人気ブログランキング |

タグ:トヨタ ( 160 ) タグの人気記事

清宮決勝打、ラリートルコデイ4

2020年東京オリンピック男女マラソンの代表選手を決めるレースが行われた。MGCと名付けられたレースは本番とほぼ同様のコースを走るレースで2位までに入れば代表に選ばれ、3位の選手も決められた3レースで標準記録を突破した選手が出ない限り選ばれるというレースであった。
男子のレースはなかなか見応えのある面白いレースであった。スタート直後から設楽悠太が飛び出し独走するレースとなった。一時は2位集団に2分以上の大差をつけ、このままゴールするのではないかと思われたが、30kmを過ぎるあたりからみるみるペースダウンしてしまい、37km杉で2位集団に追いつかれてしまった。すると40km前後で2位集団から中村、服部、大迫の3選手がスパートして飛び出した。なかでも中村がスピードで上回り、トップでゴールし代表内定を勝ち取った。2位には服部がはいりこの2選手が代表内定選手となった。ゴールまでハラハラドキドキする観ていて楽しいレースであった。
本拠地札幌ドームで行われたソフトバンク戦は優勝した2016年のCSの試合とよく似ているように思えた。いきなり0-4とリードされてしまった日本ハム、5回に清水優心の一発で1-4とし6回には2点をあげて3-4とした。優勝したときも中田翔の一発から試合のムードはかわったが、この試合も清水の一発でムードがかわったようだ。
そして8回に中田翔の同点タイムリーの後、一死満塁から清宮幸太郎の一二塁間をしぶとく破る2点タイムリーで逆転し、清水にもダメ押しタイムリーがでて7-4と試合を逆転した日本ハムがソフトバンクに一矢を報いた。
d0183174_09313090.jpeg
ロッテ、楽天がともに敗れたため、3位とのゲーム差はひとつ少なくなったがまだまだ負けられない試合が続く日々である。
WRC第11戦ラリー・トルコデイ4、デイ3でデイリタイアとなってしまったトヨタチームのタナックであったがこの日の最終SSのパワーステージでは圧巻の走りを魅せてくれた。
明らかに今までの走りとは違い(今まではスムーズだが力感がないというか速そうに観えない走り)、いかにも速そうというダイナミックな走りで見事にトップタイムをマークし、5ポイントをゲットし、チャンピオンシップポイントトップの地位を守った。
d0183174_09313908.jpg
マニュファクチャラーズランキングではトップを走るヒュンダイとの差を拡げられてしまった(8→19)がまだまだ逆転可能なポイント差、残り3戦トヨタチームの快走に期待したい。

by motokunnk | 2019-09-16 09:33 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

有原8敗目、DeNA踏ん張る、ラリー・トルコデイ3

最多勝を狙う日本ハムの有原航平がソフトバンク戦に先発した。15勝目をゲットできれば2位につける千賀と星2つの差をつけられるのでほぼタイトル確定と思われての先発であった。d0183174_10133964.jpeg
立ち上がりはよかった有原であったが、3回に一死から今宮に2塁打を打たれると、二死3塁からワイルドピッチをしてしまい先制を許してしまった。一方ソフトバンクの先発武田をとらえることができなかった打線であったが4回に中田翔の四球をきっかけに渡邊諒のヒット、そして清宮幸太郎の四球で無死満塁のビッグチャンスをつくった。
ここでソフトバンクは投手交代、マウンドにあがった左腕嘉弥真の前に平沼翔太がファウルフライ、宇佐見が三振とあっという間に二死となってしまった。
しかし中島卓が粘って死球を選んで同点に追いつき、西川遥輝のバットに期待したが三振に終わってしまった。
早めの継投策が成功したソフトバンクのベンチワークの勝利だったといえる。同点に追いついてもらった有原であったが、直後の5回にグラシアルのタイムリーで勝ち越されてしまった。そして6回には松田にホームランを打たれて1-3と2点差をつけられてしまった。
有原は6回3失点でマウンドを降りた。優勝を目指すチームに2点差をつけられてしまいCSに望みをかけているとはいえやはりモチベーションの差は大きかったようだ。
試合は1-3で敗れ、CS進出の夢は果てしなく遠のいてしまった。
一方まだ優勝のチャンスがあるDeNAはヤクルトとの試合であった。筒香のホームラン、ヤクルトバッテリーのミスで2-0とリードしたDeNAであったが先発の上茶谷が毎回ランナーをだす不安定なピッチングであったが何とか5回を1失点におさえた。
d0183174_10134818.jpg
打線は6回にヤクルト先発の石川を攻め(石川にとって不運だったのは6回表の攻撃で打席がまわり降板する予定であったが併殺がありマウンドにあがる羽目になってしまった)、無死満塁のチャンスをつかんだ。石山に投手交代したヤクルトであったが、ワイルドピッチで待望の3点目を奪うと佐野のタイムリー、大和の犠飛、ソトにも2点打がでて7-1と試合を決定づけた。
試合は7-4で勝利し、巨人が敗れたのでマジックは減らずにゲーム差が4になった。まだまだ道のりは大変だが優勝目指して頑張ってほしい。
WRC第11戦ラリー・トルコデイ3、今年はトヨタチームに不運が起こってしまった。7位につけていたタナックのマシンにメカニカルトラブルが発生してデイリタイアとなってしまった。
d0183174_10135850.jpg
ミーク、ラトラバの2台は滑りやすいコンディションのなかで健闘し6位、7位で最終日をむかえることとなった。5位、8位とのタイム差もあり、この順位を守るデイ4となりそうだ。

