人気ブログランキング |

タグ:オールスター ( 7 ) タグの人気記事

追悼試合でノーヒットノーラン、セリーグ連敗ストップ

MLBの後半戦がはじまった。エンゼルスはホームからの後半戦開始であった。スカッグス投手が急逝してはじめてのホームゲームということでこの試合はスカッグス追悼試合となった。
選手全員が背番号45のユニフォームを着て試合に臨んだほか、試合前には遺族の方からのファーストピッチがおこなわれた。
追悼試合でノーヒットノーラン、セリーグ連敗ストップ_d0183174_09533958.jpg
試合はそのスカッグスに後押しされたようにマリナーズ投手陣を攻略した。初回、いきなりフレッチャーのヒットではじまりトラウトの先制2ラン、大谷のレフト前ヒット、そしてアプトンにもヒットがうまれ4連打、一死となってシモンズのタイムリーで3点目がはいり、結局この回7点をあげる猛攻となった。
一方的な試合展開となったマリナーズ戦、コールがオープナーとして2回をノーヒットに封じると、2番手のペーニャも素晴らしいピッチングを魅せてくれた。野手陣も好プレイで盛り上げ、特に6回は3塁手タイスにファインプレイがうまれて継投によるノーヒットノーランの期待が高まった。
そして9回をむかえ、ペーニャが落ち着いて三者凡退におさえ、追悼試合での継投によるノーヒットノーランが成し遂げられた。
スカッグスは7月13日が誕生日で、試合翌日には28歳のバースデーを迎えるはずだった。誕生日を前にした追悼試合で、エンゼルス打線は初回に“7”得点を奪い、計“13”安打“13”得点で圧勝。試合後、この日6打点をあげた同期のトラウトも「信じられないよ。初回に7点入れ、13点で勝利した。タイラーの誕生日は7月13日なんだ。明日だよ。彼は間違いなく僕たちのことを見ているね」と驚きを口にしていた。
追悼試合でノーヒットノーラン、セリーグ連敗ストップ_d0183174_09532868.jpg
追悼試合でノーヒットノーラン、セリーグ連敗ストップ_d0183174_09534898.jpg
そしてさらに継投でのノーヒットノーランはMLB史上“13”度目のことで、ここにも“13”が。また、米データ分析会社「STATS」は公式ツイッターで「前回カリフォルニア州で継投でのノーヒットノーランが達成されたのは? 1991年7月13日のオークランドでのアスレチックス対オリオールズ戦。同じ日にタイラー・スカッグスが誕生した」と、奇跡的な繋がりをレポートしている。
なにやらスカッグスに導かれたようなノーヒットノーランであったようだ。大谷は4打数1安打1四球で連続試合安打を8に更新した。
NPBオールスター第2戦は雨中の甲子園球場で開催された。試合はセリーグが11-3で大勝し、連敗を5でストップさせ、緒方監督にとってはオールスター初勝利であった。
日本ハムの4選手うち、2投手には出番がなかったが、西川遥輝は1番センターでフル出場した。
追悼試合でノーヒットノーラン、セリーグ連敗ストップ_d0183174_09540047.jpg
初回の第1打席こそ凡退してしまったが3回の第2打席では無死2塁のチャンスでライトにタイムリーを放っており、その後吉田のホームランで得点をあげている。第3、4打席もヒットを放ってパリーグの中で唯一気をはいてくれた。
後半戦は15日からはじまるが、西川にとってはいい気分で後半戦に入っていけそうである。

by motokunnk | 2019-07-14 09:56 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム大逆転で5連勝、錦織ウィンブルドン登場

