人気ブログランキング |

タグ:オリンピック ( 9 ) タグの人気記事

新国立は白紙からだが安保関連法案や原発はなぜ、そしてオールスターでは

昨日の昼間、何気なくTVをみているとニュース速報でながれたものは、新国立競技場建設を白紙に戻すという安倍首相の発表であった。
「コストが予定よりも膨らみ、国民やアスリートから批判があった。このままではみんなで祝福できる大会にすることは困難だと判断した」とその理由を語っているようだが、国民が批判しているのはこの件だけではない。
d0183174_08193647.jpg
朝日新聞によれば、安保関連法案は56%、原発再稼働には56%、普天間飛行場の辺野古移設には41%の人は反対しているという。いずれも賛成を上回っていることがその声の大きさを示している。
政権運営にとって、一番影響が少ないと判断しての新国立競技場の建設白紙撤回であったのだろうが、今からコンペのやり直しをすると、果たして2020年に間に合うのかどうかが疑問である。
オンスケジュールで計画が進行すれば建設は可能であろうが、途中で何かトラブルが発生した場合(入札価格以内での落札業者がいないなど)は誰がどう責任をとるのであろうか。今回の発表も文部大臣、五輪担当大臣に相談なしに決めたという。
どうも安倍首相の独断が続いているようで危機感を感じてしまう。ある新聞で読んだが、来年伊勢志摩でサミットが開催されるが、日本開催サミットで場所を決定したときの首相はそのサミット開催時には別の首相になっているという。このジンクスによれば安倍首相は来年には退陣しているわけだがどうなのだろうか。
さて、夜は野球のオールスターが開催された。ホームランダービーでは横浜DeNAの筒香が9本、6本と他の選手を圧倒する本数で見事に優勝した。試合でも2回に日本ハムの大谷から二塁打をはなち、先制のホームを踏み、いったんは逆転されたもののセリーグはパリーグの3番手投手・涌井を攻めて8-6で快勝した。
今日は広島で第2戦、パリーグの先発は日本ハムの吉川である。地元広島出身の吉川の好投を期待したい。

by motokunnk | 2015-07-18 08:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

戦後70年、沖縄で慰霊祭、そしてオリンピック追加種目は

沖縄県は、旧日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる6月23日を「慰霊の日」と定めたそうで、今日その慰霊祭が盛大に最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園で開催される。
d0183174_08463969.jpg
沖縄県民を巻き込んだ第二次世界大戦は県民の4人に1人が死亡したといわれる悲惨な戦いであったそうだ。
追悼式は23日正午から開かれ、安倍晋三首相やケネディ駐日米大使も出席する。米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設計画に反対する翁長雄志知事が、移設を進める安倍政権と激しく対立している中で迎えるなか、平和宣言を読み上げるそうだが、米軍基地問題について、どのようなメッセージを発信するか注目される。
沖縄地方は中国大陸を威嚇するには最高のエリアであるから、対中国を考えた場合の防衛面では基地は欠かせないといわれるが、果たしてその論法がどこまで県民を納得させることができるのであろうか。
さて昨日、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会は開催都市が提案できる追加種目の1次選考を行い、応募した26国際競技連盟から8連盟が最終選考に残ったと発表した。
8連盟とは▽世界野球ソフトボール連盟▽世界ボウリング連盟▽世界空手連盟▽国際ローラースポーツ連盟▽国際スポーツクライミング連盟▽世界スカッシュ連盟▽国際サーフィン連盟▽国際武術連盟である。
早くから野球・ソフトボール連盟は活動をしておりマスコミも利用して宣伝活動(CMもオンエアされていた!)をしていたのでよく知っていたが、武術などは全く知らなかった。若者の間の人気、国内外での普及度、チケット収入、テレビ放映の現状、運営コストなどを考慮したそうなので各項目で万遍なくポイントがはいったのであろう。
今後は8月7、8日に東京で8連盟からヒアリングを実施、組織委は9月末までに追加種目を選んでIOCに提案。IOCは来年8月のリオデジャネイロ五輪の直前に行われる総会で追加の可否を諮るそうだ。来年リオ五輪の前に笑うのはどの連盟なのだろうか。
最期に野球の話題。WBCの中間年に開催することとなった世界野球プレミア12の一次リーグの全組み合わせが発表された。日本は初戦が札幌ドームで韓国と戦うことは発表されていたが、その他の試合は未定であった。その試合がすべて発表され、いよいよ11月から開催されることが実感されるようになってきた。
d0183174_08464859.jpg
プレミア12優勝にむけて「侍ジャパン・ロースター制度」の導入も発表された。これは、侍ジャパンが「最強のチーム編成を行っていくため、体制づくり」(熊崎コミッショナー)の第1弾で、これまでは、試合ごとに侍ジャパンのベンチ入りメンバーを招集してきたものを、「常にロースターメンバーとして登録」していくとのことだそうで、7月中旬に発表される予定の第1次候補選手、9月をめどに発表される45名の「侍ジャパン・ロースター」にも注目が集まる。

by motokunnk | 2015-06-23 08:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)