by motokunnk | 2019-09-15 10:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NFL第2週、WRC第11戦デイ2

NFL第2週のTNFが行われ、パンサーズとバッカニアーズが対戦した。パンサーズは地元でラムズに競り負け、バッカニアーズも49ersに負けて黒星スタートとなってしまった。
それだけにこの一戦には負けられない、NFC南地区のライバル対決であった。第1Qに豪雨のため、中段があったこの試合、バッカニアーズがFGで先制したもののパンサーズもFGで同点とし、第2QにはFGで逆転した。
この試合最初のTDはバッカニアーズが第2Qにあげた。これで10-6と試合を逆転したバッカニアーズ、前半を10-9で折り返した。肩の故障から復帰したパンサーズのQBニュートンであるがどうも全盛期に比べるとパスの精度が悪く、ピンポイントでのパスは失敗が多かった。
d0183174_08474158.jpg
そして後半、FGで再逆転したパンサーズであったが、バッカニアーズQBウィンストンのパスが決まりはじめTDを奪われてしまい再逆転されてしまった。
d0183174_08472539.jpg
この試合は両チームのディフェンス陣が頑張った試合でもあり、特にパンサーズは第4Qにセイフティを奪って3点差まで詰め寄った。
FGを追加されて6点差となったが、最後はバッカニアーズゴールライン2ヤードまで迫り、最後のダウンにかけたがこれを止められ万事休す、地元で連敗してしまったパンサーズ、早くも地区優勝から遠のいてしまったようだ。
WRC第11戦ラリー・トルコデイ2が終了した。午前の3SS中2つのSSでトップタイムをマークしたラトラバが3位につけたが午後のSSで右フロントタイヤにダメージを負い9位でデイ2を終了した。ミーク、タナックもそれぞれ降雨やルーズグラベルの影響でタイムロスをしてしまい、7位、8位とポジションアップはできなかった。
d0183174_08475020.jpg
トップとは1分30秒以上の差があるが、何が起こるかわからないのがラリー・トルコ、デイ3の大逆転劇に期待したいと思う。

by motokunnk | 2019-09-14 08:49 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大谷のシーズン終了、ラリー・トルコはじまる

エンゼルスの大谷翔平のMLB挑戦2年目のシーズンが終了してしまった。18号を打って、打点も62打点とし自身のシーズン最多記録を更新したと思っていた矢先、球団から14日にロサンゼルス市内の病院で左膝の二部膝蓋骨の手術を受けるとの発表があった。
d0183174_09301514.jpg
8~12週間で完治するというが、プレイオフ進出を逃して来季を見据えた段階での手術は早い方がよいと判断したためであろう。GM談話によれば先天的なものだそうだ。術後の影響などは不明だが来季の二刀流完全復活を目指してのことと考えたい。
WRC第11戦ラリー・トルコがはじまった。シェイクダウンではトヨタチームのミークがトップタイムをマーク、タナック4位、ラトラバ7位と好調さをキープしての本番入りであった。
d0183174_09302698.jpg
そしてデイ1がはじまり夜間に行われたSS1ではミークがトップと2秒差の5位スタートとなった。巻き返しを図りたいヒュンダイのヌービル、ミケルセンがトップタイムをマークしており並々ならむやる気を感じさせる。
ただ勝負はデイ2、トップスタートとなるトヨタチームのタナックがどんなタイムをマークするか興味深い。グラベルの場合、トップスタートはフリーといわれるだけにタイムの落ち込みが若干心配ではある。

by motokunnk | 2019-09-13 09:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

