーはエデンの園の生命の木あるいは知恵の木だと説明されますが、キリスト教が踏襲した異教の冬至祭で常緑樹を飾り立てる風習がありますから、これをそのまま取り入れたと考える方がより妥当だと思います。」
との書き出しで「 樹木信仰は世界各地に存在していて、日本でもあります。木を神の依代(よりしろ)として、神がそこに下りてくるという考え方であったり、あるいは木そのものを神であると考えました。神道でも榊を供えたりしますし、御幣も依代であっただろうとされています。諏訪の御柱祭などは有名ですね。
ヨーロッパでもキリスト以前のケルト、ゲルマンなどに樹木信仰が見られました。ケルトではオークが、ゲルマンではトネリコが聖なる木と見なされていたようですね。ケルトにおける樹木信仰は引用文にある通りです。ゲルマンでは世界自体が宇宙樹あるいは世界樹として表わされています。
古代農耕文化との関連性については一概に言えません。日本の場合、古来、田んぼの中に桜を植える習慣がありました。これは桜に稲の神が宿ると考えられていたためです。さくらの「さ」は穀物の意、「くら」は座、つまり居場所を意味します。「さおとめ」「さなえ」など「さ」も同じ意味だと民俗学の先生が言ってました。」
とまとめられている。さすがによくまとめられている。
一方で、ビルの説明文には「知恵の木」という説明もされていた。こちらの説明はウィキペディアにそれと思わせる文章が掲載されていた。
「クリスマスのために飾り付けられた木である。「知恵の樹」の象徴とされる。」とあり、もみの木が多用されることには「常緑樹が使われるのは、冬の間も緑を保つため、強い生命力の象徴とされたためである。また、『クリスマスの起源』(O.クルマン著)によれば、中世の聖夜の降誕祭の序幕において行われた、アダムとエヴァの堕罪の舞台劇で使われる「知恵の樹(善悪の知識の樹)」として、冬に葉が落ちてしまうリンゴの木の代用に、常緑樹のモミの木が禁断の木の実を飾るために使用されたのが由来ともされる。」のように説明されている。
飾りひとつにも意味があるようで、ボールにはアダムとイブが食べたリンゴをモチーフにしているとか、ツリー上部につける星はイエスの誕生を導いた星をイメージしているとかだそうだ。
何気なく見ているクリスマスツリー、そのツリーや飾りにもそれぞれ意味があるのだなあと思った。
参考URL → 大崎THINKPARK
参考URL → クリスマスツリー
by motokunnk | 2013-11-13 21:06 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

今年、ヒカリエのクリスマスツリーは

渋谷エリアも当然のことのようにクリスマス商戦に突入したようだ。ヒカリエでもクリスマス商戦突入とあって、クリスマスリースやポスターなどで飾りつけを行ってクリスマスのイメージを盛り上げている。
d0183174_8532191.jpg

昨年は11階にクリスマスツリーを製作してはでに商戦をもりあげていたが、今年はどんなイベントを行うのかとホームページを見てみると地下3階から地上4階までの吹き抜けを利用してツリーを作っているようだ。
紹介ページには以下のような紹介がなされている。
「アーバンコア」の中を縦横無尽に伸びる形のないこのツリーは、「アーバンコア」を取り囲むデジタルサイネージ「マルチリング」とも連動しています。国際的に活躍するクリエーター集団である株式会社ライゾマティクスのプロデュースによる。だれも体験したことのない「WONDER TREE」をお楽しみに。
11月14日に点燈されるようなので今週の木曜日が楽しみである。どんな光のつながりが現れるのだろうか。
参考URL → 「WONDER TREE」
by motokunnk | 2013-11-10 08:53 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

TOKYO HIKARI VISIONは中止となったが

クリスマスが終わり、今日からは新年ムード一杯である。昼間用事で出かけたが、東京駅地下のGRANSTAでは昨日クリスマスツリーが飾られていた場所に今日からは門松が飾られ、販売している品揃えも正月のおせち料理がメインとなっていた。
さて、東京駅といえば、先週後半から3D映像を駅舎に投影する「東京ミチテラス2012」が開催されているが、何とその目玉である「TOKYO HIKARI VISION」が23日の上映で予想を上回る観客が殺到してしまい駅前が大混乱となったそうだ。そのため24日から上映を中止し、25日に会期中の上映を全て中止する決定がなされたそうである。
同時開催の「STARLIGHT WALK」は開催されるとのことでそちらを見て帰宅することにした。こちらは「丸の内イルミネーション」の真ん中をつききる形で会場が設営されているので、同時に「丸の内イルミネーション」も見物することができた。
d0183174_1919263.jpg
d0183174_19194793.jpg
d0183174_1920235.jpg

どちらも「TOKYO HIKARI VISION」ほどの迫力(実際に生で見たことはないが)はないかもしれないが、光の演出としては1級品であり、これも足を運んでみる価値はあると思う。「TOKYO HIKARI VISION」目当てで来た人たちなおかもしれないが、「STARLIGHT WALK」「丸の内イルミネーション」もけっこうな見物客を集めていた。また「TOKYO HIKARI VISION」ぬきでも夜の東京駅丸の内駅舎は美しいと思った。
d0183174_19202212.jpg

東京ミチテラスのホームページには関連イベントのページも用意されており、その中には「丸の内イルミネーション」のほかに開催中のものとして「SPACE BALL」があげられていた。東京フォーラムで開催中なのでおりとみて見に行くことにしよう!
参考URL → 東京ミチテラス2012
参考URL → JR東京駅:光の映像ショー中止 年末の混乱予想で
by motokunnk | 2012-12-26 19:21 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)