オールスターのファン投票の結果が発表され、日本ハムからは大谷翔平、中田翔の2枚看板が選出された。最近不振の中田翔にとってファン投票選出はうれしいことと思うので西武戦での活躍を期待していた。
さて昨夜の日本ハム対西武戦、先発のメンドーサがいきなり初回に4失点、西武先発は日本ハムの天敵の岸とあって完敗ムードが漂ってしまった。しかし今の日本ハムには勢いがあった。いきなり初回に2点を返すと3回には陽岱鋼のホームランで1点差に追い上げた。
そして4回は無死1、2塁のチャンスをむかえ、岡がバッターボックスにはいった。しかし期待の岡はバント失敗で三振、続く谷口も三直併殺でチャンスをつぶしてしまった。
初回に4失点してしまったがその後のメンドーサは西武打線を無失点におさえていたが、6回一死後四球、連打で失点してしまった。リリーフした加藤も二死はとったが2塁打で2失点、3-7と4点差に拡げられてしまった。
相手は岸、後残されたイニングは3回だけにこの試合は敗戦を覚悟したがここからの粘りがすごかった。4回のチャンスで凡退してしまった岡がまず中前ヒットで出塁すると、谷口が右前ヒットで無死1、3塁のチャンスをつくると、代打大嶋がしっかりと中犠飛(プロ入り初打点であった)で1点をかえす。
西川は内野ゴロ、中島は投ゴロでチェンジと思われたが、岸が一塁へ悪送球、これで5点目がはいった。そして当たっている陽岱鋼は敬遠ぎみの四球、不振の中田にまさかの代打矢野である。試合後の談話では中田に腰のはりがあったそうで予定に交替であったようだが、日本ハムの4番は中田と公言している栗山監督としてみれば苦渋の決断であっただろう。
日本ハム大逆転で5連勝、錦織ウィンブルドン登場_d0183174_09191314.jpg
矢野は四球を選び、二死満塁で田中賢介である。田中も6回の打席では凡退していただけに名誉挽回のチャンス、フルカウントからレフト前に運んで同点である。そして最後は2ストライクまで追い込まれたレアードであったが、ファウルで粘り、外角の難しいボールをライト前に運んで決勝点をあげ、8-7でこの乱戦を勝利した。
この勝利は日本ハムにとって1勝以上の価値があるものと思う。苦手の岸を攻略してのそれも4点差を2回も跳ね返しての勝利である。今日は吉川が先発予定、吉川の好投で6連勝を期待したい。岡もチャンスでしっかりチームバッティングができるようになればレギュラーとして定着できるのだが、あともう一歩のようである。
錦織圭のウィンブルドンがはじまった。初戦の相手はビッグサーバー・グロートである。いきなり第1セットからサービスエースを決められる展開であったが、第5ゲームをブレイクしてこのセットは6-4でとり、第2セットもブレイクされたゲームはあったが6-3、そして第3セットも7-5と初戦は3-0で勝利した。
日本ハム大逆転で5連勝、錦織ウィンブルドン登場_d0183174_09192193.jpg
試合後のインタビューでは腰に若干痛みはあったと2回戦へ不安の残るコメントを残した。2回戦、果たして錦織は出場できるのであろうか、心配である。

by motokunnk | 2016-06-28 09:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

新国立は白紙からだが安保関連法案や原発はなぜ、そしてオールスターでは

昨日の昼間、何気なくTVをみているとニュース速報でながれたものは、新国立競技場建設を白紙に戻すという安倍首相の発表であった。
「コストが予定よりも膨らみ、国民やアスリートから批判があった。このままではみんなで祝福できる大会にすることは困難だと判断した」とその理由を語っているようだが、国民が批判しているのはこの件だけではない。
新国立は白紙からだが安保関連法案や原発はなぜ、そしてオールスターでは_d0183174_08193647.jpg
朝日新聞によれば、安保関連法案は56%、原発再稼働には56%、普天間飛行場の辺野古移設には41%の人は反対しているという。いずれも賛成を上回っていることがその声の大きさを示している。
政権運営にとって、一番影響が少ないと判断しての新国立競技場の建設白紙撤回であったのだろうが、今からコンペのやり直しをすると、果たして2020年に間に合うのかどうかが疑問である。
オンスケジュールで計画が進行すれば建設は可能であろうが、途中で何かトラブルが発生した場合(入札価格以内での落札業者がいないなど)は誰がどう責任をとるのであろうか。今回の発表も文部大臣、五輪担当大臣に相談なしに決めたという。
どうも安倍首相の独断が続いているようで危機感を感じてしまう。ある新聞で読んだが、来年伊勢志摩でサミットが開催されるが、日本開催サミットで場所を決定したときの首相はそのサミット開催時には別の首相になっているという。このジンクスによれば安倍首相は来年には退陣しているわけだがどうなのだろうか。
さて、夜は野球のオールスターが開催された。ホームランダービーでは横浜DeNAの筒香が9本、6本と他の選手を圧倒する本数で見事に優勝した。試合でも2回に日本ハムの大谷から二塁打をはなち、先制のホームを踏み、いったんは逆転されたもののセリーグはパリーグの3番手投手・涌井を攻めて8-6で快勝した。
今日は広島で第2戦、パリーグの先発は日本ハムの吉川である。地元広島出身の吉川の好投を期待したい。