王位戦決着は最終局、明日からWRC第11戦

将棋の第60期王位戦七番勝負第6局が行われ、木村一基九段が119手で豊島将之二冠に勝利して対戦成績を3勝3敗の五分とした。雌雄を決する第7局は25~26日に都市センターホテルで行われる。昨年は豊島将之二冠が菅井七段を破って王位となったが果たして今年はどんな結末となるのだろうか。
d0183174_09062797.jpg
両者は竜王戦挑戦者決定三番勝負でも対局しており、その結果をあわせると最近9番は豊島二冠が5勝4敗とリードしている。5勝のうち4勝が先手番だけに豊島二冠としては第7局は先手番を引き当てたいと感じているだろう。
オリックス戦3連勝でCS進出に光明がみえてきた日本ハムであったが、ロッテに2-10と大敗してしまいCS進出は絶望的となった。試合後栗山監督は「最後まであきらめない」と発言していたが実際はCS進出を断念しているのだろう。
今季は上沢直之の怪我による戦線離脱が大きく、それさえなければAクラスは確保できたと思う。残り10試合とちょっと来季に新戦力のテスト期間と位置づけてもいいのではにだろうか。
明日からWRC第11戦ラリー・トルコがはじまる。昨年のラリー・トルコは金曜日は慎重に走ってタナックは5位、ラトラバは4位だったが、土曜日に入ると他チームのマシンにトラブルが続出し、難なくタナック1位、ラトラバ2位を確保しワンツゥ―フィニッシュを決めたラリーであった。
d0183174_09063896.jpg
荒れた路面対策を万全にしたトヨタチームの勝利だったともいえる。昨年の轍は踏まずとライバルチームもマシンを準備してくるであろうから昨年同様のラリーとはならないだろうが、トヨタチームには昨年優勝したノウハウがある。今年も2年連続優勝とシーズン6勝目、そして8ポイント差にせまったマニュファクチャラーズランキングでもトップにたてるよう上位フィニッシュを目指してほしい。

by motokunnk | 2019-09-11 09:08 | 日記 | Trackback | Comments(0)