シンボルマークは東京五輪からスタートした

昨日、住んでいる区の誕生月無料検診を受けたあと、東京駅丸の内のオアゾ広場で開催されている、「東京オリンピック・パラリンピック50周年記念ウィーク」のメモリアル展示を観てきた。久しぶりの東京駅丸の内口である。ほぼ1年ぶりの丸の内北口であったが、ビックリしたのは動輪広場が改修中で移設されていたことであった。
さて、オアゾ広場のメモリアル展示であるが、1964年を思い出す品が多数展示されていた。また聖火台の写真も貼られており、その前で実際にトーチを持って記念撮影することもできる。表彰台も展示されており、実際にあがることもできる。その他にも実際に使用したバレーボールや制服、当時の新聞記事などがところせましと展示されている。
d0183174_08364808.jpg
d0183174_08365684.jpg
場所がよいので、11時開場であったが、時間のわりには多数の人が来場していた。昼休み、休日ともなると多数の人で賑わうのではないだろうか。
さて1964年の東京オリンピックがらみでは昨日、国立競技場の聖火台が取り外された。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた建て替え工事の一環だ。戦後復興のシンボルにもなった聖火台は、東日本大震災からの復興のシンボルとして宮城県石巻市に貸し出されるという。ということはまた2020年の東京オリンピックでは再利用されるということなのかもしれない。
昨晩のNHK-BS1の「オリンピックをデザインした人たち」は観ていて初めて知ったことが多く、知識を高めるうえで参考になる番組であった。オリンピックといえば、シンボルマークが有名でそれぞれのオリンピックにシンボルマークがあるが、そのシンボルマークも東京オリンピックが最初に決めたのだそうだ。このシンボルマーク、赤の丸と金色の五輪マークと文字のシンプルな組み合わせであるが、日本の伝統を参考にしたそうである。
d0183174_08370474.jpg
豊臣秀吉の陣羽織は赤の地に金の紋が縫い取られている。これを参考にこの2色を決めたそうだ。また縦横サイズもA、B版サイズではなく独自サイズとしたことでオリジナリティを追及したそうである。そういわれて観るとなかなか味わい深いものである。
また東京オリンピックが発祥のデザインもある。アジアで初めてのオリンピックであり、当時の日本は英語がほとんど通じないという国であった。街の看板を眺めてもローマ字併記の看板は皆無であり、外国人からすれば何の店なのか見当がつかないものだらけであった。
そこで、今でいうピクトグラムを当時の若手デザイナー(図案屋と言われていたそうだ!)が製作した。サウナやシャワーなど、一般に普及していなかったもののデザインには苦労したようだが、現在のものとほとんど変わらないデザインとなっている。
競技種目についてもピクトグラムが考えられ、全ての競技がピクトグラムで描かれた最初のオリンピックとなったそうだ。そして偉かったのはその著作権をすべて放棄したことであった。これによってこの東京オリンピックで製作された各種のピクトグラムはいろいろな国や地域のデザイナーによってブラシアップされ種類も増えて今日にきている。
日常目にするトイレのマークなどもこのときに発案されたそうだ。こうしてみると1964年の東京オリンピックが初めてのものは多数あり、今も形をかえて世の中に残っている。2020年の東京オリンピックで果たしてそのようなものはいくつできるのであろうか。

by motokunnk | 2014-10-11 08:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

50年前の東京オリンピック

今日10月10日は1964年に東京オリンピックの開会式が開かれた日である。オリンピックが秋に開催されるのは初めてだったようで、当時の記憶によれば日本の梅雨を避けての開催だったというが定かではない。また10月10日を開会式に選んだのはこの1カ月で晴れの確率が高い日だったからだそうだ。

