タグ:トヨタ ( 99 ) タグの人気記事

トヨタ1、2位、日本ハムは逆王手、トップリーグ決勝T枠は後1枠

WEC第4戦富士6時間レースは雨に左右されたレースであった。小雨が降る中でスタートした6時間レース、順当にトヨタチームの2台がレースをリードた。
しかし、雨がやみ、タイヤ交換にピットインした直後にストレートを走るマシンがバースと事故をおこしてセーフティカーがはいってしまった。これでトップにたったのはバトンがドライブするマシン、トヨタは2、3番手となってしまった。
その後レースはほぼ順調に経過してトヨタチームは8号車にアンダーステアの兆候が出る中でラップをきざみ、ノートラブルで6時間を走破した7号車が今季初勝利を飾った。予選での失敗を見事に挽回したレースであった。
d0183174_09091752.jpg
負ければシーズン終了となる、パリーグCSファーストステージ第2戦、日本ハムの先発はマルティネス、初回から打たせて取るシーズン開幕当初のピッチングスタイルでソフトバンク打線をゴロアウトに仕留めていった。
打線は3回、横尾の一発で先制すると4回にもエラーで出塁した大田泰示を二死からアルシアがヒットを打って貴重な追加点をあげた。
マルティネスはその裏、中村晃に反撃の一発を打たれたが、その後は無失点での投球が続いた。しかし7回、先頭のデスパイネに2塁打を打たれ、二死までこぎつけたが高田に同点打を打たれてしまった。
流れは一気にソフトバンクにいったかと思われた8回、簡単に二死となってしまったがここから西川の2塁打がでてチャンスをつかむと、大田泰示のレフトオーバーのタイムリー2塁打で勝ち越すと、続く近藤にも右中間をやぶる2塁打がでて4-2と再び試合をリードした。
流れを取り戻した日本ハムは8回を宮西がヒット1本に抑えると9回は守護神となった石川直也が三者凡退(2連続三振を含む)と完璧におさえ、CS初セーブをあげソフトバンクに雪辱した。
d0183174_09092814.jpg
運命の第3戦、日本ハムの先発予定は杉浦稔大、7月の復帰登板ではソフトバンクを5回無失点におさえているだけに好投が期待できる。果たして勝利してCSファイナルステージに進むことができるだろうか。
ラグビートップリーグも第6節が終了し、決勝トーナメントに進出することができる4位以内がホワイトカンファレンスで決まり、レッドカンファレンスではNTTコムとNECで残す1枠を争うこととなった。
NTTコムは宗像サニックス、NECは神戸製鋼と対戦する。対戦相手を考えると、NTTコムが有利そうに思えるが何が起こるかわからないのがラグビーである。東芝は残念ながらクボタに競り負けてしまい5位以下が決まってしまった。最終節となる第7節でホンダに勝って一つでも順位を守って順位決定トーナメントに進出してほしい。

[PR]
by motokunnk | 2018-10-15 09:10 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

