人気ブログランキング |

タグ:ウィルス ( 8 ) タグの人気記事

標的型攻撃で各団体で被害が続出

日本年金機構にはじまり、東京商工会議所、石油連盟などで標的型メールによる情報流出が明らかになっている。
標的型メールの場合、自分のPCが対象になっていないであろうと考えている間にウィルスに感染してしまうのが特徴なので、知らぬ間にウィルス感染してしまい、大量の機密情報を盗み取られてしまった団体が今後でてくる(既に盗まれているかも?)可能性は大である。
日本版MOOCとして1年前から動きはじめているJMOOCの講座の中に「情報セキュリティ『超』入門」という講座が開講されている。この講座は情報セキュリティ大学院が専門的な情報セキュリティを学ぶ入門として、暗号技術、システムやネットワークから法­制度まで、情報セキュリティを幅広く見渡すことができる講座である。
たまたま私も復習の意味も兼ねて受講したのだが、この講座で言われていることを守っていれば標的型メールを守ることができたように思える。
標的型攻撃で各団体で被害が続出_d0183174_08243704.jpg
ウィルス感染する一番の要因は人間の脆弱性だと私は考える。現役時代は勤めていた会社の情報リテラシーが低かったので、IT部署から情報セキュリティのe-ラーニングが半年単位で受講させられたり、抜き打ちでにせ「標的型メール」が送られて社員一人ひとりの注意喚起をしていた。
情報セキュリティ対策は教育が一番重要だと思うし、その教育も繰り返し行うことが大切だと思う。セキュリティ技術も進歩していくし、攻撃も多彩をなってくるから反復の意味も兼ねての教育は欠かせないと考える。
標的型メール以外にも俗にいうサイバー攻撃の種類は多数ある。まずは個人が知らない人からのメールは絶対開封しないなどの対策をしておく必要があるが、企業・団体などはIT管理部署が率先してセキュリティ教育をしていく必要があると思う。
マイナンバー制が導入されるが、政府機関のセキュリティ対策は万全なのであろうか、ちょっと心配である。安倍首相の絶対安全という言葉はあてにならないし、根拠がないことは東京オリンピック招致活動で語った「福島原発の対応措置がすでに終わり安全である」という発言が嘘であったことからも信用できないからである。
参考URL → 標的型攻撃でパソコンがウイルス感染
参考URL → JMOOCとは・イラスト転載サイト
by motokunnk | 2015-06-12 08:26 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

デング熱対策に蚊を利用?

昨晩、NHK-BS国際報道を観ているとブラジルからの報告でデング熱対策に蚊を利用するという試みが紹介された。映像は毎朝容器の中から蚊を逃がすシーンからスタートした。ウィルス感染している蚊をなぜ離すのかと不思議に思っていると、ナレーションがながれてきた。
デング熱対策に蚊を利用?_d0183174_08310757.jpg
「ウイルスの働きを抑えるバクテリアの一種で「ボルバキア」と呼ばれる物質を注入した蚊ははなしている、この物質には蚊が吸った血液の中にあるデング熱ウイルスの増殖を抑える効果があり、蚊を通した新たな感染を防ぐことができるうえ、殺虫剤などと比べほかの生物への影響が少ないのが特徴だ」ということである。
この取組が成功すれば日本でもデング熱撲滅に効果はあるだろう。デング熱ウィルスを媒体する蚊がデング熱ウィルスの増殖を抑えるのであるし、その蚊のこどもも同じバクテリアをもっているというのであるから一石二鳥である。デング熱感染者は一時期ほどの伸びはないが、全国各地に拡大していっている。重症者はでていないのが幸いだが、長袖を着ての外出は面倒なのではやく「ボルバキア」というバクテリアの研究を日本でも開始してほしい。
参考URL → ウイルス抑える蚊
参考URL → ボルバキア

by motokunnk | 2014-09-26 08:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

デング熱感染拡大、エボラ熱も世界規模、そして錦織4強へ!