東京オリンピック以来、10月10日は「体育の日」として国民の祝日になった(数年まえからは体育の日は10月の第2月曜日となった)。2020年に東京でのオリンピック開催が決まり、各地で関連イベントが開催されるようになったが、特に今週は関連イベントが目白押しのようだ。
「1964東京オリンピック・パラリンピック50周年記念ウィーク」と題されたイベントが東京駅そばのOAZOで開催されている(見にいこうかと思っている)し、私の地元渋谷の白根記念渋谷区郷土博物館でも「オリンピックと渋谷」という企画展が開催されている。
白根記念渋谷区郷土博物館では常設展示でもいろいろ1964年の東京オリンピックにまつわる展示物(ポスターや聖火リレーで使用したトーチなど)がある。場所が渋谷ということもあり、オリンピックとは縁が深いのかもしれない。
かくいう私は、生で東京オリンピックを観た世代であるし、当時も今も全く同じ場所に住んでいる貴重な存在かもしれない。そういえば今夜NHK-BS1ではオリンピックえおデザインした男たちという番組を放送する。公衆トイレのマークなどもオリンピックでかわったらしい。
いろいろ東京オリンピックを開催したことで日本のデザイン力が飛躍的に向上したことが紹介されるようなので必見である。そういえばこれも聞いた話で定かではないが、オリンピックのメダル授与、今では首からかけるタイプだが、これも東京オリンピックで初めて試みられたという、それまではただメダルが箱に入れられて授与されたそうだ。こんな話もでるかもしれない。

by motokunnk | 2014-10-10 08:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ソチ五輪は今日が開会式

ソチ五輪は今日が開会式だが、一部の競技は昨日から行われている。これは夏の五輪でもいえることだが、2週間という五輪開催期間では競技の日程が組めないものもあるようでいたしかたないのかもしれない。
d0183174_8582852.jpg
NHKや民放も競技中継には力を入れているようで、昨日からライブでの中継が実施されていた。そんな中で男子スノーボードと女子モーグルの予選が行われた。まず男子スノーボードであるが優勝候補のショーンホワイトはコースが危険ということで参加していないそうだ。スノーボードは2種目開催されるようで自身の3連覇がかかる後日開催の方に全力を注ぐそうである。
日本からは角野友基が出場したが、予選2回とも実力は出せずに途中棄権してしまい、予選突破はならなかった。五輪初出場だそうで緊張してしまったそうであるが、どうも日本のマスコミを含めてメダル候補と騒がれていることもプレッシャーとなったようだ。
そこへいくと、女子モーグルの上村愛子は見事に予選を突破して決勝へと歩を進めた。ただ、悲願のメダル獲得にはハードルは高そうである。予選とはいえトップ2選手との差は素人の私が見ていても明らかである。完璧な演技をこなしてライバルがミスしたときにメダルのチャンスが生まれるのではないか。
d0183174_8584120.jpg

初日を見ただけであるが、あまりマスコミ予想を信頼しないで日本選手の活躍を応援していこうかと思った昨晩であった。たぶん、これから2週間は寝不足となりそうだ!今日のグーグルのロゴもオリンピックロゴ、あたりがすべて五輪ムードである。
参考URL → ソチ五輪・写真転載サイト
by motokunnk | 2014-02-07 08:58 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NFLディビジョナル・プレイオフとW杯スキージャンプ・その2

昨日に続いてスキーW杯とNFLの話題について。札幌で開催された女子W杯ジャンプ第2日目は予想通り高梨選手が連勝した。注目すべきは伊東選手、1本目は高梨選手に続いて2位につけて本人として初めての表彰台と思われたが残念ながら2本目に失速して8位に終わってしまった。地元で飛びなれたジャンプ台ということもあってか1本は完璧なジャンプを跳べたのであるから、2本そろえて完璧なジャンプを飛ぶこともあと少しであろう。メンタル面をきたえれば本番での完璧ジャンプが望めるかもしれない。
また男子では葛西選手が2戦連続して表彰台にあがったそうだ。惜しくも優勝は逃したが3位だそうで、こちらもオリンピックでの活躍が期待できそうだ。
そして未明から行われたNFLディビジョナル・プレイオフの結果について。
まずNFCのディビジョナル・プレイオフについて。パンサーズと49ersの戦いはボックススコアで見る限り、前半は接戦であったようだ。しかし後半に入ると49ersの攻撃がさえTDとFGを追加してパンサーズをシャットアウト、23-10でカンファレンスファイナルへ進出した。
これで49ersは3年連続してカンファレンス決勝進出である。同地区のライバル・シーホークスとの頂上決戦に勝つのはどちらであろうか。
そしてAFCディビジョナル・プレイオフはブロンコス対チャージャーズという同地区対決となった。第15週の対決ではチャージャーズが勝っておりどうなるかが注目されたが、こちらは第1シードのブロンコスが勝利をおさめた。リキャップを読むと第4Qにチャージャーズの猛反撃を受けており最後の攻撃でファーストダウンを取れなければ勝敗はどう転んだかわからなかったようである。これでブロンコスはカンファレンス決勝進出、ペイトリオッツと対戦する。
d0183174_11143070.jpg