トヨタポール獲得、日本ハム完敗

WEC第4戦富士6時間レースの予選が行われた。LMPクラスの20分間の予選ではトヨタチームの2台が白熱のポールポジション争いを繰り広げた。8号車が1/1000差でポール獲得と思われたがベストラップをマークしたタイムが縁石を利用しており、そのタイムが無効となって7号車がポール獲得となった。
d0183174_08404057.jpg
小林可夢偉もインタビューを受けておりそのままトヨタが最前列からスタートすると思っていたら、なんと7号車にピットロードでの速度違反(CS中継でも事実は放送されていた)があり、予選タイム取り消しという思い処罰がくだってしまった。この結果、7号車はLMP1クラスの最後尾からのスタートとなってしまった。ただ速さが違うのですぐにポジションアップし、8号車とのトップ争いをしてくれると思う。
一方GTEのAMクラスでは57歳の星野敏操るポルシェ911RSRがトップタイムをマークし、クラスポールポジションを獲得した。
決勝レースでは88号車からも目が離せないようだ。
d0183174_08405206.jpg
プロ野球CSファーストステージがはじまった。日本ハムは敵地でソフトバンクと対戦したが、初回の攻防で明暗がでてしまった。
日本ハムは二死から近藤のレフトに打ち込む先制弾の後、中田四球、アルシア安打で二死1、2塁と追加点のチャンスをつくったが次打者が三振してしまった。
一方のソフトバンク、立ち上がりの上沢を攻め、無死満塁とした。そして柳田安打、デスパイネ満塁弾で一挙5失点、試合を決められてしまった。上沢にとっては不運な当たりもあったがここは最小失点で切り抜けてほしかった。
今日はマルティネスが先発予定、どんな投球をしてくれるか楽しみだ。
プロ野球もペナントレース全日程が終了し、個人タイトルが決定した。日本ハムからは宮西尚生が最優秀中継ぎ投手賞、西川遥輝が最多盗塁者賞を獲得した。それぞれほぼ独走の状態での獲得であった。
d0183174_08410061.jpg
来シーズンの話をすると鬼が笑うが日本ハム選手が多数のタイトルを獲得して優勝してほしいものだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-10-14 08:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

羽生竜王先勝、錦織ベスト8止まり、トヨタ好発進

将棋の第31回竜王戦七番勝負第1局が行われた。羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦するタイトル戦、羽生竜王にとってはタイトル獲得通算100期がかかる棋戦でもあった。
2日目がはじまり、羽生竜王の攻めに対して的確な受けで対応した広瀬八段が徐々にペースをつかみはじめたかに思われた。しかし、羽生竜王、歩頭の▲2四桂(87手目)などお得意のマジックともいえる妙手を連発し難解な中盤戦から抜け出し最後はもつれたものの141手で大熱戦を勝利した。
d0183174_10353586.jpg
羽生竜王の話「最後の最後まで勝ちは見えなかった。いいスタートが切れたので調子を持続したい」
広瀬八段の話「内容的には悪くなかったと思うので、このままの調子で次局に臨みたい」
対局者の話をみる限り広瀬八段が勝者のような感じがした第1局であった。
ATP1000・上海マスターズ準々決勝、錦織圭の対戦相手はフェデラーであった。第1セットの第1ゲームをブレイクされた錦織はそのままフェデラーのサービスをブレイクできずに4-6で第1セットを失ってしまった。
第2セットに入っても流れは変わらず、先にブレイクをきっしてリードされてしまう。ただ錦織、第6ゲームをブレイクして追いつくと、フェデラーのサービスゲームでデュースにまでは持ち込むがなかなか1ポイントが奪えずに第2セットはタイブレイクに持ち込まれた。
d0183174_10354621.jpg
タイブレイクでいきなり、ミニブレイクを奪って4-1とリードした錦織であったが、頑張りはここまでであった。ここからフェデラーの反撃にあって連続6ポイントを奪われ第2セットも失い、ベスト4進出の夢は破れてしまった。
WEC第4戦富士6時間レースがはじまり、初日は公式練習が行われた。地元のレースでもあり、第3戦は車両規定違反で失格となってしまったトヨタチームは同じ轍は踏まないとばかり、慎重にラップを重ねて初日を1、2位のタイムで終えた。
d0183174_10355563.jpg
1時間半ずつ2回予定されていた公式練習走行であったが、コース外走行で車速を低下させるために路肩に設置された突起が早期に破損するアクシデントにより、両セッションで赤旗中断が発生したため、公式練習1回目は30分、2回目は10分間予定よりも終了時間が延長されるハプニングもあった。
今日の公式予選ではそんなことがないようにしっかりとしたコース整備をしてほしいものだ。
そして今日からプロ野球はCSがはじまる。日本ハムはソフトバンクとの試合である。先発予定は上沢であるが、上沢がどこまで粘れるかが勝敗の分かれ目となりそうだ。頑張ってほしい。
MLBでもリーグチャンピオンシップがはじまる。ナリーグはブルワーズとドジャーズの顔合わせ、ブルワーズのイエリッチに注目したい。

[PR]
by motokunnk | 2018-10-13 10:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