by motokunnk | 2015-07-18 08:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

162kmとフェアとイベントなど

昨日のオールスター戦、BS放送ではホームランダービーから中継されていた。私の知っているホームランダービーはセパから数名の選手が選ばれそれぞれリーグとして何本のホームランを打ったかで勝敗が決まったのがいつのまにか、セパから選ばれた2名の選手のトーナメントとなっていた。
これはこれで個人賞もでるので選手としてはやる気がでるのではないかと思った。セの代表はバレンティンとブランコのいかにも選ばれそうな選手であった。一方、パの代表は陽と柳田というどちらかというと中距離ヒッターというイメージの選手であった。
結果は、セパ対決でいずれもパの選手が勝ち、陽と柳田の決勝戦となった。先攻の陽が5本を打つと、柳田も負けずに4本打ち、最後のスイングから放たれたボールは惜しくもポール脇にそれて陽がホームランダービー初制覇となった。
さて試合は予告先発通り、藤浪、大谷という一昨年の甲子園を沸かせた2人の投手の先発ではじまった。試合前に速球勝負と話していたのか、両投手とも変化球は数球で速球主体のピッチングであった。その結果、藤浪はペーニャに3ランを打たれて2回を投げ、4失点に終わった。
一方の大谷は1イニング限定登板(16日の公式戦で先発しているので)であった。当初から160km超え宣言をしていたが、全23球のうち、半数以上が160km超えであった。特に先頭の鳥谷の2球目は162kmとオールスターなので公認されないがプロ野球最速に並ぶ速さをマークした。
162kmとフェアとイベントなど_d0183174_8481399.jpg

162kmは阿部の2球目にも記録され、阿部の談話によれば「クルーンよりも数段速い!」とのことであった。速球勝負に徹したので、3安打1失点となってしまったが、得るものは大きかったようだ。
試合は、ホームランダービーで準優勝だった柳田が大爆発、4安打の活躍でMVPを獲得し、パが打ち合いを圧倒した。
昨日から代々木公園では「ブラジルフェスティバル2014」が開催されているようだし、今日からヒカリエでは「G博 ゴジラ東京に現る」がはじまる。「G博 ゴジラ東京に現る」はヒカリエの後、8月14日からは大阪で開催されるそうだ。
162kmとフェアとイベントなど_d0183174_8482664.jpg

今日は午前中は天気がもちそうなので代々木公園まで出かけてみようかと思う。そして夜はNHKBSで「終の棲家」がドラマ化されて放送される。これも興味があるので見逃すことはできない(今週、来週の放送)。
そしてF1ドイツGP決勝がスタートする。予選でハミルトンがブレーキトラブルでクラッシュしてしまったがその影響はどの程度なのか、地元開催のメルセデスにとっては負けられない一戦であるのでこれも注目したいレースである。夜も見たい番組目白押しである。
参考URL → 大谷が日本最速162キロ・写真転載サイト
参考URL → マツダオールスターゲーム2014
参考URL → ブラジルフェスティバル2014
参考URL → G博 ゴジラ東京に現る
参考URL → 終の棲家
by motokunnk | 2014-07-20 08:48 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