代々木公園周辺を訪れた人の間でデング熱感染者が全国規模で拡大している。デング熱といってそのまま死に至る恐ろしい病気ではないが、ほっておくと重症になるというので若干心配である。
今朝のニュースでは明治神宮に参拝した人からも感染者がでたという。確かに明治神宮も代々木公園に隣接しており、可能性は否定できないが、デング熱感染者は全国に散らばってしまったのだから、その感染者を地域の蚊が刺し、その蚊がデング熱ウィルスを他の人に移す可能性もあるのではないか。
そう考えると、けっこう深刻な問題となりそうである。エボラ出血熱も世界規模での拡大が恐れられている感染症である。まだ日本に影響はないが、アメリカなどでは感染した医師が治療のために帰国するなど、メディアも注目している。
こちらは3000人以上が感染し、1500人以上が死亡している恐ろしい感染症である。特効薬もない現状を考えると、うてる対策はすぐ実行することが第一と考える。
池上彰の朝日新聞の連載コラムが話題となっている。事の発端は朝日新聞がなんでも書いてかまわないと言っておきながら、先月の従軍慰安婦問題について言及すると、それは困るといったとか、今日の朝刊に実際に掲載されているので読んでみたが、確かに辛辣な意見ではある。
ただ、この程度の内容は他の新聞ではとっくに書かれていたことなので、「なぜ朝日新聞が?」と疑問に思う。この騒ぎがなければ、さすがに朝日新聞と言われるところだったのに、残念な騒ぎであった。
デング熱感染拡大、エボラ熱も世界規模、そして錦織4強へ!_d0183174_08494114.jpg
そして全米オープン準々決勝、錦織圭がフルセットのすえ、全豪覇者で世界ランキング4位のスタニスラス・ワウリンカに競り勝ち1918年熊谷一弥以来日本男子大会96年ぶりの4強入りを果たした。有言実行、どこまで勝ち上がっていくのだろうか。
デング熱感染拡大、エボラ熱も世界規模、そして錦織4強へ!_d0183174_08494905.jpg
参考URL → デング熱 計48人に
参考URL → エボラ患者 今後著しく増加も
参考URL → 錦織4強!日本男子96年ぶり快挙・写真転載サイト
by motokunnk | 2014-09-04 08:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

デング熱は代々木公園で感染した?

こんなニュースが昨日の夕方に放送された。テング熱そのものもどんなものか、どんな症状が発症するのか、危険性は高いのかなど知らないことだらけなのでとりあえず調べてみた。
デングウイルスが感染しておこる急性の熱性感染症で、発熱、頭痛、筋肉 痛や皮膚の発疹などが主な症状で、ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染する(蚊媒介性)。
ヒトか らヒトに直接感染するような病気ではなく、また、感染しても発症しないことあるという。症状も軽いそうでよほどのことがない限り死亡することはないそうだ。
ヒトスジシマカがウィルスを媒介するそうだが、蚊がウィルスを媒介するのは、日本脳炎ぐらいかと思っていたが、その他にもあることがわかった。いくつになっても知らないことだらけである。
デング熱は代々木公園で感染した?_d0183174_08255000.jpg
代々木公園で感染したそうで、公園といえば、よく若者たちがダンスなどの練習をしているので早速、「消毒→立入禁止」となったそうだ。エボラ出血熱とは違うが、異常気象の影響でもないだろうが何十年ぶりという言葉を最近よく耳にする。
これも天変地異の前触れなのかもしれないねとは朝食時のカミさんの言葉である。ホントに同感である。
参考URL → デング熱とは? 症状は?
参考URL → デング熱発症
参考URL → ヒトスジシマカの写真
by motokunnk | 2014-08-29 08:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

アフリカ西部でエボラ出血熱が流行して死者が千人?

8月に入って、エボラ出血熱で死亡した人が急増している。アフリカ西部のリベリアで死亡が確認されたのが発端だったようで、感染地域は拡大してナイジェリアにも飛び火し、サウジアラビアでも男性一人がエボラ出血熱の疑いがあり死亡したという。
エボラ出血熱とは言葉では聞いたことがあるが、どんな病気なのかを調べてみると、特効薬がないそうだ。厚生省のサイトによると、「エボラウイルスによる急性熱性疾患であり、ラッサ熱、マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱とともに、ウイルス性出血熱の一疾患である。
最も重要な特徴は、血液や体液との接触によりヒトからヒトへ感染が拡大し、多数の死者を出す流行を起こすことであり、しばしば注目を浴びている。」と書かれている。そして特別な治療法はなく、症状を軽くするための集中治療が唯一だそうで、とにかくウィルスに感染しないように心掛けることしかないようだ。
アフリカ西部でエボラ出血熱が流行して死者が千人?_d0183174_08233670.jpg
夏季休暇がはじまり、海外旅行に行く人も多いだろうが、くれぐれも感染には気をつけてほしい。成田空港にも注意書きが貼られているという。ぜひ注意事項を守って安全で楽しい旅行をしてきてほしい。
by motokunnk | 2014-08-08 08:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)

IE不具合問題が波及している!

