人気ブログランキング |

タグ:オウム真理教 ( 3 ) タグの人気記事

オウム真理教とISと旧日本軍

オウム真理教の元信者菊地直子被告に無罪判決が言い渡された。この裁判では、菊池被告に対して東京都庁で起こした郵便小包の爆発事件で、爆薬の原料を運んだとして、菊地被告が殺人未遂幇助罪などに問われたものであった。
オウム真理教とISと旧日本軍_d0183174_08443803.jpg
もともとは地下鉄サリン事件、VXガス事件などオウム真理教が起こした凶悪事件について立件する目論見であったようだが、いずれも起訴するに値する証拠がなく、都庁の郵便物爆破事件の殺人未遂ほう助の罪での立件であった。
オウムジャーナリストの江川紹子さんは司法が事実関係をちゃんと見極めた裁判であったと評価した。確かに、20年前、菊池被告には爆発物運搬という意識はなく、農薬関連劇物の運搬という意識しかなかったのであろう。
ただ無罪判決の後、裁判長が言った言葉を重く受け止める義務はある「法律的には無罪だが、結果的にどういう犯罪を生んだか、心の中で整理してほしい」。
江川紹子さんもいっているが、オウム真理教のようなカルト集団ではトップダウンの教えが絶対正義であるという。ISもカルト集団なので、パリ同時テロなどはその思想をくんだものと位置付けている。第二次世界大戦の日本軍国政府も同じカルト集団であったかもしれない。
ただ、オウム真理教の名前をかえたアレフについては、果たしてカルト集団なのかどうかはわからない。指導者の考え方ひとつでテロ集団となってしまう可能性もあるわけで、オウム真理教でいうハルマゲドンを信じて信者がサリン事件などを起こしたわけであって、人間の心理をコントロールする術に長けた人がリーダーになった宗教団体は危険なのかもしれない。
話はかわり、今日から女子7人制ラグビーアジア最終予選が秩父宮競技場で開催される。日本代表(サクラセブンズというそうだ)は香港での第1ラウンドを首位通過しており、予選突破に期待がかかる。
まずは、初戦の中国戦(香港では唯一の敗戦をしてしまった相手である)を勝利すれば道は開けそうだ。午前10時キックオフである。

by motokunnk | 2015-11-28 08:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オウム真理教事件はこれで終わったのか

今日、オウム真理教事件で特別手配されていた高橋克也容疑者が逮捕され、オウム真理教で特別手配されていた全員が逮捕されようやく終焉を迎えた。
といっても裁判はこれからはじまるわけであり、松本死刑囚などの死刑執行は高橋被告の裁判終了までできないことが予想され(被告人の証人として証言を求められる可能j性がある)、長くて暗い事件が終わるにはもう少しの時間が必要であろう。
オウム真理教の起こした事件は一体なんだったのだろうか、高橋被告もある意味では被害者だったのかもしれない。17年間という逃亡生活の間、人として生きていくことができなかったのではないか。早く自首すればよいという意見もあろうが、自首する勇気がなかったのかもしれない。
今日の夜のニュースはこの話題で持ちきりであろう。消費税問題が飛んでしまうほどのビッグニュースであった。地下鉄サリン事件の本当の目的は何だったのか、そのことを解明してほしい。

毎日新聞 → 高橋克也容疑者:逮捕 矢継ぎ早の情報公開が奏功
毎日新聞 → 高橋克也容疑者:逃走は身勝手…地下鉄サリン事件の遺族
by motokunnk | 2012-06-15 19:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オウム真理教事件の刑事裁判最後の判決

松本サリン、及び地下鉄サリン事件や坂本弁護士一家殺害事件など数多くの刑事事件をおこしたオウム真理教、その幹部の一人であった遠藤誠一被告の上告審が今日行われ、上告が棄却され死刑が確定した。
これにより、16年という長い月日をかけたオウム真理教刑事事件の裁判は全て終了し、一応司法の場ではオウム真理教事件は幕を下ろすこととなった。ただ、オウム真理教が関与したといわれる国松孝次・元警察庁長官銃撃事件はいまだ犯人が特定できずに公訴時効を迎えている。
また地下鉄サリン事件で全国に指名手配された高橋克也(53)、平田信(46)、菊地直子(39)容疑者も逮捕されておらず、生きているのか死んでしまったのかすら判断できない状況である。
刑事事件の幕引きは終わったようだが、残された遺族の人の悲しみは消えるわけではなく、オウム真理教が起こした一連の事件を風化させてはいけないと思うのは私だけではないと思う。ただ事件発生から20年近くが経過しているのかと思うと時の経つのは早いと感じてしまう。私は渋谷に住んでいるが、朝6時前にヘリコプタの爆音で目が覚めてTVをつけるとオウム真理教の施設手配のニュースが流れていたことを昨日のように覚えている。あれはふた昔前の出来事だったのかと思うと人間、歳をとりたくないなあと実感してしまうものである。

オウム真理教事件 → Google News
オウム真理教事件 → 地下鉄サリン事件
by motokunnk | 2011-11-21 19:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)