マレーシア航空機事故とオールスターとサイボーグ009

マレーシア航空機墜落事故が世界で注目されている。国連の潘基文事務総長は、原因究明のため「徹底的かつ透明性が確保された国際調査」を求め、18日には国連安全保障理事会の緊急会合を開く予定だそうだ。
アメリカは新ロシア派が占拠している地域から地対空ミサイルが発射されたと言っているが、新ロシア派は高度1万メートルまで射程のあるミサイルは保持していないという。ただしこれはマユツバもので、旧ソ連製のSA11型ミサイルであれば可能とのことである。すでにウクライナ軍の輸送機をこのミサイルで撃墜しており、このことから今回の撃墜事件も新ロシア派の犯行の可能性が高い。
事実はひとつなので、中立機関をつくり(これが難しい)、事件の真相究明をしっかりとしてほしい。
昨日、西武球場でプロ野球オールスター戦が開催された。広島選出の選手が大活躍してセリーグが7-0で大勝した。このシーンを見ていて、数十年前、山本浩二、衣笠がオールスターで大活躍し、その勢いを持続して一気にセリーグを制覇したことを思い出した。今年は交流戦でひと息ついてしまったが、この勢いで後半戦を突っ走る可能性は大いにありそうだ。4のつく年に巨人の優勝は少ないということもあり、広島悲願の優勝も夢ではなさそうだ。
今朝、朝日新聞を見ていると、カラーの全面広告が飛び込んできた。1964年7月19日、デビューとありちょうど今年が50周年と書かれている。主人公の名前は島村ジョー、サイボーグ009の誕生した日だそうだ。
マレーシア航空機事故とオールスターとサイボーグ009_d0183174_859353.jpg

この日をサイボーグ009の日と制定(誰が?)して、宮城の石ノ森萬画館では7月17日から「サイボーグ009ワールド展・50年の軌跡」が開催されているらしい。今日は動画放送もあるようだ。チェックしてみよう!
参考URL → マレーシア航空機事故
参考URL → 赤ヘル祭!
参考URL → 009公式サイト
参考URL → 50周年特設ページ・イラスト転載サイト
by motokunnk | 2014-07-19 09:00 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

マレーシア航空と小保方さんと

今朝のビッグニュースはマレーシア航空機墜落であった。発表によれば17日に何者かによる地対空ミサイルで撃墜されたとのことである。
当然の結果、乗客280人と乗員15人の全員が死亡したという。事故にあったマレーシア航空機はアムステルダム発クアラルンプール行MH17便でウクライナ上空での通信を最後に消息を絶ったそうだ。
戦闘状態にあるウクライナを飛行すること自体、危険であるとは思うが、最近の航空機は識別信号を出しているので、民間機という識別はできたと思う。ウクライナ政府は対立する新ロシア勢力がミサイルによりマレーシア航空機を撃墜したとの発表をしたが、新ロシア勢力は当然この報道を否定している。
マレーシア航空と小保方さんと_d0183174_8454753.jpg