藤井七段快勝、侍ジャパン大勝、トヨタワンツゥー

将棋の第69期大阪王将杯王将戦二次予選が行われた。藤井聡太七段は谷川浩司九段との対局、この一局に勝てば初の挑戦者決定リーグ入りである。
藤井七段の先手番となった本局は雁木模様で対局がすすみ、谷川九段が仕掛けるという展開となった。昼食休憩後に藤井七段がうまくたち回り有利に将棋をすすめると、飛車を中段にくりだし、優勢な局面をつくりあげた。
谷川九段の緩手をついて角を成ったのが好手で、そのまま優勢な局面をおしすすめ、57手で谷川九段が投了した。敗勢ではあったがまだまだの局面だっただけに谷川九段の悪手を指したことの後悔が大きかったようだ。
d0183174_09375120.jpg
これで藤井七段は挑戦者決定リーグ入りを果たした。久保九段、糸谷八段、広瀬竜王、豊島二冠などそうそうたる棋士との対戦が待っているリーグ戦、どんな将棋を魅せてくれるのか楽しみだ。
第29回WBSCU-18ベースボールワールドカップのオープニングラウンド、初優勝を目指す侍ジャパンはアメリカと対戦した。大会4連覇中のアメリカは何としても倒さなければいけない相手であったが、いきなり先制されてしまった。
しかしその裏、森が三塁打で同点のチャンスをつくると二死となりながら4番の石川が同点打を放った。
d0183174_09380055.jpg
そして2回は雨中の中、打線がつながり一挙5点を奪って試合をリードした。3回にも5点を奪った侍ジャパン、11ー1と大きくリード、雨の影響で降雨ノーゲームの心配もでてきた。
しかし底力のあるアメリカチームは5回以降毎回得点をあげ侍ジャパンを追い上げていった。そして7回、1点を奪われたところでリリーフエースの飯塚をマウンドに送りなんとか攻撃を防いだ。7回裏に横山の一発で12-7とした侍ジャパンであったが8回表、四球、内野安打、ワイルドピッチで無死2、3塁のピンチを招いてしまった。
d0183174_09380818.jpg
1点でも取られると勢いにのるアメリカチームであったが飯塚が後続を3塁ファウルフライ、三振、サードゴロに打ち取り無失点で切り抜けた。この投球がこの試合のハイライトであったと思う。ここで失点していたら勝利はおぼつかなかったようだ。結局16-7で勝利した侍ジャパン、今日は台湾戦である。
WEC開幕戦シルバーストン4時間レース決勝が行われた。トヨタチームは7、8号車がスタートよく1、2位をキープしてレースをコントロール、ピットインのタイミングで8号車がトップにたち、リードを奪って2時間近くが経過した。突如雨が降り出し、ピットインするマシンが多かったがトヨタチームは雨はすぐ止むと考えてピットインはしなかった。この判断が裏目となり、トヨタチームもピットインしたが首位は奪われてしまった。
d0183174_09381644.jpg
雨がやんで、トヨタチームが再びトップ、2位を奪い返してレースは7号車を先頭にフィニッシュ、8号車も2位にはいりトヨタチームは幸先のよいスタートをきったといえる。
d0183174_09382595.jpg
LMP2クラスに参戦している山下健太、チームとしてはクラス7位であったが、クラストップ勢と遜色のないペースで走り、その速さの片鱗を魅せてくれたレースであった。

by motokunnk | 2019-09-02 09:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

侍ジャパン薄氷勝利、トヨタ1-2スタート、錦織ベスト16ならず

第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップが開幕した。今回こそ悲願でもある優勝を目指す侍ジャパンの初戦の相手はスペインであった。
国際試合の初戦は何が起こるかわからないというが、まさにこの試合がそうであった。スペインの先発ルナに強力打線と前評判はよかった侍ジャパンがいい当たりすらなく完全に抑え込まれてしまった。
一方、投手陣は先発の池田が3回をパーフェクトに抑えながら、4回に初安打を打たれてしまった。二死をとったが、当たりそこねの内野安打でチャンスを拡げられると、ライトオーバーのタイムリー3塁打を打たれて0-2と先制されてしまった。風の影響を受けたラッキーな面もあったが失点は失点である。
打線は先制された後、ヒットはわずか2本と完全にスペインの先発投手に抑え込まれてしまった。敗色濃厚となった8回、スペインが投手交代をしたことがチャンスとなった。
代打で出場した宮城が内野安打で出塁、森は内野ゴロでランナーがかわり、続く打者がバント出塁を図ってエラーを誘い、二死ながら1、2塁のチャンスをつくった。ここで、3番韮澤、4番石川に連打がでて同点に追いついた。そして5番遠藤が左中間を破る逆転2塁打を放って4-2と一気に逆転、薄氷の勝利をつかんだ。
d0183174_10355936.jpg
0-2で負けていたかもしれない初戦のスペイン戦、やはり国際試合には魔物がすんでいるようだ。
WEC開幕戦シルバーストン4時間レースが開幕した初日は公式練習が行われ、トヨタチームは1、2番手タイムをだし順調な滑り出しであった。
d0183174_10361292.jpg
今日は予選が行われるがトヨタチームはフロントロー独占なるだろうか、明日の決勝ともども期待したい。
テニスの全米オープン、錦織圭の出番は3回戦で終わってしまった。世界38位のデミノーと対戦した錦織はいきなり2-6、4-6と2セットを先に奪われてしまった。
d0183174_10362007.jpg
第3セットこそ6-2で奪い返したものの第4セットを3-6で奪われての敗戦であった。とにかく凡ミスが多い試合であった。

by motokunnk | 2019-08-31 10:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