AFCは順当に第1、第2シードが勝利をおさめたが、NFCは第2シードのパンサーズがワイルドカードの49ersに敗れてしまった。昨年はAFCワイルドカードのレイブンズがAFCチャンピオンとなり、スーパーボールも制したが、今年はどのチームがスーパーボールに進出しどのチームが栄光を勝ち取るのであろう。
参考URL → 葛西3位、3度目表彰台 W杯ジャンプ男子第14戦
参考URL → ディビジョナル・プレイオフ・イラスト転載サイト
by motokunnk | 2014-01-13 11:15 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NFLディビジョナル・プレイオフとW杯スキージャンプ

昨日から今朝にかけて、ソチ五輪を目指す、スキー・ジャンプチームにとってうれしい出来事があった。まずは女子ジャンプで高梨選手が優勝し、W杯優勝を14回に伸ばして女子歴代単独1位となったことである。
地元札幌での優勝も初めてで本人にしてみればダブルの喜びだったと思う。また伊東選手も自己最高となる4位となったことも大きい。1本目のジャンプをもう少しうまく飛んでいれば表彰台も可能だったのではないかと思われるほど2本目のジャンプは完璧であった。
その伊東選手、今年から社会人となり葛西選手と同じチームとなったそうである。そしてその葛西選手がW杯で大仕事をしてのけた。オーストリアで開催された個人第13戦で見事に優勝し、自身のW杯優勝記録を16とし、こちらも日本人歴代トップとなった。また41歳7か月での優勝はW杯史上、最年長の優勝記録だそうだ。おじさんパワー全開である。この調子だと男子ジャンプでの五輪メダル獲得も夢ではなさそうだ。
そして今朝はNFLディビジョナル・プレイオフ、NFC地区のシーホークス対セインツ戦が開催された。試合はシーホークスがRBマーション・リンチの2TDで25-15でセインツを破り、NFCチャンピオンシップ決定戦に駒をすすめることになった。
試合はシーホークスが地元の利を最大限に活用したようだった。地元ファンのクラウドノイズも大いなる味方であった。このおかげでセインツは少なくとも2回のタイムアウトを使わなくてはならなかった。そして天候も勝敗に影響を与えた。寒さというようりは雨と風の影響が大きかった。向かい風の中、セインツのFGは2回とも失敗してしまった。距離が50ヤード弱であったこともあるが、キッカーにしてみれば無風であれば難なく決められる距離であっただけに悔いは残ったと思う。
セインツの反撃は第4QでTDを決めてさあ反撃というところで、シーホークスのオフェンスが踏ん張ってファーストダウンをとったこと、特に第3ダウンからのパスを成功させたことが大きく、その後のリンチのTDランを引き出したようだ。
これでシーホークスは2005年以来のチャンピオンシップ進出である。第1シードなのでその試合も地元で開催できることは今日の試合を見ているとある程度のアドバンテージはありそうだ。
一方のAFCディビジョナル・プレイオフのペイトリオッツ対コルツの1戦は見てはいないがペイトリオッツが地元の利を十分活かしてコルツを破り昨年に続いてAFCチャンピオンシップ進出である。コルツのQBラックは今日もインターセプトを3回も献上してしまったようでこれでは試合運びがうまいペイトリオッツに勝つことは難しかったであろう。
明日もNFLはディビジョナル・プレイオフが2試合行われる。AFCのブロンコス対チャージャーズ、NFCのパンサーズ対49ers、いずれのチームが勝利をおさめるのであろう、結果が楽しみである。
参考URL → 41歳葛西、ジャンプ男子でW杯最年長優勝
参考URL → NFLディビジョナル・プレイオフ
by motokunnk | 2014-01-12 13:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