マレーシア航空といえば、今年春にクアラルンプール発北京行370便もまだ行方不明である。今回の撃墜事故、関連性はないであろうが何故かひっかかるものがある。事故で犠牲となった方々のご冥福をお祈りする。
さてSTAP細胞関連で小保方さんの博士論文再審査の結論がでて、博士号は取り消されなかった。審査委員会の報告によれば、博士論文は間違って下書きが提出された(こんなことはありえないと思うが!)、正式な論文は再提出され、実験結果なども確認ができたとのことだそうだ。早稲田大学の博士論文審査基準はどうなっているのだろうかと思ってしまう再審査結果の発表であった。
小保方さんといえば、理研でのSTAP細胞実証実験に7月から参加しているようだが、実際は体調不良もあり、実験は遅々として進んでいないようだ。
「STAP細胞は200回以上作製に成功した」とTVの会見で豪語し、「たくさんのコツや、ある種のレシピのようなものを発表できればと考えている」と述べていたが、体調不良で実験ができないのであろうか。
研究自体が相当細かな作業を伴うという。細胞を扱ううえで、例えば試験管を用いる際も手先の微妙な加減が求められる。手の動きひとつひとつに非常に神経を使うそうだ。研究者でも、しばらく実験から遠ざかっていれば器具を使う訓練が必要だと説明する。一般人には理解できない世界であるが、小保方さんに残された時間(11月まで)も限りがあるので、勘は早く取り戻さないと本当にSTAP細胞は存在しないということになってしまうが。
そして昨晩フレッシュオールスターゲームが長崎で行われた。松井・森の元高校日本代表コンビがバッテリーを組むことで見てしまったが、松井はシーズン序盤と同じでコントロールが定まらずに1失点を喫してしまった。試合は打撃戦の様相で4回までに6-5とイースタンがリードする展開であった。その後、試合はこう着状態、8回にウェスタンが追いつくとその裏、開幕1軍の4番を打っていたロッテの井上がこの日2本目となる特大のホームランを打ち、これが決勝点となりイースタンが7-6で打ち勝った。
最初は何点はいるのだろうと思っていたが、5回からは三者凡退が続き、終わってみれば打撃戦から投手戦に変化して試合であった。今日はオールスター戦が西武ドームで開催される。先発はセが前田、パが岸である。噂によれば第2戦の甲子園では藤浪、大谷のライバルが先発予定だそうだ。どちらも楽しみな1戦となりそうだ。
参考URL → マレーシア機墜落・写真転載サイト
参考URL → 消息不明のマレーシア航空機
参考URL → 小保方晴子氏の博士号取り消さず
参考URL → 小保方氏「勘取り戻す」のに1、2か月
参考URL → フレッシュオールスターゲーム2014
by motokunnk | 2014-07-18 08:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

プロ野球も面白い、昨日で前半戦が終了

最近、日本のプロ野球もよくTV観戦するがけっこうおもしろい。解説を聞いていると、投手や野手の心理などがわかるし、監督、チームの戦術も理解できるようになる。もっともこれは博学な解説者の場合で無知な解説者の場合はこんなことはない。
やはり何事も勉強が大切である。さて個人的には日本ハムの大谷翔平をフォローしているのだが、昨日の西武戦に先発した。試合は見ていない(スポーツニュースでは見たが)ので断言はできないが、出来は最悪だったようだ。
ホームページにでていた厚澤投手コーチのコメントによれば、
「きょうの試合前ブルペンはびっくりするくらい悪かった。いわゆる“横振り”という状態で投げていた。大谷がそういう投げ方になるのは珍しい。ただ、試合のマウンドに上がってから、徐々に修正できてきている。球数は多くなっているけど、この調子で上げていってほしい。」(3回表、3回までの大谷選手)
ただ、大谷が投げると味方打線が何とかしてくれるのも不思議である。4回裏に相手エラーも絡んだが、谷口の自身初となる三塁打も飛び出し3点を先制した。
プロ野球も面白い、昨日で前半戦が終了_d0183174_831526.jpg
大谷は5回を投げて3安打、6奪三振、無失点で9勝目をゲットした。投球内容が悪くても無失点に抑えてしまうところに非凡さを感じた。プロ野球はオールスターを挟んで後半戦に入るが、今年のセリーグは混戦、パリーグはソフトバンクとオリックスの2強対決ムードである。
クライマックスシリーズを見据えて3位争いも熾烈となりそうな雰囲気もでてきそうだ。今年はどんなチームがクライマックスシリーズにでて覇権を争うのであろう。
さて今日はフレッシュオールスターゲームである。イースタンリーグの先発バッテリーは松井、森の新人コンビだそうだ。生きのいい選手が活躍してくれると見ていて楽しい。TV中継もあるようだし、今日の夜はジュニアオールスターでも見ることにしよう。
参考URL → 日本ハム対西武・写真転載サイト
参考URL → フレッシュオールスターゲーム
by motokunnk | 2014-07-17 08:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)