今週初めからニュースなどで報道されているインターネット閲覧ソフトで日本では半数以上が利用している、IE(インターネットエクスプローラ)に深刻な脆弱性が発見され、米国、欧州内ではその使用を停止するよう政府が発表している。
IE不具合問題が波及している!_d0183174_8572272.jpg

日本政府もようやく重い腰をあげたようで、今朝の新聞トップで報道されている。マイクロソフトのサイトでは対策ページも用意され対策方法を述べているが、それで万全とはいえないようだ。
私のPCはトレンドマイクロのウィルスバスターだが、そのセキュリティニュースでもIEユーザー向けにこのような対策をしたほうがよいと言っている。
・Microsoft社によるセキュリティ更新プログラムの提供までInternet Explorerの利用を控え代替のブラウザを利用する
・不審なメールやWeb上の書き込みにあるURLに安易にアクセスしない
・不審なメールの添付ファイルを安易に開かない
・Windows XPの利用ユーザは、Windows7や8/8.1などサポート対象内のOSにアップグレードを行う
マイクロソフト社によれば、XPについても対策を施すというコメントをだしているので問題ないかもしれないが、ちょっと心配ではある。
ちなみに他のブラウザーをダウンロードするサイトまで紹介されていた。おまけにお気に入りなどのお引越し方法まである。私もIEユーザーだが、今週からは念のため「Google Chrome」を利用している。
参考URL → どんな危険性があるの?
参考URL → Google Chrome
参考URL → Chromeにお気に入りと他のデータをインポートする方法
by motokunnk | 2014-05-02 08:57 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

2013年本屋大賞に、本命『海賊とよばれた男』とXPサポートは後1年

昨日、2013年の本屋大賞が発表された。下馬評通り『海賊とよばれた男』百田尚樹著が選ばれた。今年はノミネート段階で10位が同点で11作品から大賞を選ぶようであった。
2013年本屋大賞に、本命『海賊とよばれた男』とXPサポートは後1年_d0183174_19152264.jpg

これがノミネート段階で書店員さんが選んだ本の順位である。
1位『海賊とよばれた男』百田尚樹/講談社
2位 『きみはいい子』中脇初枝/ポプラ社
3位『屍者の帝国』伊藤計劃,円城塔/河出書房新社
4位 『晴天の迷いクジラ』窪美澄/新潮社
5位 『世界から猫が消えたなら』川村元気/マガジンハウス
6位『ソロモンの偽証』宮部みゆき/新潮社
7位『百年法』山田宗樹/角川書店
8位『ふくわらい』西加奈子/朝日新聞出版
9位『光圀伝』冲方丁/角川書店
10位 『楽園のカンヴァス』原田マハ/新潮社
11位『64(ロクヨン)』横山秀夫/文藝春秋
そしてこれが昨日発表された順位である。
■「本屋大賞2013」順位
1位『海賊とよばれた男』百田尚樹/講談社
2位『64(ロクヨン)』横山秀夫/文藝春秋
3位『楽園のカンヴァス』原田マハ/新潮社
4位『きみはいい子』中脇初枝/ポプラ社
5位『ふくわらい』西加奈子/朝日新聞出版
6位『晴天の迷いクジラ』窪美澄/新潮社
7位『ソロモンの偽証』宮部みゆき/新潮社
8位『世界から猫が消えたなら』川村元気/マガジンハウス
9位『百年法』山田宗樹/角川書店
10位『屍者の帝国』伊藤計劃,円城塔/河出書房新社
11位『光圀伝』冲方丁/角川書店