王位戦第5局はじまる、大坂も初戦突破、週末はWEC

将棋の第60期王位戦七番勝負第5局がはじまった。豊島将之二冠と木村一基九段の対局であり、どちらの棋士が勝利しても王位の座に王手がかかる重要な一局である。これまで両棋士の対局は7勝7敗の全くの互角とあって非常に注目されている。先手番の豊島二冠は得意の角換わりを採用し、事前に十分検討してきたのか、ほぼノータイムといえる早い指しまわしで手をすすめていった。
d0183174_08501946.jpg
一方の木村九段はじっくりと時間を消費しながらの応戦であった。手数がすすんで豊島二冠が83手目を封じて初日が終了した。若干、豊島二冠が指しやすいようだがその差はわずかであり、受けに定評のある木村九段の反撃が期待される。
連覇を狙う大坂なおみが全米オープンの初戦に登場した。世界84位のブリンコワが初戦の対戦相手である。大坂は第1セットを6-4で奪ったものの第2セットはミスを連発してしまいタイブレイクに持ち込まれてしまい失ってしまった。
d0183174_08502953.jpg
それでもファイナルセットは6-2と本来の実力を発揮して初戦を突破した。勝ちあがったことで調子をあげていってほしいと思う。
念願のチャンピオンとなって挑むWECの新シーズンが週末からはじまる。アロンソがチームを離れたため、8号車は新たにブレンドン・ハートレーが加入しての新シーズンである。
d0183174_08504078.jpg
ブレンドン・ハートレーはポルシェでWECのチャンピオンを獲得しており戦力的には何ら問題ないと思われる。ハイブリッドマシンは今季もトヨタのみの戦いとなるが、シリーズ連覇に向け、幸先のよいスタートをきってほしい。

by motokunnk | 2019-08-28 08:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)

大谷100安打、トヨタ快挙、2種目制覇

エンゼルスの大谷翔平が自身初となるMLBでのシーズン100安打を達成した。今季は怪我のため、打者専念しての復帰であったため、100安打到達は時間の問題と思われていた。
d0183174_10132845.jpg
アストロズ戦の第2打席、センター前ヒットで100安打は達成されたが大谷は緩慢な動きをついて2塁を狙ったが惜しくもアウトとなってしまった。試合も負けてしまったが、試合前ブルペンに入り投手としてのリハビリが順調に進んでいることを伺わさせてくれた。
WRC第10戦ラリー・ドイチェランドデイ4が行われた。デイ3終了段階で1~3位を独占していたトヨタチームは最終日のデイ4はその順位を守ることに専念したようだ。それでも4つのSSの中でラトラバがSS17でトップタイムをマークするなど速さは見せつけてくれた。
さすがに最終のパワーステージではゴールすることを目標に走ったとうで、ラトラバ、ミーク、そしてタナックがゴールし、トヨタの表彰台独占が決まった。
d0183174_10133859.jpg
トヨタがWRCの表彰台を独占したのは復帰後初のこと、歴史を振り返っても1986年コートジボワール、1993年サファリに続く3回目のことである。
d0183174_10134728.jpg
トヨタヤリスWRCでWRC初参戦の勝田貴元は見事に完走し10位にはいった。「とにかく完走して経験を積むことが目的でしたので、うれしく思います。サポートしてくれたチームのみんなに感謝しています。また、今日は母の誕生日でもあるので、おめでとうと言いたいですね」とフィニッシュ後のインタビューに笑顔で応えていた。勝田はラリー・スペインの参戦も決定したそうで、2戦目はどんな走りをするのか楽しみである。
バドミントンの世界選手権決勝が行われた。4種目で決勝進出を果たした日本勢、優勝したのは女子ダブルス、男子シングルスの2種目であった。
女子ダブルスは松本麻佑/永原和可那ペアが連覇達成である。昨年は無我夢中での制覇であったが、今年はチャンピオン、世界ランクも1位となり連覇を目標としての出場だっただけに喜びもひとしおだったようだ。
d0183174_10135865.jpg
d0183174_10140758.jpg
男子シングルスの桃田賢斗は決勝までの試合をすべてストレート勝ち、一人強さが抜きんでているようであった。そして決勝もデンマークのアントンセン相手に強さを存分に発揮した。
21-9、21-3の圧勝であった。「大会全体を通して調子はよかったと思うので、点数も抑えられました。決勝の相手は、完全に連戦の疲労が見えていました。一発勝負であれば、彼との差はあまりないと思いますが、1週間を通しての差が点数に表れたかなと思います。」とは桃田の試合後のコメント、どこまで強くなるのだろうか、楽しみである。
奥原希望は2年前の決勝の再現を狙ったがプサルラ・V.シンドゥに7-21、7-21と完敗、準優勝に終わった。ラリー戦に挑む試合も戦術のひとつではあるがプサルラ・V.シンドゥの攻撃力のある選手には対策が必要だと思う。
男子ダブルスの保木卓朗/小林優吾ペアは惜しくも準優勝に終わってしまったが男子ダブルスでは3番手に位置づけられているだけに女子ダブルスと同様、男子ダブルスもオリンピック代表2枠の争いが熾烈となりそうである。
将棋の藤井聡太七段、NHK杯2回戦で久保利明九段との対局に敗れてしまった。これで久保九段に連敗してしまったが振り飛車の対局経験が少ないだけに振り飛車の強豪には分が悪いのかもしれない。
今日は大坂王将杯2次予選、中村太地七段との対局である。どんな対局となるのだろうか注目である。