錦織8連敗、トップリーグ白熱、トヨタは2、3位

テニスのジャパンオープン決勝、2年8か月ぶりの優勝を目指した錦織圭であったが、またしてもその夢はかなうことはなかった。メドヴェデフに2-6、4-6のストレートでの敗戦であった。準決勝までの試合とは違って、錦織の持ち味が完封されてしまいいいところなく負けてしまったようだ。
d0183174_09503007.jpg
これで、ATPツアーでは決勝進出した試合は8連敗となってしまった。ただ今季のATPツアーファイナルズ出場の可能性は残されており、残る3戦にその切符をかけて出場することになる。
今季は優勝こそしていないがそれなりに結果をだしている錦織、ツアーファイナルズ進出目指して頑張ってほしい。
ラグビートップリーグ第5節が終了し、熾烈な上位争いが繰り広げられている。すでにホワイトカンファレンスのパナソニックは4位以内が確定して決勝トーナメント進出を決めたが、それ以外では神戸製鋼が当確圏内にはいっているのみだ。
ホワイトカンファレンスでは3、4位争いが熾烈で、第4節に4位だった東芝はヤマハとの試合に敗れてしまい一気に6位までポジションダウンしてしまった。
d0183174_09503955.jpg
試合は接戦であったが後半にヤマハに突き放されたのが痛く、ヤマハにボーナスポイントを献上する大敗となってしまった。
それでも残り3試合、全勝すれば4位以内の可能性は残っており、ぜひ連勝して決勝トーナメント進出を目指してほしい。
WRC第11戦ラリー・グレートブリテンのデイ4が行われた。タナックをデイリタイアで欠くトヨタチームであったが、ラトラバ、ラッピが奮起して総合2、3位を確保した。特にデイ4のSS19、20ではラッピ、ラトラバがトップタイムをマークし、一時は総合トップにたったがその後のSSでオジェの驚異的な走りで逆転されてしまった。
d0183174_09504803.jpg
ただマニュファクチャラー選手権では2位につけるヒュンダイを5ポイント差から19ポイント差に拡げることができた。2年目でのマニュファクチャラー選手権タイトル獲得目指してこちらも頑張ってほしいものだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-10-08 09:52 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織決勝進出、トヨタはタナックがリタイア、大谷の新人王可能性

ジャパンオープン準決勝、錦織圭の対戦相手は過去2勝7敗と相性の悪いガスケであった。ガスケ相手に第1セットはお互いにサービスキープを繰り返し6-6からタイブレイクとなった。
ここで先に3ポイント連取した錦織がそのまま7-2でタイブレイクを制して第1セットを奪ったのが大きかった。第2セットいきなりガスケのサービスをブレイクして勢いにのると一気に4ゲーム連取して4-0とリードした。
d0183174_09552354.jpg
その後も錦織の勢いは加速し6-1でこのセットも奪って決勝進出である。4年ぶりの優勝が視野にはいってきた。ただ錦織、このところATPツアー決勝では連敗中、果たして2年8か月ぶりの優勝を飾ることができるだろうか注目だ。
チャイナオープン準決勝に登場した大坂なおみは残念ながらストレートで敗れてしまった。疲れがたまっているようでちょっとした休養が必要なのかもしれない。
WRC第11戦ラリー・グレートブリテンデイ3が行われた。トップを快走していたタナックにSS16でトラブルが発生してしまった。ラジエーターを破損してしまいデイリタイアとなってしまった。ドライバーズ選手権でもトップにたつことが視界にはいっていただけに残念なトラブルであった。
d0183174_09553243.jpg
ただラトラバ、ラッピが総合2、3位をキープしてトップのオジェを追っている(4秒差)のでトップ奪取の可能性も十分にありえそうだ。最終日の走りに期待したい。
MLBもプレイオフにはいり、昨年の覇者アストロズが逆転で2連勝、地区シリーズ突破に王手をかけた。ナリーグでもドジャーズが連勝しており、昨年同様この2チームは強い。
そんな中、新人王予想も華やかである。エンゼルスの大谷翔平は果たしてアリーグ新人王となれるのであろうか。なかなか興味深い記事が掲載されていた。その記事によれば新人王は確実とのこと、果たして信じていいものかどうか、微妙である。