大賞は『海賊とよばれた男』で同じであるが、2位以下はかなり変動しているようだ。一次選考と二次選考で選考の仕方が異なっていることからこの順位となったようだが、作者にしてみればノミネートされただけで幸せなのかもしれない。
過去の大賞は昨年の「舟を編む」は今週末に封切りされるし、昨年の「謎解きはディナーのあとで」はフジテレビでドラマ化され、映画化も決まっている。そして一昨年の「天地明察」は映画化と大賞をとればどれも映画化されている。
また大賞作品ではないが「のぼうの城」は映画化とノミネート作品はいずれもその後ドラマ化や映画化など別の媒体での作品化がなされているものが多いようだ。
私のつたない読書履歴では「謎解きはディナーのあとで」、「天地明察」の2冊のみが購読対象だったが、いずれの本も読みやすくあっという間に読み終えてしまったというのが実感である。本は読み応えのある重厚な内容もいいが、肩がこらずにさっと読むことができる本もいいと思う。
今年のノミネート作品では「世界から猫が消えたなら」が個人的には読んでみたい作品である。KOBOで読んでみようかと思っている。
話はかわり、昨日夜のニュースでは、マイクロそふぃとのOSであるWindowsXPのサポート終了が後1年であると報道されていた。仕事柄、この話題は数年前から知ってはいたがこのようにニュースで放送されるとやはりと思ってしまう。WindowsXPが発表されたのは2001年であり、その頃はウィルスといってもトロイの木馬のようなワーム型のウィルス対策であった。
それが最近はマルウェア対策を施さなければいけなくなり、そのための対策費がけっこうかかってしまうそうである。10年前の車に衝突防止装置(アイサイトのような)を組み込むようなものと考えていいのかもしれない。ただ、企業では業務利用しているPCの約半数がいまだにXPだそうで、今後1年をかけて最新OSへ移し替えていかなければいけないとニュースでは訴えていた。
言うのは容易いが、XPベースで開発されたソフトもあるだろうし、1年かけてコンバージョンはなかなか大変な作業だと思う。これもXPが優秀なOSだったことを証明しているのだがいいものは永久にあるわけではないし。
参考URL → 本屋大賞
参考URL → 本屋大賞・百田氏、村上春樹氏に恨み節「売れる本ぶつけないで」
参考URL → クリエイター発の小説がスマッシュヒット!“震災”がカギ?
参考URL → XPとOffice 2003のサポート終了まで1年 MSが企業ユーザーの移行支援を「強化」
by motokunnk | 2013-04-10 19:17 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

2月2日は情報セキュリティの日だそうだ

今日の昼休みにいつものように、ネットニュースをみていると、何の気なしに見たページに今日は情報セキュリティの日ですという文字が書かれていた。
情報セキュリティには日頃から注意しているが、情報セキュリティの日があったとは知らなかった。早速ネットで調べると、内閣官房情報セキュリティセンターなる組織があり、そのホームページに「情報セキュリティの日」なるページがあり、制定の経緯について書かれていた。
また2月は情報セキュリティ月間であることも併せて知ったしだいである。本当に今日は何の日ではないが、毎日何らしかの記念日となっているようである。
さて情報セキュリティの日ということで、セキュリティといって思い出すことは、コンピュータウィルスであり、ウィルスに感染したことである。幸いなことに私自身のパソコンは軽微なウィルス感染はあるが、重大なものには感染したことはない。そしてウィルス感染で思い出すのはNIMDA事件である。
2001年9月に発生したので、今から10年以上も前のことであるが、そのときの記憶はまだ残っている。確か昼前後から、周りのパソコンやサーバの状態がおかしくなり、不思議なことに自己増殖してしまって最後はパソコンがウントモスントモいわなくなってしまう恐ろしいウィルスであった。そんな記憶が残っているウィルス事件であった。
当時は、過去に所属していた資料室のサーバもウィルス感染してしまい、夜8時過ぎまでウィルス駆除の手伝いをしていたのを覚えている。最近は昔の記憶が鮮明に思い出すことはできるが、つい最近のことは忘れてしまう。これも歳のせいかもしれない、大事なことはノートに記しておかなければ!

Nimdaについて → IT用語辞典から
情報セキュリティの日 → 内閣官房情報セキュリティセンターのページ
by motokunnk | 2012-02-02 19:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)