カーリング女子日本代表、五輪出場決めた!第8エンドに大量6点

カーリング女子日本代表の北海道銀行チームが世界最終予選で予選2位となり、3位のノルウェイを破ってソチ五輪出場切符を手にした。これでカーリング女子は5大会連続の五輪出場となる。
d0183174_8441873.jpgトリノオリンピックでカーリングがブレイクしてからテレビでカーリングをよく見るようになったが、トリノ五輪のメンバーが復帰してまたソチ五輪の切符を手にしたかと思うと、カーリングというスポーツの奥深さを垣間見たような気がする。
スキップの小笠原選手はトリノ五輪後選手を引退、結婚、出産を経験したが五輪でのメダル獲得という悲願に向けて現役復帰したという。今回の世界最終予選に限らず、40代の選手も現役で活躍しており、カーリングというスポーツの年齢層の広さに驚いてしまった。
最後のノルウェイ戦は真夜中だったので見ていないが相手のミスを逃さずに大量点を獲得して逃げ切ったようである。世界には中国や強豪といわれる国が多数あるようだが、ぜひ悲願を達成できるように頑張ってもらいたい。
参考URL → 小笠原「もう信じられません」(写真転載サイト)
参考URL → 北海道銀行、五輪出場決めた!第8エンドに大量6点
参考URL → 日本カーリング協会
by motokunnk | 2013-12-16 08:45 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

三丁目の夕日のブルーレイを観ての感想など

ちょっと前の話であるが、9月の後半3連休を過ごすにあたって、レンタルビデオを数本借りていた。楽天の無料クーポンがあったのがその理由のひとつであった。どんな映画を借りようかとリストを眺めていると、学生時代に読んだ(というよりは見た)題名の映画が目についた。
「三丁目の夕日」である。映画は「ALWAYS 三丁目の夕日」となっていたのでこれを借りて観ることにした。西岸良平の漫画「三丁目の夕日」を原作とした映画であるが、原作とは若干違っているようだ。鈴木オートや前の駄菓子屋は同じ設定だが、鈴木オートの従業員は男性から女性になっていた。星野六子という女の子を堀北堀北真希が演じており、なかなかの好演であると感じた。
男優よりも女優の方が総じて好演だったと思う。鈴木オートのおかみさん役の薬師丸ひろ子や、駄菓子屋の奥さんとなる石崎ヒロミ役の小雪など男優をくってしまう演技だった。
ラストシーンでは、六子にボーナスとして帰省する切符を渡すのだが、六子がこばんだシーンが印象に残った。最後は上野駅から帰省するのだが、なかなかいいストーリー仕立てになっていた。ちょうど昭和30年代前半を描いているので、私の少年時代とかなりラップするので昔を懐かしながら楽しめる作品であった。
その続編もあるので、借りて観ることにした。続編は2つあり、それぞれ「続・三丁目の夕日」「三丁目の夕日'64」である。3本トータルで観ると7時間近くになり、さすがに数日にわけて観てこの週末に「三丁目の夕日'64」を観終えたばかりである。
「シリーズものは一番最初の作品の出来が一番」と言われるが、この作品は続編も見方によっては非常によくできた作品のような気がする。「続・三丁目の夕日」では駄菓子屋の主人が一念発起して芥川賞を目指して作品を執筆して応募し、最終選考にまでのこるところや、ベティという芸名で舞台にでていた石崎ヒロミがこの駄菓子屋の主人のもとに戻ってくるシーンなど、心温まる演出であったと思う。
そして「三丁目の夕日'64」は東京オリンピックが舞台となった東京をベースに続編から5年が経過した想定で映画はスタートしていた。子どもたちはそれぞれ高校生になっており、何と六子も恋をする年頃になっていた。その六子の恋相手が医者なのだが、病院内の評判がよくない。その彼から1泊旅行に誘われたときにヒロミに相談する。そのセリフが
「本当に、なんて馬鹿なんだろうと自分で思うんだども....ひどい人だってわかっても.....遊ばれているとわかっても...んでも...私どうかなってまったんでしょうか」とありそのときのヒロミの言葉が「ロクチャンが信じているならついていったら」という意味の言葉であったと思う。この言葉があってロクちゃんは決心してその結果がハッピーエンドにつながっていく。いろいろ考えさせてくれるシーンの連続であった。懐かしく思ったのは東京オリンピックの開会式のシーンであった。ブルーインパルスが上空に五輪の輪を描いたのであるが、このシーンも描かれていた。
これは我家からも実際に見ることができ、隣家の屋根越しに見事な五輪の輪を観た記憶が鮮明に蘇ってきた。子どもながらにその驚きとか感動したシーンの記憶は今でも残っているものだと思ってしまった。東京オリンピックが2020年に開かれるが、そのときの子どもたちは何に感動するのであろう。
d0183174_19112582.jpg

言い忘れたが3作ともラストシーンは夕日をバックにしたシーンである。さすがに三丁目の夕日だけのことはある!ちなみに私のお薦めは2作目の「ALWAYS 続・三丁目の夕日」である。
参考URL → ALWAYS 三丁目の夕日
参考URL → ALWAYS 続・三丁目の夕日
参考URL → ALWAYS 三丁目の夕日'64
by motokunnk | 2013-10-02 19:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)