[PR]
by motokunnk | 2018-10-07 09:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大坂快勝、日本ハム競り勝ち、トヨタ好発進

テニスの女子チャイナ・オープン3回戦が行われた。大坂なおみは第10シードのゲルゲスと対戦した。
第1セットの第1ゲーム、大坂のサービスゲームであったが10分近くかかる大熱戦、デュースを繰り返しながら最後は大坂がポイントを奪ってサービスゲームをキープした。
d0183174_09284796.jpg
このゲームをキープできたことで大坂なおみは勢いがつき、逆にゲルゲスは落胆したようだ。なんと大坂が連続5ゲームを連取して6-1で第1セットを奪うと第2セットも連続4ゲームを先取して4-0とリードし、最後は6-2でこのセットも奪ってベスト8進出を決めた。大坂なおみ圧勝の試合であった。
プロ野球も最終盤、日本ハムは楽天との最終戦を勝利で飾った。この試合、中田翔、中島卓、西川のレギュラー3選手がスタメンから外れ、若手主体のメンバーで臨んだ日本ハムは楽天先発の松井に三振の山を築かれてしまったが、4回二死満塁のチャンスで太田賢吾が逆転タイムリー3塁打を放って3-2と試合をひっくりかえし、一度は同点に追いつけれるが4-3と試合をリードして終盤にもちこんだ。
8回は新人北浦が初登板、初ホールドをマークして最後は石川直也が先頭打者にヒットを許すものの後続を捕邪飛、三振に打ち取って自身18セーブ目をあげた。
d0183174_09290598.jpeg
日本ハムは残り2試合、石川の20セーブは無理と思うが18セーブは見事な数字、来年(その前にはもちろんCSもある!)は開幕から守護神として大活躍してほしいものだ。
WRC第11戦、ラリー・グレートブリテンがはじまった。デイ1の木曜日はナイトセッションが1ステージのみあるいわば顔見せのスタートであったが、トヨタチームはラッピ、ラトラバのワンツースタートを決めた。
d0183174_09285780.jpg
タナックも5位にはいり、デイ1から幸先のよいスタートをきったようだ。このままデイ2、デイ3と快走を続けてほしいものだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-10-05 09:30 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大谷20号、桃田初優勝、トヨタは3連勝

エンゼルスの大谷翔平が地元開催のマリナーズ戦で節目となる20号ホームランを放った。日本人選手としては松井秀喜に次ぐ2人目である。新人の年での達成は初のことである。
d0183174_10244635.jpg
大谷はホームランの他、ライト前にヒットも放って今季21度目となるマルチ安打を達成した。ただ今日の試合は3打数無安打に終わり打率は2割9分となった。
後10数試合、大谷は3割をクリアーできるだろうか。
バドミントンのジャパンオープンは各種目で決勝が行われた。日本人選手は3名(ペア)が出場し、男子シングルスの桃田賢斗、女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花ペアが初優勝を飾った。
女子シングルスの奥原希望はキャロリーナ・マリーンにフルゲームの接戦の末に敗れ準優勝に終わった。
桃田賢斗はタイ選手に21-14、21-11と2ゲーム連取の危なげない試合で勝利し、貫禄を示した。
d0183174_10251366.jpg
d0183174_10252119.jpg
福島由紀/廣田彩花ペアもアジア大会では準決勝で負けてしまった中国ペアに対して第1ゲーム13-15から8連続ポイントで一気に逆転して先取すると、その流れのまま第2ゲームも押しきりアジア大会の雪辱を果たすとともに準優勝続きだったツアーで久しぶりの優勝を地元で飾った。
WRC第10戦ラリー・トルコデイ4が行われた。ワンツー体制で最終日をむかえたトヨタチームはチーム一丸となってそのポジションをキープすることに全力をあげ見事に復帰後初となるワンツーフィニッシュを飾った。タナックはこれで3連勝、今季4勝目とあんり、ランキングも2位に浮上、残り3戦の結果によるがチャンピオンも狙えるポジションとなった。
d0183174_10245559.jpg
d0183174_10250541.jpg
一方でマニュファクチャラーズポイントはトップとなり、復帰2年目でのチャンピオン獲得も夢ではなくなってきた。来月開催のラリー・GB、注目したい。