by motokunnk | 2019-08-26 10:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

有原13勝目、トヨタ1~3位、4種目で決勝進出

日本ハムの有原航平がオリックス戦に先発した。2回にモヤに一発を打たれて先制されたもののその他の打者を打ちとり、安定したピッチングであった。
打線は、オリックス先発のアルバースに対してランナーは出すもののタイムリーがでなかったが、4回に四球を選んだ渡邊諒を一塁におき、横尾俊健が初球をバックスクリーン右に逆転2ランを放った。
逆転してもらった有原は4回裏は2三振を含む三者凡退に打ち取った。5~7回も吉田正尚にヒットを許しただけで7回を2安打9奪三振1失点で降板した。
d0183174_10151555.jpeg
8回は宮西が三者凡退に抑えると、9回には大田泰示にダメ押し2ランが飛び出した後、3点を追加し7-1で快勝した。
有原は13勝目をあげ、パリーグ最多勝争いでトップにたった。防御率も2.34で2位をキープしており、こちらのタイトルも狙えそうだ。有原の大車輪の活躍があればCSへ向けて光明もでそうな日本ハムである。
WRC第10戦ラリー・ドイチェランドデイ3が行われた。デイ2で首位をキープしたタナックは安定した走りを魅せ、8SS中3つのSSでトップタイムをマークし首位を堅持した。
トヨタに唯一速さで対抗できる存在であったヒュンダイのヌービルであったが、SS13でトラブルのため1分以上も遅れてしまい2位の座から転落してしまった。このSS13で3、4番手タイムをマークしたミーク、ラトラバが総合でも2、3位となり、このままの順位でデイ3を終了した。
d0183174_10153431.jpg
最終日のデイ4、残すSSは4本、4位のソルドとは9.4秒差だけにこのまま逃げ切りトヨタに復帰初となる表彰台独占のチャンスが巡ってきた。
バドミントンの世界選手権準決勝が行われた。5種目すべてで決勝進出の可能性があった日本勢であったが、残念ながら混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗ペアが中国ペアにストレートで敗れてしまい、全種目決勝進出は果たせなかった。
連覇を目指す桃田賢斗はジャパンオープン準決勝でストレート勝ちしているインドのサイ・プラニースと対戦した。第1ゲームこそ一進一退の展開で10-10と競り合ったが5連続ポイントで一気にリードすると21-13で第1ゲームを先取した。第2ゲームは0-1から8連続ポイントで一気に突き放すと21-8で圧倒して決勝進出を決めた。この大会の桃田賢斗を観ていると負けそうな気がしないような強さを感じされる。決勝はデンマークのアントンセン、インドネシアマスターズでは苦杯しているだけに気を引き締めて試合に臨んでほしい。
d0183174_10154389.jpg
奥原希望もファイナルセットになったインタノン戦を勝ち、決勝は2年前と同じプルサラ・V.シンドゥである。熱戦が予想される。
男女ダブルスも揃って決勝進出を決め、なんと日本勢は4種目で優勝を争うこととなった。何種目で優勝できるのか期待したい。

by motokunnk | 2019-08-25 10:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)