[PR]
by motokunnk | 2018-09-17 10:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

3種目で決勝進出、有原KO、WRC第10戦

バドミントン・ジャパンオープン準決勝が行われた。果たして何種目、日本人選手が決勝進出を果たすことができるか注目していた。
結果として3種目(男女シングルス、女子ダブルス)での決勝進出を果たした。女子シングルス、期待していた大堀彩であったが奥原希望のハードルは高かったとみえて12-21、12-21のストレート負けであった。
d0183174_09590889.jpg
ただ粘り強くラリーをしていたことが救いではあったと思う、次戦に期待したい。
男子シングルスでは桃田賢斗が世界ランク1位のデンマークのアクセルセンを競り合いながら破って決勝に進出した。第1ゲーム13-17とリードされながら連続ポイントで逆転し21-18でこのゲームを奪うと第2ゲームは11-9から6連続ポイントを奪って21-11で見事に決勝進出である。
d0183174_09585117.jpg
d0183174_09590099.jpg
女子ダブルスも福島由紀/廣田彩花ペアがインドネシアペアを第2ゲームは接戦となったがストレートで下しての決勝進出である。福島由紀/廣田彩花ペア、世界選手権銀メダルがよほど悔しかったとみえ、その後の試合に臨む姿勢が違っているように思える。
日本ハム対オリックス戦、連勝を目論んで有原航平が先発したがその夢は初回に潰えてしまった。二死3塁で吉田を追い込みながら3塁線を破られてしまい失点してしまった。吉田に今季初ヒットを打たれてしまった有原だが何となく心に余裕があったのかもしれない。
d0183174_09591810.jpeg
追い込んだ2球は素晴らしかったが打たれた球はそれほどでもなかった。すべては立ち上がりのこの一球だったと思う。
WRC第10戦、ラリー・トルコデイ3は朝からハプニングの連続であった。まずトップにたったヌービルが最初のSSでトラブルの見舞われるとトップにたったオジェまでもがトラブルでリタイアとなってしまった。
午後にはいりミケルセンがトップにたったがこれまたトラブル発生で順位を落としなんとタナックがトップにたち、ラトラバが2位とトヨタのワンツー体制が確立した。その後トヨタがそのままデイ3を走り切り最終日をむかえることとなった。
d0183174_09592747.jpg
d0183174_09593564.jpg
このまま終わればトヨタチームは復帰後初のワンツーフィニッシュとなるようにとともにマニュファクチャラーズランキングでもトップとなりそうである。

[PR]
by motokunnk | 2018-09-16 10:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大堀ベスト4、トヨタ4位挽回、神鋼連勝

昨日は注目する選手(チーム)が多数活躍した珍しい日であった。まずバドミントンジャパンオープン準々決勝、大堀彩が中国のガオ・ファンジェと対戦した。
第1ゲーム、いきなり9連続ポイントを奪ってリードした大堀彩は途中12-8と4ポイント差に迫られたものの終盤も4連続ポイントを奪うなど21-14でこのゲームを先取した。
第2ゲームも序盤からリードした大堀は一時7-7と同点にされてものの逆転は許さずに10-7とリードを拡げた。そして10-9と追いつかれそうになりながらここから8連続ポイントを奪って18-10とし、最後は21-12でこのゲームも奪ってベスト4に進出した。
d0183174_10370898.jpg
準決勝の相手は奥原希望、過去ツアーでは1勝5敗と相性が悪いが、今大会の大堀は絶好調のようなので難敵を撃破して決勝の舞台に駆け上がってほしい。
地元開催の大会であるが、ベスト4まで進出したのは桃田賢斗の男子シングルス、福島由紀/廣田彩花ペアの女子ダブルス、そして渡辺勇大/東野有紗ペアの混合ダブルスの3試合だけとなってしまった。
d0183174_10371801.jpg
d0183174_10372762.jpg
タカマツペアが2回戦敗退するなど番狂わせと思しき試合も多々あった今大会、残すはあと2日、果たして優勝者に日本人(ペア)は何人となるのだろうか。
将棋の藤井聡太七段が公式戦で2度目となる連敗をしてしまった。王位戦予選、対局相手は山崎隆之八段であった。菅井王位そして山崎八段と将棋界をリードする棋士との対局での連敗は仕方ないことだろうがこの連敗を糧に一層の精進をしてほしいものだ。
d0183174_10373917.jpg
ラグビートップリーグも第3節、注目のカードが開催された。王者サントリーと神戸製鋼の一戦である。巻き返しを狙う神戸製鋼は今季大幅な補強を行ったが何といっても目玉はダン・カーターDHで出場予定えある。オールブラックスの正SOとして2度のワールドカップ優勝に貢献し、3度の年間最優秀選手にも選ばれた。
d0183174_10375756.jpg
そのカーターが先発出場したこの試合、どんなプレイをするのか注目してTV観戦した。プレイ自体は当たり前のことをこなしており際立ったプレイはなかったが、ミスをすることなくこなすことが素晴らしかった。
さすがワールドクラスの選手、プレイを身近で観ることができるトップリーグ選手は自身のスキルアップの目標となるだろう。
そして地震から札幌ドームでは初めてとなる試合が行われた。日本ハムはその試合、ファンの声援の後押しもあり、4-3でオリックスを破って勝利をあげた。
d0183174_10374843.jpeg
リリーフ陣では宮西尚生がデビュー以来11年連続となる50試合登板をクリアーし同時に34ホールドも達成した。ただクローザーの石川直也はロメロに2ランを打たれるなどピリッとしない投球で9月にはいって初失点となってしまった。ただ二死1、2塁と一打逆転のピンチを背負いながらも最後は三振に打ち取り13セーブ目をあげた。今日の先発予定は有原航平、完封勝利を期待したい。
WRCC第10戦ラリー・トルコはデイ2が行われた。さすがに3連勝は難しいのかトヨタチームはエースのラトラバの4位が最高順位でタナックは5位、ラッピは7位となっている。それでもラトラバはトップと15秒以内の差につけておりまだまだ優勝を狙えるポジションである。
d0183174_10380603.jpg
デイ2最終のSS7ではトップタイムをマークしたのがタナックだけに巻き返しが十分期待できそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-09-15 10:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日大三高ベスト8、日本ハム粘って先勝、トヨタはトップ

全国高校野球選手権、日大三高が7年ぶりにベスト8に進出した。打撃に注目が集まる日大三高だが、この日は先発の2年生投手がまたまた好投した。2回戦の井上に続いてこの日は広沢が5回を2安打2失点におさえる好投を魅せた。
d0183174_09382044.jpg
守備も7回に二塁手の木代がファインプレイを魅せるなど守備で平安を翻弄し、4-3で勝利した。なかなか強い今年の日大三高である。
日本ハムは先発の堀瑞輝が粘りの投球を魅せてくれた。6回途中までを3失点は十分なピッチングであった。打線も西武の菊池を攻め、7回に近藤のタイムリーで追いつくと、レアードの勝越タイムリーで4-3とリードした。
d0183174_09382968.jpeg
d0183174_09383754.jpeg
そして9回には中田の一発がでて5-3とし、最後は浦野が締めくくり、天王山と目された西武戦の初戦を制した。
WRC第9戦ラリー・ドイチェランドのデイ2が行われた。トヨタチームは第8戦優勝のタナックが絶好調でこの日行われた6つのSSのうち5つのSSでトップタイムをマークし首位の座をキープした。
d0183174_09381238.jpg
ラトラバも安定した走りを魅せ、4位と僅差の5位につけており、ラッピも7位と3台とも上位進出を狙えるポジションである。デイ3そして最終日にも期待がもてそうなデイ2の走りであった。

[PR]
by motokunnk | 2018-08-18 09:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)